風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2014 冬取材記1

奈良県奈良市の月ヶ瀬梅林 3月21日分。
 
見頃最盛期おすすめです。
上の方の駐車場は600円。下の方は無料。


月ヶ瀬梅渓を一望できる山上にある真福寺近くの駐車場が便利です。
ここから、天神梅林辺りまでに見所が集中しています。

今日は晴れたり曇ったり、時々アラレが降ったり、目まぐるしく天気が変わる、
とても寒い一日でしたが、おかげで変化のある写真が撮れました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 10

イメージ 9
 

京都府京都市の北野天満宮の梅林 2月17日分。

今週月曜日、所要で京都市へ。
少しの間、北野天満宮の梅を撮影。
まだ咲き初めで、ちらほら程度です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と東大寺と興福寺の雪景色 2月14日分4-4。
 
東大寺の二月堂をくるっとまわって、後は鹿さんと雪景色のコラボを中心に撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
南大門。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
興福寺五重塔。
 
イメージ 9
 
奈良瑠璃絵入り口。最初早咲き梅かなと思ったら桜の樹、「なんで」と思って
よく見ると、よくできた造花を桜の樹に埋め込んでいました。
遠目にはわからんし、本物と思って撮影していた人が多かった。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
昼頃から、吹雪が弱くなり、木々の着雪がかなり落ちてきたので、2時頃帰路に着いた。
 
帰り道、車から横目に平城京跡を見たが、木々の雪はほとんど落ちていた模様。
 
第二阪奈のみならず、阪奈道路も通行止め。
抜け道通ったので、途中は渋滞しなかったが、家の前の国道25号線は大渋滞。
数百メートルの移動に30分近くかかった。

奈良県奈良市の奈良公園と東大寺の雪景色 2月14日分4-3。
 
郡山城の後、奈良公園へ。
朝9時過ぎ浮身堂に到着、すでにカメラマンがかなり来ていました。
木々の着雪がかなり多い、昼過ぎにはかなり落ちていました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
市役所駐車場に停めて(一日1000円)東大寺へ。
市役所屋上は、積雪のため閉鎖。吉城園などの庭園は臨時休業。
雪景色期待して行った観光客がっかりだろう。
これだから、奈良の観光はすたれるのかも。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
この道は、通行止めなので雪は綺麗。
 
イメージ 10
 
二月堂を職員駐車場から遠望。
 
イメージ 11
 
さすがに朝一でないと、道の雪は踏まれて美しくはありません、一応記録撮影。
 
イメージ 12
 
続く。
 

奈良県大和郡山市の郡山城の雪景色 2月14日分4-2。
 
法起寺の後、奈良公園へ向かう。
途中、郡山城の雪景色を少しだけ撮影。
左の樹は枝垂れ桜。
木々の雪は雪の多いときでも次々落ちていくので、朝早めに撮るべし。
 
イメージ 1

奈良県斑鳩町の法起寺の雪景色 2月14日分4-1。
 
先日の雪は朝から雨に変わり、だめだったが、
今日は朝から吹雪いていてひさしぶりの大雪。
 
たいていの寒波の時は、京都よりも奈良のほうが雪が少ないのだが、
今回の寒波は京都よりも奈良に大雪をもたらした、
京都、大阪3センチ、和歌山市内6センチ、奈良市内で15センチだとか。
雪のほとんど降らない奈良平野でも多い所では40センチ近い積雪量を記録。
(奈良の大雪警報は24年ぶり、15センチ以上の雪は18年ぶりだとか)
 
斑鳩でも15センチ以上あって、これほど積もるのは、おそらく2,30年ぶりと思う。
雪が積もってもたいていは3センチくらいで、朝あっというまにべとべとに融けてしまうのが多い。
 
朝からまずは法起寺へ、他にカメラマン1名のみ、後から来ただけ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 

このページのトップヘ