風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2020 秋取材記1

奈良県御所市の九品寺周辺の彼岸花 10月1日分2-1。

天気は晴れ、次第に雲が増える。
朝から葛城古道の九品寺(くほんじ)へ。
無料駐車場あり。
周辺の彼岸花は見頃後半。
人が立ち入って踏みつぶされた彼岸花も多い、すごく残念。
面積は最盛期の3分の1以下になった気がする。

_V9A4890

_V9A4899

_V9A4901

周辺の田んぼの畔はもうやや白くなったのも多い。
部分的にはまだ見頃のところもあるが、広い絵は撮りにくい感じ。

_V9A4908

_V9A4923

_V9A4959

_V9A4982

_V9A5020

_V9A5045

_V9A5052

その後、一言主神社付近にも行ったが、今年は彼岸花はかなり少なく、
密度がない感じで、もうすでに白っぽくなってきている。
28日くらいが見頃ピークだったので、3日目はさすがに厳しい感じで、撮影せず。
部分的な撮影はまだまだ可能。





奈良県奈良市の白毫寺の萩 9月29日分3-3。

最後に白毫寺(びゃくごうじ)へ。
門前の少し手前にある民間駐車場1回700円。拝観500円。
高台にあるので、少し階段を上る。
参道の萩は見頃旬。白い方は結構花がついていたが、赤い方は花が少なめ。
すでに散ったわけでも、これからつぼみが開くわけでもない感じ。
以前来たときも赤色の方が花が少なかった。
境内には少し彼岸花や桔梗も咲いていた。
https://narashikanko.or.jp/spot/temple/byakugouji/

_V9A4842

_V9A4844

奈良県奈良市の元興寺の萩と彼岸花 9月29日分3-2。

山田池公園から、下道を南下して奈良市の元興寺(がんごうじ)へ向かう。
天気はしだいに高曇りに変わる。
境内に無料駐車場あり。拝観500円。JAF割引きあり。
https://gangoji-tera.or.jp/

萩、彼岸花は見頃。桔梗もまだ少し咲いている。

_V9A4765

_V9A4815

_V9A4778

_V9A4830

大阪府枚方市の山田池公園の紅白の彼岸花 9月29日分3-1。

天気は晴れているものの雲が多い。

朝から、枚方市の山田池公園へ。園内自由。
駐車場は、2ヶ所あるが南側の第二駐車場が実りの里に近い。
1時間まで 平日 260円、土日祭日 390円。
2時間まで 平日 460円、土日祭日 510円。
3時間まで 平日 640円、土日祭日 640円。

http://yamadaike.osaka-park.or.jp/

紅白の彼岸花は、実りの里にある棚田の周りにある。
白い彼岸花の群生自体は、たまに見かけるが、
ここは紅白が一緒に咲いていて、しかも結構な数があるのが珍しい。
つぼみ散り混在ながら、見頃としては一番いい感じ。

_V9A4547

_V9A4589

_V9A4593

_V9A4620





奈良県明日香村の彼岸花 9月28日分2-2。

仏隆寺から飛鳥に移動。
天気は青空は見えるものの、雲が多くよく陰る。
例年に比べ開花が遅れたが、ようやく見頃の感じ。

https://www.asukakyo.jp/higanbanakaika/?fbclid=IwAR3pCOf4_TlGwmVvHBH1jHJqpgFh34CXk20r-kwAT4XELf7ixwLK2wshC8I

細川地区。見頃旬。路肩に少し駐車可能。

_V9A4238

_V9A4262

_V9A4283

尾曽にも行ってみたが、見頃だが稲刈りがほぼ終了していたので、撮影せず。
橘寺付近も見頃だが、彼岸花は少ない感じで撮影せず。

甘樫丘と飛鳥寺の間あたり。見頃旬。路肩に少し駐車可能。
雲が多かったので、山際に青空が見えるまで待った。

_V9A4333

_V9A4502

_V9A4512

古宮にも行ったが、手前の彼岸花はもうピーク過ぎ、
数も少なく、田んぼも今年はイモチ病で、枯れたようになっているしで撮影せず。

最後に稲渕へ。奥の方は路肩駐車可。

飛鳥川の飛び石。見頃。

_V9A4523

稲渕付近は一番有名ながら、今は田んぼの耕作放棄が多く、
彼岸花もすごく減って写真的には厳しい感じ。

創作人形の展示や白や黄色の彼岸花は見れるが、彼岸花の撮影目的なら、
あまりお勧めしない。

稲渕の白と黄色の彼岸花。

_V9A4540




奈良県宇陀市の仏隆寺の彼岸花 9月28日分2-1。

朝から宇陀市の仏隆寺へ。無料駐車場、トイレあり。見学志納。
参道に咲く彼岸花は見頃旬。お早めに。
8時を過ぎると日が当たり始めるが、
出来ればその前の方がコントラストが付きすぎないのでおすすめ。

https://www.facebook.com/udashi.kankou/

_V9A4065

_V9A4078

_V9A4107

_V9A4115

_V9A4140




奈良県広陵町・河合町の馬見丘陵公園のダリア園とカリオンの丘のコキア 9月27日分。

日曜日は午前中、所用があったので、昼から少しだけ馬見丘陵公園へ。
無料駐車場あり、園内も自由。
ダリア園は北エリアとカリオンの丘は中央エリアにあり、
距離が離れているので、車で移動。

http://www.pref.nara.jp/1780.htm

ダリア園。見頃旬。

_V9A3967

_V9A3978

_V9A4011

カリオンの丘のコキア。東側はまだ緑のが多い。

_V9A4028

_V9A4031

_V9A4034

_V9A4042



大阪府豊能町の「とよのコスモスの里」 9月26日分3-3。

亀岡から南下して、豊能町の「とよのコスモスの里」へ。
無料駐車場あり。入園500円。
規模的にはそんなに大きくはないが、通路が多いので、アップの写真は撮りやすい。
コスモスは見頃。まだまだつぼみも多く、当分は大丈夫。
奥には彼岸花もあって、こちらも見頃だがまだつぼみも多く全体5分くらい。

https://twitter.com/toyono_cosmos


_V9A3839

_V9A3869

_V9A3924

京都府亀岡市の穴太寺付近の彼岸花 9月26日分3-2。

美山から亀岡へ移動。
車塚古墳付近も彼岸花の名所になっているが、今はあまりないので、
穴太寺付近で撮影。周辺の駐車場1日500円。
稲刈りはほぼ終了。天気も曇りなので、撮影は少しだけ。
彼岸花は咲き始めから見頃まで混在だが、全体的に6分ほど。
ここ2.3日のうちがおすすめ。

https://www.kameoka.info/charm/flowers/amaryllis/


_V9A3786

_V9A3772

_V9A3749

_V9A3813

京都府南丹市の美山茅葺の里のそば畑と彼岸花 9月26日分3-1。

前日は本降りの雨、早朝はまだ小雨ぱらぱら、のち曇り。
朝から美山茅葺の里へ。駐車場は今年の春から1日500円。

そば畑は見頃、西側の一部は見頃過ぎのところもある。
彼岸花は咲き始めから見頃混在、全体的に5分くらい。数はあまりない。
10時を過ぎると観光客が増えるので朝早めがおすすめ。

http://www.kayabukinosato.com/index.html?fbclid=IwAR1xYgVWU7h6Dc_Ikh371jxc0vfeQmUn45O75VtBHq_jvcTu901MRRVk_I8

_V9A3556

_V9A3620

_V9A3668





奈良県宇陀市の仏隆寺参道の彼岸花 9月24日分。

朝9時前に仏隆寺へ。駐車場に車5台、カメラマン数名。
彼岸花は参道上の方の道沿いは満開見頃。
下の方や少し離れた場所は、咲き始めのが多いので全体5分くらいの感じ。
奈良観光JPさんは7,8分咲きと書かれてたので、人により感覚が違うのかも。

以前はなかった立ち入り禁止のロープが気になるが仕方がない。
猪被害で壊滅した彼岸花はかなり回復、階段近辺は十分絵になる感じだが、
周辺部まで含めるとまだ全盛期の1/3くらいの感じかな。

https://www.facebook.com/udashi.kankou/
http://xn--54qt8q919aucg.jp/

_V9A3532

_V9A3543

その後、三重県の彼岸花名所を数か所廻るが、正直今一つ。
彼岸花は急に増えるので、何とも言えないが、あまりいいところはなかった。

坂本棚田にも行ってみたが、耕作放棄がかなり増えて正直厳しい感じ。

奈良県内数カ所でスピード違反の取り締まり見かけたので、
県内撮影に来られた方、お気をつけて安全運転でお願いします。
朝の時点で、葛城古道の一言主神社付近は全体的には5分程度ながら、二列は見頃。
九品寺付近は車窓から見た感じで、咲き始めから3分程度。
ネット情報では今年はあまり期待できなさそうな感じ。

伏見の丸池は咲き始めながら、数は少ない。大川杉付近も同じ。

明日香村は、全体的に咲き始めから2.3分程度。部分撮りなら可能。
橘寺付近は道路沿いの1列のみ見頃、上の方は咲き始め。
細川付近も咲き始めから2.3分程度。
古宮は、奥は見頃ながら手前は咲き始め。

大淀町の世尊寺は、咲き始め。宇陀市の仏隆寺はネット情報で3分程度。
写真は葛城古道の一言主神社付近の彼岸花。

_V9A3524

_V9A3520

_V9A3517



大阪府岸和田市の岸和田城 9月12日分2-2。

友ヶ島から戻って、昼食後に下道を北上。
1時間20分ほどで大阪府岸和田市の岸和田城へ。
駐車場1時間無料、のち1時間100円。
城内自由、天守閣入場300円、最終入場4時まで。
正面は北西向きなので、午後遅めの光線がおすすめ。

https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/36/kishiwadajyo.html

_V9A3514

帰りは阪神高速の岸和田南ICから入り、大和川線を通り、
西名阪の法隆寺ICまで30分ほど。
今年3月29日に大和川線ができてからかなり早くなった。

和歌山県和歌山市の友ヶ島要塞跡 9月12日分2-1。

昨日は和歌山市の友ヶ島要塞跡へ行って来た。
西名阪の法隆寺ICから、阪奈道経由で和歌山北ICまで、1時間。
そこから下道を35分ほど。港の駐車場1日700円。
土曜日でぎりぎりだと乗れないかもしれないので、
45分ほど前に11時の船便を購入。
加太港から島まで船で20分。往復大人2200円。

待ち時間に近くの淡島神社を見学。
雛流し神事で有名な神社で、奉納された人形がたくさん置かれている。
歩いて5分ほど。神社にも駐車場はある、1日700円。

http://www.kada.jp/awashima/

_V9A3477

_V9A3481

10時45分頃に港へ戻る。すでに11時の便はいっぱい。
HPには載っていなかったが、次は12時の臨時便も出ていたので、
ぎりぎり来た人は12時の便が案内されていた。

11時20分ごろに、沖ノ島へ。
友ヶ島は紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ無人島群の総称で、
海軍の砲台跡を巡る島は沖ノ島になり、瀬戸内海国立公園の一部になっている。

港前にアイスやかき氷を売ってるカフェあり。
公共トイレは4ヶ所のみ。
第三砲台跡、タカノス山展望台、友ヶ島灯台、第二砲台跡を巡って戻るコースで、
簡単に写真を撮りながら歩いて2時間半ほど。島内全域廻るなら1日はかかる。

道はやや広いが、石だらけの山道で、そこそこアップダウンがあるので、歩きやすい靴が必要。
第三砲台跡は暗いので、ライトがあるとよいが、通路には簡単な灯りはあったので、
真っ暗というわけではなかった。

http://www.wakayamakanko.com/sightseeing/nature2.html

http://tomogashimakisen.com/jikoku.html


_V9A3488

第3砲台跡の弾薬支庫。
観光客は多いが、島内広いので、
少し待ってたら、人は切れる。

_V9A3496

タカノス山展望台

_V9A3502

タカノス山展望台からの展望。
友ヶ島は紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ無人島群の総称。
瀬戸内海国立公園の一部。
小さな島は神島。手前は沖ノ島で、真ん中奥が虎島。
右奥が地の島。

_V9A3506

第二砲台跡

_V9A3510


大阪府河内長野市の岩湧寺の秋海棠 9月5日分。
昨日は母と姪っ子を連れて岩湧寺へ。
無料駐車場は第一から第五まであり、道沿い途中にも秋海棠はたくさん咲いている。
第一駐車場は8台分ほど。自分が行ったときは他1台のみ駐車。
第一駐車場から、車道を少し戻ったところから参道が始まり、
道沿いに秋海棠はたくさん咲いているが、一番多いのは岩湧寺近く。
普通に歩けば20分程。カメラマンやハイカーが時々ぱらぱらくらいの感じで、空いていた。
秋海棠の花期は8月から10月と長いが、概ね9月上旬が一番の見頃。詳しくは↓
岩湧寺の下に四季彩館があり、すぐ前にトイレあり。
自販機はないが、館内でポカリとお茶を売っている、150円。
開館時間 10時~16時30分
休館日 月曜日と火曜日(祝休日の場合は翌日)、
年末年始(12月29日~1月3日)
岩湧寺近くにも空き地はあるが、途中の車道は狭いので、下の駐車場に停めて、参道を歩くのがおすすめ。車道を歩くこともできるが、距離はやや長い。

_V9A3362

_V9A3371

_V9A3399

_V9A3418

岩湧寺の秋海棠。
普通はピンク色だが、白いのもあった。
真ん中の黄色いのがおしべ。
左右の小さいのが花で、上下のは「がく」

_V9A3459

_V9A3474

このページのトップヘ