中欧取材記その57、7月25日分ポーランド

朝から晴れ、やや雲が多い、夕方曇り後、雨。

7時50分過ぎの列車で、カルヴァリア・ゼブジドフスカへ向かう。

9時に到着。ほぼ無人駅。

歩いて丘の上の礼拝堂へ。

案内がわかりにくく、迷いながら歩く、約40分で到着。

バスはないと思う。

カルヴァリア・ゼブジドフスカ巡礼公園は、世界遺産に登録されている。

約6キロの巡礼路が整備されたカトリックの巡礼地。

巡礼目的の人がほとんどなので、観光客は少なそうな感じ。

イメージ 1

イメージ 2

11時45分の列車で、12時45分にクラクフに戻る。

ヴァヴェル城のヴァヴェル大聖堂

イメージ 3

旧王宮の塔からの眺め。

イメージ 4

急激に曇ってきて、やがて激しい雨。

雨はすぐにやむがどんより。

竜の像、時々火を噴く。

イメージ 5

ヴァヴェル城のヴァヴェル大聖堂

ライトアップは8時50分からだが、城は9時に閉まるので、

撮影時間は少ない。

イメージ 6

中央広場と聖マリア教会。

イメージ 7

中央広場の織物会館。

イメージ 8