風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2010 夏取材記

和歌山県紀の川市の「わかやま電鉄の貴志駅」8月29日分2-2。

あらぎ島から移動、生石高源経由で紀の川市へ抜ける。
そういえば、猫の「タマ駅長」で有名な「わかやま電鉄の貴志駅」が近いなと気がつき、
帰り道によることにした。

新しい駅舎は猫型で、内部は小山商店とカフェになっている。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

日曜日は小山商店はお休みで、飼い猫のタマ駅長もお休み、残念。
駅前に臨時のお土産やさんができていた。
タマ駅長人気で観光客がいっぱい。
そのため、着ぐるみのタマ駅長代理が子供たちの記念写真の相手になっていた。
暑いのにご苦労様です。

イメージ 7




奈良県御所市の大川杉と朝焼け、和歌山県かつらぎ町の恐竜ランド極楽洞と百日紅、有田川町のあらぎ島 8月29日分2-1。

朝から御所市の大川杉へ、他にカメラマン2名。
薄雲が少しだけ焼けた。

イメージ 1

その後、和歌山の高野山へ向かう。
高野山から高野龍神スカイラインを通り、かつらぎ町花園へ。

あまり目ぼしい被写体もないので、
前から一度気になっていた小原洞窟・恐竜ランド極楽洞へ行ってみた、入場800円。
入り口には恐竜のモニュメントがある。

イメージ 5

イメージ 9

洞窟の中はひんやり涼しい。
恐竜模型や天国地獄巡りがあって小さな子供がいる家族連れにはいいかも。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

紫外線で光る鉱石が美しく幻想的。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 2

すぐ近くにある恐竜館の駐車場に咲く百日紅。
恐竜型の大型遊具があるほか、恐竜の卵の化石がおいてある、入場600円。
子供は喜ぶと思うが、正直「これだけかよ!」という感じ。

イメージ 3

その後、有田川町のあらぎ島へ。
例年なら黄金色のはずだが、まだ緑っぽい、残暑の影響だろうか。
9月6日にキャンドルイルミネーションが、9月12日に稲刈りイベントがある。

イメージ 4

続く。





奈良県明日香村の夕日に染まる細川の棚田、橿原市の本薬師寺跡のホテイアオイ 8月28日分。

夕方に出発、まずは奈良市の大池へ。
夕方の光線で入道雲と撮りたかったが、いい雲なしで素通り。

次に明日香村へ、
夕日に染まる細川の棚田が美しい。

イメージ 1

イメージ 2

最後に橿原市の本薬師寺跡へ。
ここはカメラマンが10名ほど。
上空に雲がなくいまひとつ、少しだけ撮影。
写真は薄暮の時のホテイアオイ、ブルートーンが美しい。

イメージ 3

帰りに駐車場でとらさんに出会う。

とらさんのブログ  http://blog.livedoor.jp/enjoy_photo_life/

すごくひさしぶりの再会で、真っ暗になるまで話し込んでしまった。


奈良県奈良市の大池からの薬師寺と朝日と奈良公園の百日紅 8月27日分。

朝から奈良市の大池へ。
カメラマンは19人、山際の雲が厚く、雲の焼けはいまひとつ。
太陽はもうかなり南に移動している。

イメージ 1

その後、奈良公園へ。
すぐにピーカンになり暑い!
写真は大仏殿の裏側の百日紅。

イメージ 2

9時半に、奈良市写真美術館へ。

「写研 夢大和」さんの写真展 「愛LOVE奈良」を見に行く。
なかなか興味深い内容でいい写真が多い。

今週日曜日の5時までなので、
お近くの方はぜひどうぞ。

お問い合わせ先 : 奈良市写真美術館…奈良市高畑町600-1
TEL 0742-22-9811

開館時間 : 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

アクセス:近鉄・JR「奈良駅」から市内循環バスで 「破石町(わりいしちょう)」下車、
東へ徒歩10分、新薬師寺西側


奈良県奈良市の奈良公園の鹿・吉城園の楓 8月20日分。

デジタルカメラマガジン誌さんの取材で奈良公園へ。
「古都の紅葉」の撮りかたが、来月号に掲載されるのだが、それの補足取材。
近鉄奈良駅でデスクの小谷さんとカメラマンの佐々木さんと待ち合わせ。
自分が取材されるのは初めてだったので、とてもいい経験でした。
詳細は9月20日発売のデジタルカメラマガジン誌10月号を見てくださいね。

日陰で涼んでいます。

イメージ 1

バンビがかわいい!

イメージ 2

17mmレンズで迫る。

イメージ 3

イメージ 4

吉城園の楓。

イメージ 5

京都府京都市の五山送り火 8月16日分。

午後から電車で京都へ、さすが観光客が多い。
フィルムでは一通り撮影しているのだが、デジタルは初めて。

出町柳付近の賀茂川沿いから撮影しようかなと思っていたが、電線やビルが気になるので、
移動して京都御苑からの撮影にした。

京都御所の南側の建礼門付近からは右大文字がよく見える。
見物客も多いが、賀茂川沿いほど込まないのがいい。
ただし座ったままでは見にくいとは思う。

あいにく天気は下り坂で、始まるころにはどんより、小雨もぱらぱら。
薄暮の青い空も撮影したかったのだが残念。
作例写真くらいのサイズで、フルサイズで400mmくらいは必要。 

移動して他の送り火を見に行くのはバイクがないときつい。

以前自転車でトライしたが、込んでるので時間内の移動は無理だった。
車は駐車が困難。
複数見たい場合、五山送り火のツアーバスか、いくつかある山の上、
もしくは、市内のホテル見学プランになる。
しかしいろいろ制約があったりでなにかと難しい。

イメージ 1

奈良県奈良市の大池からの薬師寺と朝日 8月16日分2-1。

朝4時過ぎ出発で奈良市の大池へ、4時半前に到着。

8月上旬、太陽の位置がよい時にもっと来たかったのだが、
あまり来れず、8月まだ三度目、
ついつい夜更かししてしまうので早起きは辛い。
盆のころは込むので、法起寺に行っていたが収穫なし。

盆明けで、もうそろそろすいてるかなと思ったのだが、
最終的には50人くらいのカメラマンがいた。

いい感じの雲だったが、朝焼けはあまり焼けず。
かわりに日の出はわりといい感じになった。
もう少し雲が厚いと空が一段と焼けたのだが。

イメージ 1

イメージ 2

現在、日の出は駐車スペースの北側から見て両塔の間、
かなり南になってきている、5時25分くらいに日の出。



奈良県奈良市の春日大社中元万燈籠と東大寺大仏殿万燈供養会 8月15日分。

夕方から奈良市内へ、小焼けが奇麗だった。
市内バスは200円。

春日大社中元万燈籠は、廻廊内の特別拝観は500円、19:00~21:30。
8月14、15日と2月の節分の時も見れる。
行列覚悟だったが、意外とすいていた。

イメージ 1

イメージ 2

次に、東大寺大仏殿万燈供養会へ、8月13~15日、19:00~22:00、無料。
来年からは有料になるらしい。
正面止まれないので、大仏様のお顔は大晦日のほうがおすすめ。

イメージ 3

どちらもISO6400での手持ち撮影だが、ややきつい感じ。
できるだけ残照が残っていて明るい時間帯がよい。


奈良県奈良市東大寺大仏殿のお身拭い 8月7日分3-3。

奈良公園での鹿の撮影後、7時20分に大仏殿へ。
もうかなりの行列ができていた。
7時半に開門、わりとすんなり中へ、拝観500円。

お身拭いは7時から行われているが、
よいのは後半なので、撮影時間はたっぷり。
かなり暗いので、感度は6400にしている。
レンズはフルサイズで24-105㎜1本で充分だが、
人物のアップを狙いたいときは300㎜くらいは必要。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

8時半頃、終了前に帰路に着いた。

奈良県奈良市の奈良公園の鹿 8月7日分3-2。

朝、大池で朝撮影した後、奈良公園に移動。
東大寺の西側、今小路町の100円パーキングへ、
土日祝日、朝8時まで1時間100円、8時から1時間400円。

ピーカンで撮影には向いていない天気だが、
時間があるので鹿を撮影、百日紅も見頃。
デジタルは色温度を変えれるので、日陰も撮れるのが便利。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


このページのトップヘ