奈良県宇陀市の鳥見山からの雲海と朝日 10月18日分2-1。


天気は快晴予報だったが、朝は雲が多い。
東側の展望台から、日の出前の雲海漂う大宇陀を撮影。
ここからは、南から南西方向のパノラマが見える。

鳥見山の東側の展望台より。

イメージ 1

その後、西側の展望台に移動。
コンクリートの2階建てで4畳半ほどの広さ。
ここからは、東から南方向のパノラマが見える。
秋冬の日の出がおすすめ。

6時15分頃に日の出、斜光に染まる雲海もとても綺麗だった。
7時過ぎに出発するころに車が1台やって来た。
駐車場は広い、トイレと自販機あり。
鳥見山へはいろんなルートで行けるが、道がややこしいので、
南からのルートで道案内にしたがって行くのが無難。

鳥見山の西側の展望台より。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、額井(ぬかい)から戒場までの道路沿いを撮影しながら移動。
この辺りは高台で秋冬の日の出の撮影ポイントがいっぱいある。
棚田も多く、おすすめの所。

その後南下して大台ケ原へ移動する、続く。