中欧取材記その50、7月18日分ハンガリーからスロヴァキアへ

天気は晴れ、しだいに曇りに変わる。

7時半の列車で、スロヴァキアのコシツェに向かう。

8時前に乗り換え、10時過ぎに到着。

朝早かったので、国際線の切符は買えず、車内で買うようにいわれた。

ハンガリーの車掌の姿は見えずじまい。

スロヴァキアの車掌には、ユーロしか使えないとのことで、

細かいのがなかったので、お釣りがないとのこと。

両替した後で、もどってくるとのことだったが、

そのうち、コシツェに到着。

下車後、車掌を見かけたので、声をかけたが、

お釣りがないからもういいよとのこと。

結局ただ乗りになってしまった。

聖アルジュベタ大聖堂。

イメージ 1

イメージ 2

フラヴナー通り。

イメージ 3

聖アルジュベタ大聖堂の塔からの市街。

イメージ 4

12時前のバスで、バルデヨフに向かう。

1時半過ぎに到着。

青空が見えるものの、太陽は雲に完全に隠れてしまった。

バルデヨフ市街保護区は世界遺産に登録されている。

聖エギーディウス教会の塔から望むラドニツネー広場。

イメージ 5

3時40分のバスでコシツェに向かう。

5時20分に到着、宿へ。

小雨がぱらぱら降る中、場所がわからず、40分も歩いた。

ひさしぶりのシングルルーム。

夕食に日本食の照り焼き定食を食べたが、まずくて残してしまった。