イメージ 1

旅のエピソード集その1、疲れた話。
3ヶ月程ユーレイルパス(広域の鉄道使い放題のチケット)を使って
西ヨーロッパを周遊していた時のフランス・パリでの話。

前回来た時はツアーだったため、あまりゆっくりできなかったので、
2度目のパリは、1週間程じっくりと市内各地を巡っていた。
ある朝少し郊外にある新凱旋門に行くため、国鉄の駅に出向くと人がいっぱいで大混雑。
なんでもストライキとのこと、
しかし本数は少ないものの列車は運行していたので、なんとか新凱旋門に到着。
たっぷりと写真を撮って、夕方帰りの駅に向かう。

改札は無人でみんなかって出入りしていたので、近道をして近くの出口から中に入っていく。
すると列車が発車寸前、ストライキで本数が少なく次いつ来るかわからないので、あわてて乗り込む。
ほっと一安心して、ぼーと外をながめていたのだが、
おかしい、ほんの数駅のはずなのに、ずっと郊外のままで見慣れた景色があらわれない。
『しまった』反対方向に乗ってしまったことに気づいた時は、
すでにかなりの駅を通過してしまっていた。
あわてて次の駅で降り、反対方向の市内行きを待つ。

しばらくして列車が来るが非情にも目の前を通過、そして何かのアナウンスがあり、
ホームにいた人たちがぞろぞろと帰り始める。
いったいどうしたのか、英語が話せそうな若い人を尋ねると、今ので今日の便は終わりとのこと。
一瞬目の前が真っ暗になるが、なんとか市内に帰る方法を聞く。
小さな駅でここにはバスは来ないが、大きな通りに出ればバス停があると、親切に道順を教えてくれた。
そのとおりに歩いていくが『おかしい』バス停がない。

しばらく探したが、けっきょくわからずじまい、
どんどん日は暮れていき、パラパラと小雨が降ってくる、最悪の事態。
付近には傘を売っていそうな場所はなく、防水のジャケットが唯一の救い。
なんとか再び駅に戻り、反対側の駅前広場へ。
『やったぁ!』タクシー乗り場がある、この際少し高くついてもしょうがない、
これで市内に戻れると思いきや、タクシー乗り場にいた先客が、
『かれこれ1時間待っているけれど全然タクシーが来ない、だめだね今日は』とあきらめ顔。
『そりゃないよ』完全に撃沈状態。

30分くらいいっしょに待つが、その人はついにあきらめて帰って行った。
しかたなく、線路に沿って歩き始める。
空はどんより雨は降ったりやんだりで、すでにずぶぬれ。
カメラバッグが肩にくい込み、意気消沈。

1時間近く、2駅ほど歩いた所で駅前にタクシー発見。
『やったぁ!』人生最大級の喜び、一番近くの市内の地下鉄の駅まで乗せてもらう。
とてもとても長く、くたくたに疲れた一日であった。
添付写真はパリ・シャイヨー宮から見たエッフェル塔です。