バリ島取材記その17、ジンバランとクタのビーチそしてウルワトゥ寺院のケチャ
 
6日目、後編
 
1時半にジンバランのビーチに移動。
タクシーで15分くらい、70000ルピア。
ビーチ沿いにはシーフードレストランも多い。
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
インドネシアの国旗。
 
イメージ 16
 
イメージ 2
 
イメージ 10
 
2時半にクタのディスカバリーモールまで移動。
この辺りの道は大渋滞、タクシーで30分、32000ルピア。
 
ディスカバリーモール、バリ最大級のショッピングモール。
 
イメージ 4
 
イメージ 13
 
イメージ 11
 
イメージ 14
 
砂浜部分が広すぎて、構図的にまとめにくい。
 
イメージ 12
 
イメージ 15
 
4時過ぎにタクシーで、バドゥン半島の南西のはずれにある、
ウルワトゥ寺院へ向かう。ウルワトゥは、岬と言う意味。
 
4時半くらいから、道は渋滞。
ラマダン(断食)明けの連休で、ジャワ島からの観光客が多い。
 
5時過ぎにやっと到着、125000ルピア、駐車場代3000ルピア。
 
夕日の時間帯から始まるケチャを鑑賞、70000ルピア。
寺院からは少し離れた場所にある。
すでに観光客がいっぱい。なんとかサイドの一番上の席を確保。
 
遠くにウルワトゥ寺院が見える。
 
イメージ 5
 
6時過ぎに始まり、7時前に終わる。
フラッシュ禁止のはずだが、みんなバチバチ、困ったもんだ。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
7時20分に出発、もちろん大渋滞。
キープしていたタクシーとはぐれたという3人組みの中国人の女性が、
途中まで乗せて欲しいと言うので、ジンバランまで相乗り。
タクシー代浮くので、もち歓迎。
 
9時20分にホテル着。
通常45分くらいなのに、2時間もかかった。
ジンバランからサヌールまで、メーターで100000ルピア。
 
近くで夕食後、10時頃に就寝。