奈良県宇陀市仏隆寺の彼岸花、桜井市笠のそば畑 9月28日。


朝8時半出発で、まずは仏隆寺へ向かう。
天気は雲が多く、日が射したり陰ったり。

9時40分に仏隆寺到着、駐車場は無料、カメラマンの車でかなり込んでいた。
彼岸花は参道石段沿いに多いのだが、
下側の桜近くは、かなり痛んでおり、今年は数もかなり少ない。
上側は、やや見頃過ぎのものもあるが、数もそこそこで綺麗だった。

撮影は、参道石段がしっとりと濡れる雨の日がベストだが、
晴れの日でも色が綺麗に出るので、そんなに悪くはない。

10時半頃には、一般の観光客も増えてきた。
11時過ぎに出発、桜井浄水場横から、桜井柘植線に入る。

12時に三宝荒神前の蕎麦屋で昼飯。
ここから北側にそば畑も遠望できる。

そば畑は、笠天理線を横切ってすぐ。
道路が広く通行量も少ないので、路肩に停める。
脚立を使い、ハイアングルから撮影したが、あまり変化を付けるのが難しい所。
ピークは過ぎたようだが、今年は例年より遅いので、まだまだ見頃。
1時20分に出発、山の辺の道へ向かう。

山の辺の道の彼岸花は、見頃過ぎのものや蕾など、
進行ばらばらで、いまひとつの所が多い。

3時半に奈良市の白豪寺(400円)に移動、駐車場有料。
萩の花は見頃過ぎ、残暑の影響で今年はよくなかったらしい。
ここは高台で、奈良市内を遠望できる、いい風が吹き気持ちよかった。

近くの新薬師寺にも萩があるが、白豪寺が見頃過ぎということもあり行かなかった。
帰りに奈良写真美術館により、帰路に着く。

1・2枚目の写真は、仏隆寺の彼岸花。

イメージ 1

イメージ 2

3枚目の写真は、笠のそば畑。

イメージ 3

4枚目の写真は、山の辺の道から見た三輪山。

イメージ 4