風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2015 夏取材記

沖縄県の慶良間諸島取材記、最終回 9月7日分。

朝から小雨。
森や渓谷には向いているが、海を撮るには厳しいので、のんびりすることにした。
まだ行ったことのない「ちゅら海水族館」に行こうかと思ったが、
バスは予約でいっぱい。

ゆいレールのコインロッカーは小さいので、
一度空港に行き、空港のコインロッカーに荷物を預ける、6時間500円。

その後、おもろまち駅に行き、映画「ジェラシック・ワールド」を見る。
あとはぶらぶら。

5時半頃に空港へ。
6時半にチェックイン。
ちょうど空港正面に夕日が落ちていく。

8時半頃に機内へ。
8時50分に離陸。

10時半に関空に到着。
帰りは、タラップを降り、バスでターミナルへ。
10時50分に荷物をピックアップして、駅へ。
11時前のJRに乗り、翌日深夜12時45分頃に帰宅。


沖縄慶良間諸島取材記は、今回で終了です。
ありがとうございました。

沖縄県座間味村 慶良間諸島の座間味島 古座間味ビーチ、阿真ビーチ、ハイビスカス 9月6日分。

朝5時頃、歩いて古座間味ビーチへ、港から10分ほど。

まだオリオン座が綺麗に見えていた。

イメージ 1

日の出は雲に隠れていたが、少しすると姿を現す。

イメージ 2

古座間味ビーチへ続く道。
雲の多い晴れ。

イメージ 3

再び自転車を借りて阿真ビーチへ。

イメージ 4

再び古座間味ビーチへ。

イメージ 5

イメージ 6

ビーチ沿いの道には、ハイビスカスがいっぱい。

イメージ 7

9時半に港へ、予約していた那覇行きのフェリー「クイーン座間味3」
のチケットを購入。ここは、カードが使える、3140円。

10時過ぎに乗船。

10時20分、阿嘉島を経由、すぐに出発。
11時15分に那覇の泊港に到着。

天気は完全に曇ってしまった。

歩いて宿へ、往路と同じ沖縄空ハウス。

天気がいまいちなので、荷物を預けたあとは国際通りをぶらぶら。
日曜日でストリートパフォーマンスや沖縄のエイサーなどをやっていたので、
けっこう楽しめた。

裏通りにあったハイビスカス。

イメージ 8

夕方からは、本降りの雨になる。

沖縄県座間味村 慶良間諸島の座間味島 高月山展望台稲崎展望台、神の浜展望台、女瀬の崎展望台 9月5日分。 

朝5時15分に出発。
歩いて高月山展望台へ、東側の展望ポイントまで17分ほど。

ひさしぶりに雲の少ない朝。
日の出は6時過ぎだが、地平線付近は雲で隠れていた。
しかし、少し経つと朝日が現れる。

手前は、座間味島の唐馬付近。奥右は渡嘉敷島。
奥中央は儀志布島。奥左は黒島。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

港に戻り、スクーターを借りる、3時間2500円(GAS込み)

嬉しいことに雨予報が外れて、天気は晴れ。
少し雲があるが、今回の旅行で一番いい天気。

右は無人島の嘉比島。左も無人島の安慶名敷島。
どちらも日中は海水浴客で賑わう。

中央奥は阿嘉島。

イメージ 5

イメージ 6

稲崎展望台から展望。
手前の半島は、女瀬の崎展望台付近。
右が屋嘉比島。左が阿嘉島。そのとなりが久場島。
屋嘉比島と久場島は、立ち入り禁止。

イメージ 7

イメージ 8

神の浜展望台からの展望。手前が嘉比島。

イメージ 9

女瀬の崎展望台からの展望。
右が屋嘉比島。左が阿嘉島。そのとなりが久場島。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

再び神の浜展望台からの展望。
右が屋嘉比島。左が阿嘉島。そのとなりが久場島。

イメージ 15

イメージ 16

とりあえず一通りのイメージは撮れたので、
午後からはカヌー&シュノーケルツアーへ、7000円。
会社の同僚という女性2人男性7人の9人組と自分とガイドの合計11人。

阿真ビーチからカヌーで嘉比島に向かい、シュノーケルを楽しんだ後、
嘉比島の高台に上り、帰りもカヌーで戻る。
カヌーは片道30分ほど、3人乗りは初めてで、なかなか面白かった。
シュノーケルでは、海亀は見落としたが、ニモには会えた。

慶良間の海はとても綺麗、カメラ水没するといやなので、
持って行かなかったが、無人島綺麗だったので、
今度行くときは防水完璧にして持って行きたい。
また水中写真にもそのうち挑戦したい。

夕方、自転車を借りて神の浜展望台へ。
無人のセルフレンタル、2時間300円。

ここは、阿真ビーチからも近いので観光客もけっこう来る。
6時45分くらいに日没。
最後は雲に隠れたが、けっこう綺麗に見れた。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20


沖縄県座間味村 慶良間諸島の座間味島 阿真ビーチ稲崎展望台、女瀬の崎展望台、古座間味ビーチ、神の浜展望台からの夕景 9月4日分。

朝は、高月山展望台へ。朝日はいまひとつ。

今日も雲が多い天気なので、
太陽の位置と青空の面積を見ながら、行ったり来たり。

高台の道沿いから望む阿真ビーチと嘉比島。

イメージ 1

稲崎展望台、冬場はくじらの観測地になっている。

イメージ 2

イメージ 3

阿真ビーチ。

イメージ 4

イメージ 5

女瀬の崎展望台。ここはトイレもある。

イメージ 6

古座間味ビーチ。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

阿真ビーチに行く手前の道路沿いから望む夕景。

イメージ 11

イメージ 12

神の浜展望台からの夕景。

イメージ 13

イメージ 14

沖縄県座間味村 慶良間諸島の阿嘉島 ニシバマビーチ、慶良間鹿、赤てつの巨木、アマグスク展望台、ヒズシビーチ 座間味島 マリリンの像、阿真ビーチ、古座間味ビーチ、高月山展望台から望む座間味港、稲崎展望台からの夕日 9月3日分。

朝5時過ぎにニシバマビーチへ。
今日も朝日は望めず。

イメージ 1

カメラのイクジフ情報がずれているのに気づく。
時間を秒まで正確に合わせた後、サマータイム設定をオフにした時、
ずれてしまったみたい、失敗。以後のイクジフ情報は、合っています。

慶良間鹿。朝夕はけっこう見かける。

イメージ 2

赤てつの巨木。

イメージ 3

アマグスク展望台の駐車場広場からの眺め。

雲が多いものの青空が見えてきた。

イメージ 4

すぐ北側のヒズシビーチ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

9時25分の村内航路の2便で、座間味島へ、300円。
阿嘉島からの利用は予約はいらないが、
渡嘉敷島から座間味島への他の人の予約がないと2便と5便は、船自体運行しない。

9時40分頃に座間味島に到着、予約していた宿へ。
ザマミインターナショナルゲストハウスは、ドミトリー1泊2000円。
ハンバーガーショップの奥にベッドルームがある。

イメージ 8

スクーターを借りて、撮影開始。1泊2日で12000円(GAS込み)

阿真ビーチに行くとちゅうにあるマリリンの像。

イメージ 9

阿真ビーチ。

イメージ 10

イメージ 11

阿真ビーチの向かいにある無人島の嘉比島。

イメージ 12

雲が多い天気なので、太陽の位置と青空の面積を見ながら、
行ったり来たり。

高月山展望台から望む座間味港。
トイレと水場のある駐車場から撮影場所の東屋まで2分ほど。

イメージ 13

さらに2分ほど歩くと、古座間味ビーチが一望できる。
奥の島は、無人島の安室島。

イメージ 14

イメージ 15

古座間味ビーチ。ミシュランの2つ星のビーチ。

イメージ 16

稲崎展望台からの夕日。
上の雲が厚く、地平線付近も雲で、ほんの少しの間だけしか望めず。

イメージ 17

イメージ 18

沖縄県座間味村 慶良間諸島の阿嘉島 ニシバマビーチ、前浜、タキバル展望台、ヒズシビーチ 9月2日分。

朝5時に宿を出て歩いてニシバマビーチへ。30分ほどで到着。
地平線の雲が厚く朝日は望めず。

イメージ 2

イメージ 3

東側は雲が多いが、反対側は晴天。

イメージ 4

阿嘉大橋からの眺め。
晴れ間が見えるが雲の多い天気。

イメージ 5

前浜(メーヌハマ)、集落の前にある。

イメージ 6

宿の主人に送ってもらいタキバル展望台へ、送迎500円。
道沿いから歩いて6分ほど。
港から歩いて来ていた外人さんがいたが、50分かかったとのこと。

イメージ 1

シバマビーチ。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

夕方、アマグスク展望台の北側にあるヒズシビーチへ。
最後はやはり雲に隠れてしまった。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

撮影中、後ろを振り返るとヤドカリの大群がいてびびった。
夕方になると茂みから出てくるようで、視界に入るだけでも
200匹以上はいたような気がする。

沖縄県座間味村 慶良間諸島の阿嘉島 阿嘉大橋、シロの像、ニシバマビーチ、アマグスク展望台 外地島の外地展望台、慶良間島の高良家 9月1日分。
朝から雨。その後曇りに変わる。

阿波連ビーチの営業所でレンタカー返却。
走行超過分のGAS代は、1600円。

少しずつ青空が見えてくる。

イメージ 1

イメージ 2

9時の「村内航路みつしま」で、阿嘉島に移動、700円、予約要。

9時半頃に阿嘉島に到着。

阿嘉大橋。

イメージ 3

阿嘉島と座間味島は、映画「マリリンに逢いたい」の舞台。

映画の主役、雄犬のシロの像。

イメージ 4

阿嘉島では、民宿「金城」へ、1泊2食付き6500円。
自転車無料。

ニシバマビーチ。自転車で港から6分ほど。

イメージ 5

イメージ 6

アマグスク展望台へは、港から歩いても10分ほど。

集落の端の坂道を上がると広場があり、ここまでは車でもいける。

アマグスク展望台は、広場の手前を歩いて2分ほどで、
東屋もあり、東・南方面が見える。

イメージ 18

突き当たりの広場の奥、歩いて1分。
南方面の展望。樹が多いので視界は狭い。

イメージ 7

阿嘉大橋からの眺め。
たまに海亀も見えるらしいが、逢えなかった。

イメージ 8

自転車で阿嘉大橋を渡り、慶良間島・外地島へ。
途中は平坦だが、慶良間橋手前からは上りが続く。

外地島には、空港がある。
定期航路はなく、臨時のヘリ専用。

空港内には入れるが、クーラーもなくトイレと自販機くらい。

空港の向かい側に外地展望台がある。歩いて5分ほど。

イメージ 9

空港の奥に渡嘉敷島が見える。

イメージ 10

慶良間島の高良家、見学300円。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

サンゴの石垣、見事なくらいぴったし。

イメージ 14

午後4時過ぎ、再びニシバマビーチへ。青空が増えてきた。
午後遅めの光線の方が良いが、手前が影になってくる。

イメージ 15

夕方、アマグスク展望台の駐車場になっている広場へ。
西側の展望あり。

アマグスク展望台にいくと、夕日は見えない。
6時35分、地平線の上の雲に隠れてしまったが、まずまずの日没。

イメージ 16

イメージ 17

沖縄県渡嘉敷村 慶良間諸島の渡嘉敷島 東展望台からの朝焼け、阿波連ビーチ、照山展望台から望む渡嘉志久ビーチ港が見える展望台、クバンダキ展望台 8月31日分。
朝4時半に出発、国立沖縄青少年交流の家の北側にある東展望台へ。
ハブよけのゲートを開けて入る。

6時10分頃に日の出。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

地元のガイドの人たちが、ドローンを飛ばして撮影していた。
業務用機で40万くらいの本格的なもの。

その後、昨日よりは青空が多いものの、雲が多くすぐ陰る空模様。
太陽の位置と青空の出方を見ながら、行ったり来たり。

照山展望台の駐車場付近から望む阿波連ビーチ。

イメージ 4

照山展望台。駐車場から歩いて5分ほど。

イメージ 5

照山展望台から望む渡嘉志久ビーチ。

イメージ 6

イメージ 7

村道前岳線から望む阿波連ビーチ。ビーチから歩いてもすぐ。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

港が見える展望台。

イメージ 12

東展望台。

イメージ 13

クバンダキ展望台。

イメージ 14

夕方、しだいに雲が増えて雨になり、夕日は望めず。

沖縄県渡嘉敷村 慶良間諸島の渡嘉敷島 アラン展望台からの朝焼け、渡嘉志久ビーチ、阿波連ビーチ、クバンダキ展望台 8月30日分。

朝4時半前に起きて、アラン展望台へ。
車で10分ほど、東屋あり。

日の出は、6時頃。
(あとで気がついたのだが9月2日まで、カメラのイクジフ情報1時間ずれています。)
左の島は城島。そのとなりの長いのが前島。遠くに沖縄本島も見える。
けっこう焼けて綺麗だった。

イメージ 1

天気は、雲が多くすぐ陰るし青空が少なく撮りにくい。
太陽の位置と青空の出方を見ながら、行ったり来たり。

渡嘉志久ビーチ。

イメージ 2

イメージ 4

阿波連ビーチ。

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

クバンダキ展望台。ビーチからすぐ。

イメージ 8

東と南側には、けっこう青空も見えたのだが、
北と西側は、ずっと厚い雲に覆われていた。

夕方はしだいに雲が増え、夕日は望めず。

沖縄県渡嘉敷村 慶良間諸島の渡嘉敷島 渡嘉志久ビーチの夕暮れ 8月29日分。

天気は高曇り。
朝8時20分に泊港(通称とまりん)へ。宿から歩いて10分ほど。

9時、予約していた慶良間諸島の渡嘉敷島行きのフェリー渡嘉敷に乗船。
片道1660円。夏場は予約でいっぱい。

10時に出航。
11時15分、渡嘉敷島に到着。予約していたレンタカーを借りる。
3日間、保険込みで25000円ほど。
50キロまでGAS無料、追加25キロごとに400円。
4人ほど借りていたが、ほとんどの人は日帰り利用。

天気がいまいちなので、初日はロケハンで、島を廻る。
慶良間諸島では、渡嘉敷島が一番大きいが、
それでも南北10キロほどしかない。

やどかりくん。

イメージ 1

イメージ 2

4時半頃に港近くの渡嘉敷島唯一のドミトリー、「ケラマバックパッカーズ」へ。
1日2500円。

沖縄本島は、中国のツアー客が多いが、慶良間は欧米人率が高い。

渡嘉志久ビーチの夕暮れ。
夏場は地平線近くに雲が多く、この後隠れてしまった。

イメージ 3

沖縄県の慶良間諸島取材記・関空から沖縄へ移動 8月28日分。

8月28日から9月7日まで、沖縄県の慶良間諸島取材記です。

自宅を午後2時前に出発、JRで関空へ向かう。
3時20分頃に到着。
3時40分にジャットスター航空でチェックイン。

チケットは事前に購入、20キロの手荷物込みで往復16000円ほど。

5時25分に機内へ、5時50分に離陸。

7時40分に沖縄本島の那覇空港に到着。
8時にゆいレールに乗り、宿へ。

宿は、美栄駅と泊港の中間辺りにある「沖縄空ハウス」
ドミトリーで1800円。
国際通りにも近く、夕食を食べに行った。

このページのトップヘ