風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2015 台湾取材記

台湾取材記その8 最終回、1月15日分。

天気はあいにくの曇り。

ホテルをチャックアウト。
バスターミナルで鞄1つをコインロッカーに荷物を預ける、3時間20元。
台鉄内では、1日50元というのもあった、どちらも小さなロッカーの値段。

台鉄で昨日も訪れた基隆へ。
天気回復を願いながら、街を散策。

仏光寺。

イメージ 1

中正公園、高台にあり眺めがよい。
晴れていれば港の眺めが最高なんだが。

イメージ 2

駅前に戻り、バスで野柳へ、30元。35分ほどで到着。

野柳風景区、入場80元。7時半から5時まで。
有名な奇岩のクレオパトラの顔を撮影したかったが、天気も悪く観光客も多いので残念、またの機会。
クレオパトラの顔は正面南向きだが、観光客が後ろに廻るので、早朝がよさそう。

イメージ 3

奇岩の形に合わせたキャラクター。

イメージ 4

1時半、バスで基隆へ戻る。
2時10分、基隆へ到着、約40分。

昼飯後に、台鉄で台北駅に戻る、41元。約35分。

4時過ぎに空港へ、バス125元。(会社により値段が違う)
4時45分に到着。

5時15分、チェックイン。結構混んでいた。
5時40分、イミグレーションを過ぎて中へ。
6時に出発ゲートへ。

6時50分に機内へ、7時20分離陸。

以後日本時間で表記。(台湾時間からプラス1時間)

10時20分過ぎに関空着陸。

10時50分、税関を抜けて外へ。
すぐにターミナル1ヘの送迎バスに乗る。

11時3分、ターミナル1に到着。
大急ぎで、JRに乗り込む。
なんとか11時9分発に間に合った。

深夜12時に天王寺で乗り換え、12時29分王寺に到着。
タクシーで12時45分帰宅、長い1日だった。

台湾取材記は今回で終了です、ありがとうございました。

台湾取材記その7、1月14日分。

朝から小雨。

MRTの文湖線で動物園駅へ。
そこから猫空ロープウェイに乗り換える。
途中にある木柵指南宮まで40元、イージーカード使用可。
猫空ロープウェイは、途中2つの駅があり、かなり距離が長い。
ハローキティがマスコットキャラクター。
上のほうは霧の中。

イメージ 1

木柵指南宮、外観は修復工事中。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

3時頃、市内に戻りバスで九份の街に向かう、102元。
4時15分に到着。セブンイレブンのある入り口から基山街を散策。

九份はかつての金鉱の村で、映画「非情城市」の舞台として有名。
また宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の舞台と
雰囲気が似ているとして、人気が高い。

イメージ 6

イメージ 7

レストランで食事後、テラスから撮影させてもらった。
食事もせずに撮影だけしている観光客も多い。
店の人も慣れているのか文句は言わないが、マナー違反。

イメージ 8

帰りは、バスで基隆に移動、30元。
近くなのに混んでいて、50分くらいかかった。
そこから、台鉄で台北の松山駅へ、32元。
 
慈祐宮。夜市のすぐ横。

イメージ 9

イメージ 10

饒河街観光夜市。

イメージ 11

松山駅にはMRTもあるので、帰りはMRTで戻る。

10時過ぎにホテルへ、11時過ぎに就寝。

台湾取材記その6、1月13日分。

天気は晴れ、青空が見えるものの雲が多い。

朝から象山へ。
駅から登り口まで、約10分。途中コンビニあり。

登り口から最初の展望台まで、約10分。
そこから六岩石という巨石の間を抜け5分で撮影平台という展望台。
さらに進むとトイレなどがあり、分岐を左へ5分くらいで拓印台という展望台。

途中、巨石の上に登っている人が多いが、
すぐにもっと見える展望台があるので、無駄。

拓印台からの眺め。
雲が多く、青空の面積が増えるまでかなり待った。
南東方向から、台北101を見ることになるので、
午前中がおすすめ。
後ろ山はおそらく陽明山。

イメージ 1

象山、1周すると2時間半くらいとのことだが、
奥に行くと街が見えないようなので、行かなかった。
もしかしたらもっとよく見える場所があるかもしれない。
道はよく整備され地図やトイレ・展望台も多い。
観光客もいっぱい。

12時頃、孔子廟に移動。正面南向き。
すぐそばの大龍峒保安宮にも立ち寄る。ここも正面南向き。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

MRTとバスで忠烈祠に移動。
今回は晴天で衛兵交代式を見る。
正面南向き。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

歩いて、台湾を代表するホテルの圓山大飯店へ。
ホテルとは思えないほど格式がある感じ。
正面南向き。

イメージ 11

2時半過ぎに、行天宮へ。
正面南向き。なんか行事をしていてすごく混んでいた。

イメージ 12

3時半頃に、中正紀念堂に移動。

正面は北西向き。

イメージ 13

夕方、再び象山へ。観光客がかなり来ていた。
道は明るく照らされ、観光客も多いので、奥に行かなければ安全。

展望台、10本くらい三脚が並ぶ。観光客が帰ったので、ぎりぎり入れた。

日本では100本以上三脚が並ぶ場所も少なくないが、
海外でここまで三脚が並んでいるのは初めて見る。
いろんな面で日本に近い感じ。

雲が増え、夕焼けは望めず。
ブルーの空にもならないので、暗くなるまで待つ。
意外と街灯りは少なく構図は限定。

拓印台からの眺め。

イメージ 14

イメージ 15

撮影平台からの眺め。

イメージ 16

7時過ぎに台北101の展望台へ。
展望台、500元。JCBカードは、15パーセント引き。
すぐ上がれるファーストチケットは1000元。

入場制限で8時半からというので、地下で食事して時間をつぶす。
8時半から並ぶが、大混雑で展望台に上がれたのは、9時半ごろ、疲れた。
観光客多いのに、エレベーター小さ過ぎ。
ファーストチケットにしときゃよかった。

小雨が降ってきて、見る景色はソフトフォーカス風。
街灯りは少なく、展望台からはいまいちな感じ。

89階から91階が展望台だが、
91階の屋外展望台は、一方向以外は立ち入り禁止。
89階は高級土産物売り場で、窓際は開いているが、あまり長いはしにくい感じ。

10時10分頃、閉店のアナウンスで展望台終了。
後ろ、かなり並んでいた人たち、いったい何分くらい見れたんだろう。

イメージ 17

11時頃にホテルに戻り、疲れたのですぐに就寝。

台湾取材記その5、1月12日分。

朝からホテルで自転車を借りて街へ、1日100元、デポジット1000元。
出掛ける直前、日本人のMさんに出会い、いっしょにツーリング。

まずは、三鳳宮へ。正面南向き。
曇っていたのが、急に晴れてきた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

愛河を渡り、快晴の爽やかな空の下走る。
途中、トンネルを抜けると中山大学構内。構内を抜けると西子湾。

イメージ 4

帰りは、南下して道沿いを走る。

高雄の港。

イメージ 5

かつての鉄道・倉庫跡を利用した芸術特区。
次回のイベントの準備中で、たいしたことはしていなかった。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

11時過ぎにホテルに戻り、チェックアウト。

その後、二人で再び高雄85ビルの展望台へ。
しかし、急に曇ってしまった、残念。

2時半に左営駅から台湾新幹線に乗る。

最初、台中に行くつもりだったが、
台北の天気予報がよかったので、急遽戻ることにした。

4時過ぎに台北に到着。
ホテルにチェックイン。

雨で撮影はやめ、ホテルで洗濯。
8時半ごろ、早めの就寝。


台湾取材記その4、1月11日分後半。

ホテルにチェックイン後、MRTで高雄85ビルへ。
途中の道沿いのディスカウントチケット店で、
展望台の入場券が140元で売られていたので購入、通常180元。

高雄85ビルの展望台からの眺め。
75Fから階段を降りた74Fがメインフロア。
75Fからも西方向は見える。74Fには、カフェもあり。
観光客は少なくすいていた。

夕方、急に雲が増えブルーの空は拝めず。

東北方向。

イメージ 1

西方向、高雄港が見える。

イメージ 2

南方向。

イメージ 3

高雄港から望む高雄85ビル。

イメージ 4

次に六合国際観光夜市へ。

イメージ 5

イメージ 6

愛河と遊覧船。
橋も船もライトアップされている。
夜10時くらいまでやってる。

イメージ 7

イメージ 8

10時半、ホテルに戻る。かなり歩いて疲れた。
11時半に就寝。

台湾取材記その3、1月11日分前半。

台北の天気予報がいまいちなので、南部の高雄に移動することにした。
8時半の台湾新幹線で高雄(左営)へ。
自由席で1580元。

10時過ぎに左営駅に到着。
左営駅は高雄の北の郊外にあり、高雄駅と台鉄とMRTで結ばれている。

左営駅からバスで、左営蓮池譚へ。
バスは遠回りするが、わりと駅に近いので歩いてもいけそう。

天気はやや抜けが悪いものの快晴。

周辺の廟は、東向き正面。午前中がお勧め。

イメージ 1

イメージ 2

ここには有名な龍虎塔がある。

イメージ 3

イメージ 4

湖の北側にある孔子廟は南向き正面。昼前後がおすすめ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 12

龍虎塔を含め、湖の周囲には多くのシンボルがあるが、全て湖の西向き正面。
午後になってから撮影。観光客がいっぱい。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

4時過ぎに左営駅に戻る。
バスはイージーカードが使えたのだが、高雄のMRTは使用不可。
こちらは別のカードになる。そのうち相互利用できるようになるかも。

高雄まではMRTで20分ほど。
駅近くのホテルへ。
トイレ・風呂・テレビ付きで休日700元、平日600元と格安。
台北で同じ値段だとトイレ・シャワー・テレビは共同。

続く。


台湾取材記その2、1月10日分。 

朝は雲が多い天気。
朝一に地下鉄のMRTで台北101ビルへ。
一瞬の晴れ間に撮影。

イメージ 1

歩いて国父紀念館へ。後ろの建物工事中。正面は南向き。

イメージ 2

孫文像がある。

イメージ 3

イメージ 4

MRTとバスで忠烈祠に移動。
正面南向き。
天気は曇りに変わる。
毎正時に衛兵交代式がある。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

タクシーで国立故宮博物院に移動、155元。
拝観250元。
内部は撮影禁止だが、携帯で撮影している人が多い。
内部の拝観を終えて出てきたら晴れてきた。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

バスとMRTで3時20分頃に中正紀念堂に移動。

イメージ 11

イメージ 12

夕方、再び台北101へ。

イメージ 13

一度ホテルに戻り、三脚を持って再び戻り、夜景撮影。
雲が増えたので、いまひとつ。

イメージ 14

国父紀念館前から撮影。

イメージ 15

8時前にホテルに戻る。
歩き疲れて足が痛い。

9時半に就寝。

台湾取材記その1、1月8・9日分。
1月8日、午後3時過ぎに出発、大阪梅田へ。

大阪のキャノンサービスで、CMOSの清掃。
夕食後にJRで関空へ移動。

関空のネットカフェで3時間ほど時間をつぶす。

10時40分、りんくうタウンに移動。
スターゲイトホテル関西エアポートにチェックイン。

ローコストプランの11時のチェックインには早かったが、
チェックインさせてもらえた。
LCCの早朝送迎付で6800円。
高層階の部屋は豪華で申し分なし。

1月9日。
早朝5時起き。
5時20分の送迎バスで関空の第2ターミナルへ。

5時35分頃に到着。
まだピーチ航空のチェックインはできず。

5時50分、ピーチ航空のチェックイン開始。
50分にも送迎バスがあったので、そちらで充分間に合ったみたい。

6時に出国審査を経て待合室へ。

7時25分にゲートオープン、窓際のAとF席は優先。
7時30分、空港内を歩いて機内へ。外は寒い。
8時10分に離陸。

ピーチ航空、シートピッチが狭く、飲み物有料だが、
早期予約では、往復18000円程と格安。

台湾時間、日本より1時間早い。以後台湾時間表記。

10時前に台湾に到着。

10時45分、入国審査を終え、空港内で昼飯をとる。

両替1万円で約2500元。100元が約400円。
2,3年前なら100元が250円ほどだったので、かなり円安が進んだ。
最近海外からの観光客増えたのがよくわかる。
それでも、物価はかなり安く感じる。

11時10分、バスで台北市内へ向かう、90元。
12時20分頃に台北駅前に到着。

イメージ 1

地下鉄やバスなどで使えるプリペイドのイージーカードを手に入れ、
ホテルにチャックインしてから、さっそく市内を廻る。

天気は雲の多い晴れ。

2時頃、龍山寺へ。正面は南向き。

イメージ 2

イメージ 3

3時半頃、孔子廟へ、正面は南向き。
もう日が傾いてきて手前が陰り、全景は撮れず。

イメージ 4

すぐ近くの保安宮。

イメージ 5

夕方、中正紀念堂へ。ここは北西向き正面。
雲がかなり増えた。

イメージ 6

夜は、台北で最も有名な士林夜市へ。
台湾は、安くてうまいものがいっぱい。

イメージ 7

9時頃にホテルに戻り、疲れたので早めに就寝。

このページのトップヘ