風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2009 春取材記

奈良県奈良市の霊山寺の薔薇園 5月25日分。


朝は曇り、奈良市の霊山寺の薔薇園に向かう。

京都の大学がインフルエンザで休校の為、姪っ子たちもいっしょ。
開門の8時前に駐車場到着、無料。
境内・入園600円(バラ開花時期のみ、通常500円)

バラ園は満開散り始め、まだまだ見頃のものも多いが全体的にはやや遅かった感じ。
アップで撮影する分には、当分の間可能だと思う。

他に観光客の姿は見えず、貸しきり状態。
バラ園を見たあと、境内を周る、さつきが見頃開始の感じ。

イメージ 1


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5


最後にもう一度バラ園を通り駐車場に戻る頃に、観光客が数名。

奈良県御所市の葛城高原の躑躅 5月18日分。


早朝は曇り、御所市の葛城高原に向かう。
7時半前に駐車場到着。

駐車場は1000円、ロープウェイは往復1220円(定員51名)。

ロープウェイは通常9時過ぎに始発だが、
開花期は7時前後から、観光客の集まり具合によって随時運行している。

今日は朝一、人が多かったので、6時45分から動かしているらしい。
7時40分発で山頂へ、乗客8名、山頂までは6分、ロープウェイ下の石楠花は終盤。

山頂駅から躑躅の大群落までは10分ほど、観光客がぱらぱら。

前日の雨は早くにあがり雲海はなし、すぐに晴れてくる。
躑躅は散り始めだが、充分見頃。

山頂の躑躅の大群落、偏光フィルター使用。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

山頂までの途中から見た新緑。

イメージ 6

10時過ぎ帰路につくころに、売店が開き始める。
10時15分下へ、ロープウェイ待ちの観光客50名ほど、ぎり1回分くらい。

歩き出すころにはバスが次々やってくる。

開花期のピーク時、ロープウェイは上り下りとも2時間待ちになることもあるので要注意。

奈良県十津川村の果無の集落と玉置神社の石楠花 5月9日分2-2。


朝から快晴、御所市径由で十津川村に向かう。

十津川村の長殿の新緑。

イメージ 1


十津川村の桑畑の新緑。
果無の集落に向かう道路の途中に展望ポイントがある。

イメージ 2

十津川村の桑畑にある果無(はてなし)の集落。
橋のところから車で5分ほど、途中少し狭いところもあるが、普通車でも充分行ける。
路肩に駐車スペースが少しある、昴の郷から急坂を歩いたら1時間ほどかかる。

イメージ 3

イメージ 4

十津川村の玉置神社の石楠花。
十津川村の平谷から車で約15~20分ほどで駐車場に着く。
駐車場から神社までは700メートル、約15分、境内自由。
石楠花は見頃、もう少しの間は大丈夫そう。
石楠花の撮影は、雨天もしくは雲天がおすすめ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

十津川村の玉置神社近く大谷林道沿いの展望台で撮影した夕日。
駐車場、トイレ、東屋あり、すぐ近くに朝日向けの展望台もあり。

イメージ 8

イメージ 9


奈良県御所市の桐の花と山藤 5月9日分2-1。


朝から快晴、御所市径由で十津川村に向かう。

御所市井戸付近で撮影した桐(きり)の花。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

4下から5上にかけて濃紫色の花をつける。
これだけ大きいものはめずらしい。

御所市西左味の山藤。
大川杉近く、水野川にかかる高トバ橋から撮影。

イメージ 4

京都府京都市右京区の梅宮大社の躑躅 5月6日分4-4。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

妙満寺のあと、右京区の梅宮大社へ。
境内、駐車場無料、神苑は500円。

平戸躑躅は満開散り始め、杜若、黄菖蒲、菖蒲、睡蓮も見頃。

イメージ 1

白い花のなんじゃもんじゃも咲いていた。

イメージ 2

イメージ 3

2時過ぎ、雨が強くなってきたので帰路に着く。

京都南ICから阪神京都線と第二京阪道を通り、
終点の枚方東ICまで13分、車はがらがらで快走、ETC休日割引で450円。

枚方ICから精華方面に走り、途中で生駒に抜けて斑鳩まで、
全然込まない快走ルートで1時間ほどの抜け道。

京都府京都市左京区の妙満寺の躑躅 5月6日分4-3。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

神泉苑のあと、左京区の妙満寺へ。
境内、駐車場無料、庭園は有料。
躑躅は満開、杜若もちらほら。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

京都府京都市中京区の神泉苑の躑躅 5月6日分4-2。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

京都府城陽市の花の小径のあと、二条城の南にある神泉苑へ。
境内無料、東側に100円パーキングあり、20分100円。

朱塗りの橋が美しい、躑躅は満開、北西側は終盤半散り。
途中にある西本願寺の躑躅は色抜け終盤の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、北上して左京区の妙満寺に向かう。

京都府城陽市の花の小径の杜若 5月6日分4-1。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

朝から京都府城陽市の花の小径へ、杜若が満開、背景はいまひとつ。
花の小径といっても田園の中の普通の道、路上駐車可。

イメージ 1

その後、京都市内に向かう。

奈良県天理市の長岳寺の躑躅と杜若 5月5日分4-4。


小雨が本降りに変わってくる。

和歌山県橋本市の子安地蔵寺のあと北上して奈良県天理市の長岳寺に向かう。
2時過ぎに到着、氏の駐車場無料、境内300円。

ここはそこそこ観光客で賑わっている。
平戸躑躅は満開散り始め、杜若は見頃開始。
しだいに風が強くなってきたので帰路につくが、途中で雨があがる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

和歌山県橋本市の子安地蔵寺の藤と躑躅 5月5日分4-3。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

奈良県五条市の栄山寺のあと和歌山県橋本市の子安地蔵寺に向かう。
京奈和自動車道径由で371号線御幸辻から西へ、栄山寺から30分ほどの距離。
駐車場300円、境内300円、ここはけっこう観光客で賑わっている。

藤は満開散り混在で全体的には見頃後半の感じ、平戸躑躅は終盤。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

奈良県五条市の栄山寺の躑躅 5月5日分4-2。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

御所市の船宿寺のあと五条市の栄山寺に向かう。
駐車場無料、境内400円。
東側にも市営の駐車場あり、無料。

平戸躑躅満開、山吹は終盤。

イメージ 1

イメージ 2

奈良県御所市の船宿寺の躑躅と石楠花 5月5日分4-1。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

朝から御所市の船宿寺に向かう、朝は8時から開門。
臨時駐車場300円、境内300円(花の時期のみ)
境内一部、三脚禁止のところあり注意。

平戸躑躅満開、他の躑躅は終盤、石楠花は見頃散っているのもあり、
大手鞠は満開散り始め。

10時過ぎになると観光客が増えてきたので移動。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




奈良県奈良市の唐招提寺の瓊花と躑躅 4月29日分2-2。


京都府宇治市の平等院からの帰り道に、奈良市の唐招提寺に立ち寄る。
境内は500円、駐車場も500円。

瓊花(ケイカ)は皇居と唐招提寺にしかないという貴重な花で、
中国の揚州から50年前に贈られたものらしい。
一見、額紫陽花に似ているが、分類上はまったく別の花。
八仙花とも呼ばれ、色は白のみで、いい匂いがする。

瓊花と藤は満開、平戸躑躅は見頃。

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

京都府宇治市の平等院の藤と躑躅 4月29日分2-1。


天気は快晴だが、やや白っぽい空。

朝から京都府宇治市の平等院に向かう。
コインパーキング(30分100円)に車を停めて、
開門の8時半過ぎに入るが、すでにすごい人出。
境内は600円、内部拝観は300円。

鳳凰堂を撮る場合、鳳凰堂内に人が写るので9時から始まる内部拝観の前に終えたい。
藤は満開、霧島躑躅は満開散り始め、平戸躑躅は見頃。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

奈良県十津川村の21世紀の森の石楠花、天川村のみたらい渓谷の桜 4月26日分。


昨日の雨で朝から霧を期待していたが、風が強くてだめ、
それにすごく寒くて写欲もいまいち。

21世紀の森は9時半まで開かないので、それまで新緑の渓谷を撮影して廻る。
時々太陽が顔を出すが雲が多く、風も強いて一般的には撮影に向かない天候。
それでもせっかく来たので、風が凪いだ瞬間を狙って撮影。

10時に21世紀の森に到着、無料、観光客もカメラマンも少しだけ。
石楠花は見頃、今年の開花は早く、すでに散っているのも多い。
見頃はせいぜいゴールデンウイークくらいまでだろう。
山桜は、昨日の雨でほとんどが散ってしまった。

すぐ近くの玉置山の石楠花の見ごろは、ゴールデンウイークくらいになると思う。

和歌山県境近くの瀞峡の新緑。

イメージ 1


十津川村の21世紀の森の山桜と新緑。

イメージ 2

21世紀の森の石楠花。

イメージ 3

イメージ 4

白谷橋からの新緑の渓谷。

イメージ 5

昼頃に帰路に着く。

帰り道に天川村のみたらい渓谷に寄り道。
昨日暗すぎて撮影できなかったみたらい渓谷の桜を撮影。
八重桜が満開、山桜が散り始め、トイレの横の坂道の所に少しだけある。

天川村のみたらい渓谷の桜。

イメージ 6

奈良県上北山村の旧行者環林道の桜と天川村の川迫川渓谷 4月25日2-2。


朝から待望の雨、室生寺から南下して国道169号に入る。

大滝のところの石楠花は見頃、大台分岐のトンネルを抜けたところの八重桜は満開。

旧行者環林道の山桜は満開から半散り、新緑がとても綺麗。
絶好の雨ということもあり日本中から大勢のカメラマンが来ていた。

途中、JNPの副会長の山本さん率いるグループに出会う。
風が強いのが難点で、あと2日早く雨が降ってくれていれば桜の散りも少なくベストだった。

旧行者環林道の桜。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、川迫川渓谷へ。

新緑の川迫川渓谷。

イメージ 5

イメージ 6

夕方にはみたらい渓谷を抜けて国道168号線を南下。

夕食後、十津川村の道の駅へ到着。

コーナリング時になんか微妙にハンドルが振られるのがおかしいとタイヤを見るとパンクしていた。
チューブレスタイヤなので、パンクしていることが、ほとんどわからなかったみたいだ。
実家が整備工場で、タイヤ交換は慣れているのですぐに交換。

久しぶりに車中泊、寝袋2枚に毛布もあるのにすごく寒かった。

奈良県宇陀市の室生寺の石楠花 4月25日分2-1。


朝から待望の雨で、室生寺へ向かう。
開門の8時にはかなりの数のカメラマンが集まった。

五重塔付近と鎧坂の石楠花は満開には少し早かったが、少なめでさびしい感じ、ハナズオウは見頃。
入り口の受付左側付近の石楠花は満開散り始め、ここは数も多い。

今年は例年よりかなり早い感じ、本堂の修理は先日終了。
石段が入る構図では、雨天か雨上がりがベストだが、

撮影は濡れて体力も消耗するし、機材にも気を使うので精神的にも倍疲れる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

和歌山県高野町の高野山の金剛峯寺の八重紅枝垂れ桜 4月19日分2-2。


天気は快晴。

新家長福寺へ行ったあと、一度自宅に戻り、
今度は一人で和歌山県の高野山に向かう。

高野山内、八重紅枝垂れ桜が9分満開でとても綺麗。
山桜は満開散り始めから半散り、染井吉野はあまりない。

金剛峯寺入り口付近。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

壇上伽藍。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

奥の院口付近。

イメージ 7

イメージ 8


その後、高野龍神スカイラインヘ向かう。

スカイライン沿いは、山桜がほんの少し、満開散り始めから半散り。
高野大滝脇の山桜は下のほうが半散り、ここは雨天がよい。
御殿渓谷も山桜がほんの少し、満開散り始めから半散り。

高野龍神スカイライン、標高が高い所はまだ冬の感じ。

帰りは奈良県野迫川村径由で五条市に抜ける。
この辺りも山桜がほんの少し、満開散り始めから半散り。

奈良県広陵町の新家長福寺の八重桜と牡丹 4月19日2-1。


天気は快晴。
朝から、奈良県広陵町の新家長福寺(しんけちょうふくじ)へ。

馬見丘陵公園の南側にある。
境内志納、近くの空き地や路肩に駐車可。
八重桜と牡丹が見頃旬、朝6時から開いています。

家から比較的近いので、
昨日に続き再度姪っ子を含む5人でやってきた。

昨日夕方の光で撮ったので、今日は朝の光で撮影。
朝8時半頃は、まだ観光客も少なかった。

イメージ 1

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園、東吉野村の高見の郷、川上村のあきつの小野公園、広陵町の新家長福寺 4月18日分。


天気は晴れだが、雲が多い。

朝から奈良県宇陀市滝谷花菖蒲園へ、入園800円、駐車場無料。
途中の道沿いの八重桜はほぼ満開。
園内は、八重紅しだれ桜は数本が満開、残りは半散りと散り始め。
雪柳、はなみずき、花ずおうは見頃。
山吹は4分咲きくらい、しゃくなげは咲き始め。
芝桜は部分的に見頃、全体は4分咲きくらい。

奈良県宇陀市滝谷花菖蒲園。

イメージ 1

イメージ 2

次に東吉野村の高見の郷に移動、入園500円、駐車場無料。
山の上に行く為の送迎は、上り300円、下り200円。
八重紅しだれ桜は満開だが、やや葉も目立ってきた。
あと数日早かったほうがよかったみたい。
まだ小さなものが多く、あと10年もたてばすごい名所になることだろう。

東吉野村の高見の郷。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次に川上村のあきつの小野公園へ、昼頃の光がおすすめ、無料。
八重桜数本が満開、八重紅しだれ桜は半散りと散り始め。
土手のシャガが見頃。

あきつの小野公園近くの土手のシャガ。

イメージ 6

最後に広陵町の新家長福寺へ、境内志納。
近くの空き地や路肩に駐車可。
八重桜と牡丹が見頃、朝か夕方がおすすめ。

広陵町の新家長福寺。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

このページのトップヘ