風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2014 秋取材記

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と紅葉 11月30日。

前日は雨。所要が多かったので撮影には出かけず。
朝から快晴。昼頃から奈良公園へ。
紅葉は散り始め。

青空は綺麗だが、コントラストが強すぎて鹿は撮りにくい。
2時ごろから雲が増えてきたので、帰路に着いた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




香川県小豆島のオリーブ公園と二十四の瞳映画村 11月28日分3-3。

草壁港で乗り換え、バスでオリーブ公園へ。

ギリシャ風車。

イメージ 1

オリーブの木。

イメージ 2

ふれあい広場。

イメージ 3

小豆島、瀬戸内の島で、交通それほど便利でもないのに、
アジアからの観光客がいっぱい来ていたのにびっくり。

オリーブ園下から渡し船でも行けるが、
バスで二十四の瞳映画村に移動。
入場700円。岬の分教場との共通券790円。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

歩いて岬の分教場に移動、約10分。
入場200円。こちらが元学校で、最初の映画もここで撮られた。

イメージ 8

2時半に坂手港へ。

オリーブの実。

イメージ 9

3時50分、フェリーに乗船。
フェリーの屋上のオブジェ。
ヤノベケンジさん作のジャンボとらやん。
行きの時とは、デザインが違うもの。

イメージ 10

魔女の宅急便の小道具も船内に展示されていた。

イメージ 11

瀬戸内海に沈む夕日。

イメージ 12

7時ごろに神戸港に到着。
船上から、超高感度で手持ち撮影。
キャノン5D2 ISO12800,F4,1/45秒
かなり暗い状態からだったが、そんなに大きなサイズでなければ使える。
薄暮なら、かなり使えそうな感じ。
今はもっと高感度の画質いい機種があるので、
夜景が手持ちで撮れる時代になってきた。

イメージ 13

7時半頃に三宮。9時ごろに帰宅。

香川県小豆島の寒霞渓の紅葉 11月28日分3-2 。

朝から快晴の予感。

歩いてエンジャルロード 天使の散歩道へ。
土庄港から20分くらい。
道は見えていたが、潮が引きすぎ、残念。


イメージ 1

さらに歩いて双子浦へ。エンジャルロードが見える。

イメージ 2

そこからバスに乗り、草壁港へ、550円。
さらにバスを乗り継ぎ、紅雲亭へ、360円。


1日バス券、2000円。2日バス券、2500円。

9時半前に紅雲亭到着、ロープウェイヘ。
往復1350円のホームページ割引10%オフで1220円。


ロープウェイ駅前から見る紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

ロープウェイ内から。窓が開くので撮りやすい。
左側のロープウェイが来たときにに乗ると、吊線がじゃまにならない。
左か後ろ側の窓がおすすめ。

イメージ 3

イメージ 6

第一展望台から撮影。朝早すぎると左の影が多いので、昼前後がおすすめ。

イメージ 7

山頂駅のテラスより撮影。向かって右側が来たときがおすすめ。

イメージ 8

表12景を見て下るが、あまり見所なし。
裏8景のほうが面白い。

11時36分のロープウェイで紅雲亭へ下りる。

イメージ 9

イメージ 10

紅雲亭駅周辺の紅葉。

イメージ 11

イメージ 12

11時50分のバスで草壁港に戻る。
続く。

香川県小豆島の寒霞渓の紅葉 11月27日分3-1。
26日の夜9時過ぎに出発、JRと阪神を乗り継ぎ11時過ぎに神戸三宮へ。
11時半、連絡バスで神戸港へ、210円。
11時40分、フェリーターミナル着。
小豆島までの往復3980円、深夜便割り増し300円。
深夜便は、高松経由になる。

個室を取ったのでさらに2000円。
個室は狭いが、ベッドと布団付、ゆっくり眠れる。


個室はがらがらで、
ほとんどの人はリクライニングシートか、自由席で雑魚寝。

深夜1時出発予定だったが、1時間ほど遅れる。

途中高松港に寄港、夜が明けるころに目が覚める。
天気予報通り、快晴。

イメージ 2

フェリーの屋上のオブジェ。
ヤノベケンジさん作のジャンボとらやん。


イメージ 3

翌27日、8時20分小豆島の坂手港に到着。

あらかじめ乗り継ぎの時間などは調べ、計画していたのだが、
1時間遅れでの到着で、乗り継ぎの路線バスはなく、
予定が完全に狂ってしまう。

観光情報リンク


バスの便数が少ないので、草壁港まで1時間撮影しながら歩く。
途中、醤油などを作っている工場が多い。

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 5

寒霞渓まで行くバスがないので、レンタカーを借りる。
ガス代込みで4時間 5000円、6時間 6300円。
車で寒霞渓の山頂へ。

時々青空が見えるが、雲が多くあやしくなって来た。

森の中、裏八景を歩いて下る。


松茸岩。

イメージ 6

イメージ 7

鹿岩。

イメージ 8

石門洞付近の紅葉。
この辺りからは、広い車道になる。

イメージ 9

幟岩。

イメージ 10

猪谷まで約1時間。そこから車道を1キロ歩くと紅雲亭。
ロープウェイの上り口である。
雲が増え完全に曇りになってしまった。

片道750円だが、ホームページに割引券があり、団体料金と同じになる。
頂上付近は、かなり散っていたが、中腹は見頃。

イメージ 11

イメージ 12

山頂駅からの眺め。

イメージ 13

第一展望所からの眺め。

イメージ 14

一日好天予報で油断していたので、急に曇りになってがっかり。
山は、森の中以外はやはり晴れのほうが断然よい。

迷ったが、日帰り予定を変更、1泊することにした。

夕方バスで、安宿の多い土庄(とのしょう)港に移動。

続く。

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と紅葉 11月26日。
前日は本降りの雨、当日も朝から小雨。
雨が上がったので、昼から奈良公園へ。

散り紅葉もしっとりで、光線状態はフラットでまぁまぁよいのだが、
ややどんよりで光量は少なく、主に1600の高感度で撮影。

紅葉は見頃旬で、観光客もすごく多かった。
夜から出かけることもあり、2時間ほど撮影して帰る。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


京都府精華町のけいはんな記念公園の紅葉 11月24日2-2。
2時過ぎに、けいはんな記念公園に到着。
駐車場は1回、400円。
水景園は、200円。


紅葉散ってるのも多いようだが、見頃。

24日で終了したが、園内のギャラリー月の庭で行われていた、
さんだたかひろさんの世界遺産写真展 オセアニアの遺産を見学。
ご本人にもお会いできた。

4年間で世界一周、世界遺産をテーマに撮影されている。
自分も世界遺産を撮影しているので、前から気になっていた。

ホームページ紹介しておきます。



観月橋から見下ろす紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

観月橋。

イメージ 6

かかしが3つあってなかなか面白い。

イメージ 7

イメージ 8



大阪府交野市のほしだ園地の紅葉 11月24日2-1。
朝から大阪府交野市のほしだ園地へ。
奈良県生駒市の北側になる。斑鳩町から40分ほど。

天気は快晴。

10時10分頃に着いたときは、駐車場はほぼ満車。
1時間200円。ハイカーがいっぱい。


森林鉄道風歩道橋を歩いて10分ほどで、クライミングウォールのある広場。
管理棟、トイレなどがある。食べ物販売のワゴンも出ていた。

イメージ 1

この辺りには楓も多く、見頃。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

さらに5分ほどで分岐、右に5分ほど進むと星のブランコと呼ばれる吊り橋。
吊り橋は、けっこう揺れる。
眼下に見えるのは、コナラの紅葉が多い。

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

吊り橋を渡りさらに5分ほど進むと、分岐があり、
右に進むと橋を横から望むヤッホーポイント、さらに進むと最初の分岐に戻る。

左に進むと、すぐにやまびこ広場に至る。
そこから少し上ると展望台。
眼下に星のブランコが見える。

左の支柱の上あたりが、天王山。左側が枚方市街。
右の支柱の上あたりが、京都市街になる。

イメージ 9

ヤッホーポイントからの吊り橋。

イメージ 10

上の分岐から下の分岐まで、約10分。
1時前に駐車場に戻ると、道路は駐車場町の車で渋滞中。

国道163号線まで戻り、京都市精華町のけいはんな公園に向かう。
続く。

奈良県高取町の城まつり 11月23日。

朝は旅の疲れでのんびり。
昼から奈良県高取町の城まつりへ。
母と姪っ子もいっしょなので、ほぼ観光。

高取町の役場から無料のシャトルバスが出ている。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
南京玉簾。

イメージ 8
よさこい踊り。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
鉄砲隊。
鑑定団で鉄砲の鑑定されている方が来られていた。

イメージ 13


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


岡山県岡山市の後楽園・岡山城と倉敷市の倉敷美観地区の紅葉 11月22日分。

岡山駅から出る8時過ぎのバスで岡山県岡山市の岡山後楽園へ、140円。
8時20分頃に到着。入園400円、日本三庭園の一つ。


天気は快晴。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

歩いて岡山城に移動、すぐ横にある。

イメージ 5

イメージ 6

後楽園、再入園可。

11時頃に岡山駅に戻る。

駅前の桃太郎像。

イメージ 7

11時45分、倉敷駅に移動、岡山から15分ほど。
駅から歩いて倉敷市の美観地区へ、10分くらい。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

倉敷アイビースクエアのツタ紅葉。

イメージ 14

2時半ごろ、倉敷駅を出て岡山駅で乗り換え、
3時過ぎの新幹線で新大阪駅へ。
4時に新大阪駅乗り換え、5時半前に帰宅。

瀬戸内の紅葉取材終了、ひさしぶりの鉄道とバス旅でした

広島県三原市の仏通寺と三景園の紅葉 11月21日分。

三原駅前から出る7時40分のバスで広島県三原市の仏通寺へ、620円。
バスはがらがら。
8時15分頃に到着、まだほとんど観光客はいない。
天気は晴れ少し雲。

参道の紅葉。

イメージ 1

橋の手前に白いテントの受付がある。
境内300円、三脚持ち込み不可、預かってくれる。
紅葉時期以外は無料。

橋を渡ってから手持ち撮影。
境内、そんなに広くはない。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

再び参道に出て撮影。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

10時くらいから観光客が増えてくる。

11時過ぎのバスで移動、客は自分だけ。
11時18分、途中の本郷駅で下車。
本郷駅で止まるのは定期便のみ、臨時便は三原駅直行。

本郷支所横のバス停に移動、5分ほど。
裏手の高台の道にある。

11時50分ごろの広島空港行きのバスで広島空港へ。
12時10分頃に到着。

歩いて10分くらいで三原市の三景園、入園310円。
天気はしだいに高曇りから曇りに変わる。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

3時ごろのバスに乗り、3時半ごろに三原駅に戻る。
すぐに岡山県の岡山市に向かう。

5時半頃に岡山駅に到着。
駅近くの宿へ。

山口県岩国市の錦帯橋と広島県広島市の平和公園と広島城の紅葉 11月20日分。

防府駅から6時45分ごろの始発で、岩国駅に向かう。
8時半過ぎに岩国駅に到着。バスで錦帯橋へ。
9時ごろに到着。
5日前は錦帯橋周辺の楓はまだ早かったが、もう見頃になっていた。
桜紅葉は、半散り。

朝は雲が多かったが、しだいに快晴になる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昼前まで撮影。
その後、広島駅に移動、1時間ほど。

路面電車で平和公園へ、160円。

広島市の原爆ドーム。

イメージ 4

イメージ 6

平和公園。

イメージ 5

イメージ 7

歩いて、広島城へ。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

3時半頃に広島駅に戻り、3時45分三原市に向かう。
5時前に三原駅に到着。駅近くの宿へ。

山口市香山町瑠璃光寺と防府市の毛利氏庭園の紅葉 11月19日分。

湯田温泉のオブジェ。

イメージ 1

イメージ 2

朝から再び瑠璃光寺へ。
晴れているが山手側は雲が多い。
雲が切れないので、一度龍福寺へ。

イメージ 3

イメージ 4

再び、瑠璃光寺に戻る。
昼前後の光線がベストだが、山にかかる雲は消えない。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

待つのをあきらめて、昼前に瑠璃光寺前からコミニュティバスで山口駅へ、200円。
そこからJRバスで防府駅に向かう、860円。
JRは遠回りだが、バスより安い様子。

宿に荷物を預け、歩いて防府天満宮へ。

イメージ 8

イメージ 9

さらに歩いて、毛利氏庭園へ、入園400円。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

4時半、歩いて宿に帰る。




山口県美祢市の秋吉台と香山町瑠璃光寺の紅葉 11月18日分。

朝は曇り、後雨が降ったりやんだり。
9時前、湯田温泉からバスで秋芳洞へ向かう。
40分ほどで到着、1140円。
秋芳洞は、入洞1200円。

秋芳洞の入り口。

イメージ 1

百枚皿。

イメージ 2

途中にあるエレベーターを上がり、5分ほど歩くと秋吉台。
草紅葉が綺麗だったが、まだ少し早い感じ。

イメージ 3

イメージ 4

12時半のバスで戻り、湯田温泉を通過、そのまま山口市の県庁前へ、1210円。
そこから歩いて10分ほどで瑠璃光寺へ、香山公園は自由、資料館は有料。

雨は止み曇り空に変わる。
観光客は次々来るが、すぐに帰るのであまり気にならない感じ。
香山公園の紅葉は少ない。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

3時ごろから晴れてくる。サイド光に近い感じ。

イメージ 10

イメージ 11

歩いて近くの龍福寺に移動、境内自由。

イメージ 12

イメージ 13

夕方、再び瑠璃光寺に戻り、日没を待つ。
右側の楓にライトが当たらないのが残念。

イメージ 14

ここの楓にはライトアップはないので、手持ちのライトであぶった。

イメージ 15

イメージ 16

6時過ぎに出て、宿に戻る。


山口県山口市の長門峡の紅葉 11月17日分。

朝はどんより、しだいに小雨が降ったりやんだり、後くもり。

兄夫婦に送ってもらい、6時半過ぎに新南陽駅へ。
新山口駅で乗り換えるが、
長門峡行きの列車がなくて1時間半ほど時間をつぶす。
10時20分過ぎに山口県山口市の長門峡駅に到着。

駅前の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

長門峡までは、歩いてすぐ。紅葉は少ないかんじ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

列車の本数が少ないので、奥までは行かず、途中でユーターンして駅に戻る。

最後はぎりぎりで大慌て、危うく乗り過ごして3時間も待たなくてはならないところだった。

1時30分過ぎに湯田温泉駅へ。
少し早めに駅近くの宿に泊る。


広島県廿日市市の宮島の紅葉 11月16日分。

朝から再び廿日市市の宮島へ向かう。
7時過ぎに宮島に到着。すぐに紅葉谷公園へ。
日が当たる前に紅葉谷公園入り口のもみじ橋と紅葉を撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

早朝から観光客やカメラマンは多いが、
みんな日が当たっていないと朝はスルーするので撮り易い。
本当は一番いい時間帯なのだが。
8時半頃から団体客が増えたので、紅葉谷駅に移動。

イメージ 5

イメージ 6

紅葉谷駅からロープウェイで弥山へ。往復1800円。
途中で一度乗り換える。
天気は、晴れだが雲が多くいまいちすっきりしない。

獅子岩駅すぐの獅子岩。
獅子岩駅には、食堂のほかに無料のロッカーもある。

イメージ 7

弥山展望台。獅子岩駅から1時間くらい。

イメージ 8

12時過ぎに紅葉谷駅に戻ると大混雑、観光客であふれていた。

大聖院の紅葉。ここは山裾にあり変化に富んでいて面白い。

イメージ 9

イメージ 10

3時過ぎに宮島口に戻り、山陽本線で新南陽へ向かう。
5時前に新南陽に到着。
兄夫婦が周南市に住んでいるので、泊めてもらう。

山口県岩国市の錦帯橋と広島県廿日市市の宮島夜景 11月15日分。

6時20分発の始発で大竹駅から岩国駅に移動。
岩国駅からはバスで錦帯橋へ、250円。
7時半頃に山口県岩国市の錦帯橋に到着。錦帯橋、往復300円。

天気は快晴。

紅葉谷公園は見頃旬。日があたる前がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

岩国城と吉香公園の櫂の木の紅葉。

イメージ 5

岩国城からの眺め。眼下に錦帯橋が見える。
ロープウェイ往復は、550円。プラス岩国城入城で810円。
プラス錦帯橋往復で940円。
城周辺には、ほとんど紅葉はない。

イメージ 6

イメージ 7

再び、吉香公園。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

3時半ごろ出て、広島県廿日市市の宮島に移動。
4時20分頃に到着。
5時過ぎに日没。この時期は宮島の島影に隠れる。
5時15分頃に、燈篭に日が入り、ライトアップも始まる。

日没後20分から40分くらいの時間帯が、背景と鳥居の明るさのバランスがよくおすすめ。

イメージ 11

イメージ 12

厳島神社。

イメージ 13

6時15分に出て、7時ごろ宿に戻る。

広島県廿日市市の宮島の紅葉 11月14日分。

朝7時に法隆寺駅発、8時過ぎに新大阪駅で新幹線に乗り換え、
9時40分過ぎに広島駅に着く。
すぐに岩国行きに乗り換え、10時15分頃に廿日市市の宮島口に到着。
天気は晴れ、しだいに雲が増える。

フェリーで対岸の宮島へ、片道160円。

すぐに紅葉谷公園へ、紅葉は全体的に見頃前半。
赤い橋は2つあり、パンフレットでよく使われるのは、下のほうの橋。
橋周辺は、見頃。

上の赤い橋は、もみじ谷橋と言う。

イメージ 1

イメージ 2

こちらは、下の赤い橋でもみじ橋と言う。

イメージ 15

鹿さんもいっぱい。

イメージ 3

大聖院、紅葉は見頃。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

厳島神社と五重塔。
豊国神社横のイチョウは、色変わり中。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

紅葉谷公園、もみじ谷橋の近く。
この辺りも見頃。

イメージ 11

もみじ橋、日が暮れてから撮影。
晴天時、森の中では日中よりも朝夕の明るい日が当たらない時間帯がおすすめ。

夕方、テレビ中継がありそうだったので待機。

普通はライトアップはされないが、テレビ中継でライトアップ。
貴重な写真が撮れた。
観光客は少しいたが、カメラマンは他にいなくて独り占め。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

夕方雲が増えたので、大鳥居の夜景はいまひとつ。
6時過ぎに出発。
フェリーで渡り、JRで大竹駅近くの宿へ。

兵庫県神戸市の六甲山と六甲高山植物園の紅葉 11月11日分2-2。
12時40分頃に有馬温泉に到着。
銀杏は見頃だが、川沿いの楓はまだ色変わり中。

イメージ 4

瑞宝寺公園ももう見頃だが、時間的にきついので行かなかった。

写真を撮りながらゆっくり歩いて約25分、
六甲有馬ロープウェイ有馬温泉駅へ、けっこう遠い。

ロープウェイと六甲ケーブルカーと山上バス乗り放題の片道チケットが、1750円。
他にもいろんなパスがあるが、ロープウェイ駅では売られていない。

ロープウェイから六甲山の紅葉が見えるが、紅葉は少なめ。
1時20分過ぎに山上へ。
快晴ながら、やや暑いからか、遠景の抜けが悪くがっかり。
神戸市街撮りたかったのだが、もやっとしていたので撮影せず。


イメージ 2

イメージ 3

六甲枝垂れ、入場300円。

イメージ 1

イメージ 8

六甲高山植物園、入場620円。森林植物園に比べて高過ぎ。
紅葉は全体的に見頃終盤、あまり絵になる木もない感じ。
楓もドウダンツツジも散り始め。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2時半過ぎから、急に曇ってくる。

3時半ごろに六甲ケーブル山上駅へ。
天気がよければ、夜景を撮るつもりだったのだが、あきらめて帰路に着く。

六甲ケーブル下駅から市バスでJR六甲道駅へ。
6時ごろに帰宅。


兵庫県神戸市の神戸市立森林植物園の紅葉 11月11日分2-1。
朝は曇っていたが、しだいに快晴になる。
JRで三宮駅へ、地下鉄に乗り換え湊川駅へ、さらに神戸電鉄で北鈴蘭台駅へ。

北鈴蘭台駅から森林植物園行きの無料のシャトルバスが出ている。
秋のシーズンは臨時バスもあり、午前中は30分に1本くらいある。

森林植物園は、入場300円。

モミジの回廊は一部見頃だが、まだ青葉も多い。
イチョウは色変わり中で、ほぼ見頃。
回廊は、ライトアップもしている。

イメージ 1

イメージ 2

長谷池周辺は見頃、早い部分はもう落葉している。
午前中の公園がおすすめ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

シアトルの森付近。一部見頃だが、全体は色変わり中。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

昼前のバスで、北鈴蘭台駅へ戻り、有馬口で乗り換え有馬温泉へ向かう。
続く。

大阪府千早赤阪村の「金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2014」11月8日分。

天気は曇り。
夕方から、大阪府千早赤阪村の棚田夢灯りを見に行く。
会場の下赤坂の棚田は、日本の棚田百選に選ばれているところ。

臨時駐車場は、赤阪小学校と村民運動場の二ヶ所。
それぞれからシャトルバスが出ている、全て無料。
歩いても15分ほど。

棚田横と村立中学校の会場では、昼過ぎからいろんなイベントが行われていて、
人は多かったが、場所は広いので撮影に困ることはない。
コスモスはまだ見頃。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


このページのトップヘ