風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2020 秋取材記1

秋田県仙北市の田沢湖高原と乳頭温泉郷の紅葉 10月19日分4-1。

前夜は雨。朝から曇り。

田沢湖高原の桜の紅葉。見頃旬。

_V9A0171

_V9A0198

乳頭温泉郷の紅葉。見頃旬でとても綺麗。

_V9A0259

_V9A0313

_V9A0363

_V9A0418

_V9A0436

_V9A0446

_V9A0638

水芭蕉公園の紅葉。
天気が良ければ、秋田駒ケ岳が一望できるところ。

_V9A0676




山形県酒田市の鳥海山山麓の鶴間池の紅葉 10月18日分。

前夜は小雨。
朝は曇りで、後少し青空も見え時々日もさすが、再び曇り。

朝から鶴間池へ向かう。
日曜日とあって、368号線の鶴間池の展望のあるカーブのところは車でいっぱい。
何とかギリギリ駐車できた。
368号線の道沿い途中の橋のあるところからも行けるが、ここからの方が近い。

ブナの森の中から、延々と急坂を下る。
途中4つの梯子場があり、池までは25分ほど。
鶴間池にはトイレはない。

鶴間池、水際の紅葉は見頃。高い木はまだ見頃初期の感じ。

368号線終点の鳥海山への登山道やトイレのある駐車場付近はもう終了。
途中の道沿いは見頃。

_V9A0019

_V9A0045

_V9A0113

_V9A0024

_V9A0128

_V9A0130

_V9A0132

その後、鳥海山の鉾立付近も見に行くが、紅葉は終盤で撮影せず。
夕方は小雨にかわる。
秋田県の大曲市方面まで、移動。

山形県鶴岡市の出羽三山の湯殿山神社と紅葉 10月17日分2-2。

天気は曇りにかわる。
次に湯殿山神社へ向かう。
湯殿山道路は往復400円。紅葉は見頃。
終点に大きな無料駐車場やレストラン、宿泊所あり。
湯殿山神社の本宮を結ぶバスは片道200円、往復400円。
上りだけ利用、下りは30分ほど歩く。

湯殿山神社は出羽三山の1つ。
本宮内は撮影禁止。参拝お祓い料500円。

http://www.dewasanzan.jp/publics/index/16/

_V9A9950

_V9A9959

_V9A9974

デスクワークがあったので、夕方は早めに鶴岡市のホテルへ。
GOTOキャンペーンで、4500円のホテルが2925円になり、
コンビニとかで使える1000円のクーポン付きで超お得。


山形県西川町の月山山麓の地蔵池の紅葉 10月17日分2-1。

夜半から雨、朝も小雨で後曇り。

朝から地蔵池へ。
無料駐車場、トイレあり。紅葉は見頃前半。
カメラマンがパラパラ。

_V9A9858

_V9A9910






山形県山形市の鳥兜山山頂からの蔵王温泉街とドッコ沼の紅葉 10月16日分3-3。

次に蔵王温泉街に移動。
蔵王中央ロープウェイで鳥兜山山頂へ。
無料駐車場あり。往復1500円。HPに割引クーポンあり150円引き。
山頂まで片道7分。山頂付近は終盤、中腹辺りが見頃。

http://zaochuoropeway.co.jp/jp/summer/sansaku.php

_V9A9722

鳥兜山山頂からドッコ沼に向かうリフトは往復300円。
車で来ることもできる。紅葉は見頃。

_V9A9814

_V9A9826

夕方、大蕨の棚田などを見に行くが、稲杭は写真的にはもう終盤。
夕日もいまいちで撮影せず。。

山形県上山市の蔵王エコーラインと蔵王坊平の紅葉 10月16日分3-2。

御釜を見てから、山形県側に入る。
朝は雲が多かったが、次第に青空が増える。
上の方はもう見頃は過ぎているが、下のつづら折りの当たりはちょうど見頃。
しかしやや茶色ぽいのが多い感じ。

_V9A9490

_V9A9523

11時過ぎに蔵王坊平へ。無料駐車場あり。
この辺りの紅葉は見頃旬でとても綺麗。
雲が多かったが、束の間快晴状態になる。

_V9A9584

_V9A9588

_V9A9550




宮城県蔵王町の蔵王エコーラインの不帰の滝と周辺の紅葉 10月16日分3-1。

朝8時に蔵王寺近くのゲートが開くのを待って、蔵王エコーラインへ入る。
これより下の方は、まだまだ緑。

駒草平の無料駐車場に停めて、歩いて5分ほどの不帰の滝の展望所へ。
北向きなので、日が当たる前か曇りや小雨の日がおすすめ。
紅葉は見頃初期。

_V9A9384

周辺の山の紅葉は見頃前半。

_V9A9397

その後、蔵王ハイラインへ、往復550円。レストハウスあり。
蔵王の御釜周辺の紅葉は、もうほとんど散っている。



福島県福島市の磐梯吾妻スカイラインの天狗の庭の紅葉 10月15日分。

天気予報は一日本降りの雨だったが、朝はどんより。
前夜は雨が降ったので、雲海期待で再び磐梯吾妻スカイラインへ。

天気予報良くなかったので、あまり大きな期待はしていなかったし、
たぶん、下から見たら山の上は雲に隠れているので、
行くのをやめた人も多いと思うが、
頻繁に雲海が流れ、時々日も差して、少し青空も見え、
目まぐるしく変化する撮影にはかなり良い日だった。

_V9A9012

_V9A9024

_V9A9217

_V9A9259

_V9A9267

_V9A9307

夕方晴れてきたが、雲が多い。
夕日は双竜の辻方面で狙ったが、雲に隠れて今一つ。
吾妻小富士と天狗の庭の紅葉のコラボが撮れていないので、
もう一日いようかと思ったが、粘ってもダメな時はダメだし、
充分いいのは撮れたので、諦めて蔵王方面に向かう。



福島県福島市の磐梯吾妻スカイラインの浄土平と天狗の庭の紅葉 10月14日分2-2。

9時50分に安達太良山を出発、磐梯吾妻スカイラインに向かう。

10時35分、ほとんど待つことなく浄土平の駐車場へ、1日500円。
レストランやトイレあり。
少しするともう駐車場待ちの渋滞が起きていた。
ちなみに北からは駐車場待ちの大渋滞になるので、
遠回りしても南から向かう方が断然早く駐車場に入れる。
周辺の紅葉は見頃後半。

吾妻小富士から撮影。

_V9A8491

_V9A8580

_V9A8629

次第に雲が増える。1時半に出て天狗の庭へ。
磐梯吾妻スカイラインの北側の道沿いになる。
範囲は広く、路肩駐車しながら撮影。
途中トイレがないのが難点。

紅葉は見頃旬。天気は曇りがちだが、充分綺麗。
福島県では天狗の庭と下郷町の観音沼が紅葉の両横綱だと思う。

_V9A8672

_V9A8843

_V9A8859

_V9A8936

つばくろ谷は見頃前半。無料駐車場、トイレあり。

_V9A8964




福島県二本松市の安達太良山の紅葉 10月14日分2-1。

朝4時25分に安達太良SAを出発、33分に二本松ICを出る。
5時前に安達太良スキー場の駐車場に到着、無料。
朝は曇りで朝日はいま一つ。
5時37分に薬師岳に向かって歩き始める。
夜に雨が降ったので、道はどろどろ。
次第に晴れてくる。

7時48分に薬師岳の展望所に到着。先客数名。
薬師岳は安達太良山の登山路の途中にあり、
ロープウェイの山上駅まで5分くらいのところで、
安達太良山などの展望がよいところ。
かなり快晴に近い状態になったが、山の上の雲は切れない。
雲が少なくなった時に撮影。
ちなみに安達太良山は一番左のピーク。
安達太良山は、日本百名山の1つ。

_V9A8374

_V9A8268

_V9A8304

9時半ごろ雲が増え始めたので、山を下りることにする。
8時半からロープウェイが動いているので、帰りはロープウェイで、
片道1050円、JAF割で50円引き。

http://www.adatara-resort.com/green/express.stm

ロープウェイの窓から撮影。

_V9A8475

_V9A8487







長野県佐久穂町の八千穂高原の紅葉 10月13日分2-2。

次に八千穂高原に移動。紅葉は見頃旬。
八千穂スキー場前や八千穂レイク周辺で撮影。

_V9A7749

_V9A8083

午後から上田市の稲倉の棚田を見に行く。
稲干し風景がまだ見れるかと思ったが、
もう終盤で数が少なかったので撮影せず、ロケハンのみ。

3時過ぎに東部湯の丸ICから高速に入る。
途中休憩合計1時間50分。
9時過ぎに東北自動車道の安達太良SAで車中泊。

長野県佐久穂町の白駒の池の紅葉と苔の森 10月12日・13日分2-1。

10月12日の午後3時半ごろに自宅を出発。
西名阪の法隆寺ICから入り、名阪国道、東名阪へ。
途中5分ほど休憩。
名二環、名古屋高速、東名経由で、6時前に中央道に入る。
途中休憩合計1時間20分ほど。
9時35分ごろに諏訪SAに到着、車中泊。

翌13日、5時20分ごろに出発。
25分頃に諏訪ICから出て、白駒の池には6時10分頃に到着。
駐車場600円。
白駒の池のドウダンツツジの紅葉は見頃後半。
木によってはかなり散っているのもある。
天気は一日中、雲が多かったが、束の間だけ晴れ間が見れた。

_V9A7728

苔の森も綺麗。日が当たる前に撮影。

_V9A7585

_V9A7583





富山県立山町の立山黒部アルペンルートの紅葉 10月7・8日分2-2。

11時20分に室堂から登山道に入り、天狗平に向かう。
コースタイムは40分の歩きやすい道。
東側は雲が多いが、北西側は青空が見える。

_V9A6996

_V9A7033

_V9A7061

右奥に見えるのが、剣山。

_V9A7101

写真を撮りながら、1時間ほどで天狗平に到着。

ここから上級者向けと言われる、コースタイム2時間半の登山道を使い、弥陀ヶ原へ。
1時間20分の歩きやすいコースもある。

_V9A7129

_V9A7135

下に弥陀ヶ原が見える。ここからはかなり高度を下げていく。
次第に雲の中に入る。途中には長い鎖場や沢もある。

_V9A7146

_V9A7161

_V9A7178

_V9A7205

_V9A7235

_V9A7370

2時半ごろに弥陀ヶ原に到着。
弥陀ヶ原を通り抜けて弘法まで歩く。

_V9A7418

_V9A7432

_V9A7450

_V9A7461

_V9A7484

_V9A7513

_V9A7528

3時40分に弘法へ、定期バスに乗り、美女平経由で立山駅に戻る。

台風接近で、悪天が続きそうなので、紅葉取材の予定を変更。
翌8日に帰宅。

富山県立山町の立山黒部アルペンルートの紅葉 10月7日分2-1。

翌7日、GPVの雲の感じがよさそうだったので、
再び立山黒部アルペンルートへ。

今日は5時50分に立山駅までの旅行会社前へ、1番乗り。
駅のチケット売り場にはすでに行列ができていた。
黒部ダム方面への通り抜けではなく、
大観峰までの往復ならGOTOチケットのほうがお得なのだが、
知ってる人は少ない感じ。

6時10分に旅行会社の窓口が開く、現金のみの取り扱い。
GOTOのキャンペーンでお得なチケットは、
大観峰まで行けて、1000円のお土産用のクーポンと300円の食事用のクーポン付きで4990円。
ただし毎日先着100名のみ。宿泊付きのお得なチケットもいっぱいある。

GOTOのチケットは、駅のチケット売り場で再度引き換えるが、別に窓口があるので早い。
今日は始発の7時40分発のケーブルカー。
美女平からは、7時50分過ぎの臨時の室堂直行の高原バスで室堂へ。
各駅停車の定期バスは8時20分発から、通常通り。

朝は曇っていたが、弥陀ヶ原を通過する頃には青空が見えて日が差してきた。

8時45分頃に室堂に到着。
すぐにトロリーバスに乗り換え、大観峰へ。

8時55分に大観峰に到着。
黒部湖のある東側は雲が多いが、南側は少し雲があるが青空が見える。
大観峰も黒部平も紅葉は見頃。
昼過ぎの光線がベストだが、高山は午後まで天気は持たないことが多いのがつらいところ。

_V9A6615

_V9A6655

_V9A6690

_V9A6704

_V9A6721

_V9A6763

_V9A6858

_V9A6770

雲が増えてきたので、10時25分に室堂に戻り、
みくりが池を少し撮影。

_V9A6922

続く。









富山県立山町の立山黒部アルペンルートの紅葉 10月6日分2-2。

14時の定時の高原バスで、弥陀ヶ原に移動。
かなり雲が増えてきた。時々雲の切れ間から日が差すこともあるが、
青空はほぼなくなる。紅葉は見頃。
大周りのコースをA地点からF地点まで写真を撮りながら歩いて1時間10分ほど。

_V9A6309

_V9A6358

_V9A6383

_V9A6412

_V9A6425

_V9A6470

_V9A6504

_V9A6536

3時半のバスに間に合ったので、4時半ごろに立山に戻る。
夜は吉峰温泉ゆ~ランドへ、入浴620円、JAFやモンベル割りで560円。
10時から9時まで。


富山県立山町の立山黒部アルペンルートの紅葉 10月5・6日分2-1。

10月5日に奈良の自宅から富山県まで移動。

翌6日、7時前に立山駅近くの無料駐車場へ。
無料駐車場は数か所あり、かなりのキャパがある。
立山まではマイカーでは行けないので、公共交通機関を使うしかない。

7時10分頃にチケット売り場に並ぶがもうすでに行列ができていた。
45分にチケット購入。室堂までの往復で4940円。

後で聞いたのだが、GOTOのキャンペーンでお得なチケットがあった。
大観峰まで行けて、1000円のお土産用のクーポンと300円の食事用のクーポン付きで4990円。
ただし毎日先着100名のみで、当日はすでに売り切れてたみたい。

https://www.alpen-route.com/index.php

ケーブルカーの始発は7時40分だが、購入できたのは8時20分発の分。
美女平までは、7分ほど。
美女平からは室堂直行の臨時のバスが出ていた。
各駅停車のバスは定時発のみの運行。

8時36分にバスは出発。上りは眺めの良い左側前方がおすすめ。
室堂までは50分かかる。

9時半ごろに室堂に到着。出遅れたが、天気は曇りのなのであまり影響なし。
ここで、友人の写真家の河口さんにばったり。
GOTOのキャンペーンでお得なチケットがあったことを知る。
リサーチ不足、大失敗。

GPVの予報通り、10時過ぎから青空が見えてくるが、以前雲は多い。
特に主峰の雄山のある東側の雲はほぼ居座っていた。
室堂付近の紅葉は見頃後半。
雄山に向かう道沿いから。手前にあるのはナナカマド。

_V9A6028

_V9A6112

10時40分頃、雄山に向かう道から、神の道へ。
正式名称は母恋坂、スカイロードとも言うらしい。

入り口は水路の横の道を下りていく。
歩きやすい道だが、登山道なので、簡易マップには載っていないからか、
ここを歩く人は少ない。

_V9A6143

_V9A6167

_V9A6192

_V9A6243

_V9A6269

_V9A6292

途中、沢のところで道がわからずに少し迷う。沢を下るんじゃなく横切るとよい。

写真を撮りながらゆっくり歩いて、12時半ごろに雷鳥沢のキャンプ場に到着。
次第に雲が増えてくる。

ここからは室堂へは、延々と階段の上りが続く。
三脚も持たず、カメラとレンズ2本のみで、荷物は軽いのだが、それでも息がきれる。

距離はそんなに離れていないが、
高低差があるのでキャンプ道具一式持って、この階段はかなりきつそうな感じ。
室堂付近にキャンプ場作ればいいのにと、キャンパーはみんな思っているんじゃないだろうか。

階段を上がったところからの展望。下にあるのが雷鳥沢のキャンプ場。
神の道は時間をかけて下りていくので、全然つらくはないが、
階段の上りは一気に上がるので、道は整備されているが、かなりきつい。

_V9A6295

1時半に室堂のターミナルに戻る。
1時半から3時までレストランは団体貸し切り。
豚まんやパン類は売っているが、食事は持参した方がよい。

続く。




大阪府東大阪市の市庁舎から望む東大阪ジャンクションと市街の夕景と夜景 10月2日分3-3。

天気は快晴が続く。午後から電車で大阪へ。

オリンパスプラザ大阪の萩原さんや喜多さんの写真展と
キャノンギャラリー企画展を見学後、大阪市内のビル群を撮影。
夕方東大阪市の市庁舎へ。22階に展望フロアがある。

4時半ごろに到着、一番乗り。後から3名ほど。
前回来たときは夕方近くになってから雲が増えたが、
今回は快晴のまま。なかなかいい感じ。

_V9A5583

_V9A5643

_V9A5656

日没は5時40分頃。6時半ごろまで撮影して帰路に着いた。

奈良県斑鳩町の法起寺周辺に咲く彼岸花 10月2日分3-2。

馬見丘陵公園から法起寺に移動。
道路沿いの駐車場は、いつからか関係者のみに変わっていて今は使えないみたいなので、
車道の路肩に駐車して歩く。

以前よりはだいぶ増えたが、彼岸花は南側に少しだけ。
斑鳩は彼岸花の開花が遅いので、ちょうど見頃。東よりはまだつぼみが多い。
周辺のコスモスはまだ咲き始めでパラパラ程度。
早い年は8月に見頃になるときがあるが、今年はかなり遅い感じ。

_V9A5372

_V9A5501

今年の田んぼは、長雨の影響でイモチ病になっているのが多いようで、
中央部分に枯れたようなのが多い。
なので、枯れた部分をさけて、田んぼと三重塔を撮影。

_V9A5450

奈良県広陵町の馬見丘陵公園のカリオンの丘のコキア 10月2日分3-1。

朝から快晴。
前回は空の抜けがいまいちで人も多かったので、朝一で再び馬見丘陵公園へ。
無料駐車場あり、園内も自由。
カリオンの丘は中央エリアにある。
カメラマンや近所の散歩の人がぱらぱら。
まだ少し緑が残るが赤く色づき見頃。

http://www.pref.nara.jp/1780.htm


_V9A5232

_V9A5253

_V9A5307


奈良県大淀町の世尊寺の彼岸花 10月1日分2-2。

その後、世尊寺に移動。
無料駐車場あり。境内志納100円。

駐車場横の彼岸花は見頃だけれど、バラツキがあり、真ん中の方はまだつぼみが多い。

_V9A5082

境内裏手の彼岸花も真ん中の方はまだ満開にはなっていないので、
もう見頃ではあるけれど、ピークははもう少しの感じ。
ここには白い彼岸花やコスモスもある。

_V9A5096

_V9A5164

_V9A5214

このページのトップヘ