ニコンからデジタル一眼レフカメラの次世代フラッグシップモデルデジタル一眼レフカメラ「ニコン D4」が発表されました。



「D4」は、「D3S」と「D3X」との融合モデルではなく「D3s」系の後継機。
撮像素子はFXフォーマット(35mmフルサイズ)の新開発16.2メガCMOSセンサーを搭載。
常用感度はISO100~12,800。
連写速度は、秒間10コマ(AF追従)。
メモリーカードに、ソニー・サンディスクと共同開発した超高速カード「XQDメモリーカード」を採用。従来からのCFカードスロットも装備。
ファインダーは視野率100%。
背面ディスプレイは、3:2比率で約92万ドット液晶。
位相差AFセンサーは、51点測距。うち15点はF8.0対応。
動画撮影は1,920×1,080。30fps、25fps、24fpsに切り替え可能。MOV記録。
オープンプライス。実売価格648,000円前後。2月16日発売。