京都府綾部市の君尾山からの朝日、丹波町の長老岳森林公園の権現谷の七色の木 10月12日分。


朝寝坊で5時45分起き、あわてて君尾山(きみのおさん)の撮影ポイントへ急ぐ。
10分ほどで到着、路上駐車可能。
先客のカメラマンが2名、車が一台。
天気予報はよかったが、雲が厚く日の出は期待はずれ、風も強く雲海もでてない。

君尾山の撮影ポイントよりの日の出。

イメージ 1

その後天気がいまいちなのでロケハン主体に切り替える。
撮影ポイントからさらに進むと光明寺と君尾山山頂への分岐になり、ダートにかわる。
途中、京都府最大の大楠の木へのトレイルがあるが道がわかりにくく残念。
山頂付近の展望は見えないので引き返す。

光明寺へは2つの道路があり、上側の道路は本堂近くの駐車場へ、
下側の道路は国宝の仁王門に近いほうの駐車場に続いている。
下側の道路にも撮影ポイントがあるが、上側の道路からの展望のほうがあすすめ。
このあたりの稲刈りはすべて終了、やや殺風景な感じ。

その後京丹波町の長老岳のロケハンに向かう。
仏主(ほどす)から長老岳森林公園への道があり、
途中、権現谷に渓流漠の権現滝と七色の木がある。
七色と言うのは、1本のカツラの木にスギ、ケヤキ、
イロハモミジ、フジ、カヤ、カエデの6種類が宿っていることから由来。
とても珍しい木だが、台風の影響か根元付近が荒れたまま雑然としている。

長老岳森林公園の駐車場から20分(1.1キロ)ほどで展望ポイント。
西側の大パノラマが見える、夕日の撮影によさそう。
ここから先は本格的な登山道なので引き返すが、
長老岳山頂付近は朝の雲海で有名なところ(後2.4キロ)
長老岳森林公園の駐車場からは夏場の朝日が見えそうだが、山並みはいまひとつ。

権現谷の七色の木。

イメージ 2

その後、福知山市の大江山の8合目にある鬼嶽稲荷神社の駐車場へ移動。
鬼嶽稲荷神社の休憩所のテラスは朝の雲海の展望ポイントで有名。
ここから大江山(千丈ヶ嶽)までは20分(1.1キロ)ほど。
西側の大パノラマが見える、夕日の撮影によさそう。
その後、一度駐車場に戻り休憩。

夕方再び大江山(千丈ヶ嶽)に向かうが、
半分ほど行った所の藪の中に木に登る大きな熊を発見、距離にして10メートルほど。
「 げげっこれはやばい!! 」ということで、泣く泣くユーターン。

いい雲が出てたので夕日も、また木に登る熊も魅力的で、
写欲はそそられたが、さすがに逃げ道のない登山道ではしかたがない。
海外では10回以上熊に出会ったいるが、いつでも車に逃げ込める場合とは条件が違う。

その後、新たに夕日の撮影ポイントを探すが見つからず。
京丹後市野田川まで来たときに、雲が染まりだしたので、
あわてて撮影するがピークを逃してしまった、大失敗。

京丹後市野田川でみた夕日に染まる雲。

イメージ 3

その後、天橋立近くのクアハウス岩滝で温泉につかる(500円)
8時前に大江山に戻り車中泊、月曜日に続く。