与論島 鹿児島県与論町の大金久海岸からの朝焼け 7月6日分。

朝は、大金久海岸へ。
台風接近の影響もあるのか、雲が焼けた。

イメージ 1

イメージ 2

その後、雲が広がり青空の抜けもいまいちなので、のんびり。
鍾乳洞などを見に行く、入洞500円。

台風は、まだフィリピンと沖縄の間で距離があるが、
波が高くなってきたので、
フェリー会社から予約の沖縄行きのフェリーは、
条件付きになりますと、昨日連絡があった。

与論島は小さな島で、港が湾の内側にある大きな島と違い、
むき出しなので、波の影響を受けやすい。
波が高くなると危険なため、港に付けられないので、
抜港といって、寄港せずに抜かされてしまう。

与論島は、鹿児島と沖縄間の島で一番抜港が多く、
台風の多いときは、2週間くらい寄港しない年もあるそうだ。

飛行機の場合、影響が少ないので、
いざというときのために、空きを探すが、さすがにすべてキャンセル待ち。
値段も高いし、フェリーはともかく、
宿や沖縄からの飛行機の変更・キャンセルも面倒なので、
運を天に任せることにした。

昨日の沖縄からのフェリーは、港が変更になったものの、
寄港したので、今日まではたぶん大丈夫だということだったが、
やや不安。

予定の1時間半前に連絡すると港は変更しますが、
寄港しますとのことで、一安心。

午後1時に宿の人に港まで送ってもらう。
港は与論港から茶花港に変更。

1時20分に到着。
チケットは、小さなコンテナの中で売ってる。
沖縄の那覇港まで、期間割引2等で2820円。

2時前にはかなりの旅行者が集まる。
待合室はなく、よく港にある屋根のあるコンクリートの平坦な場所で待つ。

1時40分の予定が遅れで2時10分に到着。

2時20分に船内へ。今回は全席指定。

しかし部屋は冷房効きすぎで寒くていられず。
ずっと他の場所で衛星テレビなどを見ていた。

5時過ぎに沖縄の本部港に寄港、予定より25分遅れ。

7時10分前に、那覇港に到着、予定より10分遅れ。

7時25分にゆいレールの旭橋駅へ。24時間券700円。

予約していた宿へ、最近定番の沖縄空ハウス、1800円。