キャノンから1,610万画素APS-Hセンサー搭載ハイエンドモデル「EOS-1D Mark IV」が発表。

常用感度ISO100~12,800、感度拡張によりISO50~102,400を達成。
39点のF2.8対応クロスセンサーを搭載した、全測距点45点の新開発AFセンサー搭載。
連写速度は秒間10コマを実現。
オープンプライス。実売57万円前後。12月下旬発売予定。

http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dmk4/index.html