中欧取材記その48、7月16日分ハンガリー。

天気は晴れ、しだいに快晴に変わる

ペーチのセーチェニ広場の旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスク。

イメージ 1

大聖堂。

イメージ 2

イメージ 3

大聖堂からの眺め。

イメージ 4

ペーチにある初期キリスト教墓地遺跡は、世界遺産に登録されている。

イメージ 5

イメージ 6

大聖堂。

イメージ 7

初期キリスト教の礼拝堂跡。

イメージ 8

イメージ 9

ペーチのセーチェニ広場と旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスク。

イメージ 10

シナゴーグ。

ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂。

イメージ 11

イメージ 12

1時15分の列車でブダペストへ。

予定より50分遅れで5時過ぎに到着。乗り継ぎ予定の列車には乗れず。

5時40分の列車でエゲルへ。

途中乗り換え、当初の予定より大幅に遅れて8時半にエゲルに到着。

駅前からバスにのり、9時過ぎに宿へ。

9時半、レストランで夕食。

こちらのほうは最終が早いので、もう少しで食いそびれるところだった。