風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

奈良県明日香村の彼岸花 9月25日分2-2。

昼前に明日香村に移動。
この辺り全体的に見頃ピーク2日目くらいで、
明日はもう全体的には、厳しい感じ

古宮、香具山付近はもう傷みが多く、終盤。

飛鳥寺付近。この辺りはやや遅めで見頃が多かった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

尾曽。
集落には駐車しないで、手前の路肩に停めること。
鳥獣防止の扉は閉めること、厳守。

イメージ 5

細川は傷みが多く、もう終盤。
稲渕には行かず。

祝戸付近。

イメージ 6

イメージ 7

その後、山の辺の道に移動。

彼岸花はもう刈り取られていた、残念。

イメージ 8

ガタ塚。
彼岸花マークがいっぱいだったので行ってみたが、ほぼなし。
でもここからの夕日は良さそう。
ピーカンなので帰ったけど、田植え時期にまた来ようかな。

イメージ 9




奈良県御所市の葛城古道の彼岸花 9月25日分2-1。

早朝3時半ごろに、葛城古道の九品寺横の彼岸花群落へ。
すでに三脚20本ほど、前列には入れず。
半分以上の人はその場で待機中。
たぶん全国区の人気なので、車中泊で前日から場所取りしてるみたい。

しかし、前の方でローアングル撮りたいのはわかるけど、
全体、中に入り過ぎ、あと3メートルはライン下がってほしい。
足元確認して、花踏まないように気を付けている人は少なく、
平気で花を踏み倒している。
目の前の花群落に感動する気持ちがあるなら、たとえ花の命が短くとも、
もう少し気を使ってほしいもの。
そんなんじゃ、決していい写真は撮れないと思う。

たいして読者もいないブログなので、満開情報のせたこと、
そんなに影響はなかったと思うのだが、
もうリアルタイムでのせるのはやめるつもり。

ぼやっきー星野からの口撃が怖いからね。
本人はこのブログ見て来てたのにね。←せめてないすよ。

まぁ今はネット検索でいくらでも出てくるので、無駄な抵抗とは思うけど。

5時半の日の出のころには、三脚40本、
観光客も含めると5,60人にはなってた気がする。

天気は快晴、雲はなし、彼岸花は見頃。あと1日はいける感じ。

1枚目はハーフND使用、アンダー露出で色を濃い目に。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、現場で久しぶりに会った、
星野さん、脇田さん、高橋さんらと一言主神社付近に移動。

こちらの方はやや進行が速く、すでにいたんでいるのもあるが、
まだまだ見頃。

少し雲が出てくる。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

高橋さんとは別れて、3人で伏見へ。
ここもすでに全国区の人気で、朝は25人いたらしい。
ここは道沿いからだから、花は踏まれることはないだろうが、
路肩にはせいぜい7.8台しかとめられないから、
そのうち、駐車の問題が起きるかも。

すぐ近くに行って撮ってる人がいたが、
明らかに私有地の畔なので、やめましょう。

イメージ 9

ここで、二人と別れて、大川杉へ。
彼岸花は少しだけ。
近くに駐車スペースはないので、遠くに停めて歩く。

イメージ 10

イメージ 11

その後、明日香に移動。

続く。


奈良県御所市の葛城古道の彼岸花と斑鳩町の法起寺の彼岸花 9月24日分。

予定より早く帰宅したので、
今日はまだまだ見頃の奈良の彼岸花を撮りに行ってきた。

関東の取材記は後日にします。

天気は晴れ雲あり、昼に近くなるにつれ、高曇りから曇りに変わる。

葛城古道、九品寺付近。
まだつぼみもあり、色褪せも少なく見頃。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

一言主神社付近も見頃、少し色褪せもあったが、まだまだOK。

伏見付近。
朝日とのコラボで、すごいリツイート集めている人いた。

近くでスピード違反の取り締まりしてた。
いっぱい捕まってた。
山麓線、制限40キロだからね!要注意。

イメージ 6

イメージ 7

昼頃にはすっかり曇り空。

帰りに斑鳩町の自宅近くの法起寺へ。
この辺りにはあまり彼岸花はなく、南側に少しだけ群生。
今年のコスモスは遅く、まだパラパラ咲いてるのみ。
斑鳩の稲刈りは遅いので、10月初めならまだ撮れますよ。

イメージ 8







関東方面の彼岸花が早めに終わり、山の紅葉にも少し遅れ気味で、
まだ早いので一時帰宅しました。

また10月のはじめくらいから中部・関東・東北方面に出かけます。

今日は奈良の彼岸花まだまだいけそうなので、撮影に出ようかな。

とりあえず今回の旅をハイライトで。

埼玉県の巾着田。

イメージ 1

同じく権現堂堤。

イメージ 2

千葉県の大山千枚田。

イメージ 3

同じく亀岩の洞窟。(濃溝の滝として有名になったけど実際は亀岩の洞窟)

イメージ 4

10月6日まで、毎日午後8時過ぎにFacebookの予約投稿をしています。

日本各地の風景をアップしていますので、
時間のある時にでもご覧ください。

今日から関東・中部方面へ3週間前後、取材に出かけます。

更新は帰宅後に行います、お楽しみに。

インスタグラム更新しました。
北海道とトルコの写真アップしています。

アメリカ・カナダ取材記その18、アメリカから日本へ、 8月31日、9月1日分。

5時50分に宿を出て、6時15分にレンタカー返却。
荷物の整理がまだだったので、駐車場で荷物整理。

シャトルバスで空港に送ってもらい、
7時ごろにアラスカ航空にチャックイン。
乗り継ぎの航空会社は変わるが、預ける荷物は関空直行。

お土産などを買ってから、セキュリティチャックヘ。

7時40分ごろに搭乗ゲートへ。

8時40分に搭乗開始。
搭乗券にMと書かれたので、最初意味が分からなかったが、
搭乗ゲートから入って行くと、
さらにアルファベットで乗り場が分かれていた。

滑走路を少し歩いて機内へ。
狭くて設備も古い感じ。

9時10分に予定通りに離陸。
9時半ごろに飲み物とクッキーがでる。

10時12分にカナダのバンクーバーに着陸。

10時25分にアメリカの出国手続き。
入国に比べ、すごく簡単に終わる。
(カナダ経由の場合、カナダでアメリカの出入国手続きがある)

エアカナダの乗り場を確認、その後昼食。

11時頃に搭乗ゲートへ、D65。
ここで、まだだったエアカナダの搭乗券を発行してもらう。

11時30分ごろから、席の位置によるゾーン別に登場開始。
11時40分に機内へ。

12時半に離陸、予定より30分遅れ。

時間チャック忘れてたが、
少しして飲み物。
その後、夕食。
少しして飲み物とクッキーがでる。

行きはほとんど寝ていたが、
帰りは手持ちの携帯などで、映画を4本見る。
「チアダン」「本能寺ホテル」「サバイバルファミリー」「プロメテウス」

(エアカナダは、パーソナルテレビはなく、手持ちの携帯などで、
ソフトを介して映画などを見るようになっている。
iPadの貸し出しは1回10ドル。イヤホンは貸してくれる。)

翌10時に朝食。

11時45分に関空に着陸。予定より約1時間遅れ。
(日本時間 9月1日の午後3時45分 以後日本時間で表記)

3時50分に中へ。
モノレールにのり移動、すぐに入国手続き。
4時ごろにバゲッジクレームへ。

4時半ごろにJRへ。
6時10分頃に帰宅。

アメリカでの総走行距離、2537マイル(4060キロ)ほど。
今回は移動も多く、撮影量は少な目。

アメリカ・カナダ取材記は今回で終了です。
ありがとうございました。


アメリカ・カナダ取材記その17、シアトルからポートランドへ、 8月30日分。

朝6時半に出発、ポートランドに向かう。

天気は曇り。

晴れていれば、途中マウントレニエ国立公園に寄り道するつもりだったが、
曇っているのでスルーして、再びポートランド近郊のコロンビア峡谷へ。

途中合計50分ほど食事休憩。

11時半ごろにコロンビア峡谷に到着。
高速道路沿いにある駐車場に停めて、有名なマルトノマ滝へ。

イメージ 1

その後、滝上を経て、トレイルのループ1を歩く。

途中に数ヶ所に滝がある。
曇ってたから、滝を撮りに来たのに、急に晴れてくる。

イメージ 2

イメージ 3

今回の旅で何としても再訪したかったフェアリー滝。
妖精の滝という名前にふさわしく、小さいながら美しい滝。

直日が当たらなくなるまで、2時間近く待って撮影。

イメージ 4

この辺りの渓流も苔がなんとも美しい。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

5時過ぎに駐車場に戻り、クラウン・ポイントに移動。
午後の方が光線状態がよい。

イメージ 9

イメージ 10

クラウン・ポイント・ビスタハウス。
上部が展望台になっている。

イメージ 11

夕刻、ポートランドのワシントン・パークへ移動。
ダウンタウンの展望ポイントを探すが、よくわからなかった。
どこかにあるはずなのだが、時間切れ、残念。
もっと早めに移動していたらよかった、大失敗。

8時40分頃に宿に戻る。

アメリカ・カナダ取材記その16、アメリカのシアトル、 8月29日分。

朝からボランティアパークへ。
給水塔のウオータータワー展望台からの眺め。
7時から自由に入れるが、金網があり撮りにくい。
ここは駐車場無料。

イメージ 1

ウオータータワー展望台。

イメージ 2

その後、フリーモントに移動。

フリーモントの道路下にあるトロール像。

イメージ 3

その後、パイク・プレイス・マーケットに移動。
立体駐車場に停める。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ブタちゃんがマスコットになっている。

イメージ 7

イメージ 8

歩いて、市内散策。

シアトル美術館。

イメージ 9

ウオーターフロントパーク。

イメージ 10

パイオニアスクエア・パークのトーテムポール。

イメージ 11

アンダーグラウンドツアーに参加、20ドル。
汚いだけで、あまり面白くなかった。

イメージ 12

3時半ごろに駐車場に戻り、ダウンタウンの対岸にあるアルカイビーチへ。

イメージ 13

その後、ケリーパークへ。路肩駐車可。
今日は映画のロケは終わっていた。

クレーンが無ければ、夜景の第一候補だったのだが、残念。

イメージ 14

イメージ 15

クイーンアン・ヒルからの眺め。
高級住宅街で、道路から見えるところはほとんどないが、
三脚伸ばして、空地の金網の上から撮影。

イメージ 16

夕刻に再び、ダウンタウンの対岸にあるアルカイビーチへ。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

9時ごろに宿に戻る。

このページのトップヘ