風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 春夏の花風景

岩手県一関市の「みちのく紫陽花園」7月21日分5-4。

3時過ぎに山吹棚田出て、4時前に「みちのくあじさい園」に到着。
無料駐車場あり。入園1000円。園内にカフェやレストランあり。

https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=36

日本最大級で400種類4万株の紫陽花が咲く。
紫陽花は全体的に見頃終盤だが、
お目当ては、数年前から始まった期間終盤の20日から25日まで行われる紫陽花の池。
昨日来たときは、中途半端に日が当たっていたので、
今日は夕方日が隠れる時間を見越して再訪。

4時ごろは、まだ日が当たっていたが、4時10分頃には太陽が隠れて、
青天光なしの好条件になった。いわゆるマジックアワーというやつ。
ちょうど昨年のポスターにも採用された子供たちの撮影が始まったので、
一緒に撮影させてもらう。
お母さんもインスタ映え狙っているようで、衣装も凝ってる感じ。

_S9A0875

_S9A0891

光線状態が良いので、営業終了ギリギリまで撮影。
ほとんどの紫陽花は見頃過ぎだが、白いのは見頃。
小雨で煙っていれば最高だが、これでも十分綺麗だと思う。

_S9A0905

_S9A0911


岩手県一関市の「みちのく紫陽花園」7月20日分6-2。

9時に伊豆沼を出て、10時に「みちのくあじさい園」に到着。
無料駐車場あり。入園1000円。園内にカフェやレストランあり。

https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=36

日本最大級で400種類4万株の紫陽花が咲く。
紫陽花は全体的に見頃終盤だが、
お目当ては、数年前から始まった期間終盤の20日から25日まで行われる紫陽花の池。
10時半からと書かれていたが、すでに紫陽花は池に並べられていた。

しかしながら、日当たりのよい場所だと勘違いしていたが、
森の中で中途半端に日が射していて、撮りにくい。
紫陽花の池は、朝早くか、夕方遅くの日が差しこんでいない時間帯がおすすめ。
ほぼ快晴状態なのだが、わずかに雲があったので、
雲に隠れてフラット光にならないか、かなり待ったが、結局だめだった。

_S9A0308

紫陽花園内も森の中が多く、晴天は撮りにくいので、小雨か曇りがおすすめ。
晴天向けの場所はあるが少しだけ。

_S9A0315

宮城県栗原市・登米市の伊豆沼の蓮 7月20日分6-1。

前日に大崎市まで移動。

朝は曇り。6時半に出発。
次第に晴れてくる。

7時半に伊豆沼に到着。
宮城県栗原市と登米市にまたがる東北最大の低地湖沼で、
野鳥の楽園でもあり、夏の蓮が有名なところ。
サンクチュアリセンターに無料駐車場・トイレあり。

道路からは蓮が離れていて撮りにくいが、
登米市の東南側には比較的近くから撮影できる場所がある。
路肩駐車可能。
はすまつり前でまだ遊覧船が出てなかったが、船から撮影するのがいいと思う。

https://www.kurihara-kb.net/publics/index/27/

_S9A0271

長野県諏訪市の霧ヶ峰高原のニッコウキスゲと下諏訪町の八島ヶ原湿原 7月16日分5-4。

10時前に霧ヶ峰の車山肩の駐車場へ。
無料と有料 1日1000円、及び売店レストランとバイオトイレもある。

ニッコウキスゲは見頃初期の感じだが、立ち入り禁止の柵から離れたところに、
害獣除けの電気柵があるので、写真的にはすごく撮りにくい。
近い場所にあれば柵の間からレンズを入れられるのだが、離れているので、
上からか柵の間を望遠レンズで抜くしかない。
景観的にもすごく残念な感じ。もう少し何とかできないものかな。

新しく買ったGOPROの動画テストを兼ねて、霧ヶ峰高原の最高峰の車山まで歩く。
日本百名山の1つだが、車山肩の駐車場からだと片道30分ほど。
車山高原からリフトで行くこともできる。

_S9A8954

_S9A8986

1時ごろに八島ヶ原湿原に移動。
無料駐車場・トイレ・売店レストランあり。

_S9A9033

2時半過ぎに出発。途中40分ほど休憩。
3時45分に岡谷ICから長野道に入る。

奈良県奈良市の喜光寺の蓮 7月10日分。

天気は少し日差しのある曇り。
朝から姉の家に行く途中、少しだけ喜光寺へ寄り道。
無料駐車場あり。拝観500円。
http://www.kikouji.com/

蓮はそこそこ咲いていたが、ちょうどいい感じのがなかったので、
自分的には不完全燃焼の感じ。
蓮は1日目は朝から半分開いて、昼頃までに閉じて、
2日目に朝から完全に開いて、昼頃までに閉じて、
3日目に朝から完全に開いて、散り始めるのがサイクルなので、
なかなかタイミングが難しい。

_S9A8725

_S9A8728

_S9A8731







兵庫県神戸市の神戸市立森林植物園の紫陽花 7月2日分。

天気は小雨から次第に本降りの雨に変わる。

朝8時半に西名阪の法隆寺ICから入り、阪神高速・新神戸トンネル経由で、
10時15分に神戸市立森林植物園へ。
駐車場500円、入園300円。
https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

紫陽花は見頃。まだしばらくは大丈夫そうな感じ。

あじさい坂。

_S9A8577

_S9A8588

_S9A8593

_S9A8599

_S9A8605

_S9A8614

_S9A8648

アナベルの丘。
これだけアナベルがそろっているのは、日本中でここだけかも。

_S9A8672

_S9A8694

_S9A8702

_S9A8710

園内はかなり広く、紫陽花園だけしか回っていないが、
あっという間に2時間半もたってしまった。

12時45分頃に出る。
帰りは事故渋滞があったが、2時間ほどで帰宅。





奈良県奈良市の般若寺の紫陽花とコスモス 6月24日分。

天気は晴れているが雲が多い。
午後から奈良市の般若寺へ。
無料駐車場あり。拝観500円。
http://www.hannyaji.com/

紫陽花は見頃、数は多くはない。コスモスは少なからず多からずの感じ。
ここは紫陽花ガラスボールが大人気で、
テレビでも取り上げられていることもあり、平日でもそこそこの人出。

_S9A8465

_S9A8468

_S9A8473

_S9A8480

_S9A8482

_S9A8488

_S9A8494

_S9A8499

_S9A8520

_S9A8535

_S9A8541

_S9A8554



和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社と紫陽花園 6月20日分7-1。

天気は晴れだが雲が多い。

早朝から熊野古道の大門坂へ。無料駐車場・トイレあり。
昨日に続き、今日も山裾に所々雲海も出ているので、
雲海が流れてこないか、しばらく待つが全然来ない、残念。

諦めて6時ごろに
熊野那智大社へ。
世界遺産に登録されている。
那智大社の駐車場もあるが、
青岸渡寺の駐車場が、途中の三重塔付近にも止めれるのでおすすめ。
料金はどちらも800円。
下の方のお土産屋さんの駐車場は400円から500円。
買い物をすれば無料のところもある。

https://kumanonachitaisha.or.jp/

_S9A8193

紫陽花園は見頃。参道の途中にある。規模的には小さめ。

_S9A8198

_S9A8202

_S9A8206

_S9A8211

_S9A8130

_S9A8121

夏越の茅の輪が置かれていた。

_S9A8124

熊野と言えば、
八咫烏です。
http://www.hongutaisha.jp/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F/

_S9A8140

_S9A8143




和歌山県上富田町の「あじさい曼荼羅園」6月19日分2-1。

2泊3日で、和歌山・三重へ。
母を連れての観光メインなので写真は少しだけ。

天気は雨。

朝7時15分に斑鳩の自宅を出発、香芝経由で下道を南下。
8時15分に五条ICから京奈和道に入る。

8時55分に阪和道の和歌山IC付近通過。
途中10分ほど休憩。10時5分に
上富田ICから出る。
10分ほどで、救馬溪観音へ。無料駐車場・トイレあり。
http://www.sukuma.or.jp/ajisaimandara/annai.htm

あじさい曼荼羅園は、救馬溪観音内にあり、
最初コンクリートの建物内を抜けて山上に出る。

入園500円。紫陽花は見頃旬。

天気は小雨に変わる。
紫陽花は雨が似合うので、条件的には最良。
観光客はパラパラ程度。
地形的に変化があるので撮りやすい。

_S9A7964

_S9A7971

_S9A7992

_S9A8000

_S9A8010

_S9A8025

_S9A8040

12時20分ごろに出て、すぐ近くの白浜へ。
再び雨が強くなったので、主に車窓から観光地巡り。
円月島・千畳敷・三段壁などを巡る。

時間があるので下道を走り、那智勝浦へ向かう。

奈良県河合町の馬見丘陵公園の花菖蒲園と紫陽花の小径 6月16日分。

天気は小雨パラパラ。

母の散歩を兼ねて、馬見丘陵公園へ。
無料駐車場・トイレあり。散策自由。

花菖蒲園は見頃。花数はほどほどの感じ。
5月26日も来たのだが、その時と咲いている花数はかわらない感じ。
気象状況で開花はずれるし、2度咲くし、3年に一度くらいで植え替えるから、
撮影時期や撮影年によってかなり、密度に差が出る難しい被写体。

_S9A7867

_S9A7869

コクチナシの花。

_S9A7865

紫陽花の小径も見頃。

_S9A7897

_S9A7890

_S9A7878

睡蓮も見頃。

_S9A7912


三重県桑名市の九華公園の花菖蒲園 6月3日分2-2。

相生山緑地での撮影後、1時35分に駐車場に戻りそのまま仮眠。
6時半ごろに出発。
朝一は青空が見えたが、すぐに曇ってきたので、
下道を通り帰路に着く。

三重県に入るころに再び青空が見えてきたので、
桑名市の九華公園に寄り道。
駐車場250円。公園内にトイレあり。
花菖蒲園は見頃で2ヶ所あるが、規模的には小さい。

http://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/kyuka/
https://rurubu.jp/andmore/spot/80024789

_S9A7639

_S9A7654

10時40分に出発。50分過ぎに桑名ICから東名阪道に入る。
途中、睡魔に襲われて仮眠。
名阪道経由で、2時50分頃に西名阪の法隆寺ICから出て帰宅。

5月27日から6月3日までの8日間の総走行距離は1875キロほど。
今回の取材記はこれで終了です。ありがとうございました。

大阪府枚方市の山田池公園の花菖蒲園 6月5日分。

天気は曇り。
朝から枚方市の山田池公園へ。
大阪府はコロナの緊急事態宣言で、公園内の駐車場は閉鎖されているが、
花菖蒲園は開放されている。

お出かけの際は感染対策に充分気を付けて、自己責任でお願いします。
http://yamadaike.osaka-park.or.jp/

公園外のコインパーキングでは、トラストパーク藤阪元町2丁目がおすすめ。
30分200円。最大600円。
枚方藤阪ハイツの西側のスロープを上り、公園内に入れる。
花菖蒲園までは距離的には公園の第二駐車場からと変わらない感じ。
http://tpnavi.com/P1796.html

花菖蒲園は見頃旬。

_S9A7676

_S9A7687

_S9A7703

_S9A7722

_S9A7737

_S9A7748

_S9A7752

_S9A7756

紫陽花園は見頃初期。

_S9A7770

奈良県奈良市の霊山寺の躑躅 5月22日分2-1。

朝から曇り。
母と姪っ子二人を連れて奈良市の霊山寺へ。
無料駐車場あり、入山500円。
http://www.ryosenji.jp/

目当てはバラ庭園で、例年なら見頃のはずだが、
今年は開花が早めのようで、全体的にもう終盤の感じで、ほとんど撮影せず。
皐月躑躅など、他の花は見頃だった。

_S9A4237

_S9A4244



富山県南砺市の閑乗寺公園の躑躅 5月12日分7-6。

1時45分頃に閑乗寺公園へ。
無料駐車場・トイレ有り。
躑躅が見頃。
上の駐車場の前にある展望広場からは砺波平野のパノラマが見られ、展望台もある。
正直展望台からより展望広場の方の眺めの方がいい感じ。

_S9A3216



石川県珠洲市の「のとキリシマツツジオープンガーデン」5月10日分8-4。

7時10分頃に大谷川を出て、
奥能登の春を鮮やかに彩る「のとキリシマツツジ」を見に行く。

能登半島に古くから植栽されている「のとキリシマツツジ」は、
樹齢100年以上の古木が多く、開花時期は4月下旬〜5月中旬。

「のとキリシマツツジオープンガーデン」とは、一定期間、
個人のお庭などを公開するイベントで、2021年は70か所で公開されており、
詳しい地図も配布されている。

https://www.hot-ishikawa.jp/spot/6093
https://www.okunoto-ishikawa.net/modules/notoiro/index.php?content_id=20

写真は池上家にある大谷ののとキリシマツツジで、石川県指定天然記念物。

_S9A1872



京都府京都市の蹴上浄水場の躑躅 4月30日分。

京都市写真美術館で三田さんの写真展を見た帰り道。
蹴上浄水場の躑躅を少しだけ見学。
コロナの影響で中には入れず、外からのみ。
周辺にコインパーキング有り。
https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000269584.html

_S9A0934

広島県呉市の音戸大橋と躑躅・音戸の瀬戸公園の平清盛像 4月24日分2-2。

9時に錦帯橋を出て、下道を走る。
途中15分ほど休憩。
11時半に広島県呉市の音戸(おんど)大橋に到着。
無料駐車場・トイレあり。
駐車場は上下に2ヶ所あり、階段で繋がっている。
ここの躑躅は有名で、結構な数の観光客がいた。
上側の白い躑躅は終盤だが、他は見頃。
午前中から昼頃までの光線がおすすめ。
https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/m000012.html


_S9A0671

_S9A0685

その後、近くの音戸の瀬戸公園へ。
無料駐車場・トイレあり。躑躅も見頃。
展望も良く、所縁のある平清盛像がある。

http://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/m000017.html


_S9A0767

2時半に出て、3時15分に呉自動車道から高速に入る。
途中、睡魔に襲われ何度も仮眠をしながら、
中国道・阪神高速経由で10時20分ごろに帰宅。
今回の総走行距離は3255キロ。

九州・中国地方の取材記は今回で終了です。
ありがとうございました。

山口県岩国市の錦帯橋と朝日・吉香公園の躑躅 4月24日分2-1。

早朝から再び錦帯橋へ。
河川敷に駐車可。日中は有料300円。
吉香公園内の駐車場は無料。
トイレは観光協会の建物や吉香公園内にある。
躑躅は見頃。
https://www.iwakuni-kanko.com/
http://kankou.iwakuni-city.net/

_S9A0332

_S9A0491

山口県防府市の毛利氏庭園の躑躅 4月23日分5-4。

3時に防府市の毛利氏庭園に移動。
無料駐車場・トイレあり。
見学庭園のみは400円。躑躅は見頃。
https://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/

_S9A0191

_S9A0176

4時前に大平山に移動。
無料駐車場・トイレあり。
躑躅が有名なところで、通常5月ごろに咲く。
今年はどこもかなり開花が早いので、見に行ったが、さすがにまだ咲き始めで撮影せず。
https://visit-hofu.jp/spots/ohirayama-park



山口県山口市の瑠璃光寺の五重塔と躑躅 4月23日分5-3。

1時45分に香山公園へ。
無料駐車場・トイレあり。

歩いてすぐの瑠璃光寺五重塔へ。見学自由。
躑躅は全体5分咲きくらいだった。

http://yamaguchi-city.jp/details/aa_ruri_tou.html


_S9A0160

2時半ごろに近くの一貫野の藤を見に行くが、花数が少なく撮影せず。
路肩駐車可・トイレはなし。

http://www.nihoweb.com/ikkannofuji.html

このページのトップヘ