中欧取材記その54、7月22日分スロヴァキアからポーランドへ

朝から快晴、しだいに雲が増える。

一日、スロヴァキアの首都のブラチスラヴァ散策。

旧市庁舎。

イメージ 1

街中のオブジェ。

イメージ 2

フヴィエスドスラヴォヴォ広場。舌をかみそうな名前。

イメージ 3

街中のオブジェ。

イメージ 4

UFOの塔。新橋の主塔が展望タワーになつている。

イメージ 5

ミハエル門。

イメージ 6

ブラチスラヴァ城。

イメージ 7

UFOの塔から望むドナウ川と市街。

イメージ 8

12時の列車でトレンチチーンに向かう。

1時半に到着。

イメージ 16

トレンチチーン城から望む市街。

イメージ 9

イメージ 17

イメージ 18

トレンチチーン城。

イメージ 19

帰り道、検札のとき、持っている切符が無効といわれる。

駅で往復で買ったつもりが、同じ切符が2枚だったみたい。

トゥーウェイ(往復)を単に2枚と勘違いされたみたい。

値段は同じなのに追加料金付きで払わされる。

こちらのミスではないのに、払い戻しもできず、なんとも不愉快。

夕方6時半にブラチスラヴァに戻る。

ブラチスラヴァ城から望む市街。

イメージ 10

夕日に染まるブラチスラヴァ城。

イメージ 11

UFOの塔から望むドナウ川と市街夜景。

イメージ 12

イメージ 13

フラブネー広場と旧市庁舎。

イメージ 14

ミハエル門。

イメージ 15

夜11時20分の夜行寝台で、ポーランドのクラクフに向かう。

二等寝台は、三段ベッドでさすがに窮屈だった。