イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

すかぶさんから、
カナディアンロッキーのおすすめのポイントを聞かれたので、
いくつか案内します。

カナディアンロッキーの中でも中心になるのが、
バンフ国立公園とジャスパー国立公園の2つで、
その1つのバンフ国立公園には、
バンフとレイクルイーズという2つの街がある。

どちらも見所は多いのだが、
レイクルイーズ周辺の3つの湖は特におすすめ。
1つは、街の名前にもなっているルイーズ湖、
街の中心から車ならすぐで、目の前にホテルもある。
朝日を浴びている姿はとても美しいので、
何が何でも早起きして、絶景を堪能しよう。
日中撮影するなら、順光になる午前中がよい。

次にモレイン湖、街から10数キロの距離。
ここも朝がおすすめ、駐車場横の小高い丘からの眺めが最高。
日中撮影するなら、順光になる午前中がよい。
丘の上には、りすやピカなどの小動物が多く見られる。

最後にペイト湖、ジャスパー方面に1時間程の所。
ここも早朝がおすすめ、湖面に対岸の山々が美しく映える。
少し風が出てくると投影はもう見られない。
日中撮影するなら、順光になる午前中がよい。
湖面まで歩いて降りることもできるが、かなりきつい。

カナディアンロッキー全体に、いわゆる山独特の天気、
早朝快晴で、どんどん雲が増えてきて、
昼頃には曇りというパターンが多いので、
出来る限り早起きした方がいい。

ちなみにカナダの公用語である英語とフランス語の
どちらでも湖はレイクというが、
フランス語の場合、レイクが頭に来るので、
レイクルイーズという感じになる。
カナダでは、道路の案内板には、
英語とフランス語の両方が表記されていて、車を走らせていると、
自然とフランス語の単語が憶えられるのがおもしろい。

1枚目の写真は、ルイーズ湖。
2枚目の写真は、モレイン湖の朝。
3枚目の写真は、モレイン湖。
4枚目の写真は、ピカ(なきうさぎ)
5枚目の写真は、日中のペイト湖。