奈良県奈良市の氷室神社の枝垂れ桜の夜景 3月30日分。

今日早朝は雷雨のため、落ち着いてから奈良の自宅を出発、京都へ向かう。

途中晴れ間が見えたものの、京都市内はどんよりと厚い雲。

昼から晴れてくるという天気予報は大はずれ。
この時期予報は、めまぐるしく変わるし、またよくはずれる。

市内の天気が回復するまで、とりあえず美山茅葺きのの里へ向かう。
途中三尾の桜は早咲きが3分から7分、つつじがちらほらという感じ。
途中から小雨が振り出す、1時間弱で美山の北地区到着。

2本の梅が満開で他は散り始め、水仙が満開、
少し離れたところにある椿の大木が散り始め、
その横の里桜が2分咲き(2本のみ)寒緋桜が5分咲き(1本)という感じ。

目的の梅と茅葺き民家の組み合わせで撮影。
雨で茅葺きが濡れていい感じの写真が撮れた。

再び市内に戻るが天気は相変わらずの為、撮影は残念、奈良へ戻ることにする。
奈良市内まで戻ると少し青空が見えてきたので、氷室神社へ。

早朝の雷雨で少し散ったみたいだが、満開で綺麗。
前から撮りたかった薄暮のしだれ桜と月の組み合わせで撮る。
雲が多かったが、なんとか雲の切れ間を狙いイメージに近いものが撮れた。
追記、氷室神社の枝垂れ桜は病気になったため、大部分が切られてしまいました。

イメージ 1

イメージ 2