風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2013 夏取材記

沖縄取材記最終回 石垣島から関空へ、多良間島と宮古島の空撮 9月10日分。
 
8時発のバスで、新石垣空港へ、520円。
 
8時40分に到着。
 
9時にチェックインを済ませ、ゲートヘ。
 
飛行機は、ピーチ航空。
 
10時40分、20分の遅れで離陸。席は左後ろの29A。
 
離陸と着陸時は、デジタルカメラは撮影不可。
 
通常飛行中の撮影は、問題ない。
 
宮古島近くの多良間島。
 
イメージ 1
 
宮古島、池間島へ伸びる半島付近。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
11時過ぎ、沖縄本島上空を通るが左側からは見えず。
 
1時頃、関空に到着。
 
LCCは、ターミナル2に着くので、無料の連絡バスでターミナル1に移動。
 
主な駅に行く空港バスは、ターミナル2にも停まる。
 
ターミナル1からJRに乗り、天王寺で乗り換え、3時頃帰宅。

沖縄取材記は、今回で終了です。
 
御愛読ありがとうございました。
 
今回の撮影164GB 約6700枚。
 

波照間島 沖縄県竹富町のニシハマ 竹富島 竹富町のコンドイビーチ、西桟橋 石垣島 石垣市の玉取崎展望台、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け 9月9日分。
 
今日は波照間島から石垣島に戻る日。
 
朝から見納めにニシ浜ヘ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
10時のフェリーで石垣島へ移動、3000円。

かなり観光客は多かったが、大型のフェリーの乗車率は半分くらいだった。

11時20分頃、石垣島に到着。
 
港近くの宿(民宿マリュウド、2000円)に荷物を置いて、

12時半のフェリーで竹富島へ向かう、往復1340円。
 
10分ほどで到着。春と合わせて4度目。
 
バスでコンドイビーチへ移動、300円。
 
前回、潮が引きすぎだったので再訪。このビーチもかなり美しい。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
西桟橋まで歩く、10分くらい。

イメージ 13
 
さらに島の中心部まで歩いて散策、さらに10分ほど。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
昼飯を食べ、さらに港まで歩く。

小さな島なので、歩いてもたいしたことない感じ。

4時過ぎに石垣島に戻る。
 
宿の下のレンタカー会社で、軽を借りる、3時間3000円。
 
玉取崎展望台。
 
好天でも半島に雲がかかり、なかなかクリアに見えないので、
 
春と合わせれば10回以上来た気がする。
 
イメージ 4
 
最後は、名蔵湾のマングローブ林と夕焼け。

イメージ 5
 
イメージ 6

波照間島 沖縄県竹富町のさとうきび畑、ペムチ浜、ニシハマ 9月8日分2-2。
 
島内は、さとうきび畑がいっぱい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
ペムチ浜。
 
島には、浜が数ヶ所あるが、潮流が激しいのでニシ浜以外は遊泳禁止。
 
それなりには美しいのだが、ニシ浜が飛びぬけているので見劣りする感じ。
 
イメージ 4
 
夕方、ニシ浜ヘ。小焼けが面白い感じになった。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 

波照間島 沖縄県竹富町の高那崎と朝焼け、ニシハマ 9月8日分2-1。
 
朝から高那崎へ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 11
 
石畳の道は、2匹のへびが絡まった様子をモチーフにしている。
 
イメージ 12
 
朝食後、ニシ浜ヘ。
 
イメージ 10
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
続く。

波照間島 沖縄県竹富町のニシハマ、星空観測タワー、日本最南端の碑、高那崎の断崖 9月7日分2-2。
 
西表島大原から、11時10分発の波照間島行きの船に乗る、1500円。
 
30分ほどで波照間島に到着、有人島では日本で最南端の島。
 
迎えの車で宿へ、民宿星空荘、2食付5000円。
 
近くでレンタバイクを借りる、48時間5000円。
 
昼飯後、ニシ浜ヘ。漢字では北浜だが、ニシハマと呼ぶそうだ、ややこしい。
 
八重山で一番と評判のビーチは、本当に美しい。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
3時ごろ、星空観測タワーのある高那崎へ。
 
イメージ 12
 
日本最南端の碑。
 
イメージ 13
 
高那崎の断崖絶壁。
 
イメージ 3
 
夕食後、再びニシ浜ヘ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 

西表島 沖縄県竹富町の前良川のマングローブ林と朝焼け、さとうきび畑、南風見田の浜 9月7日分2-1。

西表島、満天の星空。
 
イメージ 1
 
再び、前良川のマングローブ林と朝焼け。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
さとうきび畑。
 
イメージ 4
 
南風見田の浜。

イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
続く。

西表島 沖縄県竹富町のバラス島、トゥドゥマリ浜の夕焼け 9月6日分2-2。
 
昨日は天気がいまいちだったが、今日は好天なので、再びバラス島へ行くことにした。

往復のみの船は借りれなかったので、

バラス島に2時間滞在する午後2時からのシュノーケリングツアーに参加、4000円。
 
1時間半ほどは写真撮影して、残りはシュノーケリングを楽しんだ。
 
サンゴでできた無人島は、引き潮の時でも歩いて端から端まで50mもないように思う。

好天で青空とサンゴのビーチのコントラストがとても美しい。
 
前日の曇り空と違って、海の色も輝いていた。
 
人も多いが、みんなシュノーケリングしているので、それほど人はじゃまにならない。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 3
 
夕方は、昨日と同じくトゥドゥマリ浜へ。
 
太陽、最後は雲に隠れたが、小焼けは面白い感じになってくれた。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 

西表島 沖縄県竹富町の前良川のマングローブ林と朝焼け、由布島の水牛車、星砂の浜 9月6日分2-1。
 
西表島前良川のマングローブ林と朝焼け。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
由布島へ。歩いて渡ると500円、水牛車だと1300円。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
島内では、蝶も身近に観察できる。
 
オオゴマダラ。
 
イメージ 7
 
リュウキュウアサギマダラ。

イメージ 8

1時に星砂の浜に移動。
前日は潮が引きすぎていたので、再訪。
 
イメージ 3
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
続く。

石垣島 沖縄県石垣市のバンナ岳から望む朝日 西表島 竹富町の中野海岸、星砂海岸、バラス島、トゥドゥマリ浜 9月5日分。

石垣島バンナ岳から望む朝日。
 
イメージ 1
 
9時半のフェリーで西表島に移動。
 
軽のレンタカー、48時間7500円を借りる。
 
宿は前回と同じ民宿やまねこ、2000円。
 
前日ネットで予約しようとしたら、もうできなかったが、
 
直接行ったら、がらがらだった。
 
西表島の中野海岸。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
星砂海岸。

イメージ 4
 
昼からサンゴでできた無人島のバラス島へ。
 
撮影だけしたかったので、往復だけの船を頼む、行き返り各15分、バラス島30分で3000円。
 
ツアーが入っていなかったので、一人にもかかわらず行ってくれた、感謝。
 
ちょうど午前と午後のツアーの合間で他の船はまったくなく、しばらくの間貸切状態。
 
少しすると午後のシュノーケリングのツアーの船が数台やって来た。
 
空の一部には青空が覗いていたが、全体に曇り空でいまひとつの感じ。
 
それでもビーチは充分美しいのだが。

イメージ 5
 
夕方、トゥドゥマリ浜へ。
雲が多く最後は太陽は隠れてしまった。
 
イメージ 6

石垣島 沖縄県石垣市のサンセットビーチ、川平湾、玉取崎展望台 9月4日分。

夜は雨、朝は雲が多かったがしだいに晴れてくる。
全体に雲が多くすぐ陰り撮影しにくい。

朝から光線と青空もとめて、あっちこっち行ったり来たり。

サンセットビーチ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

川平湾。

イメージ 4

イメージ 5

玉取崎展望台からの眺め。

イメージ 6

撮影に出ているときは、大体いつも日の出から日の入りまで撮影しているが、
島の朝夕は、厚い雲に覆われることが多く、特に朝夕の撮影は難しい。
広い絵で撮りたいのだが、たいていはアップ写真になってしまう。

このページのトップヘ