風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 梅・梅林・梅園

奈良県下市町の広橋梅林 3月7日分2-2。

賀名生梅林から広橋梅林に移動。

無料駐車場あり。見学自由。
少し散り始めつぼみ混在だが、全体的に見頃。
こちらの方は所々に簡易トイレ完備。
土産物のセルフ売店はあるが、飲食できるところはほとんどない。

https://www.town.shimoichi.lg.jp/0000000188.html

_V9A9332

_V9A9357

_V9A9367


奈良県五條市の賀名生梅林 3月7日分2-1。

天気は朝は曇り、後晴れ少し雲あり。

今日は母と姪っ子を連れて朝から賀名生梅林へ。
駐車場300円、民間500円。
梅林内は見学自由。飲食は駐車場付近がほとんど。
途中にも土産物の売店はあるが、飲食できるところはほとんどない。
駐車場付近以外はトイレもないので、注意。
梅は散り始め蕾混在だが、全体的に見頃。今年は早めの進行。

口の千本付近の道路が台風被害で崩落しているので、梅林内通行不可。
崩落地点のかなり手前から立ち入り禁止で、
撮影ポイントの口の千本付近に行けないのが残念。
口の千本付近の通行は梅林内の歩道を歩く。

かなり広いので、全てのポイントを廻ると1日かかる。
今日は家族連れなので、東雲千本でUターン、撮影も少しだけ。

https://www.city.gojo.lg.jp/kankou/shizen/1/3770.html

_V9A9264

_V9A9299

兵庫県宝塚市の中山寺梅林 2月24日分3-3。

1時40分ごろに綾部山梅林を出て、2時ごろに龍野西ICから高速へ。
途中15分ほど休憩。3時20分過ぎに宝塚ICから下りる。
15分ほどで中山観音駅前の民間駐車場、600~700円。

歩いて数分で中山寺。ここはエスカレーターも完備。
奥に中山梅林がある。ライブカメラもあり。
朝9時から夕方5時まで。

梅林は、散り始めや蕾が残っているのもあるが、全体的に見頃。
ここは午後の光線がおすすめ。
予定より遅れたが、ぎりぎり陰る前に到着。

http://www.nakayamadera.or.jp/news/43

_V9A9197

_V9A9201

_V9A9211

_V9A9216

_V9A9224

帰りは中国道の宝塚ICから近畿道経由で、西名阪の法隆寺ICまで50分ほど。
今日の総走行距離は343キロ。

兵庫県たつの市の綾部山梅林 2月24日分3-2。

11時20分ごろに世界の梅公園を出て、車でとなりの綾部山梅林まで移動、5分ほど。
駐車場500円。駐車場付近には菜の花畑もある。
こちらの駐車場はかなり広いが、もうかなりの車が入っている。
しかし平坦なので少し離れた場所に停めてもそんなに歩く時間は変わらない感じ。

綾部山梅林は入園大人500円、甘酒か梅ジュース付き。
数か所に売店、食堂あり。
開花情報では23日時点で6~8分咲き。
梅は早いものは散り始めだが、まだつぼみもあり、全体的に見頃初期。

http://www.ayabeyama.jp/
http://www.kanko-mitsu-hyogo.jp/page_ume/ume_1.html

前回は2016年の3月10日に来ているが、その時は散り始め。
今年は暖冬で10日程度早い進行みたい。
気持ち早いのだが天気の兼ね合いもあるので。

2016年に電車とバスを乗り継いで来たときのブログ↓
http://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532887.html

海を入れる場合、午前中早めの光線がおすすめ。
もうかなり太陽が正面に来ていたので、海側はあまり撮影せず。
奥の展望台からは午後の光線のほうが良い。

_V9A9100

_V9A9117

_V9A9122

_V9A9149

_V9A9164

_V9A9171



兵庫県たつの市の世界の梅公園 2月24日分3-1。

天気は快晴。
今日は母と姪っ子を連れてお出かけ。

7時半ごろに西名阪の法隆寺ICから入り、阪神高速経由で
8時10分過ぎに池田ICから中国道へ入る。
ここまで40分ほど、三連休にもかかわらず空いている。
中国道から山陽道へ入り、
途中15分ほど休憩、9時40分ごろに山陽道の龍野西ICで下りる。

そこから南下、15分ほどで世界の梅公園の駐車場へ。
駐車場代500円、入園料大人400円。売店などはない。

つづら折りの坂を上っていく途中に数か所駐車場があるが、
頂上付近にある2ヶ所の駐車場の下のほうにぎりぎり入れた。
途中にある駐車場だとかなり坂道を上らないといけない。

梅は早いものは散り始めだが、まだつぼみもあり、全体的に見頃。

http://www.kanko-mitsu-hyogo.jp/page_ume/ume_2.html

前回は2016年の3月10日に来ているが、その時は散り始め。
今年は暖冬で10日程度早い進行みたい。
気持ち早いのだが天気の兼ね合いもあるので。

2016年に電車とバスを乗り継いで来たときのブログ↓
http://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532887.html

中国風の建物と合わせる場合、午前中の光線がおすすめ。

_V9A8980

_V9A9000

_V9A9011

_V9A9061

_V9A9088




大阪府大阪市の大阪城の梅林 2月21日分。

天気は快晴。
久しぶりに大阪城へ。

大阪城公園の東側の駐車場は2ヶ所とも1時間350円。
1日停めるなら、西側の大阪歴史博物館前のリパークが
30分300円だが、1日最大 月~金1300円、土日祝日2500円。
土日に1日停めるなら、少し歩くが谷町三丁目辺りに
土日最大1000円くらいの駐車場がある。

梅林は入場自由。
早咲きは散っているが、中心部の紅梅など全体的には見頃。
詳しくは梅林のホームページの開花状況を参考に↓

https://www.osakacastlepark.jp/flower/plum_grove2020.html?lang=ja
https://www.osakacastlepark.jp/?lang=ja
https://osaka-info.jp/page/osaka-castle-park

南側の桜広場から全体が見える。あまり早い時間帯は手前が日陰になる。

_V9A8635

_V9A8643

_V9A8956

_V9A8662

天守閣と撮る場合、梅林が東側にあるので、晴天の午前中早めがおすすめ。

_V9A8699

_V9A8765

_V9A8786

_V9A8812

_V9A8882

その後、久しぶりに天守閣にも登る、入城600円。
コロナウイルスの影響で、かなりすいている感じ。



京都市の城南宮の枝垂れ梅と椿 3月2日分2-1。

朝から家族サービスで母と姪っ子と三人で、京都へ。
天気は快晴。9時半ごろに城南宮に到着。
無料の駐車場はほぼ満車だったが、何とか入れた。

神苑拝観は、朝9時から600円。三脚類禁止。
すでに観光客でいっぱい。

城南宮のしだれ梅、紅梅は満開散り始め、白梅は5分くらい。
散り椿も綺麗で、全体的に見頃旬。
唐渡天満宮周辺は少し遅めで5分咲きくらい。

雨が続くようなので、見頃は来週前半くらいまでと思う。


2016年に来た時のブログ。↓

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



茨城県水戸市の弘道館の梅林 2月18日分4-2。

弘道館に移動。
無料駐車場あり。
入場200円。好文亭とのセット券は300円。
こちらも咲き始め。

イメージ 1

茨城県水戸市の偕楽園の梅林 2月18日分4-1。
早朝から高速移動で偕楽園へ。日本三名園の一つ。
駐車場期間中500円。入園は無料。
好文亭は200円。弘道館とのセット券は300円。


前日までの開花率15パーセントということで、
前日から快晴なので、もっと咲いているかなと思ったのだが、
かなりパラパラ。
5パーセントあるのという感じで、仕方ないので部分撮影。

イメージ 2

イメージ 1

埼玉県越生の越生梅林 2月17日分2-1。

朝から快晴。越生(おごせ)梅林へむかう。
関東三大梅林の一つ。
駐車場500円。入園300円。
まだ2分咲きなので、部分撮影。

イメージ 1

イメージ 2

その後、東京スカイツリーと朝日で有名な桂木観音の展望台や
龍穏寺などを廻る。

奈良県奈良市の月ヶ瀬梅渓 3月17日分。

今日は朝から奈良市の月ヶ瀬梅渓へ行ってきた。
駐車場700円。
梅は、少し散りつぼみ混在だが、全体的にはほぼ満開のが多い。
つぼみが少し残っているくらいのが、写真的には最適。
カメラマンもそこそこいた。



母、姪っ子、伯母さんと一緒なので、写真は少しだけ。

月ヶ瀬梅渓。撮影ポイントは複数ある。

帆浦梅林・一目八景、月ヶ瀬梅林公園、真福寺、
みおろし茶屋をぐるっと廻るのががお勧め。

2014年に行った時の取材記。↓


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




大阪府藤井寺市道明寺天満宮の梅林 3月3日分。

母と姪っ子を連れて道明寺天満宮へ。
駐車場無料、梅林300円。
もう満開、見頃です。
家族サービスなので、写真はお気楽モードで。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

京都府京都市の北野天満宮の梅林とメジロ 3月3日分2-1。

昨日は朝から京都へ。
3月3日の雛祭りということで、
下鴨神社の流し雛神事を久しぶりに見ようと思ったのだが、
南側の駐車場は工事中、周辺も全て満車で入れず、
以前に見たことがあるし、遠くに停めて歩くのも面倒だったので、
パスして、第二の目的の北野天満宮へ。
駐車場無料、梅園入苑700円(茶菓子付き)


梅は見頃だが、ピークは過ぎている感じ。
ひさしぶりに来たら、以前よりも有料区域拡大されていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

奈良県明日香村の万葉文化館の梅 2月26日分

日曜日、午後から明日香村の万葉文化館へ、
「明日香村の匠」展を見に行ってきた。

上山さんのハスの写真、雰囲気あってすごくよかった。

帰りに文化館へ下りる道沿いの梅を撮影。
縄田さんとばったり出会う。

イメージ 1






静岡県富士市の岩本山公園の梅林 2月24日分。

金曜日、朝一に再び岩本山公園へ。

6時半ごろに日の出。展望台から撮影。

イメージ 1

河津桜も少しだけあるが、たぶん敷地の外。

イメージ 2

青空と富士山を期待するものの、雲が多く富士山は見えない。
しかたなく、梅のアップ撮影。

イメージ 3

しばらく待つが、雲が動かないので、あきらめて帰路についた。

8時45分に、広見から入り、新富士ICから第二東名へ。
西に向かうと青空が見えてくるが、東側は雲が多いかんじ。

行きと同じルートを通り、3時20分ごろに帰宅。
(走行4時間35分+途中休憩合計2時間)
今回の総走行距離は、1265キロ。

今回の取材記はこれで終了です、ありがとうございました。



静岡県富士市の岩本山公園の梅林と富士山 2月23日分。

23日木曜日、朝から雨。かなりのどしゃ降り。
東側の海沿い、国道135号線を北上。
伊東市・沼津市経由で富士市へ。

夕方晴れてきたので、富士市の岩本山公園へ。無料駐車場がある。
早咲きの梅は半散り、全体的にはまだ見頃には早い感じ。
しかし、富士山と合わせる紅梅は、もう散りはじめ。

富士山は見えるのだが、雲が多く光が乏しくいまひとつの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夜は、富士市のビジネスホテルヘ、3600円程。



静岡県南伊豆町の蓑掛岩と朝日、河津町の河津桜と河津七滝、伊豆市の月ヶ瀬梅林と修善寺梅林、南伊豆町の黄金崎にある「馬ロック」2月22日分。

22日水曜日の朝一は、南伊豆町の蓑掛岩と朝日を撮影。

高台からは12月から1月ごろが良いので、港から撮影。
時期的には中途半端なので、日の出は蓑掛岩の間からは出ない。
蓑掛岩の間からの日の出は3月。
まぁ雲が焼けて面白い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

伊豆大島と天使の梯子。

イメージ 3

天気は、雲のすごく多い晴れ。たまに日差しはあるが空は白い。

8時前に河津町の国道135号線沿いの無料駐車場に停めて、城山まで歩く。

線路沿いの登り口まで5分。

河津桜と染井吉野の木もある海の見える東屋まで、さらに15分。
さらに4分で山頂。(登山口からは、山頂まで20分、歩きやすい道)

山頂からは、駅方面は木がじゃまで見にくいが、峰温泉方面はよく見える。

イメージ 4

下りは16分ほどで登り口へ。駅までは2分ほど。
曇りなので、花のアップなどを撮影。やや散りが多い。

イメージ 5

周辺の寺の展望台にも行ってみたが、あまりよくは見えず。

たまにスナップも撮ります。

イメージ 10

昼前に北上して、七滝のループ橋へ。無料駐車場あり。
空が白いのでいまいち。

イメージ 11

その後、河津七滝へ。河津桜が少し咲いている。

イメージ 12

イメージ 13

ワサビが名物。

イメージ 14

北上して伊豆市の月ヶ瀬梅林へ。入園300円。梅は1500本。午前中がおすすめ。
6分咲きとなっていたが、まだ少しさびしい感じ。


イメージ 15

さらに北上して、1時20分ごろに修善寺梅林に移動。駐車場300円。梅は1000本。
ここは満開となっていたが、ここもまだ寂しい感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、国道136号線を南下。

駿河湾の黄金崎にある「馬ロック」、本当に馬みたい。

イメージ 9

その後、さらに南下。
田子港のゴジラッチョの夕日には、まだ時期が早いので、堂ヶ島へ。
町に近く無料駐車場あり。
カメラマンとボランティアのガイドさん数名。

水平線に雲が多く、夕日は撃沈。

兵庫県たつの市の綾部山梅林と世界の梅公園 3月8日分。

JRを利用、法隆寺駅から網干駅まで2時間少しの予定が、
列車の遅れで到着が30分位遅れてしまい、臨時バスと接続できず。
30分位待って次のバスで綾部山梅林へ。バス350円、入園500円。
駐車場500円。

梅は満開散りはじめで、見る分にはいいけど写真的にはやや遅かった感じ。
最初先週末に行こうと思っていたのだが、天気予報がいまいちだったので、
やめたのだが、結局天気いまひとつで、晴れているものの抜けの悪い空。
先週にしておけばよかった、大失敗。
本来海が見えるのだが、霞んでよく見えない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、南出口に隣接しているお隣の世界の梅公園へ、入園400円。
公園の中心には、10分ほど歩く。反対側にある世界の梅公園の駐車場500円。
梅は満開散りはじめ、こちらのほうは紅梅も多く、中国風の建物もあって、
写真的にはいいかも。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

世界の梅公園を通り抜けて、反対側の出口から出て、
帰りは2時半の路線バスで山陽網干駅へ向かった。
バスの本数は少ないので注意。
山陽網干駅から、飾磨経由へ、山陽明石駅で、JRに乗り換え帰宅。

京都府京都市の城南宮のしだれ梅と椿、精華町のけいはんな記念公園の梅 3月3日分。
今日は朝から京都へ。
天気は快晴だが、PM2.5のためか、遠景はやや抜け悪い。

城南宮のしだれ梅と椿は、少し散っている分もあるが満開見ごろ。
神苑拝観は、朝9時から、600円。三脚類禁止。


朝から観光バスが来て、すぐに観光客でいっぱい。
海外の人もいたが、ここは日本人のほうが多い。

11時半ごろ、外に出たら、拝観券売り場にすごい行列ができていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ややアップとやや引き。ぼけを活かしてみた。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

背景を変えると印象が変わる

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

背景を完全にぼかしたのと、少し活かしたもの。

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

帰りに、京都府相楽郡精華町のけいはんな記念公園へ立ち寄る。
駐車場400円、水景園200円。

梅は約150本、もう散り始め。
水景園の中にも少しあるが、ほとんどは途中の道沿い。


イメージ 24





三重県津市のかざはやの里の梅林 2月28日分3-3。

今日は朝から三重県の梅林巡り。

結城神社を見た後、食事をしてから、かざはやの里の梅林へ。

移動30分ほど。久居IC近くの伊勢温泉ゴルフクラブにある。

入園300円、年間パス1000円。駐車場はかなり広い。

500本の梅は全体的には7分くらいで見ごろ。

ここはかなり広く密集しているところは少ない。

5月は、藤の花もあるし、6月の紫陽花園はかなり広く有名。


帰りは伊勢自動車道の久居ICから入り、名阪国道、西名阪経由で帰宅。

かざはやの里から久居ICまで5分。亀山分岐までさらに16分。

西名阪法隆寺ICまですいていたので1時間ほど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


このページのトップヘ