木曜日、ニコンから35mmフルサイズの12.1メガのデジイチ「D3」が発表になった。
FXフォーマットで秒9コマ、DXフォーマットで秒11コマ,はやりのライブビューも付いている。
下位機種の「D300」も同時発表で、こちらは、DXフォーマットで12.4メガで秒8コマ、ライブビュー付き。
新レンズも「24-70mmF2.8G ED」「14-24mmF2.8G ED」「400mmF2.8G ED VR」
「500mmF4G ED VR」「600mmF4G ED VR」などが発表された。

月曜日には、キャノンから35mmフルサイズの2.11メガのデジイチ
「EOS-1Ds MarkIII」が発表になっている。秒5コマ、ライブビュー付き。
下位機種の「EOS 40D」はAPS-Cサイズ1,01メガで秒6.5コマ、ライブビュー付き。

はっきり言って、ニコンが35mmフルサイズを出してきたのは、必然の流れだろうが、
キャノンの「EOS-1Ds MarkIII」に比べて見劣りする感は否めない。
「EOS-1D MarkIII」との中間的な機種を目指すにしても、12.1メガはもはやスペック不足の気がする。
実売で「EOS-1Ds MarkIII」の70万代前半に対して、「D3」は50万代後半、
はたして実売値段の有利はどれだけあるのだろうか。

話は変わるが、ニコンで興味をひかれたのは、「14-24mmF2.8G ED」のレンズ。
285,600円の価格は高すぎるが、画角はとてもおもしろそうだ。

デジカメや周辺機器などの新製品情報は、.digitalcamera.jpのサイトがおすすめ。
http://www.digitalcamera.jp/ 
とても詳しくレポートされているし、情報も早い。

また、カメラやパソコンの新製品情報に加え、最低価格や製品のクチコミ情報などが豊富なのは、価格.com のサイト。
http://kakaku.com/
購入される前にクチコミ掲示板やユーザーレビューをチェックするとよい。

プロ用の写真器材や周辺機器などの新製品情報は、プロ機材ショップのナショナルフォートのサイトがよい。
http://www.nationalphoto.co.jp/index01.htm
役立つ情報がとても多いし、情報も早い。

写真の現像・プリント・ディスプレイ・アルバム・各種加工などの情報は、プロラボのプロテクがおすすめ。
 http://www.kk-protech.jp/protech/index.html 
すごく詳しいし、わかりやすい、web上ですぐにデータも送れる。