風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2012 トルコ・フランス・シンガポール取材記

トルコでの旅で撮影した写真です。
 
日本を代表するフォトライブラリーのアマナイメージズ様の検索でトルコを入力すると
アマナイメージズ限定!ロイヤリティフリーで買える最新のトルコの風景
として、左上にサジェストバナーが表示されます。
 
 
サジェストバナーをクリックするとセレクト画像が表示されます。
ぜひご利用ください。

トルコ・フランス取材記その50、シンガポールでトランジット。
 
前回の続き。
 
夜の12時20分に、シンガポールに到着。
現地時間は、10月1日の朝5時20分。以後、現地時間で表記。
シンガポールでは、乗り継ぎが9時間近くある。
 
まだ夜が明けていないので、空港内をぶらぶら。
シンガポールのチャンギ空港は超豪華。
映画館やインターネットゲームコーナーもある。
 
無料のマッサージ機で疲れた足をマッサージ。
WiFiでインターネットをして時間をつぶす。
 
乗り継ぎの客の為の無料の市内ツアーもあるが、
時間はたっぷりあるので、個人で行くことにした。
今年2月に行ったので、交通手段はばっちり。
 
8時半に入国。
メトロを使い9時10分過ぎには、マリーナエリアへ。
前回来た時は、天気に恵まれなかったが、今回はけっこう晴れてる。
 
マーライオンとシェントン・ウェイ。
日本からの修学旅行生がいっぱい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイの屋上から。
無料で上れる。
 
イメージ 7
 
マリーナ・ベイ・サンズ。
サイド光なのが残念、ここからは午後の光線のほうがいいのだが、時間がない。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
前回は、天気が悪くて乗らなかったのだが、
今日は天気がいいので、シンガポール・フライヤーに乗ることにした、33シンガポールドル。
 
すぐ廻りがF1レースのコースになっていて、
シンガポールでの開催が近いので、急ピッチで準備が進んでいた。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 10
 
歩いてサンズ・スカイ・パークへ。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
11時40分に、ベイフロント駅から空港へ向かう。
途中乗り換え、1時間ほどで空港到着。
 
1時にターミナル3のゲートA1へ、入ってすぐの所。
2時過ぎに離陸。シンガポール航空と全日空とヴァージン航空の共同運航便。
機体は全日空のものだった。
テレビモニターもシンガポール航空のより大きく見やすい。
また映画を2本見てしまった。
 
夜8時半に関西空港に到着。日本時間は、夜の9時半。
以後日本時間で表記。
 
10時に外へ。バスの時間までかなりあるので、今回はJRを利用。
しかし、人が線路に立ち入ったと言うことで、30分遅れ。
 
10時半に出発。11時過ぎに天王寺駅。
雨が降ってきた。
地元の駅からはタクシーを利用。
12時前にやっと帰宅。
 
長い一日だった。
 
トルコ・フランス取材記は今回でお仕舞いです。
ご愛読、ありがとうございました。
 
撮影したカットは、312GB、約1万2千枚(動画を少し含む)です。
文章や写真など、かなりはしょっているので、時間のあるときに少しずつ追加します。

トルコ・フランス取材記その49、トルコ最終日。
 
トルコ最終日、出発まで周辺を散策。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
10時20分に出発、トラムとメトロを乗り継いで空港へ向かう。
11時半、空港到着。帰りはシンガポール航空。
チャックインカウンター、パスポートコントロールともに込んでいた。
 
12時過ぎにやっと中へ。
空港内の物価はすごく高い。ミネラルウォーターなんか5倍もする。
1時15分機内へ。
2時前にやっと離陸。機内は満席。
 
アメニティグッズで靴下や歯磨きをもらう。
空調がすごく寒くて、上着を手荷物に入れなかったことを後悔。
ずっとシーツをかぶっていた。
 
大の映画好きなので、新作映画が自由に前のモニターで見れるのがありがたい。
飛行中まったく寝ないで、映画を6本も見てしまった。
 
続く。
 

トルコ・フランス取材記その48、再びトルコのイスタンブール。
 
朝から好天。
 
近郊電車でイェディクレへ向かう。
イェディクレ駅を降りて左手を歩いてすぐ。
 
イェディクレとは、7つの塔と言う意味を持つ要塞。
 
イメージ 1
 
ガラタ橋から新市街まで歩く。
 
ガラタ塔と金角湾。
 
イメージ 2
 
イスティクラール通りのトラムヴァイ。
 
イメージ 4
 
前回見逃した軍楽隊のコンサートを見るため、再び軍事博物館へ。
ホールで短い映画上映の後、後ろの大きな扉が開閉して、軍楽隊がパレードして入ってくる。
20分くらいの演奏があり一度退場、もう一度映画から繰り返し合計2回ある。
演奏内容は2回とも異なっている。
写真は、後ろが明るすぎるので、曇りの日のほうがいいかも。
 
でもトルコの軍楽隊のパレードは、すごく有名なので、生で見れてよかった、
 
左へ右へ体をひねりながら進み。
音楽は、タンタタターン、タンタタターン、タンタタタタタタターンタタターンちゅうやつ。
めちゃかっこいいし、大感動!!!
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
夕方、テオドシウスの城壁へ。
夕日が当たるときに撮りたかったので、再訪三度目。
 
イメージ 9
 
夕日に染まるブルーモスク。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
夜、ホシャパシャ文化センターに、ターキッシュダンスナイトを見に行く。
火・木・土のみ。他の日はセマーをやっている。
内容はよかったのだが、暗すぎて写真は難しい。
ここはかなり前に予約しないと前のほうの席は取れないみたい。
 
イメージ 3

トルコ・フランス取材記その47、パリ最終日、トルコへ移動。
 
パリ最終日、ようやく天候回復の感じ。
まだ雲が残るものの、かなり青空が広がってきた。
朝一で、ラ・デファンスへ。
 
イメージ 1
 
イメージ 8
 
イメージ 7
 
イメージ 2
 
メトロでバスティーユ広場に移動。
7月革命記念柱。
 
イメージ 9
 
歩いて南下。
セーヌ川とノートルダム大聖堂。
 
イメージ 11
 
イメージ 10
 
セーヌ川沿いの古本屋。
 
イメージ 14
 
ノートルダム大聖堂の内部。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
パレ・ガルニエ(オペラ座)
 
イメージ 12
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
デパート、ギャラリー・ラファイエット。
 
イメージ 13
 
4時にオペラ座から出るロワシーバスで空港へ向かう。
5時過ぎにシャルル・ド・ゴール空港のターミナル2のホールFに到着。
空港も広いので、降りるところを間違えると後の移動がたいへんになる。
 
カウンターがすいていたので、すぐにチェックイン。
7時過ぎに離陸。7時40分、綺麗な夕焼けが見える。
8時に夕食、チーズがめちゃでかい。さすがフランス、通常の3倍くらいの大きさ。
 
10時20分過ぎにトルコのイスタンブールに到着、2週間ぶりに戻ってきた。
現地時間11時20分過ぎ、以後現地時間で表記。
 
トルコの入国審査はいつも込んでいて大行列。
12時過ぎにやっと外へ。
 
今回は遅いので、泊まるユースにトランスファーサービスを頼んでいた、片道25ユーロ。
すぐに迎えの運転手を見つけて、車でユースへ。
12時半、ユースに到着。
 
長い一日とても疲れた。

トルコ・フランス取材記その46、パリ市内をぶらぶら。
 
ブログかなり更新遅れたんですが、実際は9月27日分です。
 
朝からどんより曇り空。
天気回復の見込みはなさそうなので、オルセー美術館へ。
美術館内は撮影禁止。
 
その後、歩いて南下、市内をぶらぶら。
時々青空が見えることもあるが、ほんの数分のみ。
 
サン・シュルピス教会。
 
イメージ 1
 
リュクサンブール公園。
 
イメージ 2
 
晴れてくるかなと期待してたら、急転大雨。
 
パンテオン。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
雨上がり、束の間の青空。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
夜は、ルーブル美術館前から撮影。
 
イメージ 8
 
歩いてコンコルド広場へ移動。
 
エッフェル塔とセーヌ川。
 
イメージ 9
 
コンコルド広場。
 
イメージ 10

トルコ・フランス取材記その45、マリーアントワネットの離宮。
 
前回の続き。
ヴェルサイユ宮殿を見た後、庭園を歩いてマリーアントワネットの離宮へ、30分くらいの距離。
 
少し紅葉が始まっていた。雨がぱらぱら。
イメージ 2
 
まずは、グラン・トリアノンへ。ツアーでは、まず行かないところ。
イメージ 1
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
束の間の青空。
 
イメージ 4
 
次にプチ・トリアノンへ。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
最後に、イギリス式庭園へ。
 
愛の神殿。晴れてきたかなと思ったら、またすごい雨。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
帰りにヴェルサイユ宮殿の庭園のレストランで昼食。
寒くて、また風邪をひいてしまったみたい。
たまに青空が見えるものの、天候回復の兆しがないので、パリに戻る。
 

トルコ・フランス取材記その44、ヴェルサイユ宮殿。
朝からどんより。
天気のいい日に行きたかったがもう残りの日がないので、ヴェルサイユ宮殿へ。
イメージ 13

間を飛ばして、一番に鏡の回廊へ。11時くらいになると数珠繋ぎの行列になっていた。
イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 2

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 18

イメージ 19

天井に見えるのは、新しい芸術品の展示。

イメージ 20


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 16

ヴェルサイユ風のヘリコプター、面白い。

イメージ 17

広大な庭園、晴れていれば最高なのだが、小雨がぱらぱら。

イメージ 8

イメージ 9

帰り際、ほんのわずかだけ青空が見えた。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、マリーアントワネットの離宮へ。
続く。

トルコ・フランス取材記その43、パリのオペラ座。

夜は雨、朝はどんより。
朝一で、パリのオペラ座(パレ・ガルニエ)へ、9ユーロ。

シャガールの天井画と真紅のビロードで覆われた客席。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

グラン・ホワイエ(大広間)

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

広い大理石の階段。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

昼、再び日本食に挑戦。
日本人夫婦経営のお店。
さすがにラーメンはやめて、とんかつ定食。
今回は普通においしかったが、ハムかつのように薄かった。
お茶こみで12.6ユーロ。パリの食単価はすごく高い。
ごはんがおいしかったので、銘柄を聞くと、
スペインで作っている「秋田小町」で、こちらでは「みのり」というブランドらしい。

昨日に続き再びオルセー美術館に行くが、すごい行列に退散。
エッフェル塔近くの無料の市美術館へ。

早めにユースに戻り洗濯。
お金を入れてもドライが動かない。

自動販売機もそうだが、こちらはよく壊れている。
今回で4回目。
商品も出ないし、お金ももどってこない。
機構を変えて、少なくとも返金できるようにすればいいのに。

トルコ・フランス取材記その42、パリ市内をぶらぶら。

今日も天気が悪い、朝から雨模様。
時間つぶしにパリのデパートを散策。
晴れていれば屋上からの眺めがよいのだが残念。

次にアーケード街のパッサージュへ。

イメージ 1

オルセー美術館に行ったら、月曜日休み、あちゃ~忘れてた。
しかたなく、ルーヴルの地下街でぶらぶら。

夕方、雲が途切れ少しの間青空が見える。

ルーヴル美術館。

イメージ 2

強風が吹き寒い。
風に煽られ、乳母車が暴走。
幸い赤ちゃんはお母さんの腕の中だったが、
風の力は強く、飛ぶような感じ。
ちょうど正面にいたので、ダイレクトキャッチ。
「ワンダフル」と絶賛されてしまった。

パリの橋には、錠がいっぱい。
恋人同士が二人で錠を掛け川に鍵を投げ込むというもの。
川の中鍵だらけかも。
けっこう世界中に同じようなところがあるが、スケールが違う。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

夜、シテ島のノートルダム大聖堂が見えるポイントへ。
天気はいまいち。
雲が多いのだが、街明かりで染まってこれはこれで面白いかも。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

このページのトップヘ