風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2018 春取材記

岐阜県八百津町の五宝の滝 5月28日分5-5。

さらに国道41号線を南下。
国道418号線経由で、五宝の滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
複数の滝があり周遊できるが、東屋のある展望所へは8分ほど。



イメージ 1

東海環状道の可児御嵩ICから高速へ、
中央道、名二環、名古屋高速、東名阪経由で、
西名阪の法隆寺ICまで、走行2時間40分ほど、休憩含まず。

今回の旅、7日間の総走行距離は、2287キロほど。
所用があるため、1時帰宅。6月1日から再び旅に出ました。

岐阜県下呂市の乗政大滝 5月28日分5-4。

さらに国道41号線を南下。下呂温泉から林道を抜け、
県道440号線沿いにある乗政大滝へ。
無料駐車場あり、トイレなし。
滝へは歩いて6分ほど。滝は西向き。


イメージ 1



岐阜県高山市の女男滝 5月28日分5-3

国道41号線を南下して、女男滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
すぐ横にレストランあり。
滝は駐車場のすぐ横にあるが、滝つぼには下りれない。
流木が引っかかているのが残念。


イメージ 1

岐阜県高山市の銚子滝 5月28日分5-2

平湯大滝から高山市街に向かう途中、
国道158号から少し入ったところにある銚子滝へ。

10台くらいと停めれる空き地から歩いて2分ほどで滝壺。

イメージ 1

岐阜県高山市の平湯大滝 5月28日分5-1

朝から曇り。
国道158号線経由で、平湯大滝へ。
日本の滝100選の1つ。


無料駐車場・トイレあり。
歩いて15分ほどで滝が見える広場。

イメージ 1


長野県松本市の松本城の夜景 5月27日分4-4

夕方に松本市の松本城に移動。
日本100名城の1つで、国宝。


市営開智駐車場、20分100円。
夕方には少し青空が見えた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


長野県坂城町のさかき千種川バラ公園 5月27日分4-3

白馬から再び姥捨棚田に戻り、少し撮影した後南下。
さかき千種川バラ公園へ。無料駐車場あり。見学自由。


イメージ 1

イメージ 2





長野県白馬村の青鬼の棚田 5月27日分4-2。

7時半過ぎに白馬村の青鬼の棚田に移動。
駐車場志納。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

白馬大橋から望む白馬の山並み。

イメージ 4

長野県千曲市の姥捨の棚田 5月27日分4-1。

朝3時半ごろに上信越道の坂城ICを出て、姥捨の棚田へ。
30分ほどで到着。無料駐車場あり。簡易トイレあり。

日本の棚田100選に1つで、国指定名勝にもなっている。

カメラマン数名。ドローン集団がいて、5台ほど飛んでいた。
水入れはほぼ終わっているが、田植えはまだのところが多い。

ラストの写真は白馬から戻って、午後から撮影。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5




埼玉県小鹿野町の丸神ノ滝 5月26日分3-3。
国道140号線を移動して、丸神ノ滝へ。
日本百名瀑の1つ。

無料駐車場、トイレ、自販機あり。

東側ルートは、表記20分だったが、実測12分で、滝前の広場に到着。
滝は北東向き。
帰りは、西側のルートへ。
ジクザクの坂を上ったところが展望所で、
さらに少し先に東屋がある展望所もある。ここは紅葉ポイント。
西側ルートは、表記25分だったが、実測22分で、駐車場に戻る。

滝前の広場から。

イメージ 1

展望所から。

イメージ 2

温泉に入った後、夜は高速へ。


埼玉県皆野町の天空のポピー畑 5月26日分3-2。

国道125・140号線を通り、埼玉県皆野町の天空のポピー畑へ。
開園の9時ごろにはすぐ近くまで到着したのだが、
そこから駐車場に入るまで、1時間ほどかかった。
無料駐車場あり、入園300円。
ポピー畑は半分くらいのエリアが見頃。


朝から曇りだったが、束の間晴れ間も見えた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

茨城県下妻市の小貝川ふれあい公園のポピー畑  5月26日分3-1。

前日夕方に、下妻市の小貝川ふれあい公園に移動。

金曜日の夜は快晴に近くなったのだが、
今日、土曜日のGPVの雲模様はいまひとつだったからか、
早朝2時ごろには、まだカメラマンは少な目。

それでも日の出前にはカメラマン約60名。車約35台。
今日は前列に行くカメラマンはいなかった。

雲は少し焼けたが、すぐに失速、残念。

イメージ 1




茨城県石岡市の常陸風土記の丘 5月25日分5-5。

常陸風土記の丘に移動。
無料駐車場あり、園内一部有料150円。


獅子頭展望台。

イメージ 1

有料エリアの古代家屋。

イメージ 2

夕方に、下妻市の小貝川ふれあい公園に移動。

半月に近いが夕方には雲が無くなり、快晴に近くなったので、
8時ごろから星とポピー畑を撮影。

茨城県石岡市のフラワーパーク 5月25日分5-4。

茨城県フラワーパークに移動。
駐車代無料、入園740円。


薔薇は見ごろ後半で落下盛ん。

イメージ 1

躑躅は見頃。

イメージ 2


茨城県桜川市の雨引観音 5月25日分5-3

天気がさえないので、のんびりと周辺を散策。

雨引観音。境内拝観自由。

イメージ 1

イメージ 2

茨城県桜川市の真壁城跡と街並み 5月25日分5-2

朝焼けは少しだけで、その後曇り。
天気がさえないので、のんびりと周辺を散策。

真壁城跡。

イメージ 1

真壁の古い街並み。

イメージ 2

イメージ 3

茨城県下妻市の小貝川ふれあい公園のポピー畑  5月25日分5-1

前日夕方に、下妻市の小貝川ふれあい公園に移動。

早朝2時起き、この時点で車30台以上。
4時半ごろにはカメラマン80人以上。

金曜日だが、筑波山がダイヤモンドになる時期なので、結構な人出。
でも今年の開花は早めだったので、週明け前後のほうが多かった様子。

通路が花畑の中にあっても、
後ろの方の通路から撮影することで、他人の写角に入らないようにするのが、
カメラマンの暗黙の了解だったのだが、
SNSの増加による初心者が増え、マナーを守れない人が増えたようで、
花畑の中の通路に三脚がすでに置かれているとのことで、
後列右側3分の1にいたカメラマンが次々と花畑の中の通路へ移動。
自分も右側にいたので、しかたなく前列へ。
結局右側3分の1は全員前列へ。左側3分の2は前列が被らないのでそのまま。

夜はポピーは少な目だったが、日の出のころには結構開いてきた。
朝日は筑波山の後ろから上るが、雲が厚く山のシルエットが見えない。
とうぜん光も弱く、朝霧もなし。
GPVの雲の流れ、微妙だったし、まぁ初めてでうまくいくわけないか、残念。

イメージ 1

茨城県大子町の袋田の滝 5月24日分3-3。

12時前に袋田の滝に移動。
土産・食事で駐車代無料。観瀑トンネル利用料300円。
立派な展望台がある。昼過ぎ位の光線がおすすめ。


去年が水量少なかったが、今年はまぁまぁかな。

イメージ 1

イメージ 2



栃木県矢板市の八方ヶ原のレンゲツツジ 5月24日分3-2。

10時前に矢板市の八方ヶ原に移動。

レンゲツツジのピークには早いが、
去年に続いて今年もレンゲツツジの花は少ない様子。
2年連続はないと思ったんだが、残念。

イメージ 1

イメージ 2


栃木県日光市の竜頭の滝の躑躅 5月24日分3-1。

前夜の雨はやみ、朝から再び竜頭の滝へ。

躑躅は見頃旬なのだが、前景の木々が伸びすぎて、よく見えない。
茶屋前と橋の上から見る以外のポイントは、脚立を使っても、もう撮れない感じ。
木々の整備をしてくれたらいいのだが、国立公園だと難しいかな。
これじゃ、がっかり名所になってしまうよ。
イメージ 1

イメージ 2



このページのトップヘ