風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 日本の滝

長野県北相木村の大禅の滝の大氷柱 2月11日、12日分2-1。
2月11日に出発して、21日まで冬季取材に出かけていました。

11日の午後に出発。
埼玉県の三十槌の氷柱のライトアップの最終日なので、
間に合わないかと思ったのだが、
さすがに移動だけで8時間はきついので、途中で諦めて車中泊。

翌12日に北相木村の大禅の滝へ。無料駐車場・トイレあり。
カメラマンや観光客がぱらぱら。

滝下にある橋までは3分ほど。今年は暖冬で雪はない。

寒さはピークの頃だが、滝口まではまだ2メートルくらいで繋がらず。

ホームページに氷柱情報あります。

イメージ 1

小禅の滝の氷柱。樹間からしか見れない。

イメージ 2

南下して山梨県へ。
天気は快晴で、八ヶ岳連峰が綺麗に見えた。

イメージ 3



栃木県那須塩原市の竜化の滝と紅葉 11月11日分2-1。

朝は曇り。

八方ヶ原周辺の紅葉を撮影。
標高の高い場所は落葉。

8時半ごろに竜化の滝へ。
無料駐車場・トイレあり。
歩いて10分ほどで竜化の滝。
途中にも滝がある。

イメージ 1

次に近くの潜竜峡へ。
無料駐車場あり。
布滝の展望台へは、17分ほど。
紅葉は見頃終盤。

続いて回顧の吊橋へ。
無料駐車場・トイレあり。
紅葉は見頃終盤。

10時ごろから晴れてきたので、
もみじ谷大吊橋へむかうが、日曜日で大渋滞。
とても駐車場に入れそうもない。

山際に雲も多いのであきらめて南下。
昼から行われる栃木市のとちぎ秋祭りにむかう。



茨城県大子町の袋田の滝と紅葉 11月9日分2-1。

朝は曇りのち雨。

東北道の矢板ICから出て東進。
9時頃に袋田の滝へ。
付近の駐車場500円。入場300円。


紅葉は見頃旬で、霧が漂い風もないのだが、
水量不足で二段目の左側の流れがなく全景が撮れないのが、なんとも残念。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3





山梨県北杜市の吐竜の滝と紅葉 11月7日分2-2。

県道28号線を北上して、吐竜(どりゅう)の滝へ。
駐車場・簡易トイレあり。滝までは10分ほど、楽な道。


紅葉はもう終盤。台風の影響か今年は早い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

途中の道沿いの橋の上から川俣東沢渓谷の紅葉。駐車場有。

イメージ 3

その後北上して、夜は長野県の佐久市の24時間サウナに泊まる。

山梨県北杜市の神蛇の滝と紅葉 11月6.7日分2-1。

11月6日から16日までの中部・関東方面の紅葉取材記です。

11月6日、午後2時に法隆寺ICから高速へ。
西名阪・名阪国道・東名阪・伊勢湾岸経由で7時50分に新東名の新清水ICを出て、
国道52号線を北上。ここまで5時間50分、休憩合計1時間半含む。

10時ごろに北杜市の道の駅で車中泊。夜は小雨。

翌7日、朝から北杜市の尾白川渓谷へ。
無料駐車場・トイレ・売店あり。先客の車12台。

神蛇の滝まで、1時間ほどだが、けっこうハードな道。
神蛇の滝は百名瀑の1つ。
紅葉は見頃後半。時々雲海が流れてきて綺麗だった。

他にカメラマンはいなかった。
駐車の車多かったが、みんな山登りの人だったみたい。

イメージ 1

その後、北精進ヶ滝に向かう。
しかし、林道の途中にある遠望所から見える北精進ヶ滝付近はかなり落葉。

前景でごまかせることもあるので、期待せず、いちよう行ってみる。

無料駐車場・簡易トイレあり。先客の車3台。
駐車場付近の紅葉は見頃だったが、渓谷沿いはかなり落葉。
台風の影響もあったのかも。

北精進ヶ滝までは45分ほど。わりと楽な道。
落葉が多く、やはり絵にならず、残念。
台風でかなり飛んじゃったのかも。

駐車場付近の紅葉。

イメージ 2

その後、北上して長野県へ入る。



岐阜県高山市の銚子滝の紅葉 10月27日分3-2。

平湯大滝付近紅葉はもう終盤の感じで撮影せず。
近くの銚子滝へ、無料駐車場あり。

イメージ 1

栃木県日光市の華厳滝と霧降滝の紅葉 10月26日分3-3。

天気は下り坂、ついには小雨パラパラ。

明智平の駐車場からロープウェイで明智平へ。
往復730円。JAF割りで660円。
かなり混んでいて、車は大渋滞。ロープウェイは40分待ち。
紅葉は見頃のようだが、いまいちの色付き。

イメージ 1

霧降滝の紅葉。見頃前半。
無料駐車場・トイレあり。
歩いて5分ほどのところに展望台がある。

イメージ 3

レストランの横からの展望。

イメージ 2

2日間の晴天予報は外れ、
この後も天気予報はいまいちなので、帰路に着くことにして、
夕方から高速へ入る。

福島県柳津町のつむじ倉滝の紅葉 10月24日分4-1。

夜は雨。
朝は雨はやんで曇り。

待望の雨で、早朝からつむじ倉滝へ。
無料駐車場・東屋あり、トイレはない。
紅葉は見ごろ前半。
風がないのが助かるが、反面雲海がなかなか動いてこない。

イメージ 1

イメージ 4

県道32号線沿いの紅葉。綺麗なところが多い。

イメージ 2

イメージ 3

栃木県日光市の奥日光の湯ノ湖と湯滝の紅葉 10月17日分3-2。

龍頭の滝の後、日光市内で千人行列を撮影。
再び奥日光に戻り、湯ノ湖と湯滝へ。
紅葉は見頃後半から終盤の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


栃木県日光市の奥日光の龍頭の滝の紅葉 10月17日分3-1。

朝は小雨。
前夜のうちに栃木県境まで移動していたので、
朝7時には龍頭の滝へ。
紅葉は見頃後半。今年は遅めの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3





秋田県にかほ市の鳥海山麓の元滝 10月14日分4-2。

日の出の頃にはどんより。あっという間。
天気いまいちなので、滝を撮りに行く。

無料駐車場・トイレあり。
滝まで10分ほど。紅葉はまだまだ。
日曜日なので、カメラマンが多かった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


岩手県雫石町の葛根田渓谷の鳥越ノ滝の紅葉 10月12日分3-1。

朝は小雨。
葛根田渓谷の紅葉は見頃初期。
奥にある鳥越ノ滝の紅葉は見頃。
道路横に展望台あり。滝壺へは行けない。

イメージ 1

岩手県八幡平市の不動の滝の紅葉 10月11日分2-2。

夕方、不動の滝へ。日本の滝百選の1つ。
桜松神社の無料駐車場から5分ほど。
紅葉は見頃初期。

イメージ 1

夜は雫石町のペンション泊。

愛知県新城市の阿寺の七滝 6月6日分3-2。

はままつフラワーパークから阿寺の七滝へ移動、50分ほど。
駐車場セルフ300円。トイレあり。
売店などは閉まっていた。

ちなみに七滝の名前は、滝が七つあるのではなく、
滝が七段あることからきている。

滝までは平坦で歩きやすい道。
12分ほどで滝前広場に到着。休憩所もある展望台がある。
上の滝を近くで見るための遊歩道もある。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3





岐阜県八百津町の五宝の滝 5月28日分5-5。

さらに国道41号線を南下。
国道418号線経由で、五宝の滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
複数の滝があり周遊できるが、東屋のある展望所へは8分ほど。



イメージ 1

東海環状道の可児御嵩ICから高速へ、
中央道、名二環、名古屋高速、東名阪経由で、
西名阪の法隆寺ICまで、走行2時間40分ほど、休憩含まず。

今回の旅、7日間の総走行距離は、2287キロほど。
所用があるため、1時帰宅。6月1日から再び旅に出ました。

岐阜県下呂市の乗政大滝 5月28日分5-4。

さらに国道41号線を南下。下呂温泉から林道を抜け、
県道440号線沿いにある乗政大滝へ。
無料駐車場あり、トイレなし。
滝へは歩いて6分ほど。滝は西向き。


イメージ 1



岐阜県高山市の女男滝 5月28日分5-3

国道41号線を南下して、女男滝公園へ。
無料駐車場、トイレあり。
すぐ横にレストランあり。
滝は駐車場のすぐ横にあるが、滝つぼには下りれない。
流木が引っかかているのが残念。


イメージ 1

岐阜県高山市の銚子滝 5月28日分5-2

平湯大滝から高山市街に向かう途中、
国道158号から少し入ったところにある銚子滝へ。

10台くらいと停めれる空き地から歩いて2分ほどで滝壺。

イメージ 1

岐阜県高山市の平湯大滝 5月28日分5-1

朝から曇り。
国道158号線経由で、平湯大滝へ。
日本の滝100選の1つ。


無料駐車場・トイレあり。
歩いて15分ほどで滝が見える広場。

イメージ 1


埼玉県小鹿野町の丸神ノ滝 5月26日分3-3。
国道140号線を移動して、丸神ノ滝へ。
日本百名瀑の1つ。

無料駐車場、トイレ、自販機あり。

東側ルートは、表記20分だったが、実測12分で、滝前の広場に到着。
滝は北東向き。
帰りは、西側のルートへ。
ジクザクの坂を上ったところが展望所で、
さらに少し先に東屋がある展望所もある。ここは紅葉ポイント。
西側ルートは、表記25分だったが、実測22分で、駐車場に戻る。

滝前の広場から。

イメージ 1

展望所から。

イメージ 2

温泉に入った後、夜は高速へ。


このページのトップヘ