風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2010 イタリア取材記

イタリア取材記その24、ローマから日本へ。

7時起き、7時半に朝食、8時に出発。天気は快晴。
地下鉄のテルミニ駅は、行き先を間違えてホームに入ってしまうと、
反対側に行けない不便な作り。係員に入り口から出してもらうしかない。

乗り換えとか、すごくわかりにくいことが多く、
世界有数の観光国なのに、観光客にはあまり優しい国とはいえないと思う。
まぁたっぷりお金使って観光用のオープンバスに乗るか、
全て手配されたツアーで来なさいということか。

8時45分、コロッセオへ移動。もう少し行列ができていた。
フォロ・ロマーノなどとの共通券で12ユーロ。

9時過ぎに中へ、イベントの準備だろうか、
アレーナ部分の3分の1ほどが板で覆われていてがっかり。
もっと広く撮りたかったのだが残念。
中からは、午前中の光線がおすすめ。

イメージ 1

10時に、フォロ・ロマーノへ。
中は広く行き止まりが多いので疲れる。
あまりいい撮影ポイントはない。

イメージ 2

11時、最高裁判所の前のウンベルト橋から、サン・ピエトロ大聖堂を遠望。

イメージ 3

11時過ぎに、ナヴォーナ広場へ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

簡単に昼食。11時半過ぎにパンテオンに移動。外観は工事中。
天窓から光が差し込みモザイクの床を照らしている。

イメージ 7

12時にサンタンジェロ城へ。昼頃の光線がおすすめ。

イメージ 8

宿で荷物を受け取りテルミニ駅へ、
空港行きはかなり奥のホームになる。

12時50分のレオナルド・エクスプレスで空港に向かう。
チケットはホームで係員が売っていた、15ユーロ。
行きより1ユーロ高いのは、手書きのチケットだったからか?
列車内冷房がなくすごく暑い。

1時半、空港駅到着。すぐにチェックインカウンターヘ。
1時50分に手荷物検査場。
手荷物検査、出国手続き、ともにすごい行列であせる。

2時23分にやっとトラムに乗るが、降りてからもかなり歩く。
出発予定時間の2時半にやっとゲートに到着。
時間がなく慌てて土産を購入。

しかし、飛行機の出発は大幅に遅れており一安心。
もう一度、土産屋へ。

3時過ぎにゲートからバスに乗り、飛行機へ。
3時40分にやっと離陸。4時40分食事。

6時40分、エジプトのカイロに到着。夕日は左側。
現地時間は7時40分、以後エジプト時間で表記。
乗り換えの待ち時間に、ワールドカップを見ながら夕食。

10時40分にゲートへ、セキリティチェックあり。
日本のツアーグループが4組、個人客らしいのは二人だけ。
エジプトのツアーだと思ったら、ヨーロッパからの帰りらしい。
クーラーが効きすぎで、Tシャツだけではすごく寒い。

12時過ぎに離陸、機内もTシャツだけではすごく寒い。
上着を預けてしまったのが失敗、ずっと毛布にくるまっていた。

深夜1時過ぎに食事。機内映画で「HACHI」を見た。
その後就寝。

エジプト時間で朝9時半に朝食、
11時に関西国際空港に到着。日本時間は夕方5時。以後日本時間で表記。
予定より30分早く着いた。

5時20分過ぎに手荷物を受け取り、
6時前の空港バスに乗り、6時40分に難波のOCATへ。
JR,とタクシーを乗り継ぎ、7時半過ぎに自宅へ戻る。
12時に就寝するも時差ボケであまり眠れず、
朝4時からワールドカップの決勝を見てしまった。

イタリア取材記その23、シエナからローマへ。

7時半起き、8時過ぎに出発して街を散策。天気は快晴。

朝のカンポ広場は、ゴミ回収や配送の車が多く、
またツバメがいっぱい飛び交い撮影しにくい。
10時くらいからカフェがオープンし始め、やっといい雰囲気になってくる。

手持ちの現金がなくなってきたので、
ATMでクレジットカードを使いキャッシング、実に簡単で利子も安い。

朝食後、11時前に市庁舎のマンジャの塔へ、8ユーロ。
ロッカーに荷物を預けなければならず、そのため人数制限がある。
上に登るまでに30分近く待たされた。
午前中の光線がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8

12時過ぎのバスでローマへ向かう、21ユーロ。乗客は半分ほど。

3時過ぎにローマ郊外のティブルティーナ駅近くのバスターミナル到着。
連絡している地下鉄がストライキで止まっていて、
さらにバスの乗換え場所がわかりにくく、迷ってしまう。

なんとかバスの発車寸前に飛び乗り、4時前にテルミニ駅に到着。
駅近くの宿へ、45ユーロ、まだこの時期はがらがらみたい。

4時半過ぎ、街へ繰り出す。
5時過ぎに、コロッセオへ。午後遅くの光線がおすすめ。

イメージ 9

歩いてヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂に移動。
こちらも午後遅くの光線がおすすめ。

イメージ 10

イメージ 11

次にカンピドーリオ広場へ、ここも午後遅くの光線がおすすめ。

イメージ 12

6時ににカンピドーリオの丘から、フォロ・ロマーノを一望。
左側が陰りかけていたので、もう少し早いほうがよいと思う。

イメージ 13

8時頃に、ジャニコロの丘に移動。ガリバルディ記念碑周辺が一番展望がよい所。
夕日に染まるローマの街を撮影。

イメージ 14

8時半、手前がかなり陰ってくる。
ストライキの為、バスも少なくなっているみたいで、かなり歩く。
バスが来ても満員で乗れなかったり、タクシーも拾えずでくたくた。

10時前、予定よりかなり遅れて宿に戻り、三脚を持って再び街へ。

まずはスペイン広場。

イメージ 3

11時頃に、サンタンジェロ城へ。

イメージ 4

イメージ 5

11時過ぎに、再びヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂へ。

イメージ 6

12時半にコロッセオへ移動。
12時を廻ってしまったが、まだまだ人で溢れて、盛り上がっていた。

イメージ 7

深夜1時前に宿へ戻る。結局ほとんど歩きっぱなしで疲労困ぱい。
1時半前、就寝。

イタリア取材記その22、サン・ジミニャーノとシエナ。

6時過ぎに起きて朝食、7時過ぎに出発、駅近くのバスターミナルへ。
8時40分のバスでサン・ジミニャーノへ向かう、6.25ユーロ。
同じ一人旅をしている日経の市川さんと出会う。

9時半にポッジボンシ駅前で一度降りて乗り換え、駅前に電光表示板あり。
20分後のバスに乗り、10時15分にサン・ジミニャーノに到着。
天気は快晴、気持ちいい。

サン・ジミニャーノは塔の街として知られ、世界遺産に指定されている。

広場では市が行われていて、写真は撮りにくかった。
街中を簡単に見て廻った後、市川さんと昼食。
スパゲッティと定番の生ハムとメロン、そして白ワイン。
スパゲッティはそこそこだが、生ハムとワインはおいしい。
結構酔っ払ってしまった。

その後、市川さんとは別れて、
街の入り口であるサン・ジョバンニ門を出て、南東側の野道を下る。
やはり距離を置いて街を遠望するのがいいみたい。
昼前の光線がおすすめ。

イメージ 1

その後、1時半過ぎのバスでシエナに向かう。
バスのチケットは事前に街中のタバッキで購入、5.5ユーロ。
2時にポッジボンシ駅前、バスによっては乗り換えが必要なのもあるが、
自分が乗ったのは直通便。

3時10分にシエナに到着。
すぐに街の中心のカンポ広場へ向かう。
予定より遅れてベストの時間は過ぎてしまった、もう1,2時間早い方がいいと思う。
工事のクレーンが目障りなので、建物で隠す。

イメージ 3

すぐ近くにあるドゥオーモ、イタリアンゴシックの傑作。

イメージ 4

4時半に、近くの宿へ、朝食なしで40ユーロ。
日帰り客が多いためか、宿はがらがら。
その後、ドゥオーモ付属美術館へ、数ヶ所の共通券が12ユーロ。

屋上への通路はすごくわかりにくい。
部屋の一番奥の狭い通路を一度降りて、螺旋階段に入り上っていく。
写真は5時頃、美術館の屋上からの眺め。

イメージ 8

写真は、ドゥオーモの内部。共通券が使える。フレスコ画が見事。

イメージ 6

イメージ 7

その後、ドゥオーモ前のサンタ・マリア・スカラ救済院で美術鑑賞、共通券が使える。
手荷物はクロークに預けなければならない。

ドゥオーモ前で市川さんと再会。
日帰りでフィレンツェに戻られるとのことで、時間がないのですぐに別れる。

6時半、バスが来た道を少し戻った所から、街を遠望。
バス停のある広場から10分ほど。途中のサン・ドメニコ教会付近の展望もよい。

7時半、市川さんから携帯に電話があり、
帰りのバスまで少し時間ができたとのことで、再び会うことに。
美術館の屋上がわからず、見落としたとのことなので、
展望のよいサン・ドメニコ教会付近のカフェへ。

市川さんと別れ、8時頃から再び先ほどのポイントで夕景撮影。

イメージ 5

帰りにインターネットポイントで、
外部ストレージに一部のCFカードのデータをバックアップ、1時間1ユーロ。

一度宿に戻り、9時過ぎから夜景撮影。
9時20分頃からの15分くらいが残照が残るベストタイム。

ヨーロッパで一番美しいとも言われるカンポ広場。
大勢の観光客で賑わっている。

イメージ 9

写真は、ドゥオーモ。ヴァイオリンの美しい音色が響いていた。

イメージ 2

10時半宿に戻り、11時過ぎに就寝。

イタリア取材記その21、サンマリノ共和国から再びフィレンツェへ。

4時過ぎに起きて、チェスタの塔の前の広場よりロッカ・グアイタを撮影、北北西向き。
朝夕ともに太陽を絡めて撮るのは位置的に難しい。

イメージ 1

反対側で撮影していた周さんと再会、ロッカ・グアイタよりチェスタの塔を撮影。

イメージ 4

午後早くフィレンツェに戻らなければならない周さんと別れ、宿に戻る。
8時過ぎに朝食。

9時半、チェスタの塔の前の広場よりロッカ・グアイタを撮影。

イメージ 5

チェスタの塔へ、3ユーロ。

イメージ 2

チェスタの塔よりロッカ・グアイタを撮影。
ここからの眺めが一番、朝夕は入れないのが残念。
雲が多く、晴れたり曇ったりの天気。

イメージ 3

11時40分のバスでりミニへ。
12時40分にリミニに到着。
自動券売機の調子が悪く、窓口でフィレンツェ行きの切符を購入。
すごい行列で時間がなくあせる。直通はなくボローニャ乗り換え。

1時20分の列車でボローニャへ、17ユーロ。
2時20分過ぎに予定より遅れてボローニャ到着。
乗り換えがぎりぎり間に合わず、目の前で行かれてしまった。

しかたなく行列の窓口に並んで、切符を次の便に換えてもらうが、
次の列車は1時間後。時間待ちに昼食。

3時半の列車でフィレンツェへ向かう、24ユーロ。

4時にフィレンツェ到着。
駅近くのオステルへ、6人部屋で25ユーロ。
受付の女性が超長電話でカードがなかなか使えず。
男性の受付があきれかえっていた。

待ち時間に、部屋に行き、コインランドリーで洗濯、
ウオッシュとドライがともに3ユーロ、ソープは無料。
無料のインターネットをして待つこと30分以上、
いったいどんな神経してんだか。

洗濯の待ち時間に街をぶらぶら。

7時にオステルで夕食、スパゲッティが2.5ユーロと安いが量も多く、
イタリアで今まで食べたスパゲッティでは一番まともだった。

7時50分に出て、バスでミケランジェロ広場へ。
8時半過ぎに到着。

薄雲が夕焼けで染まり、まぁまぁの夕景。
となりではカメラ据え置きで、タイマーで連続撮影。カメラマンの姿は見えず。
8時55分頃に日没。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

9時20分頃から15分ほどがライトアップと小焼けのバランスがよいベストタイミング。

イメージ 9

イメージ 10

9時45分、かなり暗くなったので帰路に着く。
バスの時間がかなりあるので歩いて下る。

アルノ川の河川敷では巨大モニターでワールドカップ中継。
後半を観戦。スペインが勝ち、すごく盛り上がっていた。
やはり同じラテン系びいきなのだろうか?

11時頃に宿に戻り就寝。

イタリア取材記その20、ボローニャとサンマリノ共和国。

5時半起き、6時朝食、朝は曇り。
6時半の列車でボローニャに向かう、28.5ユーロ。

自販機がまた故障中。車内は超がらがら。
車内販売で飲み物250mlが3ユーロ、高い。
お菓子までかなり強引に売りつけようとする。

8時45分にボローニャ到着、手荷物預かり4ユーロ、バスが1ユーロ。
晴れているが、抜けの悪い空。

「地球の歩き方」の情報が古く、バスの番号が変わっていたみたいで、
全然違う方向に行ってしまう。
途中で降りて、迷いながらマッジョーレ広場へ、駅から歩いたほうが早かった。

写真は、ネプチューンの噴水と市庁舎(コムナーレ宮)

イメージ 1

ボローニャの斜塔からは市内が一望、3ユーロ。
吹き抜けの階段は老朽化しており、かなり怖い感じ。
高所恐怖症の人は無理。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

11時過ぎに、マッジョーレ広場へ。
サン・ペトロニオ聖堂を抜けて、11時20分旧ボローニャ大学へ、見学は自由。
ボローニャ大学は、ヨーロッパ最古の大学で、中庭には学生や学者の紋章が並んでいる。

イメージ 7

イタリアは、冷たい飲み物がめちゃくちゃ高いのだが、
大学内の飲み物の自販機は安い。市内の4分の1くらいでスーパーと同じ。

12時に駅に戻る、歩いてもすぐ。
12時50分の列車で、りミニに向かう、17ユーロ。

2時過ぎに、りミニに到着。
2時半のバス(片道4ユーロ)でサンマリノ共和国に向かう。

3時15分にサンマリノ共和国に到着。

サンマリノ共和国は、イタリアの中にある世界で5番目に小さい国家。
国土の中央にティターノ山がそびえ、周囲に旧市街が広がっている。

もう少しでバックパックをバスに忘れて行くところ、慌てて取りに戻る。

3時40分に中心部の宿へ、「地球の歩き方」割引で89ユーロ、大きなテラス付。
テラスからの眺めはよいが、目の前で工事中。

ロープウェイで旧市内に入ることも出来る。

イメージ 6

写真は、リベルタ広場。衛兵交代が行われる。

イメージ 5

4時に、ロッカ(要塞)へ、二ヶ所の共通券が4.5ユーロ。

写真は、ロッカ・グアイタより。

イメージ 8

ロッカ・グアイタよりチェスタの塔。

イメージ 9

5時に、チェスタの塔に移動。
チェスタの塔よりロッカ・グアイタ。

イメージ 10

イメージ 11

もうひとつロッカ・モントーレがあるが、小さく絵になりにくい。

帰り道、香港生まれで日本在住の世界的写真家の周剣生さんに出会う。
世界80ヶ国、500ヶ所の世界遺産を撮影されているそうだ。
デジタルカメラは、ソニーα900。フィルムは、ホースマンのパノラマを使われていた。

宿を紹介したが、満室でスィートしか空きがなく残念。
後でまた会いましょうということで別れ、周さんは別の宿へ。

夕方は天気が悪くあきらめて、日が暮れてから、
チェスタの塔の前の広場に移動。塔内はすでに閉まっている。

チェスタの塔よりロッカ・グアイタ。
雲が多い。

イメージ 12

イメージ 13

周さんに会わないので、おかしいなと街を探していたら、
タバッキで見たことのある三脚とカメラバックを発見、周さんと再会。

どうも撮影入れ違いだったみたい。
「夕方最後よかったのになぜこないの」と言われてしまった。
悪天でもサボったらだめだなぁと反省。

9時半頃から、二人で夕食。
スパゲッティとワイン1リットルを二人でシェアで9ユーロ。
さすがにワインは安い!

今回、周さんはイタリアでの個展のため来られていた。
イタリアの世界遺産は全て撮影されているそうだ。

世界中廻っている周さんに、
「アフリカとか危険なことないですか?」
と聞いてみたら、「全然大丈夫だよ」とのこと。
「この間ナポリで、20万円すられたけどね」

・・・あかんやん!!

全然英語はだめなのに、世界中廻っている周さんはただものではない。

11時半に宿に戻り就寝、、かなり酔っ払ってしまった。

イタリア取材記その19、ヴェネツィアから再びミラノへ。

8時半起き、すぐ朝食。晴れているが白っぽい空。
観光客はすごく多いがホテルも多いので、宿はがらがらだった。

ヴェネツィア楽しみにしていたのだが、工事中の場所が多いので、がっかり。
1泊で移動することにした。

9時過ぎに街へ。
物価が高いと言われるヴェネツィアだが、
飲食店が多く競争が激しいからか、
リアルト橋やサンマルコ広場周辺以外は意外と安い。

ヴェネツィアは冬のカーニバルで有名。
そこかしこで仮面が売られている。

イメージ 10

カナルグランデ(大運河)のリアルト橋付近。

イメージ 11

サンマルコ小広場より。右はドゥカーレ宮殿で奥に見えるのが鐘楼。
薄雲が多いが、しだいに青空も見えてくる。

イメージ 12

サンマルコ運河沿い。奥に見えるのがサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。
教会手前工事中でクレーンが目障り。

イメージ 1

対岸のサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会も一部工事中。

イメージ 7

イメージ 8

ヴァポレット(水上バス)から、60分券が6.5ユーロ。
カナルグランデ(大運河)を1周。
駅近くの港では、豪華客船が3台に大型フェリーが2台停泊。

イメージ 9

2時頃再び、カナルグランデ(大運河)のリアルト橋付近へ。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 2

イメージ 3

宿で荷物を受け取り、3時に駅へ。
3時20分の高速列車でミラノに戻ることにした、30.5ユーロ。
前回夕照がいまいちだったので、再挑戦。
走り出したら、また曇ってくる。

6時前にミラノ到着、また晴れてくる。
6時15分、前回の宿が満室なので1階上の宿へ、40ユーロ。
安宿は、同じビルに固まっているところが多い。

7時半前、ドゥオーモへ。広場で夕食にピザセット、6.4ユーロ。

夕日でドゥオーモが染まる、太陽の位置はビルの間でベスト。
8時半、ドゥオーモの3分の1くらいが陰る。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

8時50分、完全に陰ってしまったので宿に帰る。夜景は撮影せず。
10時半就寝。

イタリア取材記その18、ヴェローナとヴェネツィア。

6時起き、6時半の列車でヴェローナへ向かう、9ユーロ。
スタンプを押し忘れ、検札で5ユーロの罰金、厳しい。
途中、イタリア最大のガルダ湖の横を通る。

8時20分にヴェローナ到着。
荷物預け、4ユーロ。
市バスと見どころを網羅したヴェローナカードを購入、10ユーロ。

ヴェローナは、「ロメオとジュリエット」で有名な街。
夏の野外オペラでも賑わう。

バスに乗り、8時45分に中心部のブラ広場へ行き市内散策。

写真は、ピエトラ橋。

イメージ 1

テアトロ・ロマーノの横を上ったところにある展望ポイントより。
ここには赤色2階建ての市内観光用のバスも来るみたい。

イメージ 2

イメージ 13

イメージ 20

イメージ 21

その後、テアトロ・ロマーノへ、カードがあるので無料。
テアトロ・ロマーノ内最上部からも市内が見えるが、上の展望台のほうがずっとよい。

11時半頃、シニョーリ広場のランベルティの塔へ、カードがあっても1ユーロ必要。
エレベータで上まで上れるのだが、ここで大阪からのおばちゃん3人組と出会う。
オペラを見に来ているそうだが、さすがに大阪のおばちゃんという感じ。
エレベータが着いた所から、さらに上へも上れるが、網があるので写真は撮れない。

イメージ 22

暑いので、飲み物やらカキ氷(2.5ユーロ)やらを次々。

その後、ジュリエッタの家へ、中庭はは自由に見学できる。
カードがあると室内も無料。
シェークスピアの名作「ロメオとジュリエット」の舞台とあって、観光客で賑わっている。

有名な中庭の大理石のバルコニー。みんな次々記念写真。

イメージ 23

ジュリエッタの銅像、右胸をさわると幸せな結婚ができるとか。

イメージ 24

壁には愛のメッセージがいっぱい。

イメージ 25

アレーナ(円形闘技場)では、6月下旬から8月にかけて野外オペラ祭が開かれる。

イメージ 26

1時前に駅に戻り、ヴェネツィアへ向かう、6.15ユーロ。

3時前にヴェネツィア到着、駅前通りの宿へ、45ユーロ。
3時20分から市内散策。観光客で溢れている。
3時45分、リアルト橋に到着。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

サンマルコ広場の鐘楼。
塔の下側とサンマルコ広場の一部が工事中。
イベントで舞台も出来ていた。

イメージ 8

サンマルコ寺院、一部が工事中。

イメージ 9

5時過ぎに鐘楼の上に上る、エレベータあり、8ユーロ。
ここからの眺めは絶景。しかしほとんどの名所が工事中なのが残念。
構図にかなり制約が出来、アップは絵にならない。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

6時に広場に下りる。溜息の橋は完全に工事中で撮影せず。
大きな豪華客船が2台次々入ってくる。

イメージ 15

イメージ 16

7時半、リアルト橋近くのセルフサービスレストランで夕食。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

天気が崩れてくる、駅前でピザをテイクアウト、2.5ユーロ。

小雨の振る中、8時半前に宿に戻る。
雷が鳴り出して本降り。

少しのどが痛むので風邪薬を飲む。昨日扇風機のあたり過ぎか。
ワールドカップを見た後、就寝。

イタリア取材記その17、ミラノ。

6時起き、6時40分の列車ICでミラノへ向かう、22ユーロ。
10時にミラノ中央駅に到着。

イメージ 1

駅の北側の宿へ、35ユーロ。
受付は中国人の美人のお姉さん。

10時半に宿を出て、地下鉄でスフォルツァ城へ。
公共交通機関の1日券は3ユーロ。
天気は晴れているが、やや抜けの悪い空。

11時にスフォルツァ城到着、東南向きなので午前中の光線がおすすめ。
つばめが多く撮影しにくい。近くに盆栽専門店があった。

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 7

11時40分にサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ移動。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」で有名。
前の広場が工事中で撮影せず。

地下鉄の自販機が故障でお金も戻らず。やたら故障している。

12時過ぎに、街のシンボルのドゥオーモ前の広場へ。
階段などが柵で覆われていた。

イメージ 10

すぐ横のヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア。
17mmの広角でもかなりきつい。

イメージ 8

イメージ 9

オペラで有名なスカラ座も近い。
1時にガッレリアの3階のセルフサービスレストランで昼食。
サービス料や座席料がない分、同じような内容でもレストランよりかなり安い。

帰りにトラムを乗り間違え、全然違う方向に。
持ってる地図の外でかなり迷った。やはり地下鉄が簡単。

2時半に宿に戻り、
宿のインターネット用のパソコンでコンパクトフラッシュのデータを移す。

その後、近くのコインランドリーへ。
ウオッシュとドライがともに3ユーロ、ソープが0.5ユーロ。

お金をトークン(専用コイン)に換えるのだが、
ウオッシュ後に故障、お金も戻らず、連絡用の電話もつながらず。
しかたなく濡れたまま持って帰り、宿で室内干し。

6時半、三脚を持って再びドゥオーモ前の広場へ。
夕食はピザセット、6.4ユーロ。
天気は雲が広がりいまひとつ。

8時半から周囲の柵が片付けられ始める。なんの為だったのか不明。
9時半頃からドゥオーモの夜景撮影。
すぐ横にある巨大モニターの灯りがドゥオーモを照らして色が変わる。

イメージ 11

イメージ 12

10時にスフォルツァ城に移動。

イメージ 3

イメージ 4

10時半過ぎ、ナヴィリオ運河に移動。
ドゥオーモ広場以上に、賑わっている。
石の橋辺りが撮影ポイント。

イメージ 5

11時過ぎに地下鉄駅、ナヴィリオ運河から10分くらい。
11時45分に宿に戻り、12時過ぎ就寝。

イタリア取材記その16、ジェノヴァとチンクエテッレ3日目。

朝7時起き、天気は晴れているが薄雲。
7時50分の列車でジェノヴァに向かう、片道9ユーロ。

ジェノヴァは、海洋貿易で栄えた街。

9時15分にジェノヴァのプリンチベ駅到着。
幹線上の駅は、市の西側と東側に2つあり、プリンチベ駅は西側になる。
歩いて市街を撮影して廻る。

10時頃にエレベーターでモンタルドの展望台へ、90分有効で1.2ユーロ。
ここからの展望は素晴らしい。

イメージ 1

このあたりは、邸宅の屋上にも出口があり道に続いている。

イメージ 2

11時にヴェッキオ港へ移動。
ジェノヴァ水族館付近で昼食。

イメージ 7

サン・ロレンツォ教会の入り口のライオン。

イメージ 8

世界遺産にもなっているレ・ストラーデ・ヌオーヴェとロッリの邸宅群。
レ・ストラーデ・ヌオーヴェは周辺の通りの総称で、
貴族の豪華な邸宅群が並んでいる。

イメージ 9

12時に駅に戻る、駅のトイレは無料。

2時半頃にチンクエテッレのヴェルナッツァに戻る、列車は30分遅れ。
街を見下ろすもうひとつの展望ポイントへ向かう。
インターネットポイント横を左手に曲がり、
道なりに「愛の小道」を進むと展望ポイント、歩いて5分。

イメージ 10

3時40分過ぎ、チンクエテッレカードを購入しマナローラに移動。
「愛の小道」の有名なモニュメントを撮影。
前回は、光線状態が悪かったので再訪。
リオ・マッジョーレよりマナローラからのほうが近い。
周辺は愛を誓う鍵で埋め尽くされている。

イメージ 3

マナローラの街を広場から見下ろして。
日曜日には個人の方がブドウ畑に作り出した豪華なライトアップを見ることができるのだが、
日程が合わず残念。

イメージ 4

6時20分、一度ラ・スペツィアの宿に戻り、夕食。
三脚を持って再びヴェルナッツァへ向かう。

7時50分に展望ポイントに到着。
先客にアメリカ人のスタジオカメラマンが1名。
後から観光客も数名。

イメージ 5

8時半過ぎに夕照が消える。
北北西向きなので、夏の夕方がよい、全景は広角で35mmくらい。
その後、夜景撮影、9時20分頃が残照が残るベストタイム。

イメージ 6

上から見下ろすほうの展望ポイントにも行ってみたが、
ライトアップがないので暗くなった後は絵にならない。
薄暮くらいでないとだめ。

10時にマナローラの展望ポイントに移動。
こちらも同様ライトアップがないので暗くなった後は絵にならない。

11時に宿に戻り、就寝。

イタリア取材記その15、チンクエテッレ2日目。

西はフランス国境から東はトスカーナ地方まで、
地中海に弧を描くように広がるリヴィエラ海岸。
その西側にあるチンクエテッレは、5つの漁村の総称で、
さらに西側のポルト・ヴェネーレとともに世界遺産に指定されている。

朝7時起き、7時半出発、天気は快晴。
歩いてポルト・ヴェネーレ行きのバス停へ。

8時過ぎバスに乗る、1.5ユーロ。
途中、車窓から見るヨットハーバーはとても綺麗。

8時半過ぎにポルト・ヴェネーレに到着。イタリア語で「女神の港」の意味。
リグーリア海で最もロマンティックな場所として知られ、バイロンが愛した地でもある。

早い時間は配送のトラックが邪魔になるので、時間つぶし。
朝食後、高台の城まで散歩。緩やかな道が続きすぐに到着、眺めもよい。
しかし、メインはやはりカラフルな港の風景。
全体に東向きで、朝の光線がお勧め、配送が終わるのは10時くらい。

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

バス乗り場の地下にスーパーあり。
帰りのバスのチケットは自販機で買うが、1.45ユーロ、なぜ安い?
港付近は一方通行なので、帰りのバスのルートは少し変わる。

11時半にラ・スペツィアに戻り、駅へ。
インフォメーションで、
チンクエテッレの鉄道・バス乗り放題、「愛の小道」が入場無料になる、
チンクエテッレカードを購入、8.5ユーロ。
昼食後、12時発の列車でリオ・マッジョーレへ向かう。
10分ほどでリオ・マッジョーレ駅に到着、「愛の小道」の入り口は駅を出てすぐ。
反対側のトンネルを抜けて港へ、歩いて10分ほど。
午後の光線がおすすめ、17mm以上の広角レンズが必要。

イメージ 13

イメージ 14

駅に戻り、1時半から「愛の小道 Via dell'Amore 」へ。
海岸沿いを歩く道で、観光客がいっぱい。

ここからマナローラまでは、サンダルでも大丈夫な舗装路。
日差しはきついが、半分トンネルの部分もあり、苦にならない。
半分トンネルになっているところに有名なモニュメントがある。
入り口付近には水場があり、マナローラ駅の手前にはカフェもある。
トイレは各駅に無料のものがある。

20分ほどで、マナローラ駅に到着。
さらにトンネルを抜けると街に出る。
港からさらに「愛の小道 Via dell'Amore 」が続いているが、
しばらくは自由に歩ける道、ゲートはかなり先にある。
ここ辺からは野道が続いている。
天気がよく暑くてへとへと。

2時40分に、コルニーリア駅に到着。
3時過ぎ、ミニバスに乗り、高台にあるコルニーリアの街に向かう。
バスは30分~40分に1本くらい、
片道1.5ユーロ、往復2.5ユーロ、チンクエテッレカードがあれば無料。
クーラーがないので暑い。

5分くらいで街に到着。
午後遅くの光線がいいと思う、少し早すぎた。

イメージ 15

帰り、「ハローキティ」のピンクのバックを持ってる、
ごっつい黒人男性発見、似合わねぇ~。
また、首に「愛人」の刺青の女性も、中国語では恋人の意味もあるが、
はたして意味をわかっていれているのだろうか。

「愛の小道 Via dell'Amore 」はまだまだ続くが、
コルニーリアは山道なので、あとは列車で移動することにした。

4時に駅に戻り、今度は2駅向こうのモンテロッソ・アル・マーレへ。
それぞれの街は、鉄道で5~10分程度。

4時半にモンテロッソ・アル・マーレに到着、
目の前が広いビーチで、チンクエテッレで一番賑わっている所。

イメージ 3

街へはトンネルを抜けていくが、街の景観はいまひとつ。
ここにもビーチがある。漁船がおもしろい。

イメージ 4

6時過ぎに、最後の街ヴェルナッツァ到着。
ここが、駅から街まで一番近い。
展望ポイントを探して歩いたが、勘違いで違う方向に行ってしまう、骨折り損。

6時40分に街に戻り、再び展望ポイントを探してついに発見。
インターネットポイント横を曲がり、
道なりに教会横を抜けて「愛の小道」を進むと展望ポイント、歩いて6分。
この街くらいまでくると「愛の小道」を歩く観光客もほとんどいない、
案内もなくわかりにくいのが残念。

イメージ 5

7時40分、再びマナローラに移動。途中検札があった。
歩いて10分ほどで「愛の小道」に少し入った所にある展望ポイント。

太陽が薄雲にかくれ、夕照はいまひとつ。
8時頃少しだけ夕日が射してくれた。

イメージ 7

イメージ 6

夕照がはずれたので移動、ヴェルナッツァに戻る。
8時40分頃、展望ポイントに到着。
こちらも太陽がすでに夕照はなし、遅すぎた。
つばめが飛び交い撮りにくい。
三脚がないので、夜景は撮影せず。

駅に戻るが、列車は20分遅れで本数も少なくかなり待つ。
11時過ぎにラ・スペツィアの宿に戻る。
11時半就寝。

イタリア取材記その14、フィレンツェからピサ、そしてチンクエテッレへ。

朝6時半起き、朝食後、フィレンツェ市街撮影。
今日は晴れているが少し薄雲あり。

まずは、ドゥオーモのクーポラへ、8ユーロ。
展望台まで15分ほどだが、通路は狭く人が多いとかなり停滞する。

クーポラの天井部分、行きも帰りもここで大停滞。

イメージ 1

市街展望。昨日のジョットの鐘楼が見える。
このアングルでは午前中早い時間の光線がおすすめ。
ここの展望台は、映画「冷静と情熱の間に」の舞台として有名。

イメージ 2

イメージ 9

なぜか下の屋根伝いのテラスには出られなかった。
昨日は歩いている人が見えたのだが、
もしかしたら、時間帯によって開放されるのかもしれない。

ヴェッキオ橋、反対側は一部工事中。

イメージ 10

10時過ぎに高台にあるボーボリ庭園へ。
ピッティ宮、バルディーニ庭園との共通券が7ユーロ。

庭園内はかなり広い。
市街の展望もよいが、ドゥオーモが見えるところは少ない。

イメージ 11

イメージ 12

11時半に、バルディーニ庭園へ。
こちらのほうはさらに展望がよく、ドゥオーモはもちろんアルノ川もよく見える。

イメージ 13

12時過ぎにミケランジェロ広場へ。
やはりここからが一番。
しかし広い絵は日よけのテントが邪魔、この構図は夏場はだめみたい。
街中、ところどころ工事中。

イメージ 14

イメージ 3

1時過ぎにバスで駅に戻り昼食。
宿で荷物を受け取り、2時半頃にピサ行きの列車に乗る、5.7ユーロ。
自販機のおつりがなく、かわりに駅で両替できるクーポンが出てきた。

3時半頃、ピサに到着。
構内の手荷物預かり、3ユーロ。
バス(4時間券 1.6ユーロ))に乗り、ドゥオーモ(ミラーコリ)広場へ。
観光客がすごく多い。

バスを降りるとすぐに洗礼堂、そしてドゥオーモの後ろにピサの斜塔が見える。
ピサの斜塔は一部工事中、残念。
観光客は、斜塔を支えるおきまりの記念写真に夢中で、どんどん芝生に入り込み、
定期的に警官に怒られていた。
全体西向きなので、午後の光線がおすすめ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ドゥオーモの中のみ見学、2ユーロ。

ガリレオが「振り子の法則」を発見したというブロンズのランプが見えるが、
実際の発見はランプが出来る前のこと。

イメージ 8

斜塔の上に登ることも出来るが、込んでいるのでやめた。

5時半頃の列車で、ラ・スペツィアに向かう、5.1ユーロ。
車中、ハワイから来たご夫婦に日本語で話しかけられる。
なんでも戦後、日本の米軍基地を転々としていたそうで、とても気さくな方だった。

7時前にラ・スペツィアに到着。
駅近くの宿へ、40ユーロ、朝食別。

すぐに駅に戻り、駅構内のマックで夕食。
途中三脚を落として、クイックシューを破損。

8時に、チンクエテッレのヴェルナッツァに向かう。
うっかり1本乗り遅れる。

西はフランス国境から東はトスカーナ地方まで、
地中海に弧を描くように広がるリヴィエラ海岸。
その西側にあるチンクエテッレは、5つの漁村の総称で、
さらに西側のポルト・ヴェネーレとともに世界遺産に指定されている。

8時半、ヴェルナッツァ到着。
乗り継ぎが悪く、夕照には間に合わず、大失敗。
夜景を撮影して帰る。

イメージ 7

ここのジェラート専門店はおすすめ。2ユーロのでも、とてもボリュームがある。

10時半に宿に戻り、11時就寝。

イタリア取材記その13、ナポリからフィレンツェへ。

朝5時半起き、ナポリ市街撮影、今日は快晴。
8時前に、王宮前のプレビシート広場へ。
3度目の正直で、やっと青空背景に撮影できた。

イメージ 1

イメージ 2

その後、サンタ・ルチアから卵城へ。

イメージ 12

イメージ 13

漢字で大きく「衣服」と書かれたTシャツを着ている人を発見、それはないやろ。

9時にユースの戻り、朝食後出発。
9時40分頃、ナポリ中央駅。
自動券売機での発券がぎりぎりで、50分発の高速列車のユウロスターをあきらめるが、
出発の予定時刻を過ぎても10分くらいそのまま、乗れたのに大失敗。

結局、次の10時24分発の列車に乗る、セカンドクラスで41ユーロ。
安いのだが、到着時間は3時間も変わる。
途中どんどん曇ってくる。

3時半過ぎに、フィレンツェ到着。
しかし街の中心部にあるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅ではなく、1つ手前の駅。
行き止まりのターミナル駅が多いヨーロッパでは、
目的地が終点でなく通過する場合(今回の場合ミラノ行きだったので)
幹線沿いの駅にしか停まらない場合がある。
その場合、各停でさらに1駅乗らればならず、けっこう不便。

4時前にフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅到着。
駅近くの宿へ、55ユーロ。
天気は再び快晴で、早く撮影に行きたいのだが、
宿の受付の女性のマイペースぶり(超スロー)にまいる。

4時40分、ドゥオーモ横のジョットの鐘楼へ、6ユーロ、上まで6分ほど。
ここからの眺めは絶景、ドゥオーモのクーポラが目の前に見える。
市街も一望、最上部は金属の柵がはられているが、撮影にはまったく支障がない。
ただし記念写真はむかないかも。

途中の階より、ドゥオーモの上を歩く人が見える。

イメージ 14

最上部からの絶景。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

ドゥオーモのクーポラからも市街が一望でき、こちらは柵はない。
こちらのほうが人が多いが、
ジョットの鐘楼からの景色と比べれば、写真的にはものたらない感じ。

以前来たときは、クーポラが修理中で絵にならなかった。
長年の目標の一つで、やっと撮影できた。

ドゥオーモは東側と南側で現在も修理中、あと数十年は続くんじゃないだろうか。
クーポラの修理が再び始まると、また当分は絵にならないので、
絶景見たい人はお早めに。
午後、ジョットの鐘楼の影が落ちない時間帯がおすすめ。

写真は、花の聖母教会ドゥオーモの正面。

イメージ 19

イメージ 3

写真は、ヴェッキオ宮とシニョリーア広場。
横の建物が工事中でクレーンが目障り。

イメージ 4

イメージ 5

自由と独立のシンボル、ミケランジェロ作のダヴィデ像。
ヴェッキオ宮の入り口横にある。

イメージ 6

街中で、いかにもヨーロッパという感じ。

イメージ 7

写真は、サンタ・クローチェ教会。
手前の広場にイベントの舞台があり、正面からは撮れず。

イメージ 8

6時にヴェッキオ橋へ、一部修理中。
帰りに夕食、ピザとジュースで7ユーロ、めずらしくおいしかった。

7時半に宿に戻り、三脚を持って再び駅からバスに乗る。
8時20分頃、ミケランジェロ広場に到着。
ここからの眺めは抜群、三脚で撮影している人も数人いる。
東は快晴なのに、西の空には雲が多く、夕日はいまいち。
残照はまぁまぁの感じ。
9時過ぎから、ライトアップが始まった。
写真の構図で35フルサイズで105mm。
ドゥオーモやヴェッキオ橋のアップは、200mm以上は必要です。

イメージ 9

夜のドゥオーモ。

イメージ 10

夜のヴェッキオ宮。
三脚で撮影している人も数人。

イメージ 11

11時に宿に戻り、11時半就寝。

イタリア取材記その12、アルベロベッロからナポリへ。

朝5時半起きで、市街撮影。
宿から朝日とトゥルッリを撮影

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 5

宿に戻り、朝食までの時間、日本からのツアーの人たちと楽しい時間をすごした。
7時半に朝食、再び市街撮影、宿から近いので助かる。

朝早くは、ほとんどトゥルッリの土産物屋は開いておらず、
10時くらいからぼちぼち開店。
土産物屋が開いていないと絵になりにくい。
屋上に上がれるところは、ほとんど上がって撮影、7ヵ所以上ある。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昼前にアルベロベッロ駅へ、宿から5分ほど。
12時半過ぎ、私鉄Sud-Est線でバーりへ向かう、4ユーロ。
2時過ぎにバーりに到着、
駅で偶然、日本人の旅行者の方に逢い、いろいろと旅の話をしていたので、あっという間。

2時半、バスでナポリへ、20ユーロ。
乗り場を間違え、出発寸前に乗り込む。

4時に高速のパーキングでトイレ休憩。
5時半にナポリに到着、駅から離れた所に停まったので最初気づかず、
もう少しで、終点の港まで行くところだった。

メトロ(1.1ユーロ)で、この間と同じメルジェッリーナのユースへ。
6時過ぎにユースに到着。

6時半過ぎにメルジェッリーナの展望ポイントへ、歩いて15分ほど。
前回は少し遅すぎたので、リベンジ。
広場のすぐ横の教会で結婚式を終えたカップルが記念撮影中。

7時過ぎには手前のビルが陰ってくるので、夕景はそれまでに撮りたい。
8時頃には、奥のビルまで全て陰る。
9時前に日没、9時15分頃が空の青さが残り、夜景の最適な撮影タイム。

イメージ 2

イメージ 3

夕方は他にも一人三脚を使い撮影していた人がいたが、日が暮れる前に帰ってしまった。
今はカップルが数組と若者のグループが数名。
前に来たときは屋台が出ていたが、今日はなし。

9時20分につづら折りの暗い坂道をとぼとぼ帰る。

下の広場でピザをテイクアウト。
マルゲリータ1枚で3ユーロ、ナポリは安い。
ユースのロビーでワールドカップで盛り上がりながら夕食。

その後、ユースのセルフランドリーで洗濯。
24時間OKなので、夜の遅い写真家にはすごく便利。
ウオッシュ(3ユーロ)とドライ(2ユーロ)、ソープ(1ユーロ)、22分くらい。

ロビーで日本人旅行者の人と逢う。
なんでもパフォーマンスをしながら、2年半世界を旅しているらしい。
個人差や場所による違いはあるが、
パフォーマンスは意外と稼げるらしい。

その後、インターネット(1時間3ユーロ)でイタリア各地の天気予報を確認。
日本語は使えないので、ローマ字か日本語をコピー&ペーストして検索している。
MSNの天気予報が、州や都市別に詳細でおすすめ。

12時半に就寝。

イタリア取材記その11、マテーラからアルベロベッロへ。

朝5時前に起きて、まだ暗いうちから市街撮影。

イメージ 1

イメージ 2

5時35分頃に日が昇るが、いまひとつ。
すぐに小雨が降ってきたので、宿に戻る。

7時半に朝食、けっこう豪華。
日曜日は鉄道は休みなので、バーリ行きの代行バスの時間を確認。

8時過ぎに荷物を預けて市街へ。
晴れ間は見えるが、雲が多い空模様。

30分ほどで市街の反対側にある洞窟教会に到着。
その後、晴れ間を待つ間、スナップ撮影。
洞窟住居を再現した展示場は、1.5ユーロ。

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 13

イメージ 3

12時20分、宿で荷物を受けとり、駅前のバス停へ、歩いて15分ほど。
表示らしいものがなく、地下にある駅もバス停もすごくわかりにくい。

街の人に聞きながら、なんとかバーリ行きの代行バスを見つける。

先客と運転手がいて切符の買う方法を確認するが、
周辺に切符売り場はないし、
車内では買えない、次の駅なら買えるだろうとのこと。

12時50分に出発、次の駅で止まり、切符を持たない乗客3人が、
切符売り場を探すが閉まっていたので、あきらめてバスに戻る。

3時ごろにバーリに到着、運転手も「もういいよ」的な雰囲気だったので、タダ乗り。
しかし、切符が手に入らないなんて、なんともイタリア的。

バーりから目的のアルベロベッロまでも、
日曜日は鉄道は休みなので、代行バスになる。
なんとかバス乗り場を見つけ、近くのバルで切符購入、4ユーロ。
表示らしいものがほとんどなく、すごくわかりにくい。

待ち時間にバルで食事。
サンドイッチは、はずれが多いのだが、今回もすごくまずかった。

4時半にバスが来る、乗客はけっこう多い。
5時半、トイレ休憩。

6時半にアルベロベッロ到着、駅近くの道路沿いで、
気がつかなかったら、運転手が教えに来てくれた。

歩いて10分ほどで中心部の目的の宿に到着、「地球の歩き方」の読者割引で50ユーロ。
途中迷っていたら、親切な女性がわざわざ案内してくれた、田舎はいい。

アルベロベッロはイタリア語で「すばらしい木」の意味。
トゥルッリという真っ白な壁に、灰色の円錐形の屋根を持つ建物が、
旧市街に密集している世界遺産の街。

荷物を置いて市街散策、お土産物やが多く、屋上に上がれるところが多い。
夕日に染まる街並みは、見ごたえ充分。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

土産物が店じまいするので、夜景はいまひとつ殺風景な感じ。

イメージ 11

9時半に宿に戻り、食事をしながらワールドカップ観戦。
11時前に就寝。

イタリア取材記その10、ナポリからマテーラへ。

朝5時前に起きて、歩いて15分ほどの昨日の撮影ポイントへ。
5時40分頃に日の出、ほぼ正面、しかし雲が多過ぎていまひとつの感じ。

その後ユースに戻り朝食、クロワッサンと飲み物のみ。
9時頃に出発、晴れているが雲が多い天気。

メルジェッリーナ駅からナポリ中央駅に出る。
ここはメトロと共通区間で公共交通機関の1日券(2.6ユーロ)が使える。
駅の手荷物預かり所に荷物を預け(5時間 4ユーロ)、
マテーラ行きのバスの切符を駅前のバルで購入(19ユーロ)
その後、ナポリ市内を撮影して廻る。

昼頃、サンタ・キアーラ教会のクラリッセのキオストロ(5ユーロ)へ。
教会の裏手にあり、回廊のフレスコ画やマヨルカ焼きの装飾が美しい。
教会では結婚式をしていて、後で新郎新婦も記念撮影に来た。

イメージ 1

イメージ 2

ナポリの下町でのスナップ。

イメージ 4

イメージ 5

1時半頃からぱらぱら雨が降り出し、しだいにどしゃぶりになる。
2時過ぎ、駅で荷物を受け取る、駅のトイレは有料で1ユーロ。

2時20分、駅前広場に止まっていたマテーラ行きのバスに乗り込む。
バスの前にマテーラと小さく書いてあるだけで、わかりにくい。
バックパックは横の荷物室、座席は指定、中にトイレもある。

2時半に出発、4時半に一度止まり、数名が乗り換え、
7時10分にマテーラ到着、最後の1人と一緒に降りたのだが、これがカン違い。
ひとつ手前のバス停だったみたいで、
マテーラの旧市街まで2キロ近く歩いてしまった。

マテーラの洞窟住宅「サッシ」は世界遺産に登録されている。
イタリアの中では特殊なアラブ的風景。

8時前にやっと旧市街の中にある目的の宿に到着、一人部屋70ユーロ。
テラスからマテーラの旧市街が一望、しかし一面の雲り空。
8時過ぎ、つかの間夕日があたるが油断していて撮り逃してしまった。

雲が気になるので、充分に暗くなってから夜景撮影。

イメージ 3

ワールドカップを見て、11時頃就寝。

イタリア取材記その9、カプリ島とナポリ。

7時起き、朝食を済ませ8時にチェックアウト。
今日も快晴、気持ちがいい。

8時50分にポジターノからカプリ島への船に乗る、14.5ユーロ。

海から見るポジターノ。

イメージ 1

カプリ島が見えてくる。

イメージ 2

9時45分にカプリ島に到着、すごい人で溢れている。
日本人もいっぱい。

荷物は、船着場近くのピザ屋のとなりの店で預かってくれる、3ユーロ。
船着場は大混雑で「青の洞窟」への船が出ない。

なんでも昨日ワールドカップでイタリアが1次リーグで敗退したため、
朝はやけくそでストライキしていたらしい。いかにもイタリアらしい!
それでも一時はなんとか動き出したらしいが、
「青の洞窟」の入り口がすごい込んできたので、再び止まってしまった。

偶然、ナポリの宿でいっしょだったI君とつれの子に会い、
3人と外人のカップルとの5人でモーターボートをチャーターして廻ることになった、一人25ユーロ。

12時に出発、島を1周する。
途中にも「青の洞窟」見たいな海が青く光るところが数ヶ所ある。
1時頃に「青の洞窟」前へ。

「青の洞窟」の中には、手漕ぎボートに乗りかえないとはいれない。
入り口は狭く、波が引いたときに全員が仰向けになって入る。

入り口の前は、たくさんの手漕ぎボートが順番待ち、
その周りを大型の船が取り囲み、かなり込んでいたが、
モーターボートの運転手が手漕ぎボートとうまく交渉して、かなり早めに割り込む事ができた。
手漕ぎボート代は別で、11.5ユーロ。

濡れてもいいように、カメラ1台だけをビニール袋に包み、中に入る。
以前にも来たことがあるが、何度見てもいい、神秘的な青に感激。
しかし、感度6400、絞りF4でも4分の1秒ほどとかなり暗く、写真撮影は難しい。

イメージ 11

I君とつれの子はの帰りの船の時間が迫っていたので、
帰りのボートは全快、波の上を飛び跳ねる。
港で二人と別れて、ケーブルカーで山の上ノカプリ地区に向かう、往復2.8ユーロ。
1時50分、ウンベルト1世広場に到着、ここから見る風景は見ごたえ充分。

イメージ 9

イメージ 10

ウンベルト1世広場の時計塔。

イメージ 12

その後、アウグスト公園まで散策、ファラリオーニの岩島群を見下ろすパノラマが広がる。

イメージ 13

名産のレモンのジェラートがおすすめ。
3時10分に港に降りる。

イメージ 14

3時40分発のフェリーの切符を買い(14.5ユーロ)、急いでフェリーに向かうが、
乗り込む寸前に、大きなバックパックを忘れていることに気づく。
もう少しで手荷物預かりに置いて行ってしまうところだった、危ない危ない。

4時50分にナポリに到着、港からの眺めはいまひとつ。

歩いて、5時過ぎにヌォーヴォ城へ、北西向きで午後遅くの光線がおすすめ。

イメージ 15

次にその横の王宮へ、こちらは南西向きで午後の光線がよい。

イメージ 16

向かいのプレビシート広場では、イベントの舞台が出来ていた。

少し南に下ったサンタルチアで、軽く夕食、ピザとコーラのセット、3ユーロ、
ここからは港とヴェスーヴィオ火山がよく見える。

イメージ 3

再び北上し、6時にウンベルト1世のガッレリアへ。
1887~90年に作られた、58メートルの高さのアーケード。
かなりの広角レンズが必要、17ミリでもきつい。

イメージ 4

その後、ケーブルカーで山の上へ、1.1ユーロ。
6時40分、国立サン・マルティーノ美術館の手前の広場から撮影。

イメージ 5

少し下ったところから、夕日で染まってきた。

イメージ 6

その後、歩いてよいポイントを探すが、いまひとついいところがない。
バックパックが重くかなり疲れてしまった。

8時にメルジェッリーナの駅近くのユースへ、駐車場を抜けていくのでわかりにくかった。
一人部屋で27ユーロ、シャワーとトイレ付。
会員証がなかったので、ユース会員になるのに3ユーロ。

8時45分、ケーブルカーでメルジェッリーナの山の上へ。
ケーブルカーの駅近くは、西側の展望しかないので、
歩いて坂道を下り、よいポイントを探す。

9時半に展望ポイントへ、わかりにくい場所。
来るのに少し時間がかかりすぎて暗くなりすぎてしまった。
途中の道路沿いからもよく見える。

イメージ 7

イメージ 8

つづら折りの道を下りとサンナッザーロ広場、展望ポイントから歩いて15分ほどで宿に戻る。
さびしい道なので、女性は避けたほうがいい感じの道、行くならタクシーがよい。


イタリア取材記その8、アマルフィー海岸3日目。

朝5時起き、待望の快晴。
ホテルのテラスから撮影しようと思ったらロックされて出られない。
ヨーロッパでは夜はかなり遅くても大丈夫だが、
朝も遅く、早起きの写真家にはその点は不便。

7時半に朝食、高級ホテルのコンチネンタルブレックファーストは豪華。
8時半に出発、当初の予定を変更して昨日のリベンジで再びアマルフィーとラヴェッロへ。
ホテルも延泊にした、込んでると思って予約してたのだが、
まだこの時期はがらがら、アマルフィー海岸全体ののホテルのキャパはかなり多いみたい。
それゆえバカンスのピーク時は、かなりすごいと思う。

写真はポジターノ。

イメージ 1

何度見ても飽きません。

イメージ 2

9時15分のバスに乗り、10時にアマルフィー到着。

ドゥオーモの横から高台に上ったところから撮影、途中は迷路みたい。

イメージ 7

海岸沿いの道から、

イメージ 8

11時にラヴェッロ行きのバスに乗り、11時半に到着。

バス停前から、すでに絶景。
イタリア国旗の下はレストランになっている。

イメージ 12

ドゥオーモ横の広場。
ドゥオーモは街で一番大きな教会を指すので、ほとんどの街にあります。

イメージ 13

再び、ヴィッラ・チンブローネへ。
やはりここからは、快晴でないとね。

イメージ 9

イメージ 10

テラスから見下ろして、最高の気分です。
緑の部分はブドウ畑、周辺もブドウ畑が多い。
こんな断崖絶壁のところに大邸宅をわざわざ造ったんだから、昔の大金持ちってかなり贅沢。

イメージ 11

1時頃、ヴィッラ・ルーファロへ。定番ポイントから、撮影。
ここの庭は、ワーグナー音楽祭が開催される場所でもある。

イメージ 14

イメージ 3

2時前にアマルフィーに戻り、ロケハンをかねて散策。
3時半にポジターノへ戻る途中にあるエメラルドの洞窟へ、5ユーロ。
有名なカプリ島の「青の洞窟」より広い。
しかし時間的に遅くなりすぎて光線がいまいち、やはり昼頃でないとだめみたい。

4時半にポジターノに戻る。
散策しながら、5時過ぎに宿へ。
テラスから撮影、
快晴の日に撮ろうと思ってたのだが、遅くなりすぎて手前が陰ってしまった。

イメージ 4

三脚を持って、7時15分のバスで再びアマルフィーへ。
港などを撮影して、日没前にロケハンで探しておいた撮影ポイントへ。
ポジターノ方面に少し戻った道沿いになる。
8時50分くらいが日没、9時過ぎくらいがベスト。
構図的に水平が合わせにくい。

イメージ 5

歩いてアマルフィーのシンボルのドゥオーモが見える広場へ。
ライトアップはしていない。

イメージ 6

バス停前のジェラート店はおすすめ、3ユーロのでもボリュームたっぷり、他の店の1.5倍はある。
ジェラートはバルやレストランのより、ジェラート専門店で買うべし!
9時半のバスでポジターノへ。

10時半に宿に戻り、11時就寝。

イタリア取材記その7、アマルフィー海岸2日目。

朝5時に一度起きるが雲がどんよりで再びうたたね。
アマルフィー海岸、太陽の位置的に朝日や夕日の撮影は冬場になり、
夏は山の向こう側なので、のんびり。

しばらくすると雲が多いものの晴れてきた。
8時半に出発、アマルフィー海岸共通のバスの1日券は7.2ユーロ。
9時頃、昨日の展望ポイントより撮影。
ここはあまり早い時間は全体に日があたらない、昼前くらいまでの光線が最適。
日中も絶景、見ごたえ充分、ほとんど全てホテルかレストランです。

イメージ 1

バス待ちの間、少し離れた展望ポイントで撮影してたら、いつのまにか行かれてしまった。
待機場所がないので、時刻表の時間よりかなり早く着いても行ってしまうみたい。
なので、次の便では20分前から待つ。
10時のバスに乗り、アマルフィーへ。

海岸線は絶景で、右側に座りたかったのだが、満席で立ったまま。
途中からどんどん人が増えていき、ほとんど風景は見えず。
始発のソレントからでないと座るのは難しい。
海岸線の道は、普通車なら全然問題ないくらいの広さだが、
バスには狭く、またかなり飛ばすので、スリリング。

10時40分、アマルフィー到着。
4大海洋共和国の一つとして栄えたアマルフィーは、
世界遺産に指定されているアマルフィー海岸の中心地。
日本でも映画「アマルフィー 女神の報酬」で一躍有名になった。
映画では、アマルフィー、ポジターノ、ラヴェッロの三つの街が登場する。

すぐに観光用の赤色のオープンバスに乗り、山の上にあるラヴェッロに向かう。
天気もよくなりオープンバスは快適、イヤホンから流れる音楽が心地よい。
アマルフィー海岸共通のバスの1日券があれば、1回だけ乗車可。
普通のバスの1回券では乗れない。

11時半、ラヴェッロに到着。
標高350mの切り立った崖の上に広がる街。

まずは、ヴィッラ・ルーファロへ、5ユーロ。
あっというまに雲が増えて、高曇り状態で絶景の海岸線は撮れず。
しかたないので庭を中心に撮影。

イメージ 2

イメージ 8

その後、ヴィッラ・チンブローネに移動する。
移動途中には、多くの土産物屋があり、スナップに最適。

イメージ 9

イメージ 10

昼過ぎ、ヴィッラ・チンブローネに到着、6ユーロ。
ここも雲が多く絶景の海岸線は撮れず、しかたないので庭を中心に撮影。

イメージ 11

イメージ 12

2時前に、アマルフィーに戻る、ラヴェッロから30分ほど。
再び晴れ間が見えてきた、なんとも予測不可能な天気。
だが、雲が多いので、すぐ青空は消える。

アマルフィーのシンボルのドゥオーモが見える広場から。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 3

ドゥオーモの内部へは、となりの天国の回廊から入る、3ユーロ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、ドゥオーモが見える広場で昼食、地元のデザートもいろいろ食べてみた。
ワインでほろ酔い、5時過ぎにポジターノの宿に戻る。

8時過ぎ、再びポジターノの夜景撮影。

イメージ 7

9時半、宿に戻り、ちょっと豪華に夕食。
あまりに多すぎて食べきれず。
イタリアのパスタ、未だにおいしいものにあたらず、
どうもオリーブオイルは苦手。

11時に就寝。



イタリア取材記その6、ポンペイ経由でアマルフィー海岸へ。

朝は快晴、7時半に出発、ヴェスーヴィオ周遊鉄道でポンペイへ、片道2.4ユーロ。
プラットフォームの表示がおかしく、1本乗り過ごしてしまった。

イタリアは自販機なども壊れたままの機械が多く、
表示にしろ案内にしろ古いものが修正されていないのが多くて迷ってしまう。
インフォメーションでもらう時刻表や鉄道などのホームページの時刻表も
古いままだったりと、かなりアバウトなのがイタリア流で、
つねに二ヶ所以上での確認がもとめられる。

9時過ぎにポンペイ到着、手荷物は駅横のバルが預かってくれる、5ユーロ。

遺跡は歩いてすぐ、切符売り場はもう行列ができていたが、
昨日買った共通券があるのでそのまま中へ。

イメージ 6

イメージ 1

灰がかたまってできた空洞に、コンクリートを流し込んでできたという街の住人の最後の姿が生々しい。

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 7

遺跡内からはヴェスーヴィオ山もよく見える。

イメージ 8

1時間ほどでかなり観光客が増えてくるので、
入り口近くの有名なポイントは早めに廻るほうがよい。

11時に駅に戻り、ヴェスーヴィオ周遊鉄道でソレントへ向かう。
12時にソレント到着、すぐにバスでアマルフィー海岸のポジターノへ。

バスは山を越えながら、海岸線を走る。

概ね進行方向の右側の席からの眺めがよいが
数ヶ所、左側からソレントの街の向こうに海とヴェスーヴィオ山という絶景が見えた。
車窓からの撮影は難しく、レンタカーで来るんだったと後悔。

1時にポジターノ到着、アマルフィー海岸で一番人気のあるリゾート。
アマルフィー海岸を走る大型バスは、街のはずれにある2ヶ所のバス停に停まる。
海岸には後で停まる東側のバス停のほうが近い。
街中は小型バスが一方通行で循環している。

宿を予約していたので、最初のバス停で降りて歩くが、
憧れのアマルフィー海岸にテンションマックス。
撮影しながら宿を探すが、いっぱいあるのでかなり迷う。

40分ほどで宿に到着、最初反対方向に行ってしまったので時間がかかった。
街外れだが、中心部から歩いても10分くらい。
今日のホテルは4つ星で、インターネットでの割り引きで90ユーロ。
ベランダはない部屋だが、眺めは抜群。
1階上のテラスからの眺めは、リゾートっていう感じ。

荷物を置いた後、海岸まで撮影しながらぶらぶら。
しだいに雲が増えてくる。

西側の道沿いからの眺め。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

海岸へ降りる道沿いはこんな感じのショピングゾーン。

イメージ 12

イメージ 3

4時半に宿に戻る。
鍵がおかしいので見てもらうと、古いからかひっかかっていた。
ランドリーサービスを頼んだところ、18ユーロ、やはり高い。
ホテルは、ユースのようにセルフランドリーがないのが難点。
休憩の合間に、カメラのバッテリーを充電。
今回の旅では、5Dの動画撮影もしているので、バッテリーの減りは早い。

夕方から雨が降ってくる。

8時過ぎに宿を出て、まだ時々小雨が降る中、歩いて撮影ポイントへ。
中心部の海岸へ降りる分岐のところから道沿いを6分、
東側のバス停から少し中心部に戻った道沿いになる。
ここからの夜景は最高に美しい、雨の後で濡れているのもかえってよかったみたい。

イメージ 4

8時50分頃が日没時間、太陽は見えないので夕景は撮れず。
日没後15分前後が残照が残り、夜景の撮影には最適になる。
9時10分撮影終了、40分に宿に戻る。
10時半就寝。

イタリア取材記その5、エルコラーノ。

早朝は雨、8時起きで朝食。
雨は上がるが雲の多い空模様。

9時過ぎにヴェスーヴィオ周遊鉄道で世界遺産にもなっているエルコラーノへ向かう。
往復で3.7ユーロ、交通費は意外と安い。

エルコラーノは、ポンペイとともに火山の噴火で時を止めた町。

最初はエルコラーノとポンペイを一日で済ませアマルフィー海岸に移動する予定だったが、
午後から再び天気が崩れそうなので予定変更。

10時に到着、駅から7分でエルコラーノ遺跡入り口。
周辺部が高いので、遺跡を見下ろす感じで、外観だけなら外からでも見える。
ポンペイなどとの3日間の共通券が20ユーロ。
時々晴れ間が見えるが、小雨がぱらぱら。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昼頃、駅に戻りナポリへ。
食事を済ませて1時半宿に戻る。
その後、宿で聞いた街中のランドリーへ、お任せで作業してくれる、7ユーロ。
時間待ちの間に、手ぶらで街をぶらぶら、時々小雨。

夕食は名物ピザ屋のダ・ミケーレへ、マルゲリータ1枚が4ユーロと安い。
店内はかなりシンプルな作り。

イタリアのピザと日本のピザはかなり違う。
個人的には日本のピザのほうがずっと好き。
イタリアのピザは手作り感があるが、味はそこそこ。

その後、宿でワールドカップを見て、11時に就寝。

このページのトップヘ