イメージ 1

ついに関西も梅雨に入った。
梅雨時に咲く紫陽花や花菖蒲などの花は、
雨の日が色鮮やかで最も美しいのでとても楽しみ。
どんでんや雨風が強すぎる日は、撮影には厳しいが、
しとしとと降る雨は、風景写真にはとても向いているのである。

写真は、以前に撮影した兵庫県三田市の永沢寺花菖蒲園。
ただいま6分咲きくらいで、もうすぐ見頃の様子。

室町時代開創の禅寺の永沢寺(ようたくじ)の向かい側にあるが、
花菖蒲園は、この辺りの地名にもなっている永沢寺(えいたくじ)
のほうの読み方になり、少しややこしい。

早朝の激しい雨の後、開門を待って一番乗り。
東屋の背後に霧が漂い、日本情緒を醸し出していた。
時折激しくなる雨に打たれながら撮影していたが、
1時間ほどで観光客が大挙して現れ、
人を入れずに撮影するのは、むずかしくなった。