風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2016 冬取材記

兵庫県たつの市の綾部山梅林と世界の梅公園 3月8日分。

JRを利用、法隆寺駅から網干駅まで2時間少しの予定が、
列車の遅れで到着が30分位遅れてしまい、臨時バスと接続できず。
30分位待って次のバスで綾部山梅林へ。バス350円、入園500円。
駐車場500円。

梅は満開散りはじめで、見る分にはいいけど写真的にはやや遅かった感じ。
最初先週末に行こうと思っていたのだが、天気予報がいまいちだったので、
やめたのだが、結局天気いまひとつで、晴れているものの抜けの悪い空。
先週にしておけばよかった、大失敗。
本来海が見えるのだが、霞んでよく見えない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、南出口に隣接しているお隣の世界の梅公園へ、入園400円。
公園の中心には、10分ほど歩く。反対側にある世界の梅公園の駐車場500円。
梅は満開散りはじめ、こちらのほうは紅梅も多く、中国風の建物もあって、
写真的にはいいかも。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

世界の梅公園を通り抜けて、反対側の出口から出て、
帰りは2時半の路線バスで山陽網干駅へ向かった。
バスの本数は少ないので注意。
山陽網干駅から、飾磨経由へ、山陽明石駅で、JRに乗り換え帰宅。

京都府京都市の城南宮のしだれ梅と椿、精華町のけいはんな記念公園の梅 3月3日分。
今日は朝から京都へ。
天気は快晴だが、PM2.5のためか、遠景はやや抜け悪い。

城南宮のしだれ梅と椿は、少し散っている分もあるが満開見ごろ。
神苑拝観は、朝9時から、600円。三脚類禁止。


朝から観光バスが来て、すぐに観光客でいっぱい。
海外の人もいたが、ここは日本人のほうが多い。

11時半ごろ、外に出たら、拝観券売り場にすごい行列ができていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ややアップとやや引き。ぼけを活かしてみた。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

背景を変えると印象が変わる

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

背景を完全にぼかしたのと、少し活かしたもの。

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

帰りに、京都府相楽郡精華町のけいはんな記念公園へ立ち寄る。
駐車場400円、水景園200円。

梅は約150本、もう散り始め。
水景園の中にも少しあるが、ほとんどは途中の道沿い。


イメージ 24





三重県津市のかざはやの里の梅林 2月28日分3-3。

今日は朝から三重県の梅林巡り。

結城神社を見た後、食事をしてから、かざはやの里の梅林へ。

移動30分ほど。久居IC近くの伊勢温泉ゴルフクラブにある。

入園300円、年間パス1000円。駐車場はかなり広い。

500本の梅は全体的には7分くらいで見ごろ。

ここはかなり広く密集しているところは少ない。

5月は、藤の花もあるし、6月の紫陽花園はかなり広く有名。


帰りは伊勢自動車道の久居ICから入り、名阪国道、西名阪経由で帰宅。

かざはやの里から久居ICまで5分。亀山分岐までさらに16分。

西名阪法隆寺ICまですいていたので1時間ほど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


三重県津市の結城神社の梅林 2月28日分3-2.。

今日は朝から三重県の梅林巡り。

鈴鹿の森庭園を見た後、東名阪の鈴鹿ICから入り、
伊勢自動車道の津ICから出て、結城神社に向かう、約45分。

梅林入園500円、駐車場はかなり広い。


梅林は枝垂れ梅が中心で、8分咲き見ごろ。
神社の屋根を入れるなら、午後の光線がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10





三重県鈴鹿市の鈴鹿の森庭園のしだれ梅まつり 2月28日分3-1。
今日は朝から三重県の梅林巡り。

西名阪の法隆寺ICから入り、名阪国道経由で東名阪の鈴鹿ICから出て5分ほどで到着。

休憩なしで約1時間20分。前夜の雨で途中霧がすごかった。

到着は9時開園の10分前、日曜日とあってもう結構な数の車があったのだが、
行列は
30人もいてなかったような気がする。

2014年オープンなので、まだあまり有名じゃないからかも。

9時開園、入園1000円。今日は母や姪っ子も一緒。

ここは、日本中から集められた枝垂れ梅の大木が200本あり、
鈴鹿山脈を背景に見事な景観。


枝垂れ梅は、8分で見ごろ。

梅はつぼみが適度に残り、色が濃い満開前がよい。
鈴鹿山脈を背景にするなら晴天の午前中がおすすめ。

前夜の雨で青空期待していたのだが、
晴れているもののPM2.5の影響でいまいち抜けの悪い空。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


大阪府藤井寺市の道明寺天満宮の梅林 2月25日分。

天気は朝は快晴、午後から少し雲。

大阪府藤井寺市の道明寺天満宮の梅林へ行って来た。

斑鳩の自宅から車で約30分。

第1駐車場が梅花祭で満車と書いてあったので、

コンビニを過ぎてすぐの第2駐車場へ。第2駐車場は、かなりがらがら。

歩いて5分ほどで、道明寺天満宮に到着。

境内の第1駐車場は満車だったが、たまに出て行く車があるので、

少し待っていたら停められた感じ。

梅林入園300円。展望台があって上から見ることができる。

梅は満開、早手のは散り始め。写真には少し遅かった感じ。

境内に盆梅も飾ってあってこちらの見学は自由。

またちょうど25日の梅花祭で、骨董市もやっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5





岐阜県高山市の秋神温泉の氷点下の森と長野県木曽町の白川氷柱群 2月12日分。

天気下り坂、土日雨予報なので、予定を早め帰路に着く。

高山市から国道361号線を南下して、秋神温泉の氷点下の森へ。
広い駐車場あり、夜はライトアップもある。

http://hyotenkanomori.com/

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、青氷の滝へ。案内板と駐車スペースあり。道路からは近寄れない。


イメージ 7

イメージ 8

さらに南下、長野県に入り、白川氷柱群へ。

けやきの湯付近にある。
今年は暖冬でやや迫力不足のかんじ。
近くの清滝・新滝の氷結も有名だが、行かなかった。


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

県道20号線から国道19号線へ、さらに南下して、
2時50分ごろに岐阜県の中央道の中津川ICから高速へ入る。

帰りは名古屋高速、東名阪経由、途中30分くらい休憩。
6時15分ごろに法隆寺ICを出て帰宅。

今回の総走行距離は、1680キロほど。

岐阜県高山市の飛騨大鍾乳洞の氷の渓谷と飛騨の里の雪景色の夜景 2月11日分2-2。

3時頃に飛騨大鍾乳洞に到着。入場1100円。100円引きクーポンあり。


金塊強盗事件があった、大橋コレクション館を見てから大鍾乳洞へ。

大鍾乳洞は、正直いまひとつ。
大鍾乳洞の第三出口を出ると、高さ30mの氷の崖がある。
外には出られないが、通路の窓を開けて撮影可、北向き。

イメージ 1

イメージ 2

少し通路を歩くと、第二出口でここには氷の渓谷がある。
高さはないが、外に出て撮影可、北向き。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、再び北アルプスの絶景を撮影。

イメージ 9

夜に再び飛騨の里へ。夜は駐車場無料、入場300円。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

今日は、中心部に近いホテルα1へ、4400円、駐車場500円。

岐阜県高山市の飛騨の里の雪景色と城山公園からの展望 2月11日分2-1。

朝から快晴。飛騨高山の街並みを撮影。

屋根の雪はあるが、路上は融けかけているのでいまひとつの感じ。

8時半に飛騨の里へ、駐車場300円、入場700円。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

高山美術館近くの高台からの街並み。

イメージ 10

城山公園に移動。駐車場あり。

本丸まで10分ほど登ったが、
北アルプスは、木々の間から見えるだけで眺めはいまいちだった。

公園の下のほうからの街並み。

イメージ 11

その後、奥飛騨鍾乳洞方面へ移動。
途中の新張公民館付近からの眺め。

イメージ 12

岐阜県白川村の白川郷の雪景色 2月10日分2-2。

昼前に白川郷の駐車場へ、後払い500円。

http://shirakawa-go.org/kankou/

雪はほとんどやんだので、手持ちでのんびりスナップ撮影。 
駐車場から集落への橋の上から撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

白川GOくん。

イメージ 10

上町地区の雪景色のたんぼ。

イメージ 11

夕刻、再び展望台へ。

天守閣展望台と町が管理する展望台は、三脚禁止。
間にあるたんぼの上からのみ三脚使用可、観光課で確認済み。

少し木が邪魔なのだが、ここしかないので仕方がない。
雪が深いので最初はだれも来なかったが、
自分の足跡をたどって、人がぱらぱら。

除雪されているし、正直見るだけならとなりの展望台のほうがいいのだが、
人のいるところに人は集まってくる。

ライトアップは週末だけなので、ライトアップはないが、逆に雰囲気はよい。
昔ほど人気がないのか、カメラマンは他に1名のみ。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

夜は、高速で高山市に移動、1時間ほど。
スーパーホテル泊、朝食、温泉付で5980円、駐車場500円。

このページのトップヘ