風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2010 秋取材記

和歌山県和歌山市の和歌山城・紅葉渓庭園と岩出市の根来寺の紅葉 12月5日分。

前日から快晴、午後少し薄くもが出てくる。

朝から和歌山城へ、駐車場は1時間200円。
まずは紅葉渓庭園へ、無料。
全体はかなり散っているが、部分的には見頃。

イメージ 1

イメージ 2

その後、城内の紅葉を撮る。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

帰りに岩出市の根来寺へ、駐車場無料、境内一部有料500円。
紅葉は散り、見頃、色変わり中混在。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

4時前に帰路に着いた。


奈良県奈良市の奈良公園と吉城園の紅葉 12月3日分。

前夜は雨、朝は曇り、昼頃から嵐。

朝から奈良公園へ。

まずは吉城園へ、入園250円、三脚禁止。
メインの紅葉はほぼ散り、奥のほうは見頃。
雨上がりで散り紅葉が美しい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、奈良公園の名残の紅葉を撮影。
前夜の雨で、かなり散っていた。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 3

昼過ぎ、雨が強くなり始めたころ、帰路に着いた。



京都府京都市の東本願寺・渉成園・養源院・智積院・清水寺・興生寺・霊山護国神社・八坂神社の紅葉 11月28日分。

早朝から京都市へ、今回はJRを利用。
天気は早朝一時小雨、のち曇りで時々日が射す感じ、
午後からどんどん日差しがなくなる。

8時ごろに京都駅に到着、歩いて東本願寺へ。
銀杏は見ごろ、少し散り始め。

イメージ 1

9時にすぐ近くの渉成園へ、入園500円。三脚禁止。
紅葉は見頃色変わり中。

イメージ 2

イメージ 13

次に歩いて養源院へ移動。
参道の紅葉は、見頃色変わり中。

イメージ 14

次に智積院に移動。紅葉は、見頃後半散り始め。

イメージ 15

イメージ 16

次に清水寺に移動、観光客でいっぱい。拝観300円。
紅葉は、塔付近は見頃後半散り始め。奥の院付近は見頃。
本堂の後ろ側の建物が修理中で、奥の院から少し外れると見えてくる。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

写真は産年坂付近で撮影。

イメージ 6

産年坂近くの興生寺の紅葉が真っ赤だった。

イメージ 7

昼頃に霊山護国神社へ移動、拝観300円。
坂本龍馬の墓があり、最近の人気の為、観光客が多い。
近くでは龍馬展もやっていた。
龍馬の墓の前は、東山を一望する展望ポイント、紅葉は見頃。
天気はどんどん下り坂。

イメージ 8

次に円山公園へ、紅葉は見頃後半散り始め。

イメージ 9

最後に八坂神社へ、紅葉は見頃。
結婚式が行われていた。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、歩いて四条まで行き、バスで京都駅へ。
駅前のヨドバシカメラに立ち寄り、2時前に帰路に着いた。

京都府京都市の哲学の道・法然院・金戒光明寺・真如堂・京都御所の紅葉 11月27日分。

早朝から京都市へ。
天気は雲の多い晴れで時々日が射す感じ、午後からどんどん快晴になる。

まずは哲学の道へ、100円パーキングに停める。
紅葉は見頃色変わり中。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 21

9時に近くの法然院へ、観光客もぱらぱら。
紅葉は見頃散り始め、ここは日陰なので、あまり綺麗には色づかない。
拝観無料、三脚禁止。

イメージ 12

イメージ 19

10時前に移動。
金戒光明寺の駐車場は使えないようになっていたので、
金戒光明寺北門近くの100円パーキングに停める。
1時間500円、一日千円。

そこから歩いてすぐの真如堂へ、境内無料。
紅葉は見頃、色変わり、散り混在、場所によりかなり差がある。
境内駐車禁止、三脚禁止。観光客でいっぱい。


イメージ 20

イメージ 22

落ち葉を焼いている時の煙を利用して。

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次に歩いてすぐの金戒光明寺へ、境内無料。観光客でいっぱい。
紅葉は見頃、色変わり中。境内駐車禁止、三脚禁止。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

金戒光明寺の庭園特別拝観600円。
庭園内はメインの紅葉はかなり散りが進んでいたが、奥のほうは見頃色変わり中。

イメージ 9

イメージ 10

近くの塔頭の栄福院のお庭がとても綺麗、志納。

イメージ 13

1時前に、京都御所に移動、駐車場は3時間500円。
カエデは見頃色変わり中、桜や銀杏は半散り、樹木の種類によってばらばら。

イメージ 14

イメージ 16

凝華洞跡の銀杏の形はおもしろい。

イメージ 17

イメージ 15

イメージ 18

3時過ぎに帰路に着いた。

奈良県高取町の高取城址と壷阪寺・桜井市の談山神社・天理市の長岳寺の紅葉 11月26日分。

天気は早朝は曇り、
後、雲の多い晴れ、時々日が射す感じ。

朝から高取町の高取城址へ。紅葉は全体的には見頃後半。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

次にすぐ近くの壷阪寺へ、拝観600円。紅葉は見頃後半、一部散りあり。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 3

イメージ 4

次に桜井市の談山神社へ、入山500円。
観光客がいっぱい。紅葉は全体的に終盤。
修理中なので、アングルが限定される。

イメージ 5

イメージ 6

明日香に抜ける道沿いで見つけた紅葉を、いろんなバリエーションで撮影。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

3時ごろに天理市の長岳寺へ、拝観300円。
すぐ近くに無料の駐車場あり。
紅葉は見頃終盤、散り始め。1本だけ綺麗なのがあったので、夕方の光とからめて撮影。

イメージ 12



京都府京都市の東福寺・嵯峨野の鳥居本・愛宕念仏寺・後宇多天皇陵・将軍塚大日堂・
山科の毘沙門堂・山科聖天の紅葉 11月23日分。

早朝から京都市の東福寺へ。
鳥羽街道駅前の100円パーキングは閉鎖。
一通を少し行ったところの100円パーキングに停める。

自由に入れる臥雲橋から境内を撮影。
朝はどんでんでフィルムなら撮影不可能なのだが、
色温度を変えれるデジカメは便利。
見頃だが、手前のカエデが痛んでたのが残念。

イメージ 1

イメージ 19

次に嵯峨野の鳥居本に移動。空き地に駐車。
天気は曇りで時々日が射す感じ。

鳥居本の平野屋の紅葉は見頃、上部と下部散りあり。

イメージ 2

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

すぐ近くの愛宕念仏寺へ、拝観300円、無料駐車場あり。
紅葉は見頃、日陰が多いので発色はいまひとつ。
ここは雨天がおすすめ。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 3

次に北嵯峨の後宇多天皇陵へ、駐車可。
紅葉が見頃、とても綺麗。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昼頃、東福寺の観光で来ていた母、叔母、従姉妹と合流。
東福寺は観光客であふれていた模様。

次に将軍塚大日堂へ、拝観500円。
ライトアップ期間中の駐車は将軍塚の駐車場へ。
紅葉は見頃後半。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 14

次に、日向大神宮へ、無料。
駐車場はあるが、途中の道は狭いので注意。
紅葉は見頃開始くらい、ここは遅い。

次に、山科の毘沙門堂に移動。
境内は自由、内部の拝観500円、無料駐車場あり。

内部からしか見れない庭園、見頃。

イメージ 9

イメージ 10

境内は、見頃のものから緑まで混在。

イメージ 11

すぐ近くの山科聖天へ、無料、駐車場あり。紅葉は見頃。

イメージ 13

3時半ごろ、帰路に着いた。





兵庫県朝来市の竹田城址の雲海と朝焼け、丹波市の高源寺と大同寺の紅葉 11月21日分。

日曜日、5時過ぎに出発、兵庫県朝来市の竹田城址へ。
5時半に到着、すでに駐車場はあふれている。

5時45分ごろ、竹田城址の本丸へ。
360度広がる雲海にも感動。すごい数のカメラマンと観光客にもびっくり。

最初の天気予報では土曜日は雨ということだったが、
結局、金土日と快晴で3日ともすごく雲海が出ていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後、兵庫県丹波市の高源寺へ移動、拝観300円、駐車場無料。
朝からすごい人出。カメラマンも多い。紅葉は見頃後半、痛みが多くいまひとつで撮影せず。

移動途中に見つけた遠阪川沿いのカエデ。

イメージ 14

イメージ 3

その後、朝来市の当勝神社へ移動、無料。
本殿の赤いカエデは半散り、見頃、色変わり混在。
美しいカエデを見つけたので、アップをいろんなバリエーションで撮影。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

その後、朝来市の大同寺へ、無料。
見頃、色変わり混在。

イメージ 4

イメージ 5

その後、遠阪峠で見つけた散り紅葉を撮影。

イメージ 6

2時半に、丹波市の神池寺へ移動、志納。
紅葉は見頃、色変わり混在だが、メインの紅葉はかなり散っていた。

3時前に帰路に着いた。



兵庫県養父市宮垣の雲海と養父神社と宮津市の成相寺の紅葉、舞鶴市の金剛院の紅葉とキャンドルイルミネーション 11月20日分。

土曜日、5時起きで兵庫県養父市宮垣の雲海撮影ポイントへ。
他にカメラマンの姿はなし。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

8時頃、養父市の養父神社へ移動、無料、他にカメラマンはなし。
うっすらと霧(雲海)が出ていて、いい感じ。拡散光の柔らかい光が最適。
森の中なので、ここは雨天か霧で撮りたい場所。

時間がたつとカメラマンが増えてくるが、光がないといって撮影しない人もいる。
光が射し始めたら、コントラストが強すぎて全然だめなのに、もったいない。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 3

イメージ 4

10時頃に、霧がはれ快晴に変わったので、晴天向きのカットも撮影。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に、京都府宮津市の成相寺に移動、拝観500円。
紅葉は見頃、色変わり中、しかし上部が痛んでるのも多い。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

2時前に、京都府舞鶴市の金剛院に移動。
土日、キャンドルイルミネーションが行われるのと、
昨日来たときは、下側がもうかげりはじめていたので、リベンジで早めに到着したのだが、
もうすでに陰り始め。入山200円、外の公園からでも良く見える。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2時半に三脚セット、一番乗り。4時ごろ、三脚7台。5時前に17台。
以前にキャンドルイルミネーションに来たときに比べかなり少なめ。
5時前に、キャンドルイルミネーションの準備がはじまる。
5時15分前後がの薄暮の時間が最適。

イメージ 17

夜は、京都府福知山市の「農匠の郷やくの」の温泉へ移動。
サウナ、シャンプーありで500円、タオル別。

10時頃、車中泊。




京都府福知山市の長安寺・福知山城、綾部市の安国寺、舞鶴市の金剛院、豊岡市の安国寺の紅葉 11月19日分。

北近畿の紅葉取材。
金曜日、朝から阪神と中国道のダブルの事故渋滞でうんざり。
天気は、朝は曇り(場所により霧)、後快晴。

まずは、京都府福知山市の長安寺へ、拝観300円、駐車場無料。

本堂前の銀杏と銀杏の下のカエデは散り始め。
全体として紅葉は見頃前半、まだ緑のものも多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

次に福知山城へ、カエデは見頃前半。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

次に綾部市の安国寺へ、紅葉は見頃前半、境内無料。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 3

イメージ 4

次に舞鶴市の金剛院へ、紅葉は見頃後半、外の公園から撮影。

イメージ 5

移動は無料の舞鶴道を利用、とても便利。

4時半頃に、兵庫県豊岡市の安国寺に移動、無料。
ドウダンツツジのライトアップを撮影、見頃後半、下側散り始め、三脚使用可。
土日はすごい人だが、平日なのでカメラマンも5、6人で観光客も少なめだった

イメージ 6

その後、すぐ近くのシルク温泉へ。
シャンプー、サウナありで500円、タオル別。

夜は竹田城址の駐車場へ、他に車はなし。
ここで車中泊のつもりで寝ていたら、おまわりさんが来て、熊が出るので移動して欲しいとの。
しかたなく但馬楽座の駐車場へ移動して、車中泊。

奈良県吉野町の吉野山の紅葉 11月14日分。

天気は曇り、午後から少し日が射す。
夜半は小雨が降った様子。

朝から吉野山へ。
まずは奥千本の西行庵へ、金峯神社の駐車場から10分くらい。
色変わり中、一部散りかけあるが、おおむね見頃。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 12

イメージ 3

続いて高城山の展望台へ、駐車場からすぐ。
ピークは過ぎたようだが、まだまだ見頃。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

上千本・中千本辺りは、桜はすでに散り、
カエデは一部見頃のがあるが、まだ色変わり初期のが多い。

下千本の近鉄吉野駅周辺のカエデは見頃前半、綺麗に色づいている。
まだ色変わり初期のも多く、しばらくは見頃が続くみたい。
帰り道に宇陀市の大願寺へ、無料、駐車場あり。
カエデは見頃色変わり中のが多いが、
撮影したかった、山門前のカエデは半散り状態。
和尚さんのブログで見てまだいけるかなと思ったのだが、遅かった残念。


和歌山県かつらぎ町の四郷の串柿の里 11月13日分。

天気は曇り、季節はずれの黄砂で遠景はかすんでいる。

串柿を作っている集落は4つあるが、
写真は、神野の集落で撮影。

各集落内は狭く、駐車場・トイレ・売店などはないので注意。
また私有地に入るときは必ず声をかけてからにしたい。

イメージ 1



和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月12日分。

朝から高野山へ。
朝のうちは小雨、昼頃から晴れ、夕方曇り。

山内、銀杏や広葉樹は散り始めや半散り。
カエデは色変わり中と見頃が多い。

国道480号大門口付近は見頃、とても綺麗。
高野大門は、色変わり中見頃混在。
西南院は見頃散り始め。

霊宝館は散り始め、半散り。
大師教会は色変わり中。

愛宕神社(信号のところ)は、色変わり中見頃混在。
壇上伽藍は、色変わり中と半散り混在。
蛇腹道は見頃、とても綺麗。

金剛峯寺は半散り。

遍照光院は色変わり中。

奥の院はたぶん散り。(行ってない)

高野龍神スカイラインは見頃後半、
標高の高い所はたぶん散り。(行ってない)
大滝は見頃、渓谷は上部は見頃、下部の御殿川付近は色変わり中。

紫陽花園のどうだんつつじは見頃、カエデは色変わり中と散りはじめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 3






兵庫県朝来市の竹田城址の雲海と養父市の天滝の紅葉 11月7日分。

土曜日の夜、朝来市の竹田城址の駐車場に着いたときには、
他に1台の車があっただけだったが、
夜半、次々に車が登ってきて、3時頃には7台くらいになる。

日曜日の早朝3時過ぎにとなりの車の人が出発したので、
自分も後を追いかけた。
朝はジャケットにフリース2枚でも寒いくらい。

駐車場から城の入り口までは15分ほど。
入り口に車が2台、本来はタクシーのみ通行可のところなのだが。

入り口から本丸までさらに5分ほど。
そこで先客の方にあってお話していると、
同じ日本風景写真協会の方であることがわかる。
竹田城址をテーマに撮影されているとのこと。

前日の晴天の放射冷却で雲海を期待したが、
風があったため、雲海はそこそこ。

5時頃にはカメラマンも増えてくる。
6時頃には日曜日とあってかすごい人数になる。
日の出の頃には観光客も入れて100人くらいはいたと思う。
戦国武将の姿をした方が現れて、撮影会状態で観光客は大喜び。

イメージ 1

イメージ 2

曇りで朝日は望めず、
8時ごろに駐車場に戻るが、駐車場は満車であふれていて、ガードマンも出ている。

8時半に藤和峠に移動、車が3台。
竹田城址を外から望む撮影ポイントである。
同じく竹田城址を外から望む撮影ポイントである立雲峡の反対側になる。

イメージ 3

天気予報は曇りだったが、雲が多いものの青空も見えるので、
昨日のリベンジで天滝に向う。

9時半に兵庫県養父市の天滝の上の駐車場に到着。
今日はまだ早かったので、車は10台だけ。

10時頃に天滝の見晴台に到着。
雲が多いが、時たま青空が見え光が射してくれる。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

滝の右側の登山道から見下ろすポイントはまだ緑が多い。
滝は南東向きで、晴天の日の午前中から昼過ぎくらいまでがおすすめ。

1時過ぎに帰路に着いた。


岡山県瀬戸内市の虫明湾と朝日、備前市の閑谷学校の紅葉、兵庫県養父市の天滝の紅葉 11月6日分。

5時に起床、岡山いこいの村から465号線を少し下ったところから、
朝の虫明湾を撮影。
路上駐車可、撮影ポイントは他にも数ヶ所ある。
カメラマン3名、観光客2名。
朝から快晴。

イメージ 1

イメージ 2


8時ごろに国の特別史跡である備前市の閑谷学校へ。
駐車場は無料、すでにかなりの車が停まっている。カメラマンも多い。
2本のカイの木の紅葉は見頃、外からでも良く見える。
9時ジャストに開門する、300円。
カイの木は南向きで講堂と合わせるなら、青空が広がる日の午前中に撮影したい。
ライトアップも行われていたが、日曜日で終了。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

11時20分に、備前ICから中国道に入り、播但道の朝来ICで降りる。
70号、6号、48号線を通り、1時半に兵庫県養父市の天滝の上の駐車場に到着。
駐車場は満車なので、少し下の路肩に停める。
思っていたよりも移動に時間がかかってしまった。

天滝まで、休憩なしで23分ほど、ゆっくりだと40分。
途中に5つほど滝がある。
2時頃に天滝に到着、すでに滝の下側が陰っている残念。
滝周辺は見頃前半、柔らかい光で少しだけ撮影。

イメージ 7

イメージ 8

夕方は、近くの714号線のミズバショウ公園から東西に伸びる尾根沿いから夕景撮影。
けっこういいポイントがたくさんある。

イメージ 9

その後、9号線沿いの道の駅「但馬楽座」で温泉につかる。
シャンプー、サウナあり、500円。
夕食後、朝来市の竹田城址の駐車場に移動、車中泊。

日曜日に続く。

兵庫県養父市のハチ高源の紅葉 11月5日分。

金曜日、出発時は快晴。
第二阪奈、阪神、中国道を通り、播但道へ。
播但道を北上する頃から、時々日が射すものの曇り空。
朝来ICで降りて北上する。

天気がいまいちなので、養父市の天滝に向う予定を変更してハチ高源へ。
別宮(べっくう)の大カツラの樹の紅葉は見頃、すぐ前に棚田が広がっている。

写真は、ハチ高原のスキーパトロールセンターの横の楓。
黄色のは赤色に変わるタイプ。
スキー場は、たいてい美しい紅葉が見られる。

イメージ 2

イメージ 1

その後、氷ノ山(ひょうのせん)に立ち寄る、見頃。
駐車場付近の楓は色変わり中。

夕方に宍粟(しそ)市の原不動滝へ、200円。
途中の道沿いの楓は色変わり中、
吊り橋の楓は一部見頃だが、滝周辺はまだ緑。

その後、国道29号を南下して2号線、岡山ブルーライン経由で、
岡山県瀬戸内市の邑久(おく)町へ向う。

大平山ICで降りて、465号線を通り、岡山いこいの村へ。
素泊まり3000円にサービスしてくれたので、宿泊。
風呂のみは500円、タオル持ち込みは400円。

土曜日に続く。



和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。

朝3時半起きで、まずは野迫川村の雲海ポイントへ向う。
5時前には、すでに多くのカメラマンがいたが、
雲海はなし、山の稜線に厚い雲がかかり撮影せず。

その後、高野山の奥の院へ向う。
英霊殿は見頃前半、ここは早めなので例年なら散り始めなのだが今年は遅い様子。
一部見頃だが、まだ黄色のが多い。

イメージ 1

山内の紅葉もまだ色変わり中がほとんど。
ネット情報でも遅れているとのことだが、全体的に5日~1週間程度遅い感じ。
部分的に見頃のものもあるが、今週末はまだピークには少し早いと思う。
見頃は、今週末から来週末にかけてくらいだろうか。

天気は晴れているが雲が多く、よく陰る。
全体がいまいちなので、部分切り取り。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、高野龍神スカイラインへ。
大滝周辺もあと5日~1週間くらいか、部分的には見頃。
標高の高いところも色変わり中。

紫陽花園のところの紅葉は見頃前半。

イメージ 8

帰りによった大塔の道の駅の紅葉も見頃前半。

イメージ 9




奈良県広陵町の馬見丘陵公園のダリア園 10月31日分。

先週後半は台風接近で雨模様。
外出は控えていたのだが、たいした雨は降らず、
日曜日、台風通過で天気が回復してくるかなと思って、
近場の馬見丘陵公園出かけたら、午後から雨。
しかも通過後の雨のほうが強かった。
けっこうな、じゃじゃ降りで少しだけ撮影。

第27回全国都市緑化ならフェア
「やまと花ごよみ2010」のメイン会場となっている馬見丘陵公園では、
5千株のダリア園が見頃です。
11月14日までです、お早めに。
http://www.yamatohanagoyomi.jp/


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


兵庫県淡路市の「あわじ花さじき」のコスモス畑 10月23日分。

朝6時過ぎに出発、JRで大阪経由で舞子駅へ、
すぐ上を走っている高速バスに乗り換え、東浦のバスターミナルへ向う、20分くらい600円。
天気予報は、行楽日和とのことだったが、雲が多くいまひとつの天気。
時々日が射してくれるが、青空はほとんどなし。

「あわじ花さじき」へのバスはないので、タクシー(片道1430円)に乗ろうと思っていたのだが、
バスターミナルの観光案内所で電動自転車を借りれたので、
自転車で行くことにした、約5キロの道のり、4時間で1000円。
先ほど夫婦の方が借りていったそうで、3台あるうちの最後の1台とのこと。

しかし、山の上にあるので、上りはかなりきつい。
おまけに道を間違え45分もかかってしまった(通常25分ほどらしい)

「あわじ花さじき」は、朝は9時から、無料なのがありがたい。

コスモスは一番の見頃だと思う。とても広く地形に変化があるのがいい。

朝からカメラマンや観光客は多いが、通路の位置が良く考えられており、
撮影にあまり影響はない感じ。

高台にあるので海も良く見えるが、空が白っぽいので、ほとんど空を入れずに撮影。
昼前にはかなり日差しが出てくるが、空は白っぽいまま。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰りはかなりの下りで12分で戻れた。帰りのバスは1時間に2本程度。
上りがきつかったので、帰りの電車は熟睡、かなり疲れた。
休日は明石大橋も1000円で行けるので、車がいいかも。平日も9時まではかなり割引がある。

もし歩くなら、東浦のバスターミナルではなく東浦のインターで止まるバスに乗ると良い。
東浦のインターから1.7キロほど。インター付近ではタクシーは拾えないので注意。

和歌山県新宮市の九重の雲海、熊野速玉神社の御船祭り、三重県紀宝町の飛雪の滝 10月15~
17日分。

15日金曜日午後に出発、日没前に新宮市熊野川町の九重へ。
雲海の撮影ポイント近くから夕暮れを撮影、ここは冬場がベスト。

イメージ 1

その後、渡瀬温泉へ、10時まで(9時半受付)700円。JAFとコーナン割引500円。
ここの露天は日本一広いとか。

夜は再び九重に戻り、車中泊。

翌土曜日5時半頃、他のカメラマンが来たのでスタンバイ。

ここは、篠尾と九重の集落の中間あたりにある雲海名所で、
カメラマンの間では、篠尾(ささび)といわれるが、正確な地名は九重(くじゅう)になる。

道の駅「奥熊野古道ほんぐう」からは、篠尾・九重どちらの集落経由でも約40分。
道がよく、わかりやすいので、九重からのほうがおすすめ。

太陽は10日頃に正面から出てくるので、時期的には良いのだが、
気温が高いせいか、雲海は少なめ、稜線にも雲が厚くかかりいまひとつだが、
それなりにおもしろい写真は撮れた。カメラマンは二人だけ。

イメージ 2

イメージ 3

日が昇ってから林道を歩いていたら熊さんに遭遇、走って逃げた。
日の出前は鈴を持って用心していたのだが、明るくなったので車に置いたままだった。
山深い所なので、油断は禁物です。鹿や野ウサギもいっぱいいるので、運転も慎重に。

その後はあまり撮影するものもないので、新しくできた道をロケハンして見て廻る。
三越峠の撮影ポイント(蜂樽の所)は、スズメ蜂がいるとの情報があったので確認に行ったが、
スズメ蜂がいっぱいいた、注意。

その後、実に11年ぶりに熊野速玉神社の御船祭りを撮りに行く。

2時前に御舟島が見える水道施設へ、駐車可。
3時ごろにはカメラマン26人。4時過ぎには観光客も含めて100人ほど。
対岸には観光客がいっぱい。

ここで、和歌山を代表する写真家の楠本さんにばったり、
以前にもお見かけしたことはあったのだが、お話しさせてもらったのは初めて。

4時半頃に下流から出発した9艘の船が、島の廻りを3回廻りお旅所まで競争する。
(島を廻るのは4時40分頃から10分ほど)
その後、優勝した船が1回、神様を乗せた船が3回廻る。
5時頃から、帰りの競争が始まり、島の廻りを2回廻り帰っていく。

高い柵があるので、ここからの撮影は脚立があると便利。

イメージ 4

すぐ日没で、近くの三重県紀宝町の飛雪の滝へ、公園になっている。
あっという間に日が暮れてくる、薄暮の滝を撮影。

イメージ 5

夜は、再び渡瀬温泉へ、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」で車中泊。

翌日曜日、朝から曇りで朝日は望めず。

写真は、新宮市熊野川町西敷屋の背高泡立ち草。

イメージ 6

その後、中辺路の311号線を抜け、上富田町へ移動。
富田川河川敷のコスモス畑は見頃後半、市ノ瀬橋近くと若者広場の2ヶ所ある。

イメージ 7

イメージ 8

その後、新しくできた道をロケハンして見て廻り、早めに帰路に着いた。






東京都の都庁や新宿の街、浅草寺、都庁から望む夜景 10月6~10日分。

水曜日の夜から日曜日まで、東京と静岡に出張してきました。

水曜日の夜9時過ぎ発の夜行バスに乗り、木曜日の朝6時過ぎに新宿に到着。
リクライニングは充分なのだが、ヘッドクッションを忘れた為、首が痛い。

朝の新宿は、日本全国からやってくる夜行バスでいっぱい。
ひさしぶりの東京なので、朝からあっちこっちぶらついてきた。

写真は東京都庁や新宿の街。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

朝早くは、まだ青空が見えていたが、すぐに雲が増えてくる。

午後1時から市ヶ谷にあるインプレスジャパン株式会社の
GANREF編集部にお邪魔して、編集長の富樫さんとお会いした。
「GANREF」はデジタル一眼レフカメラ&交換レンズの総合サイトで、
デジタルカメラマガジンに記事を書かせて頂いたこともあり、
今度から参加させていただくことになった。
「GANREF」にアップしたらまたブログで報告します。

3時過ぎに新幹線に飛び乗り、4時ごろ静岡の沼津市にある有限会社ジェイピー編集部へ。
カメラマンムックの打ち合わせで何度もお邪魔している所。
中橋先生とライブラリーや電子書籍関係についての打ち合わせ。

夕方、お寿司をご馳走になり9時過ぎにホテルへ。
中橋先生は、翌日から長野でコンテストの審査をされ、その後撮影に出られるとのこと。

翌金曜日、朝から再び東京へ。
浅草へ行き、東京スカイツリーを初めて生で見た。
あいにくの曇り空なのが残念。海外からの観光客でいっぱい。

イメージ 7

イメージ 8

午後1時から、神楽坂にあるマイザ株式会社にお邪魔する。
写真、イラストなどのデジタルデータの製造、販売をされている所。
社長の諏訪さんや取締役の市石さんと1時間半近く話し込んでしまった。

その後、新宿のホテルでチェックインを済ませてから、
渋谷から原宿をぶらぶら。今にも雨が降りそうな天気。
日が暮れる前に、都庁に行き夜景を撮影。
天気がいまいちなので少ししか撮らなかった。
都庁の展望台は無料。

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 2

夜は、映画館で「13人の刺客」を鑑賞。
残酷な描写が多いがすごくよく出来た映画、リメイク前の作品より気に入った。

翌土曜日は、朝から雨。
天気がよければ撮影に行きたいところはいっぱいあったのだが、残念。

しかたなく新宿の街をぶらぶら、ペンタックスやエプソンのギャラリーを廻る。
昼はNSビルの29階にあるレストランで雨に煙る新宿を見ながら食事。
その後、西口のヨドバシカメラなどを見て廻り、3時ごろ上野へ移動。
雨は本降りに変わる。

ホテルにチェックイン後、秋葉原や上野のアメ横などを見て廻るが、
ずぶぬれであまり気が乗らないので、6時ごろにはホテルへ戻る。

翌日曜日、初めの計画では静岡の帯祭りに行く予定だったのだが、
天気が悪いので、朝から新幹線で帰路に着いた。
途中静岡からは雲が多いものの晴れていたので、早まったかなとも思ったのだが、
家に帰るなり土砂降りの雨、なんとも不安定な天気で、
やはり行かなくてよかった。

このページのトップヘ