風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2014 春取材記

愛知県名古屋市の名古屋城 5月22日分。

帰り道、愛知県名古屋市で寄り道。
名古屋城を撮影。駐車場30分180円。観覧500円。

城外北側から撮影。

イメージ 1

ツツジが見頃。

イメージ 2

正面は東向きなので、午前中がおすすめ。

イメージ 3

天守閣より、名古屋駅方面の眺め。

イメージ 4

青空は見えるものの雲が多すぎるので、その後の撮影残念、帰路に着く。

午後1時半頃に帰宅。

合計48日間、春の長期取材終了。さすがに疲れました。

ご愛読ありがとうございました。


山梨県富士河口湖町の新御坂峠からの朝焼けの富士山・河口湖からの富士山、御殿場市の乙女峠からの富士山、神奈川県箱根町芦ノ湖湖畔にある山のホテルのツツジ庭園・花月園のツツジ 5月19日~21日分。

うす雲の多い天気。
山梨県富士河口湖町の新御坂峠からの朝焼けの富士山。

イメージ 1

河口湖からの富士山。

イメージ 2

御殿場市の乙女峠からの富士山。

イメージ 3

神奈川県箱根町芦ノ湖湖畔にある山のホテルのツツジ庭園。
ツツジ開花期は入園800円。

イメージ 4

箱根ロープウェイ近くにある花月園のツツジ、無料公開。

イメージ 5

その後、三島市の三嶋大社を見てから、1時半頃に沼津市のジェイピーへ。

19日の午後から21日夕方まで、
中橋先生とライブラリー関係の打ち合わせなどをして過ごす。

21日夜に高速で帰路に着く。
途中SAで車中泊。


山梨県富士河口湖町の河口湖からの朝焼けの富士山、山中湖村の山中湖からの富士山、忍野村の二十曲峠からの富士山、静岡県富士市の大渕の茶畑と富士山 5月18日分。

朝から快晴。
河口湖からの朝焼けの富士山

イメージ 1

イメージ 2

山中湖村の山中湖からの富士山。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

忍野村の二十曲峠からの富士山。
駐車場、バイオトイレあり。

イメージ 6

イメージ 7

まだ八重桜が満開。

イメージ 8

三度、静岡県富士市の大渕の茶畑へ。
観光客用の駐車場と簡易トイレあり。
今回もかなり待っていたが、山頂にかかる雲は切れてくれない、残念。

寒くて遅れていた1番茶の刈り取りが始まっていた。

イメージ 9

夜、河口湖大橋と富士山を撮影。

イメージ 10


山梨県富士河口湖町の河口湖の大石公園からの富士山、御坂峠の天下茶屋からの富士山、富士吉田市の新倉浅間公園からの富士山 5月17日分。

朝は晴、少し雲。今日も朝から富士山周辺を廻る。
河口湖の大石公園。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

新御坂峠。小さな展望台がある。

イメージ 4

道沿いから。

イメージ 5

旧道の御坂峠の天下茶屋の前から。カメラマンが数名。
あっという間に雲が湧いてきた。

イメージ 6

富士吉田市の新倉浅間公園。
この時期は上まで車で行ける。

イメージ 7

ツツジが見頃。

イメージ 8

イメージ 9

再び、大渕の茶畑へ行ったが、またも撃沈。
かなり長い間待っていたが、雲が切れず。
茶畑のみ撮影。

夕方、河口湖からの夕日に染まる富士山。

イメージ 10



山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップと富士山、富士河口湖町の富士本栖湖リゾートの芝桜と富士山・本栖湖から夕焼けに染まる富士山、忍野村の忍野八海と富士山、静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり 5月16日分。

朝は快晴、少し雲。
再び富士山に戻って来た。

山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップ。
無料エリアから撮影。

イメージ 1

忍野村の忍野八海。

イメージ 2

桂川沿いから。

イメージ 3

その後、南下して大渕の茶畑に向かうが、
急激に雲が増えてきて富士山が隠れてしまう。
今年は寒くて摘み取りが遅れていて撮影可能なのだが、
富士山南側の昼前後は、雲が多くてなかなか難しい。

静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり。

イメージ 4

午後2時ごろ、山梨県富士河口湖町の富士本栖湖リゾートへ。
芝桜は見頃。駐車500円、入園520円。
芝桜期間は周辺道路は大渋滞。
山にかかる雲が、なかなか切れなかったが、4時頃になってすっきりしてきた。
北西から富士山を見るので、芝桜と富士山を撮る場合、夕方の光線がおすすめ。
夕方遅くはツアー客も帰るので、人が少なく撮りやすい。
山が近く、夕方5時ごろにはほぼ全体日陰になるので注意。

広い展望台がある。上から俯瞰で撮影。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

本栖湖から夕焼けに染まる富士山。

イメージ 11


山梨県北杜市の尾白川渓谷の神蛇滝と精進ヶ滝 5月15日分。 
 
朝から小雨が時々ぱらぱらの天気。
山梨県北杜市の尾白川渓谷へ。無料大駐車場、トイレ、売店あり。
神蛇滝までの渓谷沿いの道は通行止めなので、尾根沿いの道を歩く、約50分。
新緑がとても綺麗で、霧も出て最高。
他にカメラマンも見えず、絶景独り占め。
ツツジが見ごろ。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

尾根沿いの道は、新緑の撮影にも撮り易くていい。

イメージ 4

イメージ 5

吊橋から。

イメージ 6

その後、すぐ近くの精進ヶ滝へ。

山奥だが、途中の道は舗装されているので、快適。

無料駐車場、簡易トイレあり。

歩いて約40分で、終点の精進ヶ滝。

途中吊橋が四ヶ所ほどある。

釣り人が1人いたが、カメラマンはいなかった。

またも絶景独り占め。

イメージ 7

イメージ 8

帰るころには雨が強くなる。

近くの武川にある「むかわの湯 720円」で、冷えた体を暖めてから、
富士河口湖町へ南下。

長野県上田市の真田幸村像・上田城跡の真田神社・別所温泉の安楽寺の八角三重塔と常楽寺、野倉の夫婦道祖神・中禅寺薬師堂・生島足島神社・武石公園の躑躅・鹿教湯温泉の五台橋 5月14日分。
長野県上田市駅前の真田幸村像。

イメージ 1

上田城跡の真田神社。

イメージ 2

上田市の別所温泉の安楽寺の八角三重塔。拝観300円。
四重に見えるが、初重は裳階(もこし)。

イメージ 3

上田市の別所温泉の常楽寺。志納100円。

イメージ 4

野倉の夫婦道祖神。昼ごろの光線がお勧め。

イメージ 5

中禅寺薬師堂。拝観200円。

イメージ 6

生島足島神社。

イメージ 7

武石公園の躑躅。見ごろ終盤。

イメージ 8

鹿教湯温泉。屋根付の五台橋。

イメージ 9

夜に南下して、山梨県境に近い長野県富士見町の蔦木宿の道の駅へ。
ここは温泉や遅くまで営業している食堂もある。

長野県須坂市の臥竜公園、高山村の八滝・雷滝、上田市の真田氏館跡の躑躅 5月13日分。

長野県須坂市の臥竜公園。
桜を撮り逃したので新緑で撮る。
周辺ツツジが綺麗な季節。

イメージ 1

高山村の八滝。

イメージ 2

雷滝。

イメージ 3

午後、車の修理を受け取りに行く。
ブレーキパッドの他、タイヤも新品にしてもらった。

夕方、南下して上田市へ。
2016年の大河の真田幸村関係の撮影。

真田氏館跡の躑躅。

イメージ 4

イメージ 5

米山城跡への途中から見る上田市夕景。

イメージ 6

長野県戸隠村の戸隠中社・越水ヶ原の水芭蕉・戸隠奥社参道の杉並木、長野市善光寺参道 5月12日分。

朝から冴えない天気。
長野県の戸隠村へ。
戸隠中社。山桜は散り始め。

イメージ 1

越水ヶ原の水芭蕉。
バードウオッチャーも多い。

イメージ 2

イメージ 3

戸隠奥社参道の杉並木。1部駐車場500円、他無料。

イメージ 4

周辺カタクリの花もいっぱいある。

イメージ 5

長野市善光寺参道。

イメージ 6

新潟県妙高市の苗名滝・いもり池からの妙高山、長野県信濃町の黒姫高原からの妙高山 5月11日分。

新潟県妙高市の苗名滝。

イメージ 1

いもり池からの妙高山。

イメージ 2

赤倉ゴルフコースの所から。

イメージ 3

長野県信濃町の黒姫高原からの妙高山。

タンポポ。

イメージ 4

水仙。

イメージ 5

山桜は少し散り始め。

イメージ 6

イメージ 7

新潟県津南町の龍ヶ窪、長野県栄村の秋山郷、飯山市の北竜湖の菜の花、長野市街の夜景 5月10日分。

朝から秋山郷へ、新潟県の津南町から長野県の栄村にまたがっている。
朝は雲が多かったが、次第に晴れてくる。
新緑が綺麗な季節、桜は少ないがまだ満開少し散り始めくらい。
残雪が残り、山ノ内町への通り抜けはできない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

新潟県津南町の龍ヶ窪。名水100選。

1ヶ所、水際まで降りれるところがある。

日の出前か午後の光線がおすすめ。

イメージ 9

長野県飯山市の北竜湖の菜の花。

ここは遅く、まだ1部分が満開になった程度。

カメラマンには有名なところだが、規模は小さい。

日の出前か午後の光線がおすすめ。

イメージ 10

長野市街の夜景。

飯綱町から南下する道路の九十九折の所から、

展望スペースはなく路肩からの撮影になる。

イメージ 11

今日一日、前輪タイヤの所からわずかな異音がしていたので、

前回修理をお願いしたところで再び見てもらう。

二度あることは三度あるとはいうものの、

今度はブレーキパッドが減りすぎて警告音がなっていたみたい。

もうそんなに走れないので、部品交換のため三度修理預かり、

またも日曜またぎで代車を借りることになった。

なんちゅうこっちゃ。

新潟県十日町市の美人林・清津峡、津南町の蛇淵の滝、長野県栄村の秋山郷 5月9日分。

夜半は雨、朝は曇り。
朝から新潟県十日町市の美人林へ、ブナの原生林がある。
大きな駐車場、水洗トイレ、売店に喫茶店もある。
カメラマンが数名、9時半ごろには観光バスが来た。

例年のピークは残雪が残り新緑が綺麗な4月下旬から5月上旬。
今年は雪が少なく、残雪がほとんど溶けているのが、残念。
周辺には棚田も多いが少し水が入り始めたくらい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

奥のほうに少しだけ残雪があった。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昼頃から本降りの雨。
同じ十日町市の清津峡へ。日本三大峡谷の1つ。
入場600円。トンネルの中から見学するため、かさ不要。

残雪がすごかった。

イメージ 9

すごい雨で、今日は1日雨かなと思っていたら、2時ごろに急に晴れてきた。
自然はまったく予測不可能。

その後、秋山郷へ。秋山郷は新潟県の津南町と長野県の栄村にまたがっている。
残雪で栄村から南には通り抜けできない。

イメージ 10

新潟県津南町の蛇淵の滝。駐車場から歩いて5分。
南西向きで、午後の光線か曇り日がおすすめ。

イメージ 11

新潟県妙高市の妙高高原のいもり池からの妙高山、長野県信濃町の野尻湖からの妙高山、飯綱町の丹霞郷、飯山市の菜の花公園、木島平村の樽滝、野沢温泉村のおぼろ月夜の館、新潟県津南町の信濃川の夕景 5月8日分。

深夜、新潟県妙高市の妙高高原のいもり池に移動。

妙高高原のいもり池からの妙高山。

カメラマンは合計4人。

桜・水芭蕉は半散り。

イメージ 1

イメージ 2

長野県の信濃町に南下。

野尻湖からの妙高山。

イメージ 3

飯綱町の丹霞郷。全景は朝の光線がおすすめ。

桃はややピーク過ぎ。

イメージ 4

飯山市の菜の花公園。順光で千曲川を入れるなら朝の光線がおすすめ。

駐車場500円。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

木島平村の樽滝。

5月8日と10月の第3日曜日の年2回 8時半から4時までの間だけ、放水される。

カメラマンやツアーの観光客が結構来ている。

滝は北向き、1時ごろトップライトで撮影。

イメージ 8

野沢温泉村に移動。

おぼろ月夜の館。

イメージ 9

イメージ 10

再び夕方に木島平村の樽滝へ。

全体が影になり撮影はしやすいが、朝と違い風があるのが難点。

また岩の間に雑草が増え、昔に比べ美しさは落ちている様子。

4時過ぎ、一度放水が強くなったあとに止まる。

イメージ 11

イメージ 12

新潟県津南町の信濃川の夕景。

イメージ 13


長野県白馬村の白馬大橋からの山並み・大出の吊橋、小川村の立屋からの山並み・北アルプス展望公園、飯綱町の丹霞郷、小布施町の千曲川ふれあい公園、飯山市の菜の花公園 5月7日分。

朝から快晴。

長野県白馬村の白馬大橋付近より山並み。

イメージ 1

大出の吊橋付近より、桜は半散り。

イメージ 2


野平より。

イメージ 3

神城より。

イメージ 4

小川村の立屋付近。桜は半散り。

イメージ 5

ハナモモ。

イメージ 6

信濃信州新線沿いからの展望。

イメージ 7

北アルプス展望公園からの展望。

イメージ 8

信濃信州新線沿いからの展望。

イメージ 9

飯綱町の丹霞郷。

イメージ 15

小布施町の千曲川ふれあい公園。全体的には見頃終盤。

イメージ 10

飯山市の菜の花公園。駐車場500円。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


長野県大町市の中綱湖の桜・蓮華大橋からの展望・青木湖の桜安曇野市の大王わさび農場の水車・安曇野スイス村近くの菜の花畑、松川村の道祖神 5月6日分。

朝はどんより、9時過ぎから日が差してくる。

白馬村から南下。

長野県大町市の中綱湖の桜、昨日の雨でかなり散ってしまった、残念。

まぁ散り桜もいいのだけれど。

イメージ 1

長野県安曇野市の大王わさび農場の水車。八重桜が満開ぱらぱら。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

安曇野スイス村近くの菜の花畑。すぐ前ほうの菜の花畑は、半散りだった。

イメージ 7

その後、再び北上。周辺の水田は所々、水が入り始めていた。

イメージ 8

この周辺ハナミズキの花が意外と多く、ちょうど見頃。

イメージ 9

松川村の道祖神。

イメージ 14

大町市の蓮華大橋からの展望。

イメージ 10

大町市の青木湖の桜、満開ぱらぱら。

イメージ 11

午後2時ごろに白馬村に戻る。
夕方少しだけ焼けた。
まだ水田に水が入っているところは半分もなく、いい撮影ポイントも少ない。

イメージ 12

イメージ 13

ここ数日、車中泊だったので、朝晩の寒さからか少し風邪をひいてしまったこともあり、
ホテルで早めの就寝。

新潟県糸魚川市の橋立ヒスイ峡 5月5日分。

天気は下り坂、午前中は小雨がぱらぱら、時々日が差すかんじ。

のんびりと糸魚川市の渓谷などを廻った。

橋立ヒスイ峡。

イメージ 2

ヒスイ峡。新緑がとても綺麗。

イメージ 1

イメージ 3

この大きな岩の半分くらいはヒスイだとか、普通の岩にしか見えんけど。

イメージ 4

午後から南下、長野県の白馬村へ移動。

途中から本降りの雨。

午後はロケハンですごす。

白馬村内の桜、なんとかぎりぎり満開だったのだが、

雨でかなり散ってしまった、残念。

新潟県糸魚川市の親不知・白池、上越市の高田城跡の三重櫓・春日山城跡・上杉謙信像・春日神社 5月4日分。

朝は快晴、しだいにに白っぽくなってくる。

糸魚川市の親不知。

イメージ 1

イメージ 2

上越市の高田城跡の三重櫓。無料駐車場あり。

朝撮影したが、全体的には午後の光線がおすすめ。

イメージ 3

上越市の春日山城跡。

近くに無料駐車場もあるが、ゴールデンウィークということで、

少し離れたところから、春日山城跡と林泉寺を廻る、無料のシャトルバスも出ていた。

天守跡まで歩いて20分ほど。

上杉謙信像や春日神社は午前中の光線がおすすめ。

頂上からの市内展望は、午後の方がよいと思う。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

糸魚川市の白池。塩の道を撮ろうと思って行ったが、

さすがに山の上のほうは、かなりの残雪。

少し下がれば新緑が綺麗なのだが、まだ少し早かった。

イメージ 7

新潟県新潟市のみなとぴあの新潟市歴史博物館・白山公園の県政記念館・市民芸術文化会館、糸魚川市の親不知からの夜景 5月3日分。

早朝は快晴、8時過ぎには白っぽい空に変わる。

みなとぴあの新潟市歴史博物館。駐車場無料。
朝の光線がお勧め。

イメージ 1

白山公園の県政記念館。朝の光線がお勧め。

イメージ 2

すぐとなりの市民芸術文化会館。

イメージ 3

その後、海岸線を南下。
途中、弥彦山スカイラインに立ち寄るが、すでに白っぽい空。
しかたなく、のんびりと下道を走り、糸魚川市の親不知まで移動。

夕方近くなり、再び青空が見れた。
親不知観光ホテル近くの展望所から撮影。
ここは午後遅めの光線がおすすめ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

新潟県新潟市のメディアシップからの市街・みなとぴあの旧新潟税関・朱鷺メッセのBelfo展望台からの夜景 5月2日分2-2。

午後3時ごろに新潟市のメディアシップに到着、駐車場30分220円。
新潟日報社のビルで20階に展望台がある、三脚禁止。

信濃川を挟み、柳都大橋の左奥にみなとぴあ、右奥に朱鷺メッセがある。

イメージ 1

新潟駅方面の街並み。

イメージ 2

萬代橋とメディアシップ。午後の光線がおすすめ。

イメージ 3

みなとぴあにある旧新潟税関。駐車場無料。夕方の光線がお勧め。

イメージ 4

朱鷺メッセのBelfo展望台に移動。
すぐ下の万台駐車場は、1時間無料、30分100円。

日本海に沈む夕日。

イメージ 5

信濃川と新潟市内の夜景。

イメージ 6

新潟県長岡市の国営越後丘陵公園のチューリップ園 5月2日分2-1。

朝は曇り、しだいに雲が消え晴れてくる。
新潟市のホテルを出発、下道を走って長岡市に移動。

新潟県長岡市の国営越後丘陵公園のチューリップ園。
駐車場310円、入園410円。

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

午後2時前に出て、高速で新潟市に戻る。

このページのトップヘ