風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2020 秋取材記1

秋田県湯沢市の国道398号線大湯道路の紅葉 10月26日分4-2。

小安峡から南下、栗駒山へ向かう栗駒道路の分岐までは、絶景道路。
紅葉は見頃旬でとても綺麗。
所々路肩駐車可。トンネルの南側に駐車場有。

_V9A3608

_V9A3630


秋田県湯沢市の三途川渓谷と小安峡の紅葉 10月26日分4-1。

夜半は雨、朝は曇り、山際に雲海が漂う。

朝から三途川渓谷へ。紅葉は見頃。
無料駐車場、トイレ、自販機あり。

_V9A3426

_V9A3474

_V9A3488

次に小安峡(おやすきょう)へ。無料駐車場、トイレ、売店あり。
橋から見て大噴湯の反対側は見頃前半。
大噴湯側は色づき始め。温泉のある方は暖かいからかな。

大噴湯の反対側。
橋の上に車を停める人が多いが、危ないので駐車場に入れましょう。

_V9A3564

_V9A3567

子安峡の東南側。看板のあるところ。
紅葉は見頃。路肩駐車可。

_V9A3576




秋田県由利本荘市の法体の滝の紅葉 10月25日分2-2。

秋田県内を延々と南下。
2時40分ごろに法体の滝の無料駐車場へ。
レストランなどもある。

法体の滝は日本百名瀑の1つ。
展望所までは5分ほど。

連日の雨で凄い水量になっていた。
紅葉は見頃旬。

_V9A3380

_V9A3416

秋田県秋田市の千秋公園の紅葉 10月25日分2-1。

雨はほとんど降ってないのだが、風が強い荒れた天気。
白神山地に行く予定にしていたのだが、
しばらく天気が冴えないので、諦めて南下。

途中、秋田市の千秋公園に寄り道。
駐車場30分100円。紅葉は色づき始め。
公園内に久保田城がある。

https://www.city.akita.lg.jp/kurashi/doro-koen/1003685/1007159/index.html


_V9A3302

_V9A3304

秋田県北秋田市の安の滝の紅葉 10月24日分2-2。

1時20分ごろに幸兵衛滝の駐車場を出て、
1時45分に安の滝の駐車場へ。
立派なトイレはあるが、水は飲用不可。
表示は45分と書かれているが、普通に歩いて25分ほどで、安の滝。
割りと歩きやすい道。

21日に来たときは、天気は良かったのだが水量不足。
雨上がりの好天に来る予定だったが、
しばらくは天気がいまいちなので、再訪。

滝が西に向いていて、周辺が開けているので、
晴れていれば午後1時から4時前まで虹が見られるのだが、
紅葉のタイミングと天気がなかなかうまくはいかない。
2015年に来たときはすごくついていた。

2015年に安の滝に来たときの取材記
http://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532804.html

安の滝は日本百名瀑の1つ。
紅葉は上の方は見頃後半。下の方は見頃旬。

_V9A3195

_V9A3224

_V9A3260

_V9A3281

帰り道に遊歩道の紅葉撮影。見頃だがまだ色づき始めのも多い。

_V9A3298

夕方、308号線の中間あたりにある「マタギの湯」へ。
9時から22時まで、450円。ロッカー100円要。
シャンプーあり、タオル別。
食事は11時から14時まで。
コインランドリーもあり200円。ドライは無料。

コンビニやスーパーは阿仁前田まで行かないとないが、
居酒屋飯屋は、ひたちない駅前にある、夜10時まで。

秋田県北秋田市の立又峡谷の幸兵衛滝の紅葉 10月24日分2-1。

天気は早朝は本降りの雨、のち小雨、
時々雨が強くなったり小康状態になったりの繰り返し。

朝から幸兵衛滝へ向かう。
「道の駅あに」近くから、県道308号線へ。
安の滝との分岐を右に、途中から林道に入る。
途中の紅葉も見頃ですごく綺麗。
終点が無料駐車場。簡易トイレもある。

9時半ごろで、先客の車4台。
激しい雨はやみ、少し晴れ間も見えたが、またすぐ小雨。

10分ほど歩くと、1の滝の下。狭い登山道を上っていく。
さらに20分ほどで2の滝。ここからはさらにきつい登り。
さらに12分ほどで、幸兵衛滝の展望所。東屋などはない。
紅葉は見頃旬、とても綺麗。

以前来たときは、曇りから晴れてきて撮影は厳しかったが、
今日は最高の条件。
長秒で流れを撮りたいので、風が強いと厳しいのだが、
少しの間、小康状態が続いた。

_V9A2875

_V9A2899

戻って2の滝の上の滝の展望所へ。

_V9A2988

2の滝の下の滝へ。石伝いに川を渡る。
雨が強くなった来たので、ベルボンのブラッケットに傘を差しながら撮影。
シャッターを切るときはぶれないように傘は手持ち。

_V9A3044

_V9A3096

帰りに急坂の上から、1の滝を撮影。

_V9A3175



秋田県北秋田市の森吉山山麓の桃洞滝の紅葉 10月23日分。

天気は小雨。

朝から奥森吉青少年活動基地にある鳥獣センターの駐車場へ。
無料駐車場に簡易トイレあり。

そこから歩いて、桃洞滝へ向かう。
普通に歩けば1時間ほど。
途中のブナの森の紅葉は見頃。雨の森はすごく美しい。
撮影しながら1時間45分ほどで、桃洞滝に到着。
途中からは岩盤の上を歩く。大雨の時は危険なので注意。

https://ku-n.jp/katudoukiti/

_V9A2485

_V9A2502

_V9A2525

_V9A2553

_V9A2564

_V9A2627

桃洞滝。独特の流れが面白い。紅葉は見頃旬。

_V9A2643

_V9A2725

_V9A2775

_V9A2787

1時ごろに駐車場に戻る。
途中、観光客やカメラマン7名ほどと出会う。
もう1ヶ所、別の滝に行くつもりだったが、
遅くなったので諦める。

疲れたので、夜は早めにホテルへ。楽天で当日予約。
GOTOキャンペーンでビジネスホテルが、超お得。
4,800円が3120円になり、コンビニとかで使える1000円のクーポン付。
VOD映画が見放題で、ウエルカムドリンク無料で、夜食にラーメン定食付き。







秋田県北秋田市の太平湖と小又峡の紅葉に三階滝 10月22日分2-2。

天気は高曇り。
12時前に太平湖のレストハウスへ。
レストハウスは閉鎖中。自販機と簡易トイレあり。
桟橋までは10分ほど。
12時半の遊覧船で小又峡へ、往復1500円。

https://moriyoshizan.jp/around/taiheiko

太平湖の紅葉は見頃前半。ここは晴天の日がおすすめ。

_V9A2220

20分ほどで小又峡に到着。
桟橋に簡易トイレがある。自販機などはない。

そこから、歩いて三階滝に向かう。
普通に歩けば、片道25分ほど。

途中、いくつかの滝があるので、撮影しながら1時間ほどで三階滝に到着。
同じ遊覧船に乗ってた人たちは、途中で引き返したので、貸し切り状態。
紅葉は見頃前半。
前回来たときは晴天で、太平湖は良かったけど、
渓谷や滝は撮りにくかったので、再訪した次第。
曇りや小雨の日がおすすめ。
岩盤の上を歩くので、滑りやすいので注意。
落ちたら死にそうな場所もあるので、子供連れはきついと思う。

_V9A2233

_V9A2272

三角滝。

_V9A2309

_V9A2359

_V9A2371

三階滝。

_V9A2459

_V9A2467

2時45分に桟橋に戻る。
一人だけだったので、早めに出航。





秋田県藤里町の峨瓏大滝と銚子の滝 10月22日分2-1。

天気は曇り。
朝から
峨瓏(がろう)大滝親水公園へ。
無料駐車場4台分、トイレと自販機がある。
滝まではすぐ。となりにダリア園があった。
紅葉はまだまだで、ほぼ緑。

https://www.town.fujisato.akita.jp/

_V9A2151

_V9A2185

白神山地の世界遺産センターのところから、すぐ近くにある銚子の滝。
和みの湯の手前に4台分の駐車スペースがある。トイレなどはない。
紅葉はまだまだで、ほぼ緑。

_V9A2200

その後、きみまち阪自然公園へ。
紅葉はまだ色づき始め。

秋田県北秋田市の安の滝の紅葉 10月21日分3-3。

小坂町の七滝の紅葉は見頃初期。
11時50分頃に小坂ICから高速へ。小坂北ICからは無料区間。
鷹巣ICで下りて、南下。

1時12分ごろに道の駅あにを越えて左折、県道308号線へ。
1時25分に幸兵衛滝との分岐、林道に入る。
1時37分ごろに安の滝の無料駐車場へ。
立派なトイレもある。水は飲用不可。
表示は45分と書かれているが、普通に歩いて25分ほどで、安の滝。
割りと歩きやすい道。
予定より遅れたので、早歩きで20分で到着。

安の滝は日本百名瀑の1つ。
紅葉は見頃旬だが、最近の雨不足で水量が少なめ、残念。
西向きで、晴天の日の午後は虹がかかるのだが、
水が少ないといまいちはっきり虹が見えない。

_V9A2034

次第に雲が増え、曇りにかわる。

_V9A2100

帰りは遊歩道の途中の紅葉を撮影しながら戻る。
まだ少し緑も残り、見頃前半。

_V9A2110

林道沿いから、夕日に染まる紅葉。
見頃旬でとても綺麗。所々路肩駐車可。
林道は狭い場所もあるが、マイクロバスも通ることができる。

_V9A2140

夕方、308号線の中間あたりにある「マタギの湯」へ。
9時から22時まで、450円。ロッカー100円要。
シャンプーあり、タオル別。
食事は11時から14時まで。
コインランドリーもあり200円。ドライは無料。

コンビニやスーパーは阿仁前田まで行かないとないが、
居酒屋飯屋は、ひたちない駅前にある、夜10時まで。

秋田県小坂町の発荷峠の紅葉と紫明亭展望台から望む十和田湖 10月21日分3-2。

10時半ごろに発荷峠に移動。
この辺りの紅葉は見頃。

_V9A1982

発荷峠にも展望台はあるが、
すぐ近くの紫明亭展望台の方が眺めは良い。
どちらも2階建てのコンクリート。
トイレや売店は発荷峠の方にしかない。

_V9A2012

青森県十和田市の奥入瀬渓流と光芒 10月21日分3-1。

朝は曇り、のち快晴。

朝から奥入瀬渓流へ。紅葉は少し黄色が出てきたくらい。
今年は遅れている模様。赤色が出てくるのは下旬ごろ。
日が当たる前に撮影。

_V9A1614

今日も光芒狙い。
蔦沼の朝焼けを撮影してからでも間に合いそうなので、
少し迷ったが、ベスポジ確保したかったので。
光芒狙いのカメラマン合計3人。
8時20分ごろから30分ほど続く。

_V9A1788







青森県十和田市の八甲田山山麓の蔦沼の紅葉 10月20日分5-5。

夕方、SNSで大人気の蔦沼へ。
紅葉はもう見頃だが、まだ少し緑も残る感じ。
今年は22日から27日までの朝の見学は予約抽選制で有料4000円だが、
日中は自由。

テラスは東南側にあり、蔦沼の日当りはいい。
地形に寄るので、日が当たらない可能性もあるが、
朝日がよいなら夕日もいいかもと夕方に訪れた。
観光客やカメラマンが数名いたが、朝に比べるかなり少ないと思う。
この時期の夕照のピークは3時40分頃。50分には大部分が影になる。

_V9A1208

その後、十和田湖の夕焼けポイントを探すが、
この時期太陽が沈む位置がかなり南寄りになるので、あまりいいところはなく撃沈。

青森県青森市の八甲田山山麓の城ヶ倉渓谷の紅葉 10月20日分5-4。

次に城ヶ倉渓谷へ移動。
橋の麓の両側に無料駐車場あり。
トイレは両側にあるが、西側は現在閉鎖中。
紅葉は見頃旬。今年は平年よりかなり遅めの感じ。

_V9A1108

_V9A1152



青森県青森市の八甲田山山麓の酸ヶ湯周辺の紅葉 10月20日分5-3。

次に酸ヶ湯近くの地獄沼に移動。路肩駐車可。
天気は青空が広がるが、雲が増えてくる。
紅葉は見頃後半。

_V9A1057

酸ヶ湯の駐車場から。

_V9A1067




青森県十和田市の奥入瀬渓流と光芒 10月20日分5-2。

次に奥入瀬渓流に移動。
紅葉は見頃初期で、まだ少し黄色が出てきたくらいの感じ。
この時期、8時20分ごろから光芒が入り始め、30分ほどで薄らいでゆく。

_V9A0930

_V9A0936



青森県十和田市の御鼻部山展望台から望む十和田湖と紅葉に朝焼け 10月20日分5-1。

朝から快晴。御鼻部山展望台には他にカメラマン2名。
日の出はかなり左側なので、一緒に撮ることはできないが、
朝の斜光に染まった紅葉はとても綺麗。
今年の紅葉は遅く、平年より5日くらいは遅い感じらしい。

_V9A0859




青森県十和田市の御鼻部山展望台から望む十和田湖と星空 10月19日分4-4。

大湯温泉に入ってから、十和田湖へ。
8時過ぎに御鼻部山展望台に到着。
無料駐車場、トイレあり。
展望台は2階建てのコンクリートで、先客のカメラマンが1名。
昼間は曇っていたが、夜は快晴状態になったので、
星空と十和田湖を撮影。
十和田湖周辺には主に3ヶ所展望台があるが、ここが一番眺めがよい。

_W6A8511

天の川もぎりぎり撮影可能な日だったので、少し撮影。
ただし濃い部分は十和田湖とは反対側。


秋田県鹿角市の中ノ沢の紅葉と夕焼け空 10月19日分4-3。

さらに国道341号線を北上。

以前来たときは熊被害のため、周辺の路肩も閉鎖されていたが、
現在は路肩駐車は可能。
ただし、そこから立ち入ることはできない。

新刊の雑誌で紅葉名所として紹介されていたが、
曽利の滝も立ち入り不可は続いている。
編集者は掲載する前に現在の状況をちゃんと確認しないのかな。

曽利の滝近くの中ノ沢の紅葉。道路沿いから撮影。
周辺見頃旬。

_V9A0760

さらに北上するころには、すっかり日も暮れる。
秋の夕暮れは早い。
空が綺麗に焼けたので、久しぶりに夕焼けを撮影。

_V9A0771


秋田県仙北市の玉川温泉近くの紅葉 10月19日分4-2。

1時半ごろに乳頭温泉郷を出て、国道341号線を北上。
宝仙湖辺りは見頃初期。

玉川温泉を過ぎて、少し行くと展望の広がる場所がある。

以前来たときは熊被害のため、周辺の路肩も閉鎖されていたが、
現在は路肩駐車は可能。
ただし、そこから立ち入ることはできない。


_V9A0747

_V9A0754


このページのトップヘ