風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2011 春取材記

三重県熊野市の丸山千枚田、和歌山県新宮市の瀞峡 5月20日21日分。
 
20日金曜日、169号線を南下して大台ケ原に寄り道、少しだけ新緑を撮影。
大台ケ原ドライブウェイ、新緑は経ヶ峰付近で半分ほど、頂上付近はまだまだ。
ビジターセンターの話によると、大蛇嵓付近の石楠花は2分~4分くらいとのこと。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
4時前に、熊野市の丸山千枚田に到着。
カメラマンが数名。
天気がよすぎてうす雲がないので、展望台には上がらず。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
21日土曜日、現地で知り合った方と2人で朝から展望台へ、20分ほど。
残念ながら雲海は流れてこなかった。
蒼さが残る抜群のタイミングで、車が走ったのだが、
操作ミスで撮り逃す、何してんだか。
 
イメージ 12
 
しばらくして、2名ほど上って来られた。
 
その後、山を降りて下の休憩所でカメラマンの方たちと雑談。
 
イメージ 3
 
午前中は晴れの予報だったが、厚い雲で空が覆われてきたので、
熊野川周辺をロケハンしながら帰路に着いた。
 
次に和歌山県と三重県と奈良県の県境にある瀞峡へ。
和歌山県新宮市の瀞八丁の駐車場の右側から階段を降りて、すぐ吊橋を渡り、
途中上のほうには上らず、谷に沿って7分ほど歩くと、見晴らしのよい場所に出る。
北側から南側を見下ろすので、昼前後の光線がよい。
ウォータージェット船は、行きは11時12分ごろ、帰りは11時46分ごろに見えた。
帰りのほうが絵になる。

瀞峡。
 
イメージ 4
 

大阪府大阪市の梅田の大阪ステーションシティ 5月14日分。

ひさしぶりに大阪の梅田へ。
 
キャノンサービスでカメラのCMOSの掃除を頼み、
待ち時間に茶屋町にある世界最大級の本屋であるジュンク堂へ、
前から行きたかった所。
 
カメラのCMOSの掃除が終わった後、
新しくなった大阪駅を少しだけ撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4

三重県松阪市のつつじの里・荒滝、大紀町の大平躑躅山 5月4日分。
 
晴れているが、黄沙が残っているのかやや白っぽい空。
朝から三重県松阪市のつつじの里・荒滝へ。
国道166号線沿いの「道の駅飯高」近くから、国道422号線を北へ入る。
 
つぼみや痛んできているもの混在だが概ね見頃、お早めに。
駐車場有り、無料、晴天の日は昼頃の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
昼頃まで撮影して移動。
周辺田植えもほぼ終わっている。
 
国道166号線から、県道710号線を抜けて、国道42号線へ。
広くて展望のよい道路、25分くらいで山超え。
紀勢自動車道の大宮大台ICから紀勢大内山ICへ、無料区間。
 
出口を右折、県道68号線を南下するとすぐに大紀町の大平つつじ山。
つぼみや痛んできているもの混在、見頃後半、お早めに。
駐車場有り、無料。
南側と西側斜面にあるため、晴天の日は昼過ぎの光線がおすすめ。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 

奈良県十津川村の大泰の滝・高滝、五条市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜の新緑 5月1日分2-2。
 
奈良県十津川村の21世紀の森での石楠花の撮影後、
新緑を撮影しながら帰る。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
国道425号線沿いの大泰(おおたい)の滝。
 
イメージ 3
 
同じく高滝(不動滝)
 
イメージ 4
 
イメージ 5

国道168号線沿いも新緑が綺麗なところが多い。
山桜は散り始めだが、八重桜は満開。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
五条市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜の新緑。
 
イメージ 8

奈良県十津川村の21世紀の森の石楠花 5月1日分2-1。
 
朝から奈良県十津川村の21世紀の森へ、無料。
雨で時々霧に包まれる理想的な天気。
石楠花は早咲き遅咲きでいろいろだが、ゴールデンウイーク中が一番の見頃だろう。
玉置神社のほうはもう少し先になる。
 
写真家の高橋良典さんとばったり、室生寺以来。
なんでも撮影会の指導で生徒さんたちと来られたとのこと。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
新緑も綺麗、山桜は散り始め。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
新緑の滝撮影に続く。

奈良県曽爾村の屏風岩の山桜 4月30日分。
 
前日に続き、朝3時起きで再び奈良県曽爾村の屏風岩へ。
 
4時半前に、屏風岩公苑の駐車場に到着。
前日からの停まり組と思われる車が8台くらい停まっていた。
 
夜明け前の空に蒼さが残る時間から撮影を始める。
この時間、他に撮影してる人はいない、なぜ撮らないのか不思議。
 
日が昇るころには、カメラマンが増えてくる。
 
好天の予報で、日の出のころは東の空はいい感じであったが、
30分もしないうちに雲が広がってきて、太陽の勢いが衰える。
屏風岩は南向きなので、日の出後しばらくたたないと日が当たってこない。
朝日に染まる屏風岩は期待できないと判断、あきらめて帰路に着いた。
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 

奈良県曽爾村の屏風岩の山桜・不退寺の源平しだれ桃 4月29日分。
 
朝から奈良県曽爾村の屏風岩へ。
 
6時40分くらいに三叉路の広い道路に車を停めて、屏風岩公苑まで400メートルほど歩く。
駐車場は思っていた通りすでにいっぱい。50台くらいは停まっていた。
広場にはすでにカメラマンがいっぱい。
広場の山桜は散り始め、屏風岩の山桜は満開ぱらぱらの感じ。
水曜日に満開宣言で、2日連続の雨で心配したが、そんなに散りは目立たない。
 
前日の雨で、早朝は山裾に雲海が流れていた。
その後、雲が多いものの時々晴れ間が見え、日が差したり曇ったりの天気。
快晴もよいが、雲がないのもさびしいので、ちょうどいい。
雲海と青空で2度おいしい、撮影にはいい日だった。
 
今日は11時からお祭りなので、使える駐車場は一番手前のみで、
上二ヶ所の駐車場は祭り用に閉鎖されていたのだが、
誰かがバリケードを勝手に開けたので、すべてカメラマンの車が占拠。
8時頃に、祭り関係者が車を移動して欲しいと言いに来ていた。
毎年のことらしいが、マナーは充分に守って欲しいものだ。
 
9時を過ぎたあたりから一般の観光客やハイカーも増えてくる。
11時前に帰ったのだが、駐車場手前の狭い道に路上駐車がずらっと並び、
その横を上ってくる車が数珠繋ぎ、駐車場の車も出るに出られず状態。
離れた場所に車を停めて正解だった。
祝日に祭りで込むのは必然。
祭りがあることを知らない人がほとんどなのが不思議。
行くところについて、ホームページとかで事前に調べないのだろうか。
 
 
 
震災の為、今年のライトアップは中止、祭りの獅子舞もやらないみたい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
帰りに同じ曽爾村の不退寺の源平しだれ桃を撮影、少し散り始め、樹齢27.8年とのこと。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 

京都府京都市の神泉苑と二条城の桜 4月17日分3-3。
 
昼の1時に神泉苑近くの100円パーキングに移動、1時間300円。
薄い雲が増え、青空がかなり少なくなってきた。
 
神泉苑の染井吉野は散り始め。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
歩いてすぐの二条城に移動、拝観600円。
八重紅しだれ桜は満開、やや色あせ。
山桜、大島桜は見頃、しだれ桜、染井吉野は半散り、
里桜は咲きはじめから満開までいろいろ。
椿は見頃後半。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
境内で行われていた結婚式で移動に御所車が使われていた。
 
イメージ 10
 
空が白っぽくなってきたので、帰路に着いた。

京都府京都市の原谷苑の桜 4月17日分3-2。
 
10時過ぎに金閣寺の駐車場に移動、1時間300円。
そこから原谷苑へ向かう、上り坂を歩いて30分で到着。
同じように歩いて向かう人がいっぱい。その横をタクシーが走る。
周辺に駐車場はないので、賃送タクシーかバス(路線バスもあり)になる。
 
帰りは無料のシャトルバスを利用、11時半から3時半まで。
乗り場は、金閣寺前交差点の南西の駐車場前。
 
入苑料は、平日1200円、土日1500円。9時から5時まで。
弁当持込、三脚禁止。
 
八重紅枝垂れ桜、大島桜は見頃旬、枝垂れ桜、薄墨桜は半散り。
椿は見頃後半、吉野つつじ、木瓜、雪柳、連翹、石楠花、馬酔木、花桃は見頃。
 
苑内は大勢の観光客で賑わっていたが、高低さがあるので意外と人を入れずに撮影できる。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7

3-3に続く。

京都府京都市の平安神宮の桜 4月17日分3-1。
 
朝8時過ぎに京都市の平安神宮へ。
地下駐車場1時間500円、平日のみ最大一日1300円。
神苑入り口に、先客が1名。開苑前には30人くらいになる。
神苑は8時半からで600円。
八重紅しだれ桜は満開、少し色がうすくなっている。
 
人の少ないうちに東苑で撮影、その後西苑に戻る。
結婚式の新郎新婦の撮影も行われていた。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
3-2に続く。

大阪府高槻市の摂津峡の桜、箕面市勝尾寺の紅枝垂れ桜、奈良県生駒市の長弓寺の桜と三つ葉躑躅と椿 4月16日分。
 
早朝、大阪府高槻市の摂津峡へ寄り道、駐車場1000円。
染井吉野は、かなり散っている。
 
イメージ 1
 
次に箕面市勝尾寺へ、駐車場2時間500円、拝観500円。
八重紅枝垂れ桜は8分咲きくらいで一番の見頃。カメラマンも数名。
天気は晴れたり曇ったりの白い空。
一時雨予報だったが、結局降らず午後から高曇り状態。

 
イメージ 2
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
帰りに奈良県生駒市の長弓寺へ、山桜は散り始め、染井吉野は花吹雪。
椿は見頃後半、三つ葉つつじは見頃。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 その後、奈良市のイトーヨーカ堂で行われている、
JNP奈良第一支部の写真展を見てから早めの帰宅。
 
JNP奈良第一支部の写真展は、明日の夕方4時まで。

奈良県十津川村の果無集落、市原の七朗桜、風屋ダムの山桜、五条市の猿谷貯水池の桜、下市町貝原の枝垂れ桜、丹生小学校跡の桜 4月15日分。
 
朝から奈良県十津川村の果無集落へ、斑鳩から2時間半くらい。
十津川温泉、柳本橋から車で7分くらい。
八重紅しだれ桜が満開。水仙も見頃。

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
次に同じ十津川村市原の七朗桜を見に行く。
剣道735号線、市原口のバス停を曲がってすぐ。
八重紅しだれ桜が満開、大きいのだけで10本以上ある。
午前中がおすすめ。
 
月曜から木曜まで晴天が続いたのだが、
今日は日差しはあるものの、あいにくの白い空なので、
空抜きの構図は撮れなかった、残念。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
その後、山桜を撮影しながら移動。
十津川付近の山桜は満開散り始め。染井吉野は半散り。
 
十津川村風屋ダムの山桜。
 
イメージ 12
 
五条市大塔町まで北上すると山桜はまだ満開。
 
五条市大塔町の猿谷貯水池の桜、ここは染井吉野もまだ7分咲きくらいだった。
小雨が降り始める。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
4時ごろから本降りの雨。
 
帰り道に下市町貝原の枝垂れ桜へ。満開散り始め。
昨年の事故で駐車場は閉鎖、寺のトイレも閉鎖。
桜の下の道路が工事中。
他のカメラマンの姿は見えず。
少ししてから愛知県から来たカメラマンが1名、その後に観光客1組。
 
イメージ 3
 
最後に、下市町谷の丹生小学校跡へ、桜は半散りと散り始め。
 
イメージ 4
 

奈良県斑鳩町法隆寺・法輪寺・夢殿の桜、大阪府大阪市の歴史博物館から望む大阪城の桜 4月13日分。

天気は快晴。
 
早朝、地元奈良県斑鳩町の桜をチャリで見て廻る。
まずは法隆寺の桜。染井吉野は満開散り始め。
伽藍の外は無料。拝観1000円(夢殿含む)、駐車場500円。

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
次に法輪寺へ。染井吉野は満開散り始め。
外から撮影。拝観、駐車場各500円。
 
イメージ 5
 
次に法隆寺の夢殿へ。夢殿のみの拝観200円。
八重紅しだれ桜、山桜は満開。
桜だけなら午後の光線のほうがよい。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
昼間は、別の仕事の合間に、大阪市の大阪城を見下ろす歴史博物館へ、入場600円。
10階の展望フロアから撮影。
ミニ暗幕でガラスの反射はとったのだが、ガラス自体が汚い。
おまけに斜めに見ることのなるので撮り難い。
木に隠れて西の丸庭園の桜はあまり見えず。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
歴史博物館はなかなか面白い。あまり時間がなかったので、いつかゆっくり見てみたい。
 
イメージ 3
 
夜、再び大阪城の西の丸庭園へ行ったのだが、かなり散りがすすんでいたので撮影せず。
 
 

奈良県平群町の信貴山の朝護孫子寺の桜、斑鳩町の三室山と竜田川の桜、大阪府大阪市の大阪城の桜 4月12日分。

天気は快晴。
 
早朝、奈良県平群町の信貴山の朝護孫子寺へ。満開。
全体的に朝の光がよいが、寅のところは昼ごろのほうが光が廻る。

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
斑鳩町の三室山と竜田川の桜。満開。無料駐車場あり。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
昼間別の仕事の合間に、大阪市の大阪城の西の丸庭園へ、入場200円。満開ぱらぱら。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
夜、再び信貴山の朝護孫子寺へ。
 
イメージ 12
 
イメージ 3
 

京都府八幡市の背割堤と岩清水八幡宮の桜、長岡京市の長岡天幡宮の桜、京田辺市の観音寺の桜と菜の花 4月10日分。
 
昨日の雨が上がり、朝から快晴。
 
まずは、京都府八幡市の背割堤へ。
関西はもちろん全国的にも規模の大きい桜並木だが、
意外と知らない人が多い。
 
桜は7分咲きから満開散り始め、見頃旬。
北側にある臨時駐車場1000円、7時ごろから開いている。
駅前の駐車場は600円。
京阪の八幡市駅からも歩いてすぐ。
 
東西に伸びているので、早朝は北側から、8時ごろからは南側から撮るとよい。
日曜なので、9時を過ぎるとすごい人出。
 
北側から。
 
イメージ 1
 
南側から。
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
次に長岡京市の長岡天幡宮に移動。
駐車場は30分200円、コインパーキング。桜は満開。
 
手前の八条ヶ池の周りの桜を前景に、老舗料亭の錦水亭を入れて撮る。
午前中早いほうが光線状態はよい。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
次に八幡市の岩清水八幡宮へ。
山上の駐車場無料、西側からぐるっと廻って行くのだが、カーナビがないと迷うと思う。
駅からはケーブルがある。
 
境内は大勢の花見客で賑わっていた。
桜は満開、紅しだれ桜は5分咲きくらい。
椿も多く、見頃後半。本殿は工事中。
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
最後に京田辺市の観音寺へ。駐車場無料。
参道の桜は老木なので、花は少なめ。
手前の菜の花は見頃、大勢の花見客で賑わっていた。
2時ごろに行ったのだが、昼前くらいがおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
午後からどんどん空の抜けが悪くなってきたので、帰路に着いた。
 
 

奈良県斑鳩町の大和川堤の桜、桜井市の長谷寺の桜、宇陀市の悟真寺と才が辻の桜 4月9日分。
 
今日は朝から小雨模様。
まずは行きがけに地元奈良県斑鳩町の大和川堤の桜を撮る。
うっすらもやがかかって美しい。満開。
 
イメージ 1
 
10時ごろ、奈良県桜井市の長谷寺へ。
駐車場、拝観各500円、三脚禁止。境内見頃旬。
 
本坊前から。
 
イメージ 10
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
登廊付近から。
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
本堂舞台から。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
五重塔前。
 
イメージ 5
 
休憩所付近。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
六角堂。
 
イメージ 9
 
イメージ 11
 
参道入り口付近。
 
イメージ 12
 
次に宇陀市榛原区の悟真寺へ移動。
枝垂れ桜は、西側はほぼ満開、東側の境内側は3分咲きくらい、左右でかなりずれる。
染井吉野は咲き始め。西斜面なので、晴天の日は午後がおすすめ。
撮影中に2台車が来たくらいで、ほとんど穴場です。
 
西側から。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
最後にに宇陀市大宇陀区の才が辻へ。
民家と光台寺の枝垂れ桜は共に満開。 
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
 
 
 

奈良県葛城市の當麻寺奥の院と西南院の桜、御所市の高鴨神社・一言主神社、葛城市の葛城山麓公園 4月8日分。
 
月曜から木曜まで好天が続いたが、月曜の早朝以外、別の仕事で出られず残念。
今日は朝からくもり、午後から小雨模様。
昼前から葛城方面へ。
 
まずは奈良県葛城市の當麻寺へ。
當麻寺の東側の桜並木で桜のアップの撮影。
アップの撮影は曇りの日が最適。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
當麻寺奥の院の桜。拝観300円、當麻寺の共通駐車場500円。
染井吉野は満開。奥のしだれ桜は一部散り始め、八重紅しだれ桜は咲き始めと5分咲き。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
西南院も見頃、拝観300円。
 
イメージ 16
 
その後、御所市の九品寺へ移動。
染井吉野は満開。枝垂れ桜は散り始め、八重紅枝垂れ桜は5分咲き。
 
次に高鴨神社へ、染井吉野は7分咲き~満開。
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
次に一言主神社へ。
周辺の染井吉野は7分咲き。桃や雪柳も見頃。
 
イメージ 10
 
最後に、葛城市の葛城山麓公園へ、無料。
染井吉野、大島桜など満開。椿は見頃終盤、早咲きの石楠花が見頃。
こいのぼりが面白い。撮影ポイントが多いわりにカメラマンはいない穴場。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 

奈良県三郷町遍照院の枝垂れ桜、香芝市専称寺の枝垂れ桜、葛城市當麻寺護念院の枝垂れ桜・當麻寺中ノ坊の枝垂れ桜、御所市九品寺の枝垂れ桜 4月3日4日分。
 
3日日曜日は、午前中はくもり、午後からしだいに晴れ。
4日月曜日は快晴、早朝のみの取材。
写真は、日曜日と月曜日混ざっています。
 
三郷町遍照院の枝垂れ桜。
志納100円、駐車場なし。
晴天の午前中がベスト、夕方もよい。
 
イメージ 1
 
イメージ 11
 
イメージ 16
 
イメージ 15
 
香芝市専称寺の枝垂れ桜。
志納、駐車場なし、ライトアップあり(7時半まで)
朝は8時からだが、少し前には開いている。
晴天の日の午前中がおすすめ。三脚禁止。
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 6
 
イメージ 21
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
葛城市當麻寺護念院の枝垂れ桜。
拝観300円、當麻寺の駐車場は500円。
朝は8時からだが、少し前には開いている。
外からも見える。晴天の日の朝がおすすめ。
 
イメージ 7
 
同じく當麻寺中ノ坊の枝垂れ桜。
拝観500円、當麻寺の駐車場は500円。
朝は9時から。外からも見える。
晴天の日の朝がおすすめ。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
御所市九品寺の枝垂れ桜。
無料、駐車場あり。晴天の日の午後がおすすめ。
 
イメージ 10
 
イメージ 13
 
イメージ 12
 
イメージ 14
 

三重県松阪市野々口の桜、向粥身の春谷寺の桜、大紀町柏崎の枝垂れ桜 4月2日分。
 
大宇陀から高見山を抜けて、国道166号線を走る。
まずは、通りすがりに見つけた松阪市野々口の桜。
路肩駐車可。午前中がおすすめ。
 
イメージ 5
 
次に道の駅飯高をこえて、
松阪市飯高町向粥身(むこうがゆみ)の春谷寺(しゅんこくじ)へ。
駐車場は10台分くらい。カメラマンや観光客が数名いれかわりやってくる。
主役のエドヒガン桜は、朝はまだつぼみもあったが、昼前にはほぼ満開になる。
周辺の桜は5分咲きくらい。9時から12時くらいの光線がおすすめ。
背後の電柱と遠くに見える鉄塔がやや難点。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
周辺の状況。反対側にも桜がある。
 
イメージ 4
 
次に、大紀町柏崎の枝垂れ桜へ。樹齢130年。
駐車場は広い。満開3日目くらい。ライトアップあり。
360度撮影可だが、東南側が一番綺麗に全体が見える。
 
東南側から。
 
イメージ 6
 
正面南側から、全体は入らない。
 
イメージ 7
 
北西側から。先がかくれる。
 
イメージ 8
 
周辺の状況。
 
イメージ 9
 
大紀町阿曽の龍祥寺の枝垂れ桜は3~4分咲き、今年は例年より1週間以上遅い。
樹齢135年。高さ19m。全国的に見てもかなり高い樹。
駐車場は広い。ライトアップあり、9時半まで。
晴天の日の午後の光線がおすすめ。
 
大紀町笠木渓谷の忠五郎桜も3~4分咲き、
駐車場は広い。午前の光線がおすすめ。

 

三重県いなべ市の農業公園の梅林、桑名市のなばなの里、岐阜県養老町の養老公園の養老天命反転地 3月18日分。
 
京都で介護の仕事をしている姪っ子が帰省してきたので、
妹の大学生の姪っ子と母と4人で家族旅行。
孫が大きくなってから姉妹そろって行くのは初めてなので、母も喜んでいた。
 
朝6時過ぎに出発、法隆寺ICから西名阪・名阪国道・東名阪を経由、
桑名ICを出て北上、中里貯水池近くにある三重県いなべ市の農業公園へ。
早朝なので法隆寺ICから桑名ICまでは、休憩時間を含めないと1時間半ほど、
さらに農業公園へは、国道421号・国道365号・国道306号などを通り50分ほど。
 
昨年は日曜の昼ごろで農業公園手前で大渋滞につかまり断念したので、
今年は平日の早朝にリベンジ。
9時開園だが、8時50分ごろに到着したころには、すでに6台ほど。
 
梅林は東海地方最大で4500本、盆地状になっていて俯瞰撮影可能。
前日の寒波で周囲の山は雪化粧、梅林にも少し雪が残っていた。
この日も風が強くすごく寒かった。
 
ホームページだは前日に見ごろとなっていて、全体的に見ごろ前半、
ここ数日が一番いいと思う。
入園500円、9時から5時まで。http://www.inabe-nougyoukouen.com/index.html
 
イメージ 1
 
イメージ 10
 
イメージ 2
 
イメージ 9
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
その後、北上して関が原から南下、山の反対側なある岐阜県の養老公園へ。
最初に養老の滝へ、駐車場500円、滝へは歩いて5分ほど。
次に養老公園の駐車場へ移動、駐車場300円。
養老公園はいろんな施設があり、平野の眺望もよく、桜や紅葉の時期はおすすめ。
今回は養老天命反転地へ、工事中で入園料が510円に割引されていた。
 
すごく変わった建築で全体が迷路のような造り、姪っ子も大喜び。
 
盆地のようになっており、以前来たときに比べて木々がかなり伸びていた。

イメージ 13
 
イメージ 14
 
その後南下して、1時過ぎにに三重県桑名市のなばなの里へ。
入園1500円(1000円の金券つき)
 
梅林は見ごろ後半散り始め。
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
河津桜は7部咲き見ごろ。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
ベゴニア園は別に1000円必要。
 
イメージ 6

イメージ 7
 
イメージ 8
 
4時前に帰路に着く、帰りは伊勢湾岸自動車道の湾岸長島ICへ。
途中休憩を挟み、2時間ほどで帰宅。
 

このページのトップヘ