風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2015 中国・香港・マカオ取材記

香港・マカオ取材記その8、2月10日 最終日。

朝は曇り、すぐに晴れてきてやや抜けの悪い快晴になる。

海沿いのプロムナード「アベニュー・オブ・スターズ」へ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昨日上った環球貿易廣場のスカイ100。

イメージ 6

10時半、オースティン駅から空港へ向かう。
途中エアポートエキスプレスに乗り換え、
11時15分に空港に到着。

11時半にチェックイン、ピーチ航空はすいていた。
11時45分、イミグレーション通過、ここもすいていた。

11時50分、空港内をトラムそしてバスで移動。
新しい空港なのに複雑。LCCは特に不便なのかも知れないが。

12時30過ぎに機内へ。
空港混雑で1時25分にやっと離陸。1時間近くの遅れ。

以下、日本時間。

5時30分に関空に到着。30分遅れ。
歩いて空港内へ、すごく寒くてびっくり。

イミグレーションは、すいていた。

6時前に外へ、バスでターミナル1に移動。
6時20分過ぎにJRに乗り、8時10分過ぎに帰宅。

香港・マカオ取材記は今回で終了です、ありがとうございました。

香港・マカオ取材記その7、2月9日分。

朝は曇り。

ホテルをチェックアウトして、バスでコタイ地区に移動。
有名なヴェネチアン・マカオ・リゾートへ。

カジノもすごく広いし、ホテルの中にある運河とゴンドラもいい感じ。

10時10分頃、ホテルから出ている無料のシャトルバスで港へ。
10時半に港に到着。

イミグレーションを経て、10時40分にゲートへ。
11時過ぎにターボジェット船へ、今回はがらがら。

12時15分に香港に到着。
イミグレーションすごく混んでいて、1時10分にやっと外へ。

チョンキンマンションの安ホテルにチェックインしてから中環へ。

やや抜けが悪いものの、青空が広がってきた。

セント・ジョンズ教会。

イメージ 1

イメージ 2

中環のビル群。
まとめて撮るのに、あまりいい場所はない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

スターフェリーで対岸のチムシャツォイへ。
フェリー乗り場近くの時計塔。

イメージ 6

有名なペニンシュラホテル。

イメージ 7

夕方、クーロン駅近くのスカイ100の展望台へ、168ドル。
香港一の高さを誇る環球貿易廣場の100階にある。
ここはすごくすいていた。
しかし、窓が汚かったのが残念。

イメージ 8

羊のオブジェ。

イメージ 9

夜にヤウマティ駅に移動。
ヤウマティからウォンコッまでは、若者ですごく賑わっている。

星際城市というビルは、
中に携帯関連やカメラ関連の小さな店屋さんがいっぱい。
プロショップもあって写真好きにはおすすめ。

周辺、秋葉原のようなおもちゃ店や、食べ物屋も多い。

香港・マカオ取材記その6、2月8日分後半。

モンテの砦からギアの要塞まで、少し離れているが歩いて移動。
マカオは狭いので、歩いてもしれている。

ギアの要塞からの市街。

イメージ 1

ギアの灯台と教会。

イメージ 2

グランド・リスボア・マカオ。
昨日の夜に旅費の一部回収とばかり、カジノに挑戦するが惨敗。
勝ったり負けたりだが、時間が経つにしたがい、少しずつ負けていく。
やっぱりカジノで勝つには短期決戦しかないみたい。

イメージ 3

大堂。主教座堂。

イメージ 4

セナド広場。

イメージ 5

バスでマカオタワーに移動。

イメージ 6

マカオタワーから眺める西湾大橋。少しだけ夕焼け色。

イメージ 7

南湾湖とカジノ群。中央にグランド・リスボア・マカオが見える。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

セナド広場。

イメージ 12

民政総署。

イメージ 11



香港・マカオ取材記その5、2月8日分前半。

朝は、晴れているものの白っぽい空。

マカオにある30の世界遺産を廻る。
(登録上は歴史地区として1つにまとめられている)

街角に案内板や地図もあるのだが、
小さな公園だったりわかりにくいところにあったりするので、
何回か見落として、探しまくる。
案内板も全ての表記はされておらず、代表的なものが中心でわかりにくい。

ゴンモウコッダーイラウ。

イメージ 13

イメージ 1

下町はこんな感じ。

イメージ 2

イメージ 3

リラウ広場。こんな小さな広場も世界遺産。

イメージ 14

聖ローレンス教会。
やっと青空が見えてくる。

イメージ 4

ビル群は雑然としている。

イメージ 5

聖ヨセフ聖堂。

イメージ 6

ロバート・ホー・トン図書館。

イメージ 7

聖オーガスチン教会。

イメージ 8

郵政局。

イメージ 9

セナド広場。
春節の休みにはまだ早いのに中国本土からの観光客で大渋滞。
まるで渋谷の交差点みたい。

イメージ 10

三街會館。

イメージ 11

聖ポール天主堂跡。マカオの象徴になってるところ。
今は正面部分しかない。

イメージ 12

イメージ 17

カーサ庭園。

イメージ 15

イメージ 16

続く。

香港・マカオ取材記その4、2月7日分。

今日も朝から曇り空。

朝からマカオに向かう。
ターボジェット船往復が320ドル。
旅行社で買うと割引があるが、行きは土曜日なので、少し割高。
夜行便も割高になる。

9時半に出発ゲート。
同じ中国なのに、
特別行政区はパスポートチェックのイミグレーションがあり、
すごく混んでいた。

9時50分にターボジェット船へ、手荷物チェックはなし。

10時に出航。

11時過ぎにマカオに到着。

11時20分にイミグレーション、ここもすごく混んでいた。

11時45分に、やっと外へ。
バスで中心部へ、マカオの通貨はパタカだが、香港ドルも普通に使える。
香港ではパタカは使えず。両替レートは、ほぼ同じ。

12時に中心部に到着。
安宿街へ、どこも物価上昇で資料よりかなり高めの値段になっていた。
香港と比べても同じくらいのレベルでも倍以上する感じ。

その後、天気もいまいちなので、ロケハンがてらに市内散策。
マカオの世界遺産を中心に廻る。

イメージ 1

聖ドミニコ教会内部。

イメージ 12

聖ポール天主堂跡。
ここへ向かう道沿い、名産のジャーキーの試食があちらこちらであり、
けっこう腹がふくらむ。またすごくおいしい。

イメージ 2

モンテの砦。聖ポール天主堂跡のとなりにある。
歩いて上ったが、なんと博物館のところにエスカレーターがあり、
聖ポール天主堂跡から、エスカレーターを乗り継いで、すごく楽に上まで行ける。

イメージ 3

バスで移動。マーコッミウへ。

イメージ 4

イメージ 5

チェンガーダーインゴッ。
中国近代の著名な思想家の屋敷跡。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

聖ポール天主堂跡。
ライトアップの設備はあるが、左手の正月飾りが邪魔するからか、     ライトアップはされていない。

イメージ 9

セナド広場の正月飾りのライトアップ。

イメージ 10

マカオといえば、世界一のカジノ王国。
中央のホテルは、グランド・リスボア・マカオ。

イメージ 11

香港・マカオ取材記その3、2月6日分。

今日も朝から曇り空。

チムシャツォイからヤウマティ辺りをぶらぶら。

天后廟。


イメージ 1

イメージ 2

羊のオブジェ。

イメージ 3

金魚売り。

イメージ 4

イメージ 5

MTRでチュンワンに移動。

香港の工事現場では、竹で周囲を囲む。

イメージ 6

チョイマーウイタッワー公園。

イメージ 15

竹林禅院。

イメージ 7

イメージ 8

チムシャツォイに戻る。

招き猫?犬かと思った。

イメージ 9

アベニューオブスターズからの香港島。
少しだけ、夕焼け色。

イメージ 10

ブルースリーのプレート。

イメージ 11

イメージ 12

フェリー乗り場近くのプロムナードの2階で、夜景待ち。
6時ごろはがらがら。日没は6時10分過ぎで、6時半頃からが夜景タイム。
あいにく空に青味がなく抜けも悪い。

イメージ 13

シンフォニー・オブ・ライツというレーザー光線のショー。
8時から15分だけあるが、ほんとにいいのは数分だけ。

イメージ 14

女人街のナイトマーケット。

イメージ 16


香港・マカオ取材記その2、2月5日分。

朝から曇り、時々小雨。

スターフェリーに乗り、対岸の香港島の中環へ。
中環から上環辺りをぶらぶら。

曇りの日は、晴れの日に撮れないビルの谷間などを狙う。

イメージ 1

文武廟。

イメージ 2

日本ではもうなくなっているが、
香港では旧暦の春節が近く、いたるところに新年の羊のオブジェがある。

イメージ 3

2時前くらいから少し晴れてくる。
1度ホテルに戻り、三脚を持って、4時過ぎに再び中環へ。
ピークトラムは駄々混み必死なので、
4時20分頃、15系統のバスでヴィクトリアピークに向かう、9.8ドル。

5時過ぎ、ピークギャレリアの1階に到着。

すぐに向かいにあるスカイテラス428の展望台へ、48ドル。
他にも2ヶ所ほど見えるところはあり無料だが、
スカイテラスが一番高度がありおすすめ。

夕方、残念ながらまた遠景の抜けが悪くなってしまった。
霞んで見えない日も多いそうなので、まだましかも。

並ぶ三脚が当初3つほど、6時には少し増えたが、最高でも6つくらい。
観光客はすごく多いが、場所も広いので撮り難さはない。

下の写真は、35フルサイズで35mmの画角。

8時からのシンフォニー・オブ・ライツというレーザー光線のショーは、
ピークからはほとんど判別できなかった。
めちゃくちゃ抜けがよいときなら、見えるかもしれない。

イメージ 4

帰りもピークトラムは大行列だったので、バスで帰る。
バスもかなりの行列だったが、
香港のバスは2階立てでキャパが大きいので、2回目で乗れた。

香港・マカオ取材記その1、2月3・4日分。

2月3日、夕方、大阪の堺市のビジネスホテルへ。
翌日は朝早いので、始発でも間に合うのだが、念のため前泊。

2月4日。
早朝5時起き。
駅前から5時43分発の関空行きのバスで、関空の第1ターミナルへ、800円。

6時13分頃に予定より7分早く到着。
無料のバスで関空の第2ターミナルへ移動。

6時37分、ピーチ航空のセルフチェックイン。
荷物を預けるところは混んでいた。

7時半過ぎに出国審査を経て待合室へ。

8時過ぎにゲートオープン、空港内を歩いて機内へ。
8時半頃に離陸。

ピーチ航空、シートピッチが狭く、飲み物有料だが、
早期予約では、往復19000円程と格安。

香港時間、日本より1時間早い。以後香港時間表記。

11時45分に香港に到着。

12時頃空港内へ。12時8分、バスで空港内を移動。
両替3000円が約185香港ドル。
12時半ごろ、入国審査を終え、空港内で昼飯をとる。

プリペイドのオクトパスカードを購入、150ドル。

天気は晴れているものの抜けが悪く白い空。
空港からの中心部行きのエアポートエキスプレスもあるが、
天気が悪いのでのんびり市内へ向かうことにする。

1時5分、S1バスで地下鉄MTRのある次の駅へ。
1時20分頃にトンチョン駅に到着。
MTRで中心部へ。途中乗換えで、約30分。

2時10分頃にチムシャツォイ駅に到着。
歩いて、チョンキンマンションへ。
1・2階は、ショッピング階で上は安ホテルがいっぱいある。

中心部にあるのに、1泊200ドル。
香港はアジアでは、すごくホテル代が高いので助かる。

両替もすごくレートがよい。
悪名高く雰囲気はあやしいが、セキリティは問題なし。
ただホテルの客引きは多い。

ショッピング階もアジアの下町風で、周囲の綺麗な所と比べると
かなり落ちる感じ。

その後、天気はくもりがちになり、いまいちなので、
町をぶらぶら、ロケハン。

ネオンの看板が有名だが、昔に比べ少なくなって、あまりいいところがない。
かなり歩いたが、絵葉書で使われているところは全てなくなっていた。

イメージ 1

対岸の香港島。

イメージ 2

フェリー乗り場付近の時計台。

イメージ 3


このページのトップヘ