風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2018 夏取材記

愛知県名古屋市の清須城 8月26日分4-4。

最後に清州城へ。駐車場無料。
午後遅めの光線がおすすめ。
天守閣は4時15分まで、300円。


イメージ 2

イメージ 1

夜、名港トリトンを撮りに行くが、雲が増えていまひとつ。
帰路に着いた。

愛知県名古屋市の名古屋テレビ塔とオアシス21 8月26日分4-3。

名古屋市に移動。
100円パーキングに停めて、名古屋テレビ塔とオアシス21を撮影。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


愛知県西尾市の三河一色大提灯まつり 8月26日分4-2。

西尾市に移動。臨時駐車場あり、無料。

午前10時30分頃、12張全ての大提灯が掲揚される。






イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



愛知県岡崎市の岡崎城 8月26日分4-1。

朝から岡崎城へ。駐車場は30分100円。


イメージ 1

イメージ 2


愛知県豊川市の豊川手筒花火 8月25日分3-3。
最後に豊川市野球場で行われる豊川市民まつり「豊川手筒花火」へ。
臨時駐車場あり、無料。

三脚使用可能なカメラマン席は3000円。観客席の右側になる。
当日券は3時から発売で、球場入場は4時から。
観客席は1000円だったと思う。シートに座るタイプで椅子の持ち込みは不可。
観客席の外側は無料だが、距離はかなり離れる感じ。

3時半に着いたときはすでにカメラマン席待ちで、
すでに50人近く並んでいたが、まだ十分余裕あり。
後ろの方は400mmくらいの望遠がいるので、手前から埋っていく。
手前の方はかなり斜めからの撮影になるので、アップ撮影向き。
全体を撮りたい自分は一番後ろ側で撮影。

プログラムは、手筒花火の他に仕掛け花火やスターマインなど。
風がなく、煙が滞留するので、
仕掛け花火やスターマインなどは今一つの感じだった。

また手前の観客席の人たちが動き回るので、すごく邪魔。
座って下さいと、何回も案内があるんだけど、花火関係なく完全に宴会。
もう少しマナー良く見れないものかな。

手筒花火だけなら手持ち撮影可能。内容似てるので、途中で帰る人も多い。
手筒花火は、5人から最高8人まで横並びで行われる。




イメージ 1

イメージ 2

愛知県豊川市の豊川稲荷神社 8月25日分3-2。

四谷の千枚田から移動。
1時間ほどで豊川稲荷神社へ。駐車場は500円。


霊狐塚。パワースポットとして知られる。

イメージ 1

イメージ 2

愛知県新城市の四谷の千枚田 8月25日分3-1。
朝8時に出発。
法隆寺ICから入り、西名阪、名阪国道、東名阪、伊勢湾岸道経由で、
12時ごろに新東名の新城ICから出る。
(途中鈴鹿付近で渋滞、途中休憩合計50分ほど)

そこから30分ほどで、四谷の千枚田に到着。
上と下に駐車場有り、トイレは上部の駐車場にある。


イメージ 1

イメージ 2




石川県白山市の鳥越一向一揆まつり 8月5日分2-2。

午後3時ごろに道の駅「鳥越一向一揆の里」へ。

追悼式や太鼓演奏、踊り、最後に花火(20分ほど)などもある。

鳥越万灯華。会場へは5分ほど。

イメージ 1

イメージ 2


富山県高岡市の高岡七夕まつりと街並み 8月5日分2-1。
朝から高岡市へ。



高岡古城公園。駐車場無料。

イメージ 11

イメージ 12

高岡古城公園にある射水神社。

イメージ 1

イメージ 2

高岡大仏。

イメージ 3

高岡駅前。

イメージ 9

イメージ 4

高岡山 瑞龍寺。駐車場無料、拝観500円。


イメージ 5

イメージ 6

金屋町。千本格子の家並み。駐車場無料。

イメージ 7

イメージ 10

山町筋。土蔵づくりの町並み。駐車場無料。

イメージ 8

石川県七尾市の石崎奉燈祭 8月4日分3-3。

午後4時過ぎに七尾市のワクラ村田製作所の臨時駐車場へ。
まだ半分ほどの入り。
近道の墓地の間を抜け、歩いて堂前へ。
すでに奉燈はそろっていた。



午後5時10分から乱舞が始まる。
見学は反対側のほうがいいが、思いっきり逆光なので、
順光側から撮影。

今年、数基の奉燈の絵や文字を新たに新調したとのことで、
すごく綺麗だった。

5時35分に終了。夕食休憩。

イメージ 1

イメージ 2

夜の部は午後8時に堂前を出発するのだが、
全部の奉燈に明かりがともったのは7時38分。
その後も1部の明かりが消えたりするので、時間との闘い。

和倉温泉が近いので、観光客はすごく多い。

12年前に来たときはフィルム撮影だったが、今回はデジタルなので、
高感度が使え、その場で確認できるので、その点ではすごく楽だった。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


夜は七尾市のネットカフェへ。
土曜日のナイトパック8時間1200円。シャワーもあり、350円ほど。
車の中は暑くて寝れないし、夏場、周辺に安宿ない時はネットカフェがいい。


石川県輪島市の白米千枚田と能登町の恋路海岸の見附島 8月4日分3-2。

石川県輪島市の白米千枚田。
国の名勝、日本の棚田百選、世界農業遺産。


朝は天気が良かったが、次第に雲が増える。

イメージ 1


能登町の恋路海岸の見附島。別名軍艦島。


イメージ 2

富山県射水市の新湊大橋 8月4日分3-1。

朝から、能登半島へ向かう。
途中にある新湊大橋。

イメージ 1

富山県魚津市のたてもん祭り 8月3日分。

朝8時10分に法隆寺ICから入り、名古屋経由で北上、
午後3時半に北陸道の魚津ICから出る。
約7時間20分(途中名古屋で渋滞約1時間、休憩合計約1時間含む)

駅前のビジネスホテルに車を停め、歩いて4時半ごろに諏訪神社へ。

「たてもん祭り」は、「じゃんとこい魚津まつり」一環として、
毎年8月第1金・土曜日の夜に行われる。




午後6時ごろに三脚7本、その後3本くらい増える。
7時頃でカメラマン13人くらい。
金曜日なので、比較的人も少なめで撮影しやすかった。
土曜日は花火もあるので、もっと混むと思う。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




大阪府大阪市の大阪舞洲ゆり園 6月16日分。
朝から快晴。
母と姪っ子と一緒に大阪舞洲ゆり園へ。
斑鳩から高速で1時間ほど。

駐車場700円。入園は1200円。200円引き割引券あり。


色彩の丘と恋する桃色の丘は見頃だったが、他はもう見頃過ぎ。
今年は花の開花はかなり早い様子で、2014年の時に来たときに比べ、
花数が少なくやや物足らない感じ。

2014年に訪れた時↓


今回の撮影では、ソニーのα7Ⅲを使用。
慣れていないので、いまいち使いにくい。

追伸、大阪舞洲ゆり園は2018年を最後に閉園、ネモフィラ園に変わりました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12





愛知県蒲郡市の形原温泉あじさいの里 6月7日分。

朝から再び形原温泉あじさいの里へ、1番乗り。
7時45分に駐車場が開いた、駐車場500円。
入場300円。朝8時から夜9時半まで。


ずっと昔は早朝は自由だったのだが、今はゲートがある。
ゲートは8時直前に開いた。
紫陽花は見頃初期。
前夜の雨は上がり、雨に濡れた紫陽花は美しい。
人の少ない間に効率よく撮影を進める。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 1

10時ごろには晴れてくる。
観光客も増えたので退散。

10時40分ごろに出発。
国道23号線を走り、11時15分に伊勢湾岸道の豊明ICから高速へ。
東名阪・名阪国道経由で、3時20分ごろに西名阪の法隆寺ICを出て帰宅。
途中休憩合計1時間20分、工事渋滞で1時間くらいノロノロ運転あり。

今回の1週間の旅の総走行距離は、1888キロほど。

取材記は今回で終了です、ありがとうございました。





愛知県蒲郡市の形原温泉あじさいの里のライトアップ 6月6日分3-3。

阿寺の七滝から蒲郡市の形原温泉に移動、1時間半ほど。
駐車場500円、入場300円。朝8時から夜9時半まで。
ずっと昔は早朝は自由だったのだが、今はゲートがある。


小雨の中、ライトアップされた紫陽花を撮影。
紫陽花は見頃初期。

紫陽花と一緒には撮れないが、すぐ近くにホタル鑑賞ポイントもある。
雨なので、当日は数匹しか見られず。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4






愛知県新城市の阿寺の七滝 6月6日分3-2。

はままつフラワーパークから阿寺の七滝へ移動、50分ほど。
駐車場セルフ300円。トイレあり。
売店などは閉まっていた。

ちなみに七滝の名前は、滝が七つあるのではなく、
滝が七段あることからきている。

滝までは平坦で歩きやすい道。
12分ほどで滝前広場に到着。休憩所もある展望台がある。
上の滝を近くで見るための遊歩道もある。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3





静岡県浜松市のはままつフラワーパーク 6月6日分3-1。

朝から本降りの雨。
のんびりと新東名を走る。
12時前に浜松いなさICで下りて、はままつフラワーパークへ。
駐車場200円、入園800円。

雨は小雨パラパラに変わる。


花菖蒲園が見頃旬。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

紫陽花は見頃初期。

イメージ 6

イメージ 7

大温室では、月下美人が咲いていた。
複数の鉢があり、開花した日のみ展示するとのこと。

イメージ 8

ブルーの貴重な胡蝶蘭も展示されている。

イメージ 9

イメージ 10

入り口付近。

イメージ 11



千葉県富津市のマザー牧場の桃色吐息 6月5日分4-4。

再びマザー牧場へ。8時50分ごろに到着。
駐車場は9時に開いた。牧場は9時半から開場。
駐車場900円、入場1500円(JAF割100円あり)


桃色吐息は、ペチュニアを品種改良した花で、
5月中旬から9月中旬にかけて咲く。

朝から快晴なので、人の少ない朝一で再訪したのだが、
朝から宣材写真の撮影と草刈り中。

人の切れ間に撮影するが、結局1時間ほど待たされ、
その間に雲が増えてしまった。

諸事情あるだろうが、開場前にすましてほしいもの。
この時期、5時にはすっかり明るいし、時間はたっぷりあるんだから。
正直なところ、客商売では、すごいマイナスだと思う。

イメージ 1

イメージ 2

その後、すっかり曇ったので、
前から行きたかった木更津の三井アウトレットパークヘ。

2時半ごろに木更津金田ICから高速に乗り、東京湾アクアラインへ。
新東名に入り、駿河湾沼津SAで車中泊。
夜には雨が降ってきた。

千葉県鋸南町の道の駅・保田小学校 6月5日分4-3。

その後、道の駅・保田小学校へ、立ち寄る。
小学校を改修して道の駅などになっている場所は結構あるが、
ここは全国的にも有名な場所。
宿泊もでき、温浴施設もある。
紫陽花が見ごろ後半の感じ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


このページのトップヘ