風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2009 秋取材記

奈良県斑鳩町の竜田川の紅葉 11月29日分。


早朝快晴で京都に行こうか迷ったが、
忙しいのと天気は下り坂予報なので、近場で簡単にカメラ散歩することにした。
竜田川までは自転車で移動。

昔は紅葉の名所だったというが、今はたいしたことがないのにもかかわらず、
意外とハイカーの団体観光客は多かった、カメラマンも少し。

交通はJR王寺/近鉄筒井駅からバスあり、JR法隆寺駅からはバス乗り換えになる。
わかりにくいが無料駐車場は国道25号線の一本南側の稲葉車瀬の岩瀬橋の東側にある。
早朝は閉まっているので注意。

周りは住宅地で広い風景は撮りにくい、アップ狙いがメインの場所。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


昼ごろには白っぽい空になったので帰宅。

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉と鹿 11月27日分。

天気は曇ったり晴れたり、雲が多い晴れ。
朝はゆっくり愛犬の太陽を散歩させてから、JRで奈良公園に向かう。

楓紅葉は見頃、やや痛んでいるのもあるが色もそこそこ、
平日にもかかわらず多くのカメラマンが来ていた。
銀杏はすでにほとんど落葉しているのもあるが、
多くは散りと残っている分のバランスがちょうどいい感じ。

撮影の合間にカメラマンムック「京都奈良の秋」のちらしを配っていたのだが、
台湾から来ていたカメラマンが台湾で買って持っていたのにはびっくり。

写真は全て奈良公園内東大寺近辺で撮影したものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

京都府京都市の鳥居本の紅葉・護法堂弁天の紅葉・仏野念仏寺の紅葉・しょうざん光悦芸術村の紅葉・下鴨神社の銀杏 11月20日分。


今朝は4時起きで京都の広沢池へ、あいにく朝は厚い雲で朝日は見えず。
小島の弁財天の紅葉はいまひとつさえない、後宇多天皇陵は見頃、少しだけ。

天気がいまひとつなので嵐山に偵察、今年はどこも早いが嵐山全体的な見頃はまだまだの感じ。
11月初旬の寒波で痛んでいるのも多いが、美しいのもありばらつきが多い。
渡月橋近く左岸のエノキや楓は色変わり中、亀山に向かう上り口の楓は色変わり始め。

8時過ぎに鳥居本に移動、
鳥居本平野屋、上からは散り終了、鳥居横は色変わり中。

鳥居本の紅葉。

イメージ 1

護法堂弁天は見頃、とても綺麗おすすめ。

イメージ 2

イメージ 3

9時に、仏野念仏寺(拝観500円)へ、数本が見頃、他は色変わり中、三脚禁止。
雲が多いが時々日が射してくる。
コントラストがつきすぎるので、あまり晴れすぎるのは撮りにくい。
少し曇りかけたくらいのタイミングで撮ると綺麗に写る。

仏野念仏寺の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

11時前に洛北のしょうざん光悦芸術村に移動、駐車場無料。
日本庭園(480円)、渓谷は自由、どちらも数本が見頃、他は色変わり中、三脚禁止。
台杉や茶室がおもしろい。

しょうざん光悦芸術村。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

昼頃に実相院に移動、観光バスですごい混雑。
駐車場無料、拝観500円。

北側の床紅葉の見頃はまだ、痛んでいるのでつらいかも、室内からは撮影禁止。
西側庭園の赤紅葉は散り、黄色は見頃。
東側庭園は色変わり中、やはり痛みあり。

最後に下鴨神社へ移動、駐車場30分150円、境内自由。
境内太鼓橋の横の銀杏は見頃散り始め。

下鴨神社の銀杏。

イメージ 17

2時ごろに晴れ間がなくなったので帰路に着いた、今日もいまいちすっきりしない天気。

京都府京都市の祇園白川の桜の紅葉・南禅寺の紅葉 11月15日分。


朝5時起きで京都へ向かう、前日に見た天気予報はよかったのだが、朝はどんより厚い雲。
6時半の日の出とともに、しだいに晴れて来る。

まずは祇園白川へ、青天光なしの柔らかい光線で桜紅葉を撮る、見頃。

祇園白川。

イメージ 1

次に岡崎疎水の桜紅葉を撮る、こちらはやや散り過ぎ。
次に南禅寺へ、境内山門横の紅葉は見頃、奥の銀杏は散り始め、
疎水のアーチの辺りは、色変わり始め。
全体的には3分から見頃まで混在、カメラマンも多い。
塔頭の天授庵は、東側はもう終盤、池の周りは見頃色変わり混在。

南禅寺。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

10時頃、再びどんよりしてきたので帰路についた。
帰り道車窓より、高野川の桜紅葉は見頃、市内の銀杏は色変わり中が多い。

和歌山県の高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。


季節はずれの寒波到来で三段紅葉を期待して、朝3時半起きで高野山に向かう。
タイヤは前日のうちに冬用タイヤに交換済み。

高野龍神スカイラインは、奈良と和歌山の県境にあり、
和歌山県の高野町・かつらぎ町・田辺市と奈良県の野迫川村にまたがっているが、
撮影した大部分は和歌山側。

2時間ほどで高野山到着、夜半に雪が降ったらしく屋根や木の橋の上には雪が残っていた。
フリースと綿入りのジャケットにニット帽と万全に備えたつもりだったが、寒くて震えあがる。

今年の紅葉は1週間以上早い感じでもう見頃後半、強い風でかなり散っていた。
10月末ごろがピークだった様子。
蛇腹道の中ほどや愛宕神社はまだあと数日の感じだったが、全体の見頃は今週いっぱいまでだろう。
奥の院の英霊殿付近は終盤、散り紅葉も枯れている。
高野山内は撮影せず、高野龍神スカイラインに移動。

高野大滝は見頃開始くらい、御殿川の渓谷の紅葉はまだ少し早い。

高野龍神スカイラインの紅葉は山頂付近は終盤、強い風でかなり散っていた。
中腹は見頃、下のほうはまだ少し早い感じ。
尾根は見事な樹氷が見られ、めったに見られない三段紅葉に、
しだいに観光客やカメラマンも増え始めるが、みんなあまりの寒さに震え上がっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最初デジタルとともにフィルムのPENTAX645でも撮影していたのだが、
寒さですぐに動かなくなったので、以後デジタルのEOS5Dマーク2のみの撮影。
外部電源をもっていくんだった不覚。

ただ時間が急ぐ撮影ではデジタルに集中できたのでよかったかもしれない。
10時過ぎには、下のほうの樹氷はかなり融けて来た。
メモリーカード余分に持っていったつもりであったが、
手持ちの20Gをほぼ使い果たしたので、3時ごろ野迫川村を通り帰路に着いた。

野迫川村の楓は見頃、銀杏は半分緑、中原川の紅葉はまだ少し早い感じ。

大阪府大阪市の通天閣の夜景 10月31日分。


夕方から大阪梅田のキャノンサービスへ。

5Dマーク2のCMOSのごみが多くなってきたので、クリーニングしてもらう。
ごみ取り機能があっても完全には取れないので、定期的にたのむしかない、1年間は無料。

日が落ちるころに通天閣に移動、夜景を少しだけ撮影して帰った。

イメージ 1

イメージ 2

大阪府大阪市の天保山の海遊館・梅田のビル群・通天閣、吹田市の万博公園のコスモス 10月23日分


大阪府の素材集の撮影の続き。

朝から天保山の海遊館を撮影、朝早くがおすすめ。

天保山の海遊館。

イメージ 1

イメージ 2

その後、梅田に移動して周辺を撮影。

大丸27階、第三ビル32,33階には展望フロアがある、3階の屋外駐車場からも撮れる。
第三ビル南東の歩道橋もおすすめ。

ビル内からの撮影ではガラスに密着させて、
できればレンズの周囲を黒布などで囲んで反射を入れないこと、三脚は禁止。

大丸27階より南東方向、北側大阪駅ビルは改装中。

イメージ 3

第三ビル、3階の屋外駐車場から駅ビル群。

イメージ 4

イメージ 5

第三ビル32,33階には展望フロアより、西側と東側の展望。

イメージ 6

イメージ 7

第三ビル南東の歩道橋より駅ビル群。

イメージ 8

昼頃に通天閣に移動。
その後、住吉大社に行こうと思っていたのだが、
太鼓橋が11月下旬まで改装中なので予定変更。

通天閣。

イメージ 9

イメージ 10

2時ごろに吹田市の万博公園に移動、入園250円。
コスモスは満開見頃、台風で倒れて背が低くなり撮影しやすい。

万博公園。

イメージ 11

イメージ 12

2時半ごろに急に雲が広がってきたので撮影終了、帰路に着いた。

大阪府大阪市の大阪難波宮跡と大阪歴史博物館 10月22日分。


観光素材集の撮影の続き、別の仕事の合間に大阪難波宮跡へ。

11月に四天王寺ワッソが行われるところ。

イメージ 2

イメージ 3

大阪歴史博物館からは大阪城を前景に大阪ビジネスパークが一望できる。

イメージ 1

イメージ 4

大阪府大阪市の道頓堀と心斎橋 10月21日分。


観光素材集の撮影の続き、昼と夜、別の仕事の合間に大阪道頓堀と心斎橋へ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

戎橋付近のネオンは順次点灯するタイプが多いので、複数のネオンがピークになった瞬間を狙い撮影。
それでも全てが同時には点かないので、2枚の写真をフォトショツプのレイヤーで合成処理。
カラー比較(明)でレイヤーで合成すると点灯しているネオンをまとめることができる。
暗部はマスクを作り、スクリーンでレイヤーで合成し明るくした。
シャドーハイライトで調整するより自然に仕上がる。

奈良県奈良市の般若寺のコスモス 10月18日分。


午後、姉のところに荷物を届けた後、夕方ひさしぶりに般若寺へ向かう、境内500円。
般若寺は午後遅くの光線が撮りやすいところ。
台風でコスモスが倒れたこともあり、今年は背が低くかえって撮りやすい感じ。
今日まで夜にコンサートがあるため、けっこうな人出があった。

天気は快晴で、青空の背景で撮影した後、
コントラストが強いところは日がかげるのを待ち、
青天光なし映画業界でいうマジックアワーの時間帯に撮影する。

人が多いときは、人並みが切れる瞬間を待つか、被写体で人が隠れた瞬間を狙う。
もしくは効果的に利用するかの3つのパターンがある。
うまく使えるようになれば、ワンランクステップアップ間違いなし。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

大阪府大阪市の中之島の中央公会堂・国際美術館・京セラドーム・鶴見緑地の風車のサルビアとコスモス・なみはやドーム・三井アウトレットパーク・四天王寺・通天閣 10月16日分。


大阪の観光素材集の撮影の続きで市内へ。

移動は地下鉄と徒歩。
金曜日はお得なノーマイカーフリーチケットが使える、一日乗車券600円(地下鉄・バス全線)

天気は快晴、まずは中之島へ、堺筋線の北浜駅からスタート。
バラ園は、まだぱらぱら状態、最近大幅に改装された。

難波橋(なにわばし)のライオン像は必見。

イメージ 1

中央公会堂。

イメージ 2

国際美術館。

イメージ 3

肥後橋駅から四ツ橋線・鶴見緑地線でドーム前千代崎駅に移動して、京セラドームを撮影。

イメージ 4

その後同じ鶴見緑地線で鶴見緑地に移動。
風車のところのサルビア(6月~10月末)コスモス(10月)は見頃。
いのちの塔、咲くやこの花館などを撮影。

http://www.ocsga.or.jp/osakapark/hfm_park/01tsurumi/index.html

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後一駅移動して門真南駅へ。
なみはやドーム、三井アウトレットパークを撮影。

イメージ 8

イメージ 9

その後、鶴見緑地線・谷町線で四天王寺駅に移動。
前回は、古本市で全景撮れなかったので四天王寺に再訪。
中心伽藍の拝観は300円(受付夕方3時40分まで)

http://www.shitennoji.or.jp/

イメージ 10

イメージ 11

その後、天王寺七坂の下見をかねて通天閣まで、徒歩で移動。
通天閣展望台は600円(受付夕方8時30分まで)、ビリケン像が人気。

http://www.tsutenkaku.co.jp/

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

三脚は持ってきていないので、夜景は撮らず撮影終了、帰路に着いた。

大阪府堺市の駅前・堺市役所からの展望・チンチン電車・堺旧港・旧灯台・大仙公園の日本庭園・大阪市の四天王寺 10月12日分。


大阪府の素材集の撮影の為、堺市へ行って来た。

朝から快晴、まずは南海高野線の堺東駅からスタート。
駅前を撮影した後、堺市役所の21階展望ロビーへ。
年中無休、9時から21時、無料。
360度の展望が楽しめるところはめずらしい。

イメージ 1

イメージ 2

次に堺HAMONOミュージアムや廃止が検討されているチンチン電車などを撮影。
その後、堺旧港へ向かい、旧灯台などを撮影、龍女神像も見える。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

最後に大仙公園へ移動、日本庭園(200円)から平和塔を撮影。
すぐ前の仁徳陵古墳を見て、JR百舌鳥駅から大阪市の天王寺駅に移動。

イメージ 6

夕方、大阪市の四天王寺を撮影してから帰路に着いた。

イメージ 7

奈良県生駒郡斑鳩町の龍田神社と斑鳩神社の秋祭り 10月11日分。

龍田神社の秋祭り。

イメージ 1

斑鳩神社の秋祭り。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


奈良県斑鳩町の斑鳩神社の秋祭り 10月10日分。

地元斑鳩神社の秋祭りの宵宮に、おじさん夫婦と姪っ子2人も一緒に行って来た。

夕方急に雲が増えてきたのが残念。

明日11日は、斑鳩神社とすぐ近くの龍田神社の秋祭りの本宮。

世界遺産の法隆寺の境内御旅所の中での斑鳩神社の秋祭りは見ごたえ充分なのだが、
まだ知名度が低いためか観光客は少なめ、ぜひ見に来てください。

斑鳩神社  http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/spot9/akimaturiikarugazinzya.html
龍田神社  http://www.geocities.jp/toubutaikodai/
11日本宮 10時より18時くらいまで。

斑鳩の里 観光案内所 法隆寺iセンター  http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/
斑鳩の里のコスモス  http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/spot9/hanadayori-kosumosu.html


イメージ 3


イメージ 1


イメージ 2




京都府南丹市の美山茅葺きの里の知井八幡神社のお祭り 10月4日分。


今日は、北・中地区の知井八幡神社のお祭り 。

10時半ごろに到着したが、秋のシーズンでかなりの人出、カメラマンも多い。
ただ最初から祭り目当ての人は少なかった。

11時に宮出の予定だったが、出発は11時半頃に遅れる。
以前にも来たことがあるので、撮影ポイントはばっちり。
かやぶき民家の前での練りはあっという間、北地区のみ撮影して帰る。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、京北でスピード違反で捕まる、19キロオーバー。
広々とした田舎の一本道で40キロ制限はあんまりだ、みんな次々に捕まっていた。
結構安全運転なのだが、超ひさしぶりとはいえ罰金1万2千円は痛すぎる、がっくり。


京都府京都市の鞍馬寺、大原の里の彼岸花 9月25日分。


朝から京都の素材集の撮影をかねて、鞍馬と大原の里に行って来た。
鞍馬寺周辺の駐車場は1時間500円、鞍馬寺境内200円、ケーブルカー片道100円。
歩くと山上まで15分~30分ほど、登りはかなりきつい。
山上には有名なパワースポットがある。

鞍馬駅の大天狗像。

イメージ 1

鞍馬寺。

イメージ 2

イメージ 3

夕方は、大原の里の彼岸花を見に行く。
昨年は見頃終盤だったので、今年は少し早めに訪れたが、
全体に見頃後半の感じ、もう一日早いほうがよかった。

京都市洛北はやや遅めなので、時期の特定が難しいが、
明日香のピークから2日遅れくらいがちょうどよさそうな感じ。

大原の里の彼岸花。

イメージ 4

話は変わって、カメラマンムック「京都・奈良の秋」が出版されて10日ほど。
親類、近所の方の口コミで、自宅に送ってもらった100冊もほぼ完売。
販売日に周辺の本屋さんの在庫をチャックしていたのだが、すでに売り切れた本屋さんも多い。
また、ちらしを配っていると「昨日買いました、まさか今日、本人にお会いできるとは」と言ってくださる方や、まったく面識がないのにもかかわらず、自宅まで「写真集よかったです」とお電話を下さる方もおられ、評判もじょうじょうでうれしい限り。

奈良県明日香村と山の辺の道の彼岸花 9月22日分。


今日は4時半に起きて、最初に宇陀市の仏隆寺へ向かう。
途中、雲が焼けそうで焼けず朝焼けは撮影せず。
(和尚さんの話だと明日香のほうはきれいに焼けたらしい)

仏隆寺の駐車場には、すでに数台の車、みんな早い。
彼岸花は、階段下のほうはまだつぼみが多く、明日かあさってがピークだろう。
数も全体に少なめ、彼岸花の中に入って痛めてしまう人が多いせいかもしれない。
撮影はせず、天気もくもりでいまひとつなので、ロケハンがてら方々を廻る。

8時頃、明日香村に着くと久しぶりに和尚さんに出会った。
すっかりスリムになられていてびっくり!
和尚さんの話だと、火曜日には御所市の九品寺横の彼岸花はすでに満開だったらしい。
月曜日はまだつぼみが多かったのだが、予想よりも早い。
ただばらつきが多く、密集率はいまひとつだったらしい。

その後、細川や稲渕などを少し廻る、どこも色あせ始め、彼岸花の旬は短い。
ただ、まだ所々は美しいのもあるので、あと数日はなんとかなるだろう。


明日香村の細川の彼岸花。

イメージ 1

明日香村の稲渕の彼岸花。

イメージ 2

イメージ 3

明日香村の雷の彼岸花。

イメージ 4

最後に山の辺の道へ、天理市の長岳寺付近から少し歩く。
ロケハンもかねて毎年行くのだが、どうもいまひとつ。
数ヶ所撮りたい所があるのだが、なかなかタイミングが合わない。

山の辺の道。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に帰路に着く。

奈良県橿原市の藤原宮跡のホテイアオイ、明日香村の稲渕の棚田と彼岸花・岡寺の芙蓉 9月21日分。

朝から好天、昼頃からしだいに雲が多くなる。
帰省中の兄家族4人と両親と自分の計7人で行楽をかねて橿原・明日香・桜井方面へ。

最初に橿原市の藤原宮跡へ、キバナコスモス、鶏頭、彼岸花が見頃、コスモスはまだ少し先。
次に本薬師寺跡へ、ホテイアオイが見頃、彼岸花も少し、かなり車がとまっていた。

イメージ 1

イメージ 2

次に明日香村へ、上居、細川を通り、阪田の展望ポイントと廻り、
稲渕、阪田をゆっくり散策、案山子コンテストの作品を見て廻る。

http://www.asukakyo.jp/higanbana08/index.html

http://www.asukamura.jp/topics/higanbana_2009/index.html

今日は彼岸花も満開見頃で好天に連休とあり、すごい人出。
家族サービスをかねているので、デジカメのみ撮影。
石舞台を見せてやりたかったが、駐車場いっぱいで入れず。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

つぎに岡寺へ(駐車場、境内ともに500円)、芙蓉が少し、三重塔からは展望もよい。

イメージ 7

イメージ 8

次に桜井市の長谷寺へ(駐車場、境内ともに500円)、彼岸花が少し。
階段多いので、足の悪い両親は送迎で本堂に送ってもらう(無料)

最後に桜井市笠のそば畑へ、そばの花は満開。
2時ごろの遅い昼食なので、すいてると思いきやすごい人出、結局1持間近くかかった。

奈良県御所市の大川杉と棚田と朝日、和歌山県有田川町の鷲ヶ峰コスモスパーク・生石高原のススキ 9月20日分。


朝4時半おきで和歌山方面へ向かう(県別素材集の撮影)

途中、奈良県御所市の大川杉で日の出の撮影(帰りには一部稲刈り終了)

イメージ 1

九品寺近くの土手の彼岸花は咲き始め、獣よけの電線が増え撮影しづらいと思う。
彼岸花の群落は周辺は色あせが多いが、中心部はまだつぼみが多く、あと数日連休後半が見頃の感じ。
一言主神社周辺はもう見頃のものも多い。

8時に和歌山県有田川町の鷲ヶ峰コスモスパークに到着。

コスモスは満開だがやや花が少ない感じ、散りが少しつぼみも多い。
道がわかりにくいので、事前に調べてから行くほうがよい。
http://www.town.aridagawa.lg.jp/asobu/asobu_002.html

イメージ 2


イメージ 3


次に有田川町と紀美野町にまたがる生石高原(おいしこうげん)へ向かう。
連休の好天ですごい人、ススキが見頃開始。
ここは地形の変化にも富み山並みも美しくおすすめのところ。

http://www.town.aridagawa.lg.jp/asobu/asobu_033.html

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に有田川町のあらぎ島へ、3分の2くらい稲刈り済。
今は稲干ししない田が増えたので、最初の稲刈りが終わった後は、絵になりにくい。
昔のように同時期に稲刈りをして、稲干ししてくれれば、
写真目当てで観光客も増えると思うのだが、残念。

その後、高野龍神スカイラインに抜け、野迫川村を通り帰路に着いた。

大阪府大阪市の中之島に巨大アヒル 9月18日分。


大阪市中之島に巨大アヒルが出現。9月末までだよ。

イメージ 1

このページのトップヘ