風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:峡谷

宮城県大崎市の鳴子峡の紅葉 10月27日分4-1。

ちょっと間が空いたけど10月の東北取材の続きです。

朝から快晴。次第に雲が増える。

6時過ぎに鳴子峡の駐車場へ。1日500円。
無料駐車場もあり。
https://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1166,108,234,html

_V9A3716

少し雲海も流れたが、露出差があるので撮りにくい。

_V9A3722

_V9A3853

_V9A3879

_V9A3902

9時頃には、峡谷の上の部分にほぼ日が当たる。

_V9A3936






宮城県大崎市の鳴子峡の紅葉 10月26日分4-4。

天気は曇りから、次第に晴れてくるが、
高曇りに近い感じで青空はなし。

1時ごろに鳴子峡に到着。
期間有料駐車場500円。離れた所の駐車場は無料。
レストランや売店、トイレあり。
ここは有名どころだけあって、すごい数の車が停まっている。

紅葉は見頃前半。下の方はまだ緑が多い。

_V9A3668

_V9A3682


秋田県湯沢市の三途川渓谷と小安峡の紅葉 10月26日分4-1。

夜半は雨、朝は曇り、山際に雲海が漂う。

朝から三途川渓谷へ。紅葉は見頃。
無料駐車場、トイレ、自販機あり。

_V9A3426

_V9A3474

_V9A3488

次に小安峡(おやすきょう)へ。無料駐車場、トイレ、売店あり。
橋から見て大噴湯の反対側は見頃前半。
大噴湯側は色づき始め。温泉のある方は暖かいからかな。

大噴湯の反対側。
橋の上に車を停める人が多いが、危ないので駐車場に入れましょう。

_V9A3564

_V9A3567

子安峡の東南側。看板のあるところ。
紅葉は見頃。路肩駐車可。

_V9A3576




島根県出雲市の立久恵峡 6月1日分5-3。

その後、立久恵峡に移動。
無料駐車場、トイレあり。


イメージ 1

栃木県日光市の日光杉並木と龍王峡 6月8日分2-1。
朝から北進。
11時ごろに日光市に入り、前回とは別の場所の日光杉並木を撮影。

イメージ 1

その後、さらに北進。
鬼怒川温泉近くの龍王峡へ。
無料駐車場・トイレ・売店・食堂あり。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

続く。





石川県白山市の手取峡谷の綿ヶ滝 5月10日分3-1。

前夜は雨、朝から曇り。

富山県の南砺市から石川県金沢市を通り国道157号線を南下。
7時ごろに手取峡谷に到着。
無料駐車場・トイレあり。

東屋のある展望所まで2分。
滝が遠望できる。前夜の雨で川は濁ってる。

イメージ 1

イメージ 2

滝のすぐ近くまでは階段を下りていく、4分ほど。

イメージ 3

その後、さらに南下して、福井県に入る。


広島県安芸太田町の深山峡の紅葉、11月11日分3-2。

深山峡。無料駐車場、トイレあり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

岩手県八幡平市の松川渓谷の紅葉、松川温泉、芭蕉沼 10月13日分。 

朝は曇り時々日差しあり、その後、雨がきつくなったり時々小雨になったり。
しだいに風が強くなる。

岩手県八幡平市の八幡平山麓へ。
山頂付近は落葉だが、下のほうは見頃。

松川渓谷。
北の又橋からの眺め。

イメージ 1

イメージ 2

森ノ大橋からの眺め。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

松川渓谷沿いに下りる。川原に駐車場あり。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

松川温泉付近。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

芭蕉沼。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

本降りの雨なので、3時ごろにホテルへ。


新潟県糸魚川市の橋立ヒスイ峡 5月5日分。

天気は下り坂、午前中は小雨がぱらぱら、時々日が差すかんじ。

のんびりと糸魚川市の渓谷などを廻った。

橋立ヒスイ峡。

イメージ 2

ヒスイ峡。新緑がとても綺麗。

イメージ 1

イメージ 3

この大きな岩の半分くらいはヒスイだとか、普通の岩にしか見えんけど。

イメージ 4

午後から南下、長野県の白馬村へ移動。

途中から本降りの雨。

午後はロケハンですごす。

白馬村内の桜、なんとかぎりぎり満開だったのだが、

雨でかなり散ってしまった、残念。

長野県大町市の高瀬渓谷の紅葉 10月23日24日分。


23日火曜日、夜10時奈良の自宅を出発、東名阪・伊勢湾岸を通り東海環状高速に入り、
翌水曜日1時前に愛知県の鞍ヶ池PAで車中泊、ここはコンビニがあり便利。

24日水曜日6時前に起きて、東海環状から中央道に入る。
朝日がとても綺麗だったが、長野県に近づくと薄い霧に包まれていく。
中央道から長野道に入り9時前に豊科ICで降りる。(夜間割引で5300円)
この頃には、少しづつ晴れてきた。

国道147号を北上、大町市で左折して高瀬渓谷に向かう。
高瀬川には、三つのダムが続いており、
高瀬渓谷は県内有数の紅葉の名所となっている。

高瀬渓谷の情報 http://www.kanko-omachi.gr.jp/play/sightseeing/takase.html
        http://www.city.omachi.nagano.jp/kbn/00014115/00014115.html

下流の紅葉はまだまだなので、10時前に七倉ダムの七倉山荘前の無料駐車場へ。
ここからは、タクシーのみ通行可(片道約2000円)
20台ほどが折り返し運転している。
歩いていく場合は、約1時間半とのこと。

天気は快晴、紅葉見頃とのことなので、タクシーに乗り換えて高瀬ダムに向かう。
石積みのロックフィルダムの九十九折の道を上がったところが終点。
そこからトンネルを抜け、吊橋を渡り、少し歩くと濁沢の滝が見えてくる。
滝下までは、歩いて約20分ほど、午前中の光線がよい。
今年は残暑で紅葉が5日ほど遅れ、
黄色の発色はいまいちだが、赤色はとても綺麗だそうだ。

吊橋と滝周辺は、3年ぶりに土石流があったそうで復旧工事中、
度重なる土石流で土砂が積もり、滝は10mも低くなったそうだ。
自然は美しくもあるが、又恐ろしいものだ。

高瀬渓谷の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

12時半に再びタクシーで七倉山荘前の駐車場に戻る。
その後、一番下流にある大町ダムで昼飯、少し紅葉撮影。
全体的には、まだまだだが、所々いい紅葉があった。
11月には、下流の方でも見頃を迎えることだろう。

1時半に出発、国道148号を北上、小谷村の小谷温泉近くの鎌池に向かう。
3時に到着、やや見頃過ぎの感じ、近年有名になりカメラマンが多い。
すぐに手前が陰って来た、少し来るのが遅かったみたい。
ここは夕方は3時がぎりぎりみたいだ。
以前朝に撮影しているし、今回は条件がよくなかったので撮影せず。

その後乙見山峠で夕日と紅葉を撮影、新潟県の妙高高原に抜け、国道18号を南下。
途中夕食後、9時過ぎに長野県の志賀高原入口の道の駅に到着。
走行距離590キロほど、9時半車中泊。

25日木曜日に続く。

このページのトップヘ