風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: アメリカの大自然

イメージ 1

写真は、アメリカのアリゾナ州のサワロ国立公園です。

サワロとは、巨大な柱サボテンのことです。

インディアンペインティングを前景に、夕方の嵐の前のサワロ群を撮影。

この辺りは雷の多い所で、撮影している後ろでは雷が落ちまくっていました。

隠れる所がないので、さすがに雷が近づいてきた時には大急ぎで退散しました。

イメージ 1

写真は、アメリカ オレゴン州のオレゴンコーストの夕景です。

イメージ 1

イメージ 2

アーチーズ国立公園の続き。
1枚目の写真は、ランドスケープアーチ。
2枚目の写真は、ダブル・オー・アーチ。

アーチーズ国立公園のデビルス・ガーデン・セクションにある。
駐車場からランドスケープアーチまで、片道30分ほど、
ダブル・オー・アーチまで往復すると2・3時間かかる。
途中にも多くのアーチがあるのでおすすめ。

ランドスケープアーチは、以前一部が崩落したので、
近くには行けないが、一部のアーチは上に登ることも可能。
写真を撮る場合、ランドスケープアーチ午前中、
ダブル・オー・アーチは昼から午後の光線がよい。

イメージ 1

カナダやオーストラリアが続いたので、
ひさしぶりにアメリカの大自然を紹介します。

アーチーズ国立公園は、世界で1番たくさんのア-チが集まる所で、
確認されているだけで、約1500の岩のア-チがある。
朝夕の射光線に染まるア-チを見ていると、
自然の力を実感せずにはいられない。

写真は、ユタ州のアーチーズ国立公園の
朝日に染まるノースウィンドウ。
間から見えているのはターレットアーチ。

ノースウィンドウと呼ばれるアーチは、
アーチーズ国立公園のウィンドウセクションにある。
駐車場からターレットアーチを右横に見ながら歩いていくと、
ノースウィンドウとサウスウィンドウの二つのアーチが、
めがねのように並んでいる。
その北側のノースウィンドウアーチをくぐり抜けた所にある
少し高くなった岩場が撮影場所。
ベストポジションには、4人ほどしか入れない。

夏に1度訪れたときは太陽の位置が悪く、
冬に再訪、1日目は日の出直前に雲が出てだめ、
2日目は、先客が2名いたが、
なんとかベストポジションにありつく。
その後もカメラマンが次々とやって来る。

カメラマンはみんな、被写体のアーチをくぐり抜けて来るので、
日の出の時間近くに、ぎりぎりやって来るカメラマンには、
先客のカメラマンたちから、「ハリーアップ!」の大合唱。
日の出直前、最終的には8名ほどになり、
ひと息ついた頃に陽が登ってくる、
この日は、見事にアーチが染まり大満足であった。

アーチーズ国立公園への行きかたは、
グランドキャニオン国立公園を東に、国道160号を通り、
モニュメントバレーを抜けて、国道191号を北上、モアブの町をめざす。
町の北側にアーチーズ国立公園がある。

地球の歩き方/アメリカの国立公園にも、
紹介されているので参考にするとよい。

イメージ 1

イメージ 2

今日は大阪梅田のキャノンサービスに行き、
CMOSのごみ取りをお願いしていたイオス5Dを受け取った後、
阪神百貨店で開催されている白川義員写真展「世界百名瀑」を見てきた。
世界一の風景写真家である白川義員氏の執念が生み出した
すばらしい作品群に息をのんだ。
撮影の苦労も相当だったはずで、すごいとしか言いようがない、必見です。

 22日まで開催 午前10時から午後8時

今回は、白川義員氏の壮大な作品とは比べようもないが、
私のお気に入りの滝を紹介したい。

1枚目の写真は、アメリカのワシントン州とオレゴン州の間にある、
        世界最大の渓谷であるコロンビア渓谷。
2枚目の写真は、そのコロンビア渓谷のオレゴン側にあるフェアリー滝。
        日本語で言えば、妖精の滝というところ、
        数メートルしかない小ぶりの滝だが、なんとも美しい。
        
        

イメージ 1

イメージ 2

ホームページの写真ギャラリー(海外)に
イエローストーン国立公園とイエローストーン国立公園の動物たちの写真を追加しました。
クールハートギャラリー 
http://www.coolheartgallery.net/

添付写真はイエローストーン国立公園のヘイデンバレーで撮影したエルクと
ノリス・ガイザー・ベイスンと呼ばれる
イエローストーン国立公園内で一番活動的な温泉域です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アメリカの大自然を紹介するシリーズその2。

写真は、カリフォルニア州のシエラネバダのアラバマヒルズ。
数々の西部劇のロケ地として、
また全米有数のロッククライミングエリアとして有名な所だが、
なぜか、日本の雑誌ではあまり紹介されていない。

行きかたは、サンフランシスコからヨセミテ国立公園のタイオガパスを抜けて、
モノレイクのあるリー・ビニングの町をめざす。
(モノレイク周辺も面白いところが多いのでいずれ紹介します。)
そして国道395号を南下、デスバレー国立公園への分岐である州道136号の手前の
ローン・パインの町の西がアラバマヒルズで、町からは車で20分くらい。

アラバマヒルズには何ヶ所か自然の芸術である岩のア-チがある。
ビジターセンターに代表的なア-チへ行くための地図があるが少しわかりにくい。
それでも探していればそのうちみつけられると思う。
道は、ダートが多いが普通車でも大丈夫。
朝・夕の光線状態のときがおすすめ。
ア-チはどちらも同じもので上が夕方に西側から、
下が朝に東側から撮影したもの。
2枚目の背景はシエラネバダ山脈で、一番高い山がアラスカを除くアメリカ国内最高峰のホイットニー山。

ロンリープラネットの自由旅行ガイドのカリフォルニア版に少し記述がある。
また先日発売された、最新の地球の歩き方/アメリカの国立公園にも
モノレイクからローン・パインまでの簡単な地図が載っているので
参考にするとよい。

イメージ 1

最近寒い日が続く、
例年はお水取りが終わると春が来るというけれど、
今年は2月と3月が入れ替わったような感じだ。

今日は朝から大阪難波のキタムラへ、
年数回のセールの時にフィルムをまとめ買いしている。
他にもベルボンの三脚の雲台とコンパクトフラッシュ2Gを購入。
昼からはホームページに追加予定の4月の祭りの写真のセレクトをしていた。

写真は、アメリカのグランドキャニオン国立公園近くの
コロラド川のホースシューベンド。
コロラド川が馬蹄形の急カーブを描く有名な撮影ポイントだが、
一般にはあまり知られていないところ。
場所は、グランドキャニオン国立公園のサウスリムから州道64号を径由して
国道89号にはいり北上しペイジの街に向かう。
手前1キロほどのところの道路のマイルマーカー545を左折し
オフロードに入る。
そのまま終点まで進むと行き止まりになるので
車をとめ、あとは15分程歩けば目の前にホースシューベンドが見える。
全景をいれるのには、24ミリくらいの広角レンズが必要です。
なお断壁だが柵などはないので注意、東向きなので昼前の光線が良い。

また先日発売された、最新の地球の歩き方/アメリカの国立公園にも
ついに紹介されたみたいなので参考にするとよい。



2018年追加 現在は案内もあり、新しく展望台もできています。

イメージ 1

ホームページの写真ギャラリー(海外)に
ヨセミテ国立公園の写真を追加しました。
クールハートギャラリー 
http://www.coolheartgallery.net/

添付写真はヨセミテ国立公園のグレイシャーポイントのジェフリーパインです。

今日は朝からゆっくりと愛犬の太陽の散歩させたあと、
駅前の整骨院でマッサージ、少し買い物したあとに昼食。
昼から写真誌に送る写真をCDに焼いて、
ホームページの写真ギャラリー追加と更新。
そして今ブログ更新している。
このあとは4月にでるカメラマンムックのマップ校正をして、
ネットで情報収集、今年の桜撮影計画をたてて
今日の予定終了。
明日は奈良県五条市の賀名生梅林に行く予定。

イメージ 1

昨日と今日の2日間、
2台のパソコンを使い、マックで写真をスキャンしながら、
ウィンで簡単に色補正とホームページの写真ギャラリー作成と
大忙し、100枚以上の写真をデジタルデータ化。

とりあえずホームページの写真ギャラリー(海外)に、
アーチーズ国立公園の写真を追加しました。

これからしばらくの間、続いてギャラリーを追加します。
添付写真はアーチーズ国立公園のランドスケープアーチです。

風邪もだいぶよくなってきたので、明日はひさしぶりに撮影に出る予定。

イメージ 1

今だに風邪はよくならず、調子はいまいちで仕事にも身が入らない。
昨日、神戸南京町の春節祭に行きたかったのだが、体調不良で残念。
今週末も行われるが、前から見たかった夜行龍の舞は昨日だけだった。
今年から龍が増えたと聞いているので、昼の龍の舞もおもしろそうなので、
体調が回復したら、今週末行くかもしれない。

いいニュースはパソコンの修理が完了との電話があったこと、
初め3週間くらいかかりますと聞いていたのだが、結局2週間かからなかった。
明日にでも取りに行き、しばらく休んでいたホームページのほうの更新にとりかかるつもり。
それと数年ぶりに携帯を新しいのにした。
機能が豊富なのはいいが、はたして使いこなせるかどうか。
デジタルカメラは、説明書を見なくてもだいだいわかるのだが、
携帯は、説明書を見ながらでもわからないことが多い、すごく苦手だ。

添付写真は、アメリカのユタ州のゴブリンバレーでの1枚。
ここは奇岩がいっぱいで、地球ではないような錯覚を覚える所、
写真手前の岩は、何となく顔に見えるでしょう。
ここには、記念写真にぴったりの西遊記のきんとんうんにそっくりの岩もある。

イメージ 1

一昨日から風邪でダウンしてしまい、昨日は半日寝て過ごしました。
今日もいまひとつ調子がよくないので、ブログの更新も簡単にします。
添付写真は、アメリカのニューメキシコ州のホワイトサンズ国定公園です。
雪景色のように見えますが、真っ白の砂でできた砂漠です。
砂漠といっても、実際は草が生えている部分が多いので、
砂だけの部分を切り撮って、できるだけハイアングルから、
広がりを感じるように構図しました。
ここのスケールはかなりのもので、日没の時は感動ものです。

イメージ 1

今日は大阪のペンタックスサービスへ行ってきた。
ペンタックス645用のFA80~160mmのフィルター回転用の前枠が、
重くて動かなくなってしまい、撮影はできるのだが、
PLフィルターを使う時に不便な為、修理してもらうことにした。
見積もりは分解清掃で1万5千円くらいで、
東京へ送るため、2週間くらいかかるとのこと。
また今日パソコンの修理見積もりも2万3千円くらいと連絡があり、
何かと出費が続く。
しかも最近初めて中耳炎にかかり直りかけたとたん今度はのどが痛い、
それに花粉のせいか目もなんだか涙目状態、
本当に最近ついてない。
添付写真は、アメリカのユタ州のキャニオンランズ国立公園の入り口近くにある
ニュ-スペーパーロックです。
インディアンの書いた岩絵で、写真は一部分を撮影したものですが、
その大きさは世界最大級と言われています。

このページのトップヘ