風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2015 中央ヨーロッパ・トルコ取材記

中欧取材記その65、8月2日分ポーランドから日本へ

ポーランド最終日。

天気は晴れだが、うすい雲が多く抜けが悪い

ワジェンキ公園のワジェンキ宮殿。

イメージ 1

イメージ 2

10時過ぎの列車で空港へ。前回のこともありかなり早めに出発。

10時半にワルシャワ・ショパン空港に到着。

なかなかチェックインカウンターは開かず、12時過ぎにやっとチェックイン。

前回なぜ、勘違いしたのか検証した。

空港自体は新しく、設備も整っているが、

案内がわかりにくく、勘違いしてもしかたがない感じだった。

日本の空港とは大違いだ。

とはいえ空港に慣れすぎて、

確認不十分で油断していた自分のミスであることには、変わりがない。

12時20分に手荷物検査を受け中へ。

シェンゲン協定の為、協定国間は審査がないため、

イミグレーションは、特定のゲート付近にある特殊な作り。

2時45分に機内へ。

3時30分に離陸、予定より45分遅れ。

6時前に乗り継ぎのトルコのイスタンブールに到着。

現地時間7時。以後現地時間で表記。

日本行きの乗り継ぎの時間が5時間以上あったが、

もう暗くなり始めており、三脚は機内預かりの荷物の中で、

日本に直行なので、撮影には行かなかった。

10時50分に出発ゲートの表示が出たので、ゲート219に向かう。

日は変わり、8月3日の深夜12時50分に機内へ。

1時半頃に離陸。

機内では靴下やスリッパなどのセットが配られる。

映画好きなので、機内では寝ずに4本も続けて映画を見てしまった。

12時50分に関空に到着。

日本時間では、夕方6時50分。以後日本時間で表記。

7時20分に荷物を受け取り外へ。

7時40分にJRに乗り、9時15分に帰宅。長い一日だった。

これで、2015年5月30日から8月3日までの66日間
(当初は8月1日までの63日予定で3日延長)

中欧(モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、スロヴェニア、オーストリア、チェコ、ハンガリー、スロヴァキア、ポーランド)の9ヶ国+(乗り継ぎでトルコ)の旅の取材記は終了です。

最後までお付き合いありがとうございました。

今回、複数ヶ所登録の1部分のところもあり、充分とはいえないものの、
全部で34ヶ所の世界遺産を訪れました。(通算約200ヶ所)

撮影データは、352GB。動画込みで1万3千枚ほど撮影。
SDとCFあわせて400Gもっていましたので、
途中のバックアップなしでも何とか足りました。

序盤は天気に恵まれ、後半もそこそこの天気でしたが、

天候に恵まれなかったスロヴェニアのブレッド湖や、
オーストリアのザルツブルグは、またいずれ再訪したいと思います。


中欧取材記その64、8月1日分ポーランド

天気は晴れだが雲が多い

ワルシャワ蜂起記念碑。

イメージ 1

キューリー夫人博物館。

イメージ 2

コペルニクス科学センター。

イメージ 3

ヴィラヌフ宮殿。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

旧王宮。

イメージ 10

8月1日は、ナチス・ドイツに対するワルシャワ蜂起の日で、

前日からいろいろなセレモニーやパレードが行われていた。

イメージ 11

ヴィスワ川沿いの人魚像。

人魚像は2つあり、もうひとつは、旧市街広場にある。

イメージ 12

中欧取材記その63、7月31日分ポーランド

天気は晴れだが雲が多い、しだいに曇りに変わる

ワジェンキ公園のショパン像。

イメージ 1

洗礼者ヨハネ大聖堂。

イメージ 2

観光馬車。

イメージ 3

イメージ 4

聖十字架教会。

イメージ 5

ワルシャワ国立競技場。

イメージ 6

イメージ 7



中欧取材記その62、7月30日分ポーランド

天気は快晴しだいに雲が増える。

一日、ワルシャワ市内散策。

ワルシャワ中央駅近くの文化科学宮殿。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ワルシャワ国立競技場。

イメージ 4

ワルシャワ中央駅近くのビル群

イメージ 5

ワルシャワ中央駅近くの文化科学宮殿。

イメージ 6

イメージ 7

12時50分のバスで空港へ。

1時20分にターミナルAに到着。

しかし、ここで人生最大級の大失敗をやらかしてしまった。

トルコ航空のある、同じDカウンターではあるが、

勘違いで隣のラインに並んでしまった。

通常空港のカウンターでは、カウンターの上のモニターに

航空会社名が表示されていることが多いが、表示はなし。

1つのラインに人が大勢並んでいて、思い込みでそこに並んでしまった。

行列はすごく長く、自分の順が来て、となりのラインだと指摘されたときには、

となりのラインはクローズ。

まだ出発まで45分くらいあったので、大慌てで駆けずり回る。

経費節減の影響か、トルコ航空の職員は空港会社のところにも不在。

インフォメーションの人も全然頼りにならず、知らん振り。

日本なら乗ることができたと思うが、

ポーランドの人は、自分には関係ないとみんなすごく冷たかった。

海外で乗り継ぎの飛行機の遅れで、何度か遅れを経験したことがあるが、

そのときは、出発を待っててくれたのだが。

時間が来てとうとう飛行機見送り、予定よりも出発が遅れて1時間以上あったのに、

乗れないなんて、なんとも悲しい。

航空会社による対応の違い、国民性の違いをすごく感じた。

それでも、乗り継ぎのトルコから日本への便まで7時間近くあるので、

そちらには乗れないか、イスタンブール行きの便を探すが、こちらもアウト。

他の都市経由の便もなし、残念無念、意気消沈。

出発からかなり経ってからトルコ航空の職員が現れる。

無料では振り替えはしてくれず、翌日の便は空きがなく、

かなり割引はしてくれたが、8月2日の便で8万円ほど、かなり痛い出費。

町に戻り、一度チェックアウトした宿へ。

ドミトリーはなく、シングルに泊る。

すっかり帰国モードに入っていたのに、人生最大級に落ち込んでしまった。

中欧取材記その61、7月29日分ポーランド

天気は雲の多い晴れ。

9時の列車でトルンへ日帰り旅行。

12時前に到着。バスで旧市街へ。

中世都市トルンは、世界遺産に登録されている。

イメージ 1

コペルニクス像。トルンは、コペルニクスが生まれた町。

イメージ 2

イメージ 3

旧市庁舎の塔から望む市街。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

聖母マリア教会。

イメージ 7

コペルニクスの生家。

イメージ 8

イメージ 9

3時半の列車に乗り、6時15分にワルシャワに戻る。

ワルシャワ中央駅周辺のビル群。

イメージ 10

夕日に染まる文化科学宮殿。

イメージ 11

旧王宮。

イメージ 12

イメージ 13

旧市街広場。

イメージ 14

中欧取材記その60、7月28日分ポーランド

天気は、曇り、雲の多い晴れ、小雨、曇りと目まぐるしく変わる。

ワルシャワ歴史地区は世界遺産に登録されている。

ワジェンキ公園のショパン像。

ワルシャワは、ショパンの故郷で、コンサートなども開かれる。

イメージ 1

イメージ 2

サスキ公園。

イメージ 3

聖十字架教会。

イメージ 4

教会の石柱には、遺言によりショパンの心臓が埋めこめられている。

イメージ 5

イメージ 6

ショパン博物館。

イメージ 7

三位一体プロテスタント教会。

イメージ 8

旧王宮。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

旧市街広場の人魚像。

イメージ 12

夕日に染まる旧王宮。

イメージ 13

聖十字架教会。

イメージ 14

コペルニクスの像とポーランド科学アカデミー。

イメージ 15

文化科学宮殿。

イメージ 16

中欧取材記その59、7月27日分ポーランド

朝から快晴少し雲あり、しだいに雲が増える。

ザモシチ市街散策。

第7バスチオン。

イメージ 1

大市場広場の街並み。

イメージ 2

大市場広場の市庁舎。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

12時の列車で、ワルシャワに向かう。

2時10分に、ルブリン。

4時50分過ぎにワルシャワの中央駅に到着。

完全に雲ってしまった。

トラムに乗って宿に向かう。


中欧取材記その58、7月26日分ポーランド

朝から曇り時々雨、後少し青空が見えるが雲が多い空模様。

7時半のバスで、ザモシチに向かう。

9時20分頃、20分ほど休憩。

12時45分、ザモシチ市内途中で下りて、宿まで歩く。

1時10分、駅近くの宿に到着。

5人部屋だったが、他に客はなく結局貸切状態。

旧市街まで15分ほど。

ザモシチの旧市街は、世界遺産に登録されている。

旧シチェブジェシン門。

イメージ 1

大市場広場。イタリア・ルネッサンス様式の美しい街並み。

イメージ 2

大市場広場の市庁舎。

イメージ 3

イメージ 4

大聖堂の塔からの眺め。

イメージ 5

兵器庫博物館。

イメージ 6

大市場広場の市庁舎。

イメージ 7

中欧取材記その57、7月25日分ポーランド

朝から晴れ、やや雲が多い、夕方曇り後、雨。

7時50分過ぎの列車で、カルヴァリア・ゼブジドフスカへ向かう。

9時に到着。ほぼ無人駅。

歩いて丘の上の礼拝堂へ。

案内がわかりにくく、迷いながら歩く、約40分で到着。

バスはないと思う。

カルヴァリア・ゼブジドフスカ巡礼公園は、世界遺産に登録されている。

約6キロの巡礼路が整備されたカトリックの巡礼地。

巡礼目的の人がほとんどなので、観光客は少なそうな感じ。

イメージ 1

イメージ 2

11時45分の列車で、12時45分にクラクフに戻る。

ヴァヴェル城のヴァヴェル大聖堂

イメージ 3

旧王宮の塔からの眺め。

イメージ 4

急激に曇ってきて、やがて激しい雨。

雨はすぐにやむがどんより。

竜の像、時々火を噴く。

イメージ 5

ヴァヴェル城のヴァヴェル大聖堂

ライトアップは8時50分からだが、城は9時に閉まるので、

撮影時間は少ない。

イメージ 6

中央広場と聖マリア教会。

イメージ 7

中央広場の織物会館。

イメージ 8

中欧取材記その56、7月24日分ポーランド
天気は曇り、一時晴れ間も見えるがまた曇りに変わる。

クラクフの中央広場。

イメージ 1

10時40分のバスで、ヴィエリチカに向かう。

11時20分に到着。

チケット売り場は大行列。

12時半にやっとツアー開始。

15分も延々と階段を下りる。

ヴィエリチカ岩塩坑は、世界遺産に登録されている。

イメージ 2

イメージ 3

聖キンガ礼拝堂。床も祭壇もシャンデリアも全て塩でできている。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

2時30過ぎに、地下の土産物売り場でツアー解散。

後は各自、自由見学。

地下にはレストランもある。

3時15分、リフトに乗り出口へ。

4時半過ぎにクラクフに戻る。

聖マリア教会。

イメージ 10

市庁舎の塔からの市街とヴァヴェル城。

ガラス越しなので、いまいちクリアじゃない。

イメージ 11

中央広場の織物会館。

イメージ 12

イメージ 13

中央広場と聖マリア教会。

イメージ 14

中央広場の織物会館1階の土産物売り場。

イメージ 15

中欧取材記その55、7月23日分ポーランド

今回初めて、夜行寝台でむかえる朝。

天気は快晴。

列車の揺れは、あまり気にならなかったが、暑くてよく眠れず。

8時過ぎに、車掌がパンとティーを持ってくる。

同室のオーストラリア人はECCで働いているそうで、日本語が堪能。

日本にも滞在したことがあり、現在は香港でくらしているとのこと。

30分前に車掌が到着予定を告げに来る。

8時40分にポーランドのクラクフに到着。

宿にチェックインして、市街散策。

クラクフ歴史地区は、世界遺産に登録されている。

中央広場の織物会館。

イメージ 1

イメージ 2

旧市庁舎の塔。

イメージ 12

聖マリア教会。

イメージ 3

イメージ 4

観光馬車。

イメージ 5

バルバカンとフロリアンスカ門。

イメージ 6

1時にオシフィエンチムにあるアウシュヴィッツ博物館に向かう。

途中から急激に曇ってきて、小雨も降ってきた。

2時20分に到着。

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所は、

世界遺産に登録されている。

あまりにもの惨さに、館内ではみんな言葉を失っていた。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

無料バスでビルケナウに移動、5分ほど。

ビルケナウは、アウシュヴィッツよりさらに大きな収容所。

死の門へと続く引込み線。

イメージ 10

証拠隠滅の為、破壊された焼却炉。

イメージ 11

7時のバスで帰る。

8時20分にクラクフに戻る。



中欧取材記その54、7月22日分スロヴァキアからポーランドへ

朝から快晴、しだいに雲が増える。

一日、スロヴァキアの首都のブラチスラヴァ散策。

旧市庁舎。

イメージ 1

街中のオブジェ。

イメージ 2

フヴィエスドスラヴォヴォ広場。舌をかみそうな名前。

イメージ 3

街中のオブジェ。

イメージ 4

UFOの塔。新橋の主塔が展望タワーになつている。

イメージ 5

ミハエル門。

イメージ 6

ブラチスラヴァ城。

イメージ 7

UFOの塔から望むドナウ川と市街。

イメージ 8

12時の列車でトレンチチーンに向かう。

1時半に到着。

イメージ 16

トレンチチーン城から望む市街。

イメージ 9

イメージ 17

イメージ 18

トレンチチーン城。

イメージ 19

帰り道、検札のとき、持っている切符が無効といわれる。

駅で往復で買ったつもりが、同じ切符が2枚だったみたい。

トゥーウェイ(往復)を単に2枚と勘違いされたみたい。

値段は同じなのに追加料金付きで払わされる。

こちらのミスではないのに、払い戻しもできず、なんとも不愉快。

夕方6時半にブラチスラヴァに戻る。

ブラチスラヴァ城から望む市街。

イメージ 10

夕日に染まるブラチスラヴァ城。

イメージ 11

UFOの塔から望むドナウ川と市街夜景。

イメージ 12

イメージ 13

フラブネー広場と旧市庁舎。

イメージ 14

ミハエル門。

イメージ 15

夜11時20分の夜行寝台で、ポーランドのクラクフに向かう。

二等寝台は、三段ベッドでさすがに窮屈だった。

中欧取材記その53、7月21日分スロヴァキア

天気は晴れ、しだいに雲が増える。

今日は移動日、少し風邪を引いてしまった。

6時20分のバスで、バンスカー・シュティアヴニツァに向かう。

途中乗り換え、11時20分に到着。

バスはないので、タクシーで町の中心部へ。

インフォメーションで荷物を預かってもらい、市内散策。

バンスカー・シュティアヴニツァ歴史都市は世界遺産に登録されている。

聖三位一体広場。

イメージ 1

旧城。

イメージ 5

イメージ 2

旧城から望む市街。

イメージ 3

新城から望む市街。

イメージ 4

3時40分のバスで、首都のブラチスラヴァに向かう。

途中乗り換え、8時15分にバスターミナルに到着。

トロリーバスで、中欧駅近くの宿へ。

宿の受付には、日本語堪能な人がいてびっくり。

日本に留学していたとのこと。




中欧取材記その52、7月20日分スロヴァキア

朝は曇り、しだいに青空が見えてくるがくもが多い。

朝のうちはレヴォチャ市街散策。

1時20分のバスで、スピシュスケー・ポドフラディエに向かう。

20分ほどで到着。

歩いてスピシュ城(世界遺産)へ。

25分ほどで登り口、駐車場やカフェがある。

さらに20分ほどで反対側の駐車場。

さらに5分ほどで城内にいたる。

城内には、カフェなどもある。

ヨーロッパ最大級の大きさだけあって、かなり広い。

イメージ 1

スピシュスケー・ポドフラディエの町が見える。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

5時ごろに町に戻る。

丘の上から望むスピシュ城。

イメージ 7

イメージ 8

8時10分のバスに乗り、8時30分にレヴォチャに戻る、最終バス。

町の子供はひとなつっこく、バス町の間、何度も話しかけられた。

レヴォチャのマイステル・パヴォル広場の旧市庁舎。

イメージ 9

中欧取材記その51、7月19日分スロヴァキア

天気は、少し雲があるものの晴れ。

宿から市内バスで駅ヘ。

7時40分の列車で再びバルデヨフに向かう。

途中乗り換え、9時半に到着。

バルデヨフ市街保護区は世界遺産に登録されている。

聖エギーディウス教会とラドニツネー広場。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

駅やバスターミナルに荷物預かりやコインロッカーがないので、

インフォメーションで荷物を預かってもらう。

11時半のバスで、近郊のヘルヴァルトフに向かう。

11時45分に到着。

下車したので、3人のみ。

カルパチア山地のスロヴァキア地域の木造教会群として

世界遺産に登録されている教会の一つである

聖フランシス・アシス教会へ。

あいにく日曜日で教会もインフォメーションも閉まっていた。

内部の壁画を見ずに帰るのは、惜しかったので、

3人で電話番号から近くの管理人を探して交渉。

運よく内部を見せてもらえることのなった。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

1時前のバスでバルデヨフへ、本日の最終バス。

1時半前に到着。

荷物を受け取り、1時50分のバスでレヴォチャに向かう。

途中乗り換え、4時10分に到着。

ヨーロッパは石畳の道が多く、

とうとうカバンのタイヤの一つがおかしくなってしまった。

引きずりながら、宿へ。今日もシングルルーム。

レヴォチャ歴史地区、スピシュ城は世界遺産に登録されている。

マイステル・パヴォル広場の旧市庁舎。

イメージ 12

イメージ 13

6時40分のバスで、途中通ってきた城下町の

スピシュスケー・ポドフラディエに向かう。

7時に到着、

丘の上から望むスピシュ城。

イメージ 11

7時45分のバスに乗り、8時過ぎにレヴォチャに戻る。

中欧取材記その50、7月18日分ハンガリーからスロヴァキアへ

天気は晴れ、しだいに曇りに変わる。

7時半の列車で、スロヴァキアのコシツェに向かう。

8時前に乗り換え、10時過ぎに到着。

朝早かったので、国際線の切符は買えず、車内で買うようにいわれた。

ハンガリーの車掌の姿は見えずじまい。

スロヴァキアの車掌には、ユーロしか使えないとのことで、

細かいのがなかったので、お釣りがないとのこと。

両替した後で、もどってくるとのことだったが、

そのうち、コシツェに到着。

下車後、車掌を見かけたので、声をかけたが、

お釣りがないからもういいよとのこと。

結局ただ乗りになってしまった。

聖アルジュベタ大聖堂。

イメージ 1

イメージ 2

フラヴナー通り。

イメージ 3

聖アルジュベタ大聖堂の塔からの市街。

イメージ 4

12時前のバスで、バルデヨフに向かう。

1時半過ぎに到着。

青空が見えるものの、太陽は雲に完全に隠れてしまった。

バルデヨフ市街保護区は世界遺産に登録されている。

聖エギーディウス教会の塔から望むラドニツネー広場。

イメージ 5

3時40分のバスでコシツェに向かう。

5時20分に到着、宿へ。

小雨がぱらぱら降る中、場所がわからず、40分も歩いた。

ひさしぶりのシングルルーム。

夕食に日本食の照り焼き定食を食べたが、まずくて残してしまった。

中欧取材記その49、7月17日分ハンガリー。

朝は快晴、しだいに曇りに変わる。

エゲル城から望む市街。

カードで入場料を払ったのだが、倍くらいの値段になっていたので、

現金で返金してもらった。単純ミスだといっていたが、なんともあやしい。

イメージ 4

イメージ 5

大聖堂。

イメージ 3

10時15分のバスでホルトバージに向かう。

12時半に到着。

イメージ 2

9つのアーチの石橋。

イメージ 1

インフィメーションでツアーを予約して、ツアー開始地点まで歩く。

案内のあった道が工事中で通行止め、もとの道に戻り、かなり遠回りした。

30分のはずが1時間かかり、出発時刻に2分遅れ。

ツアーの馬車が発車した直後で、携帯で呼び戻してもらった。

予約していなかったら完全アウトだった。

ハンガリー東部に広がる大平原プスタと中心部にある

ホルトバージは、ホルトバージ国立公園として自然保護区域とされ、

世界遺産にも登録されている。

ツアーは、牧場内を馬車で廻り、遊牧騎馬民族の馬術ショーなどを見学できる。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

5時のバスでエゲルへ。6時50分に到着。

夕日に染まるドボー・イシュトヴァーン広場の市庁舎。

イメージ 11

エゲル城から望むドボー・イシュトヴァーン広場の市庁舎の夕景。

イメージ 12

イメージ 13


中欧取材記その48、7月16日分ハンガリー。

天気は晴れ、しだいに快晴に変わる

ペーチのセーチェニ広場の旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスク。

イメージ 1

大聖堂。

イメージ 2

イメージ 3

大聖堂からの眺め。

イメージ 4

ペーチにある初期キリスト教墓地遺跡は、世界遺産に登録されている。

イメージ 5

イメージ 6

大聖堂。

イメージ 7

初期キリスト教の礼拝堂跡。

イメージ 8

イメージ 9

ペーチのセーチェニ広場と旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスク。

イメージ 10

シナゴーグ。

ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂。

イメージ 11

イメージ 12

1時15分の列車でブダペストへ。

予定より50分遅れで5時過ぎに到着。乗り継ぎ予定の列車には乗れず。

5時40分の列車でエゲルへ。

途中乗り換え、当初の予定より大幅に遅れて8時半にエゲルに到着。

駅前からバスにのり、9時過ぎに宿へ。

9時半、レストランで夕食。

こちらのほうは最終が早いので、もう少しで食いそびれるところだった。

中欧取材記その47、7月15日分ハンガリー。

天気は、やや雲が多い晴れ、しだいに快晴に変わる

8時の列車で、バラトン湖南岸のリゾートタウンのシオーフォクに向かう。

10時15分頃に到着。

給水塔からの眺め。バラトン湖が見える。

イメージ 1

イメージ 2

自由広場の給水塔、インフォメーションなどがある。

イメージ 5

バラトン湖。

イメージ 3

イメージ 4

2時過ぎのバスで、ペーチに向かう。

5時過ぎに到着、宿へ。

その後、市内散策。

セーチェニ広場の市庁舎。

イメージ 6

セーチェニ広場の旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスク。

イメージ 7

大聖堂。

イメージ 8

セーチェニ広場の市庁舎。

イメージ 9

セーチェニ広場の旧ガーズィ・カスィム・パシャ・モスクと噴水。

イメージ 10

中欧取材記その46、7月14日分ハンガリー。

朝は雲が多いものの晴れ。

王宮の丘とドナウ川。

イメージ 1

国会議事堂。

イメージ 2

地下鉄・バスを乗り継ぎドナウベンドのヴィシェグラードへ向かう。

9時45分に到着、ブダペスト中心部から2時間ほど。

天気は、かすかに青空も見えるが曇ってしまった。

王宮跡。

イメージ 3

イメージ 4

インフォメーションでシティバス(実質タクシー)を呼んでもらい要塞へ向かう。

往復4000フェリント(約2000円) 

普通のバスなどはない。歩くと片道2時間ほどらしい。

ツアーの場合は、立ち寄るみたいなので、ツアー利用もいいかも。

ドナウベンドはドナウの曲がり角を意味していて、ここからの眺めは絶景。

晴れていれば最高なのだが、残念。

イメージ 5

城の博物館のろう人形。

イメージ 6

晴れていればエステルゴムにも行こうと思っていたが、

天気が冴えないので、帰りにセンテンドレの町に少し立ち寄ったのみ。

5時頃にブダペストに戻る。

王宮の丘から望むドナウ川と国会議事堂とくさり橋の夕景。

イメージ 7

王宮。

イメージ 8

イメージ 10

王宮の丘から望むドナウ川と国会議事堂とくさり橋。

イメージ 9

王宮の丘のマーチャーシュ教会。

イメージ 11

漁夫の砦。

イメージ 12

このページのトップヘ