風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2010 夏取材記

京都府京都市の五山送り火 8月16日分。

午後から電車で京都へ、さすが観光客が多い。
フィルムでは一通り撮影しているのだが、デジタルは初めて。

出町柳付近の賀茂川沿いから撮影しようかなと思っていたが、電線やビルが気になるので、
移動して京都御苑からの撮影にした。

京都御所の南側の建礼門付近からは右大文字がよく見える。
見物客も多いが、賀茂川沿いほど込まないのがいい。
ただし座ったままでは見にくいとは思う。

あいにく天気は下り坂で、始まるころにはどんより、小雨もぱらぱら。
薄暮の青い空も撮影したかったのだが残念。
作例写真くらいのサイズで、フルサイズで400mmくらいは必要。 

移動して他の送り火を見に行くのはバイクがないときつい。

以前自転車でトライしたが、込んでるので時間内の移動は無理だった。
車は駐車が困難。
複数見たい場合、五山送り火のツアーバスか、いくつかある山の上、
もしくは、市内のホテル見学プランになる。
しかしいろいろ制約があったりでなにかと難しい。

イメージ 1

奈良県奈良市の大池からの薬師寺と朝日 8月16日分2-1。

朝4時過ぎ出発で奈良市の大池へ、4時半前に到着。

8月上旬、太陽の位置がよい時にもっと来たかったのだが、
あまり来れず、8月まだ三度目、
ついつい夜更かししてしまうので早起きは辛い。
盆のころは込むので、法起寺に行っていたが収穫なし。

盆明けで、もうそろそろすいてるかなと思ったのだが、
最終的には50人くらいのカメラマンがいた。

いい感じの雲だったが、朝焼けはあまり焼けず。
かわりに日の出はわりといい感じになった。
もう少し雲が厚いと空が一段と焼けたのだが。

イメージ 1

イメージ 2

現在、日の出は駐車スペースの北側から見て両塔の間、
かなり南になってきている、5時25分くらいに日の出。



奈良県奈良市の春日大社中元万燈籠と東大寺大仏殿万燈供養会 8月15日分。

夕方から奈良市内へ、小焼けが奇麗だった。
市内バスは200円。

春日大社中元万燈籠は、廻廊内の特別拝観は500円、19:00~21:30。
8月14、15日と2月の節分の時も見れる。
行列覚悟だったが、意外とすいていた。

イメージ 1

イメージ 2

次に、東大寺大仏殿万燈供養会へ、8月13~15日、19:00~22:00、無料。
来年からは有料になるらしい。
正面止まれないので、大仏様のお顔は大晦日のほうがおすすめ。

イメージ 3

どちらもISO6400での手持ち撮影だが、ややきつい感じ。
できるだけ残照が残っていて明るい時間帯がよい。


奈良県奈良市東大寺大仏殿のお身拭い 8月7日分3-3。

奈良公園での鹿の撮影後、7時20分に大仏殿へ。
もうかなりの行列ができていた。
7時半に開門、わりとすんなり中へ、拝観500円。

お身拭いは7時から行われているが、
よいのは後半なので、撮影時間はたっぷり。
かなり暗いので、感度は6400にしている。
レンズはフルサイズで24-105㎜1本で充分だが、
人物のアップを狙いたいときは300㎜くらいは必要。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

8時半頃、終了前に帰路に着いた。

奈良県奈良市の奈良公園の鹿 8月7日分3-2。

朝、大池で朝撮影した後、奈良公園に移動。
東大寺の西側、今小路町の100円パーキングへ、
土日祝日、朝8時まで1時間100円、8時から1時間400円。

ピーカンで撮影には向いていない天気だが、
時間があるので鹿を撮影、百日紅も見頃。
デジタルは色温度を変えれるので、日陰も撮れるのが便利。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


このページのトップヘ