風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

栃木県日光市の明智平と湯滝に竜頭の滝 6月5日分。

朝から明智平の展望台へ。
ロープウェイは、730円。JAF割りで660円。
8時半過ぎから運行。

イメージ 1

山上駅の上が展望台になっている。
中禅寺湖と華厳の滝が一望できるが、
この辺りは雲が多く影ができるので、撮りにくい。

イメージ 2

その後、湯滝へ。ここの駐車場は有料、500えん。
滝上にも無料駐車場があるが、数が少なくいつも満車。
湯滝には、コンビニもある。

青空が見えるものの雲が多く、滝の上に青空が見えるまでかなり待った。

イメージ 3

イメージ 4

その後、湯滝から戦場ヶ原まで散策。
新緑が美しい。

小滝。

イメージ 5

イメージ 6

泉門池。
ミツバツツジは見頃後半から終盤の感じ。

イメージ 7

湯川。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

夕方、竜頭の滝へ。
トウゴクミツバツツジと入れ替わりにレンゲツツジが見頃になってきた。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

上流のシャクナゲ橋のレンゲツツジ。

イメージ 15

イメージ 16

夕方、かなり雲が増える。

湯ノ湖周辺にはホテルが多く、日帰り温泉利用可。

夜は赤沼の駐車場で車中泊。

栃木県日光市の小田代原と湯ノ湖 6月4日分3-3。

午後から再び小田代原に移動。
青空で撮る場合、午後の光線がよい。

イメージ 1

小田代原の貴婦人と呼ばれる白樺の木。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

湯ノ湖。

イメージ 5

金谷ホテルの庭園のツツジ。

イメージ 6

夜は久しぶりにビジネスホテルへ。

栃木県日光市の中禅寺湖 6月4日分3-2。

天気は快晴だが、しだいに雲が増えてくる。

明智平の後、中宮祠足尾線へ。

中宮祠足尾線の展望台から望む中禅寺湖。

イメージ 1

イメージ 2

終点の駐車場から、半月山の展望台へ。
歩いて20分。脚立使用。
中禅寺湖は、ここからの眺めが一番。
後ろの山は、日本百名山の1つの男体山。

イメージ 3

イメージ 4

寺ヶ崎。秋は紅葉は綺麗なところ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

歌ヶ浜から中禅寺湖と男体山。

イメージ 8

イメージ 9

続く。

栃木県日光市の戦場ヶ原と華厳の滝 6月4日分3-1。

朝3時起きで、3時半に赤沼のバス乗り場へ。
3時35分に車内へ、料金は300円、下りる時に払う。
寒いので薄手のダウン2枚にレインジャケットを着込む。

4時に出発、乗客は9人。
小田代ヶ原へは、このハイブリッドバスか歩いていくしかない。
バスは、この時期は土日祝日のみの運行。
歩いていくと40分ほど。

4時12分ごろに小田代原に到着。
しかし、風があり朝霧はなし、残念。
おまけに5D4にエラー40頻発。
なかなか正常に動かない。5.6回電源を入れなおしてやっと動く感じ。

雲は少し焼けたがいまひとつ。
その後、遊歩道を散策。
小田代原から戦場ヶ原を通り、歩いて駐車場に戻る。

戦場ヶ原。

イメージ 1

その後、再び華厳の滝へ。
駐車場310円。
上の展望台から望む華厳の滝。
ツバメを綺麗に入れたいのだが、タイミングが合わないし、
手前に来ればピントも来ないし、滝の落ち方もいろいろでかなり難しい。

イメージ 2

イメージ 3

その後、下の展望所へ、有料550円。
この時期は、8時過ぎからの20分ほどしか虹は見れない。
昨日は訪れたのが遅かったので再訪。

虹は太陽の位置が高い、夏場がいいと思う。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、歩いて明智平の展望ポイントへ。
第2トンネルから15分ほど登った鉄塔のところ。
ツツジはもうほとんど散っていた、残念。

イメージ 7

続く。

栃木県日光市の竜頭の滝・戦場ヶ原・華厳の滝・東照宮 6月3日分。

嵐が過ぎて朝から快晴。

しかし冷え込みが半端ない。
薄手のダウン2枚とレインジャケットではまだ寒い感じ。

朝から再び、竜頭の滝を撮影。

茶屋の前のツツジ。

イメージ 2

全景では、左側のツツジがもう落ちて少ないのでいまいち。

イメージ 1

三本松駐車場からすぐの展望所から望む戦場ヶ原。

イメージ 3

湖畔展望台から望む中禅寺湖。

イメージ 4

イメージ 5

華厳の滝。駐車場は310円。
滝下の展望所へは有料550円。朝9時から。

イメージ 6

10時過ぎには雲が増え曇りに変わる。いい天気は続かない。
町まで移動して、工事が終わり綺麗になった東照宮などを参拝。
記念公園の駐車場300円。東照宮拝観1300円。

有名な見ざる聞かざる言わざる。

イメージ 7

東照宮。観光客でいっぱい。

イメージ 8

夜は早めに赤沼の駐車場で車中泊。

栃木県日光市の竜頭の滝のミツバツツジ 6月2日分。

朝から小雨が降ったり止んだりえ、時々嵐という天気。

6時半ごろに出発。
途中1時間ほど休憩。

8時40分ごろに上信越道分岐通過。
途中10分休憩。

9時40分ごろに、長岡JCTから関越道に入る。
途中25分休憩。

11時40分ごろに沼田ICから出て、国道120号線を進む。
途中35分昼食休憩。

途中撮影しながら、2時半ごろに竜頭の滝の無料駐車場へ。
上流と下流に駐車場があり、下流の中禅寺湖側に茶店やトイレがある。

ミツバツツジは見頃後半から終盤。ここは5月下旬がベスト。
所要があって5月下旬に来れなかったのが残念。
場所によってはまだ見れるが、全体的にかなり少なくなっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

時々雨になるので、綺麗な虹が見られた。

イメージ 4

寒波が来ていて想像以上に寒い。
薄手のダウンとレインジャケットでは、全然足らない感じ。
分厚いダウンがいる。

夜も同様、車中泊では薄手のシュラフでは寒かった。
分厚い毛布が欲しい感じ。



岐阜県白川村の白川郷 6月1日分。

6月1日から20日まで、中部・関東方面に行ってきた。

10時半ごろに西名阪道の法隆寺ICから入り、名阪国道経由で東名阪道へ。
(途中15分位休憩)
12時頃、新名神の合流の亀山JCT辺りから車線規制。
大渋滞で、1時50分頃に鈴鹿ICから一般道へ。

しかし、鈴鹿ICまで来ても全然工事してないのに、
そんなに早く車線規制する必要あるのかな、大いに疑問。
予想外で大幅に遅れてしまった。

その後、国道306号線を北上。
(途中15分位休憩)

3時20分頃に関ケ原ICから再び高速へ。
(途中15分位休憩)
5時40分ごろに東海北陸道の白川郷ICから出る。

5時50分に白川郷へ。なんとか夕方には間に合った。
田植えは5月中・下旬。
水草が増えて、正面の方はあまり綺麗に写り込んでくれない、残念。
手前の方はちょうどいい感じだった。
所要があって遅れたが、やはりベストは5月下旬頃。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、すぐに高速に乗るつもりだったが、ガソリン入れ忘れで残量がやばい。
周辺のスタンドはすでに閉店。
念のため、下道を走って行ったが、途中のスタンドもすでに閉店。
結局、福光IC近くのスタンドしか開いていなかった。

9時半過ぎに福光ICから高速へ。
予報通り嵐に変わり、雷が鳴りだす。
11時過ぎに北陸道の有磯海SAで車中泊。

今日の夕方、無事に帰宅しました。

主に中部・関東方面を撮影していました。

仕事・所要、山積みなので、取材報告は落ち着いてからにします。

気長にお待ちください。

3週間程、取材に出ていますので、
ブログの更新はお休みします。
FBの方は、5日くらいまで予約投稿していますが、それ以降は、お休みします。

奈良県天川村の山上ヶ岳(大峰山)5月29日分。

ひさしぶりに大峰山へ行ってきた。

大峰山は広義には大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳をさす。
100名山は、最高峰の八経ヶ岳とされており、
世界遺産地域でもある。  



7時前に出発、途中少し休憩して、
9時ごろに洞川温泉から大峰山の登山口になる大峯大橋の駐車場に到着。
1日1000円。食堂・自販機あり。

9時15分に出発。

女人結界。女性は入れません。

イメージ 1

しばらくは整備された道が続く。

イメージ 2

少し行くと、こんな感じの道。

イメージ 3

中間あたりにお助け水と言われる湧き水がある。

香港からの二人組に出会う。

途中屋根のある休憩所が何か所かある。
売店は全て閉まっていた。
途中に自販機やトイレなどはない。

途中分岐があり、鎖場があるが、迂回することも可能。

鐘掛岩からの眺め。

イメージ 4

西の覗きで消防の5人組が修行していたので、撮らせてもらう。

近所に先達さんがいて、連れられて子供会で毎年夏に登っていました。
裏行場と西の覗きを巡るんですが、特に西の覗きはめちゃくちゃ怖いです。

大人で重たそうな人は合計4人で落ちないようにサポートするんですが、
万一事故があると取り返しがつかないので、そんなには前に出されません。
写真くらいの感じです。それでもかなり怖いですが。
子供だと軽いので、思いっきり前に出されます。
半分くらいの子は泣いてました。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に大峯山寺の本堂に到着。

イメージ 9

本堂まで、歩行2時間6分+休憩30分+見学15分ほど。
コースタイムは2時間30分から3時間。

本堂。周辺宿坊があります。
トイレは貸してもらえるし、水ももらえます。

イメージ 8

本堂からの眺め。

イメージ 7

2時半ごろに駐車場に戻る。

帰りは、歩行1時間半+休憩8分。
コースタイムは1時間50分ほど。






このページのトップヘ