8月のお祭り情報です。
 
写真は全て以前に撮影したものです、見ごたえがありますよ、おすすめです!
 
説明文は観光案内のホームページから引用してます。
詳細については、観光案内のホームページを見てくださいね。
 
< 愛宕の火祭り >
 
無病息災を祈念して、荒縄で束ねた麦わらに火をつけて振り回す奇祭。
闇の中を輪舞する炎は幻想的で、毎年8月24日直近の日曜日に開催されます。
 
出石観光協会  http://www.izushi.co.jp/index.html
 
撮影アドバイス

最低でも炎が人の周りを一周するまで、シャッターを開ける長時間露光が必要。
同時に数人を入れる場合、全部が一周するまで、シャッターを開ける。
三脚で固定できればよいが、手持ちでブレを活かしてもおもしろい。

イメージ 1
 
< がんがら火祭り >
 
がんがら火祭りは江戸時代の天保元年(1644年)から、
「家内安全」「火難厄除け」を願って始まったとされています。
毎年8月24日開催。
 
 


撮影アドバイス

2つが逆V字になる瞬間にストロボで動きを止めるが、
炎がポイントで、大きく上がっているときを狙う。
人の動き、配置に注意。
 
イメージ 2
 
 
< 梅津六斎念仏 >
 
8月最終日曜、梅宮大社の例祭での奉納六斎として行われる。
嵯峨天皇祭、子供相撲大会に続き六斎奉納。
笛や鉦、太鼓に合わせて、数々の演目が踊られる。
 

撮影アドバイス

ボーズが決まった瞬間にストロボで動きを止める。
カメラ位置が重要、できれば正面に。

イメージ 3
 
< 円座のかんこ踊り >
 
「かんこ」とは鞨鼓と呼ばれる小さな太鼓に由来する。
毎年、盆の供養として踊られ、シャグマと呼ばれる白馬の尾の毛で作られた被りものをかぶり、黒と白の縞模様の衣装にわらの腰みのを着け、胸に吊るした鞨鼓を打ち鳴らしながら、たいまつの回りを踊る。
念仏踊りと精霊踊りである。
毎年8月15日開催。

撮影アドバイス

ボーズが決まった瞬間にストロボで動きを止める。
人の配置、手の位置が重要。
縦位置の場合、右か左かストロボの位置を考えて構える。
 
イメージ 4
 
他にもいろいろあります。
過去ログを見てね!