風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2017 春取材記

奈良県天川村の山上ヶ岳(大峰山)5月29日分。

ひさしぶりに大峰山へ行ってきた。

大峰山は広義には大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳をさす。
100名山は、最高峰の八経ヶ岳とされており、
世界遺産地域でもある。  



7時前に出発、途中少し休憩して、
9時ごろに洞川温泉から大峰山の登山口になる大峯大橋の駐車場に到着。
1日1000円。食堂・自販機あり。

9時15分に出発。

女人結界。女性は入れません。

イメージ 1

しばらくは整備された道が続く。

イメージ 2

少し行くと、こんな感じの道。

イメージ 3

中間あたりにお助け水と言われる湧き水がある。

香港からの二人組に出会う。

途中屋根のある休憩所が何か所かある。
売店は全て閉まっていた。
途中に自販機やトイレなどはない。

途中分岐があり、鎖場があるが、迂回することも可能。

鐘掛岩からの眺め。

イメージ 4

西の覗きで消防の5人組が修行していたので、撮らせてもらう。

近所に先達さんがいて、連れられて子供会で毎年夏に登っていました。
裏行場と西の覗きを巡るんですが、特に西の覗きはめちゃくちゃ怖いです。

大人で重たそうな人は合計4人で落ちないようにサポートするんですが、
万一事故があると取り返しがつかないので、そんなには前に出されません。
写真くらいの感じです。それでもかなり怖いですが。
子供だと軽いので、思いっきり前に出されます。
半分くらいの子は泣いてました。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に大峯山寺の本堂に到着。

イメージ 9

本堂まで、歩行2時間6分+休憩30分+見学15分ほど。
コースタイムは2時間30分から3時間。

本堂。周辺宿坊があります。
トイレは貸してもらえるし、水ももらえます。

イメージ 8

本堂からの眺め。

イメージ 7

2時半ごろに駐車場に戻る。

帰りは、歩行1時間半+休憩8分。
コースタイムは1時間50分ほど。






大阪府吹田市の山田西公園のヒメボタル 5月26日分2-2。

前回のリベンジで、再び挑戦。
詳細は前回の記事参照してください。


今回は車なので、近くの団地の100円パーキングへ、最大700円。

前日かなり飛んだので、カメラマンも多い。
7時前には見える範囲で15名ほど。最終的には20名以上。

8時くらいからかなりの数が飛び始める。
10時を過ぎると激減したので終了。

比較明でよく飛んでるのを20枚、10分分くらい重ねたもの。
あまり近くに来なかったので、前ボケがさびしいのが不満点。
それにF2.8じゃ綺麗に丸くならないので、ピンきすぎるので。
F1.4クラスの明るいレンズ買わないとだめだな。

イメージ 1



兵庫県伊丹市の荒牧バラ公園 5月26日分2-1。

午後に出発、西名阪の法隆寺ICから阪神・近畿道経由で中国道の宝塚ICまで、
1時間ほど。
そこから10分ほどで、荒牧バラ公園の駐車場、1回500円。半分強入ってた。

荒牧バラ公園は無料。


5月中旬から6月中旬までが見頃だが、真ん中の絵になる部分は、
ややピーク過ぎで散りが多かった。

天気は晴れていたが、3時過ぎには雲が増える。
全景、正面は南東なので、午前中のほうが撮りやすい。
午後からは逆光になる。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

少しだけ撮影。晴れていれば伊丹空港に行く予定だったが、
曇ったので、前回はずしたヒメボタルへ。


大阪府吹田市山田西公園のヒメボタル 5月22日分。

先日美山でお会いした方に教えて頂いた関西のヒメボタルの生息地へ行ってきました。
関西でヒメボタルが飛んでいるのは知りませんでした。

大阪梅田から阪急千里線で南千里か山田駅下車。
バスは山田駅の方が便利です。2番乗り場。
新小川下車、山田西公園へ向かい、歯医者さんの横の小道を入る。

阪急千里線は、地下鉄乗り入れしてますので,
奈良からなら、動物園前でJRと乗り換えという手もあります。

帰りのバスは10時前で終了なので、帰りは歩いて駅まで行きました。
歩いても20分ほどで駅までいけます。

もうすでに有名な場所ということで、
場所や鑑賞の注意点など詳しく書かれてるページをリンクしておきます。


吹田市で公開している発光数、大体のピークの時期が分かります。


一昨日が419ということで、初めてなので下見半分で行きました。
今日見たら昨日は516となってました。
ピークは800越えくらいみたいです。

池と池の間の小川沿いが鑑賞ポイントです。

カメラマンも10名くらい、観光客は数十人くらい来てました。
ホタル観賞は、灯りを付けない、騒がないのが、
ルールなのですが、ここはかなりゆるい感じです。
もう少しマナーは守ってほしいもの。

最初はなかなか飛ばず、9時過ぎくらいからはそこそこ飛んでいました。
インターバルタイマーで撮影、いいのを比較明合成します。

背景綺麗な場所選んだのですが、そこはあまり飛ばず。
一度動いてしまってから、また同じようなところへ戻ったので、
ピントいまいちです。最初の場所選択、重要です。

やや広めの35mmで撮ったんですが、数いまいちなので、迫力不足。
ここはもっと望遠のほうがよかったかな。

レンズもF2.8だと綺麗に丸くなりません。F1.4でやや望遠いるようです。

40枚ほど、比較明合成してますが、この倍以上は飛ばないと迫力不足。
また手前のほうに飛ばないと絵になりにくいので、今回は失敗作です。

できればリベンジします。

イメージ 1



京都府南丹市の美山茅葺の里の放水訓練 5月20日分。

昨日は、久しぶりに美山茅葺の里へ行ってきた。

朝6時35分に出発。

京奈和道が第二名阪と新名神でつながったので、全て高速で行ってみた。

7時5分に京奈和道に入る。
7時17分に新名神、20分に第二名阪、25分に京滋バイパス、
35分に大原野通過。(沓掛ICでは下りれない。注意)
42分に亀岡通過。50分に南丹PAで休憩、ここまでで初めてのPA。

8時出発、八木からは別料金。
8時4分に園部ICで下りる。府道19号線を北上。
途中、コンビニが1ヶ所だけある。
8時34分にスーパーやガソリンスタンドのある分岐の所。

41分に美山茅葺の里に到着。
走行2時間弱+休憩10分。さすがに高速を使うと早い。
ETCで2260円。

無料駐車場は、もうかなり車が入っている。

9時過ぎに場所取りで、西ノ山の展望所へ上る、14分ほど。
すでに三脚6本。最前列にはいけず。
一番早い方は7時半に登って来たそう。

一度下りて、町中で少し撮影。
10時ごろで、田んぼの中の道沿い、三脚30本。
正面の高台、三脚20本ほど。
10時20分頃、すでに満車。

10時45分ごろに、再び西ノ山の展望所へ。
脚立を使い後列へ。
最終的には11人くらい。

放水は5月と12月の年二回、1時半くらいから5分ほど。
以前は5月と11月の11時からだったが、
見学ツアーとかができて、変更になった。

1時32分位から放水が始まる。
右奥から少しずつ始まり、全体へ。
時間は5分ほど。

フルサイズで70-200㎜くらいのズームがおすすめ。
早いシャッタースピードだと放水の雰囲気が出ない。
1/60以下のシャッタースピードがおすすめ。

始まるころには田んぼの中の道沿いは、かなりの人。
カメラもかなり増えている感じ。

フルサイズで100mm。

イメージ 1

フルサイズで145mm。

イメージ 5

フルサイズで200mm。

イメージ 2

2時ごろに町へ下りる。
レンゲが見頃後半。

イメージ 3

イメージ 4

帰りは周山街道を帰る。3時半に出発。
阪神高速京都線の上鳥羽ICまで、1時間40分。途中休憩20分。
5時30分に上鳥羽IC、35分第二京阪、40分に新名神、
43分に京奈和に入り、6時に奈良市内へ。
6時40分ごろに帰宅。走行232キロほど。







福井県鯖江市の西山公園の躑躅 5月10日分3-3。

春の取材記、最終回。

1時過ぎに鯖江市の西山公園に移動。

無料駐車場あり、見学自由。
全体的に躑躅は見事だがややピーク過ぎ。種類により散りつぼみ混在。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2時20分に北陸道の鯖江ICから高速へ。
2時50分、敦賀JCT。途中30分ほど休憩。

名神高速道路に入り、3時55分に彦根通過。
4時10分に、八日市通過。
睡魔に襲われ1時間ほど仮眠。

京滋バイパスに入り、間違えて5時50分に宇治西ICから一般道へ。

4月下旬に第二京阪と京奈和道がつながっていたので、
一度高速を下りなくともよかったのを知らなかった。

京奈和道経由で6時半ごろに奈良市内。
7時10分ごろに帰宅。

今回の総走行距離は、17日間で4194キロ。

春の取材記は今回で終了です、ありがとうございました。



福井県池田町の龍双ヶ滝と大野市の一乗谷朝倉氏遺跡 5月10日分3-2。

勝山市・大野市を経由して、
10時半ごろに池田町の龍双ヶ滝に到着。
日本百名瀑の1つ。カメラマン数名。

無料の駐車場あり、展望台までは3.4分だが、あまり見えない。
道沿いからの眺めのほうがよい。

新緑がとても綺麗だった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

昼過ぎに大野市の一乗谷朝倉氏遺跡へ移動。
あまり絵になるポイントはない。

イメージ 8

その後、鯖江市の西山公園に移動。

石川県白山市の手取峡谷の綿ヶ滝 5月10日分3-1。

前夜は雨、朝から曇り。

富山県の南砺市から石川県金沢市を通り国道157号線を南下。
7時ごろに手取峡谷に到着。
無料駐車場・トイレあり。

東屋のある展望所まで2分。
滝が遠望できる。前夜の雨で川は濁ってる。

イメージ 1

イメージ 2

滝のすぐ近くまでは階段を下りていく、4分ほど。

イメージ 3

その後、さらに南下して、福井県に入る。


長野県阿智村の月川温泉郷の花桃、富士見台高原、富山県南砺市の五箇山の相倉集落の夜景 5月9日分。

天気は曇り。

朝から再び月川温泉郷の花桃を撮りに行く。
駐車500円。満開散りはじめ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

高台の道路沿いからの撮影。

イメージ 16

イメージ 17

ヘブンズ園原の富士見台高原ロープウェイで、山上へ。
往復1600円。富士見台高原は星空で有名なところ。


水芭蕉は終盤の感じ。

イメージ 18

1時前に園原ICから中央道へ入り、白川郷へ。
園原ICは、名古屋方面の入り口と出口のみ。

4時半ごろに白川郷ICから出る。走行2時間35分、休憩1時間ほど。

岐阜県の白川郷、水が入った田んぼは半分ほどで、いまひとつなので、
富山県の五箇山へ移動。

富山県の五箇山の菅沼集落も水が入った田んぼは半分ほど。
奥の民家、屋根の吹き替え中。

5時40分ごろに富山県の五箇山の相倉集落へ移動。

11日から水田のライトアップなので、もう水が入っているかと思いきや、
ここもまだ入っていないところが多かった。

薄暮のタイミングで撮影。

イメージ 19

夜は、道の駅で車中泊。

長野県阿智村の月川温泉郷の花桃 5月8日分2-2。

午後12時55分に相模湖ICから中央道に入り、
午後4時20分頃に飯田山本ICから出る。
走行2時間35分、途中休憩30分。

20分ほどで阿智村の月川温泉郷に到着。


月川温泉郷の花桃は満開散りはじめ。
途中の昼神温泉郷はほとんど散っていた。
あまり距離変わらないのにかなり時間差がある。

すでに日が傾いてきた。相模湖でゆっくりし過ぎた失敗。

近くの駒繋ぎの桜は散りはて。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

夜は飯田市のネットカフェ泊。

このページのトップヘ