兵庫県宝塚市の中山寺梅林と大阪府大阪市の万博公園の梅林 3月2日分。

昨日やっと中判のレンズの修理ができあがった。
(清掃だけなのに約1万6千円は高い。)
というわけで、やっと本格的に風景撮影に出かけられることとなり、
さっそく、兵庫県の中山寺と大阪府の万博公園の梅取材に行ってきた。

前日遅くまで別の仕事をして疲れていたので、
朝はゆっくり8時過ぎに出発。
JRと阪急電車を乗り継ぎ、宝塚線の中山駅に着いたのは10時。
中山寺へは歩いて5分程、
駐車場はないということだったので、小さなお寺だと思っていたのだが、
西国三十三所の一番札所だけあってすごくりっぱだった、
境内にエスカレーターまであってびっくり。
梅林は、境内をぬけてさらに5分程歩く。
撮影を始めるとすぐに観光客が増えてきた。
白梅は満開だが、紅梅は少し散り始めで見頃後半の感じ。
ここは、高低差があるのでアングルの変化をつけやすい。

イメージ 1

イメージ 2

昼飯の後、阪急電車とモノレールを乗り継ぎ、1時過ぎに万博公園へ。
自然文化園と日本庭園両方に梅林があるが、
どちらも全体的に少し散り始めで見頃後半の感じ。
また平坦なので、アングルの変化はつけにくい。
日本庭園のほうは規模が小さいので、自然文化園のほうがおすすめ。
万博公園のシンボルの太陽の塔との組み合わせるのも面白いと思う。

イメージ 3