風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2007 夏取材記

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園の紫陽花と花菖蒲、桜井市の長谷寺の紫陽花 7月1日分。

天気は一日曇り。

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園と
桜井市の長谷寺の紫陽花を撮りに行って来た。

今回は、伯父さん夫婦と母の観光案内を兼ねてなので、
デジカメのイオス5Dの手持ち撮影のみのお気楽モード。

10時頃に滝谷花菖蒲園に到着。
花菖蒲はピークを過ぎて少し寂しい感じで、
今年は全体的に花数も少なかった模様。
紫陽花と睡蓮は見頃だった。

滝谷花菖蒲園の紫陽花と花菖蒲。

イメージ 1

11時過ぎに長谷寺に移動。
この時期に来るのは初めてだったのだが、
思っていたよりずっと紫陽花が多く、撮影ポイントも多い。
ちょうど見頃、まだしばらくは楽しめそう。
今年はもう来る時間がないが、
来年、雨の時にじっくりと撮影してみたい。

桜井市の長谷寺の紫陽花。

イメージ 2

イメージ 3

京都府南丹市の美山茅葺の里の紫陽花、京都市の哲学の道の紫陽花 6月30日分。


朝4時起床、小雨ぱらぱらの天気。
昨日の激しい雨で、すごい量の雲海が谷間を漂っている。

5時頃に美山の北地区の川沿いで、雲海を川や町と組み合わせて撮影。

イメージ 1

その後、南地区と北地区の紫陽花を撮る。
紫陽花と茅葺き屋根が濡れ、さらに背後を雲海が漂い、とてもいい感じ。
なのに今日も、他にカメラマンの姿は見えない。

イメージ 2

イメージ 3

7時半頃撮影終了、周山街道を通り、
途中コンビニで食事、京都市内の哲学の道に向かう。

空は一面曇っているが、少し日差しが出てくる。
9時半頃に哲学の道近くの100円パーキングに到着。

紫陽花は所々にあるが、見頃と咲き始め混在。
法然院近くの洗心橋の北側に、紫陽花の群落がありここは見頃。
ただし、晴れていると撮影しづらいし、電線がすごく邪魔。

イメージ 4

撮影後、早めに帰路に着く。

兵庫県篠山市の玉水ゆり園、京都府南丹市美山茅葺の里の紫陽花 6月29日分2-2。


午後3時前に兵庫県篠山市の玉水ゆり園に到着。
あまり知られていないが、篠山城址の少し北側にあり、
10万本のゆりと5千株の紫陽花が咲く所。
有名な永沢寺花菖蒲園からも車で20分の距離にある。

今年はゆり・紫陽花ともに遅れ気味とのことだが、どちらも見頃。
散りかけているのもあるが、つぼみも多く、
まだしばらくは楽しめそうな感じ。

ここは観光客も少なく、数箇所ごとに樹木で仕切られており、
人を入れずに撮影しやすい。
また、ゆりと紫陽花をいっしょに撮れるのもおもしろい。
平坦で奥行き感を出しにくいのが、唯一の欠点。

4時前に土砂降りの雨が降ってきたので、数箇所ある屋根の下に移動。
雨の中でも傘をささずに撮影できるのが、とても助かる。
40分程で雨が小降りになり始める。

イメージ 1

イメージ 2

その後、5時過ぎに移動、国道372号を東へ、
国道173・9・27号を北上、県道12・38号に通り、
6時頃に京都府南丹市美山町の北地区に到着。

メインストレートの紫陽花は見頃、額紫陽花は咲き始め。
雨があがり雲海が立ち上り、道も茅葺きも濡れてとてもいい感じ。
他にカメラマンはいないので、絶景独り占め。

イメージ 3

すぐに暗くなって来たので、南地区を下見した後、早めに車中泊。

京都府京都市の西山の善峰寺の紫陽花、大阪府高槻市の高槻花菖蒲園 6月29日分2-1。


天気予報は午前中曇りで昼頃から雨。
朝5時起き、国道24号を走って京都へ、
途中コンビニで朝食を買い、7時半頃に善峰寺の駐車場に到着。
8時開門だが、10分前に開けてもらえた。
まだ他には誰も来ていない。
お参りの後、紫陽花園に急ぐ。

今年の紫陽花は大玉で数も多く見事、
わずかに見頃を過ぎているものもあるが、全体的に見頃ピーク。
朝のうちに一雨来ていたら最高だったが、
それでもこの景色を独り占めできるのは、写真家冥利に尽きる。

8時半頃から、ぱらぱらと人がやって来る。
9時半過ぎに移動する時、観光バスがやって来たので、
撮影はそれまでに済ませたほうがいい、おすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


その後南下して県道79号に入り、楊谷寺の紫陽花を撮りに行く。
こちらは小粒で、いまひとついいアングルがない。

その後、大阪府高槻市の高槻花菖蒲園に向かう。
神峰山寺前を抜けようと思ったのだが、通行禁止。
しかたなく、さらに南下して住宅街を抜ける、
この辺りはややこしく、カーナビなしでは、道に迷いそう。
その後県道6号に入り北上する。

高槻花菖蒲園は、少し不便な所にあるせいか、わりと空いていた。
入口付近は見頃終盤で寂しい感じだが、
奥のほうの遅咲きの花菖蒲は見頃でなかなかよい、紫陽花も見頃。
ここはライトアップもある。
撮影中、わずかだが雨が降った。

イメージ 4

その後、北上して京都の亀岡市に入り、
国道372号を通り兵庫県の篠山市の玉水ゆり園に向かう、続く。

奈良県斑鳩町の法起寺の三重塔と月 6月26日分。


奈良県斑鳩町の法起寺の夕日を撮りに行って来た。
この時期、夕日が法起寺の背後に沈むので、
すでに地元のカメラマンが数名いた。
その中に4月に仏隆寺でお会いした方も居られて、しばし話し込む。

6時35分頃夕日が稜線に沈む、平地なのでやや早い。
いい雲が出ていたので撮りに来たのだが、夕日は平凡だった。
その後も、まだうす雲がいい感じだったので、
小焼けを期待して待つが、奥にある厚い雲が邪魔してあまり焼けなかった。

せっかく来たのに、まったく撮らないのはつまらないので、
薄暮の時間に法起寺の塔に月を絡めて一枚。

イメージ 1

水曜日は天気が良さそうだったので、3時半起床。
外に出ると星が見えず、もやっぽいので、
撮影に行こうかやめようか迷ったが、
せっかく早起きしたので、行くことにした。

6月5日に明日香に行こうかやめようか、
同じように迷ってやめたときに当たりが来て大後悔したことも一因。

奈良県大和郡山市の松尾寺の駐車場に車を停め、
歩いて10分程で国見台の展望台に到着。
途中蜘蛛の巣が多いのがまいった。

ここに来たのは初めて、前から一度行こうと思っていた所。
ここは一応広範囲が見えるようだが、
手前の木が邪魔するので、冬場の朝日のほうがいいと思う。
結局もやが晴れず朝日は見えず、今日もはずれ、
また冬にでも再挑戦したい。

夏場は、矢田寺から登ったほうの展望台のほうがいいみたいなので、
チャンスがあればこちらも狙ってみたいと思う。

奈良県奈良市の柳生花菖蒲園、山添村の深川の川縁の紫陽花 6月23日分。


雲が多いものの青空が覗く空模様。
朝から奈良市の柳生花菖蒲園に行って来た。
9時開園ということで余裕をもって早めに行ったのだが、
すでに開いていて、観光客もそこそこいる。
聞くと7時には開けるらしい、電話で確認すればよかった。
最近はネットで調べる癖がついたのがいけない。

柳生花菖蒲園に来たのは初めてだが、
思っていたよりずっと広いのでびっくりした。
花菖蒲は満開だが、少雨のためかやや元気がないのも目立つ。
紫陽花も多く、こちらは見頃初期。
所々にある池には睡蓮も咲いており見頃。
晴れの日に全景を撮る場合、
東に開けているので、午前中早い時間がいいと思う。

柳生花菖蒲園。

イメージ 1

昼前に移動、国道369号を南下して県道80号を東進、山添村に入る。
北野地区と峰寺地区の境の深川の川縁に紫陽花の群落を見つけ撮影。
そこそこの規模だが、やや障害物が多くフレーミングが難しい。

深川の川縁の紫陽花。

イメージ 2

その後、山添村の撮影ポイントを探すが、たいした収穫はなし。
雲が多くなってきたので一時帰宅する。

夕方、天理市の龍王山に夕日を撮りに行く。
行き途中、東の空が快晴、
頼まれている山の辺の道の写真を撮りに行くんだったと後悔。

渋滞で思っていたより時間がかかり、龍王山に着いたのは、日没の30分前。
あまり人が少ないところだから、ぎりぎりでもいいと油断してしまった。
駐車場から山頂までは、5分ほどの距離。
急いで山頂に着くやいなや、
さっきまで元気だった太陽が、雲に隠れてしまってがっくり。

先客のカメラマンは2名、
「急に悪くなったなぁ」と言って帰ってしまった。
この時期、太陽はかなり北側なので、位置的には余り良くいないが、
太陽が元気なら水田の反射が期待できるのだが残念。
いちおう日没の20分後まで待つが、雲は厚く平凡に暮れて行くのみ。

京都府南丹市の美山茅葺きの里の立葵と皐月躑躅 6月22日分。


今日は朝から雨、京都府南丹市の美山茅葺きの里に、
紫陽花の下見を兼ねて行って来た。

お目当ての紫陽花は、北・南地区とも全体的に見頃初期。
所々見頃のものもあるが、絵になるポイントは来週くらいからが良いと思う。
北地区のメインストレート沿いも、色づき始めくらいだった。
立葵は見頃初期、花菖蒲は散り始め、さつきは見頃と散り始め混在の感じ。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

大阪府大阪市のアメリカ村 6月21日分。

今朝、目覚ましを3時半にセットしていたのにもかかわらず、
まったく気が付かず爆睡、目が覚めたのは5時で日の出の撮影に行けず。
前日忙しく12時廻ってたので無理もないかもしれない。

今日は、他の仕事の合間に大阪アメリカ村に、
依頼されている観光写真の撮影に行って来た。

一見簡単そうだが、これが実に難しい。
まずその場所の特徴が出ていなければいけない、
特定の看板が目立ちすぎてもいけないし、
車や自転車・パイロンなどはできるだけ除外、
観光客も顔がわからないように、多すぎず少なすぎず配して、
できれば季節感もないほうがいい、
とかなりいろんな制約がある。

ビル街なので、陽が高くなり影が少なくなる昼頃に撮影。
今日は下見も兼ねて数カット撮影したが、
どれもいまひとつの感じだったので、
どう撮るのがいいか、研究してまた再撮したい。

アメリカ村の代表的な壁画。

イメージ 1

奈良県御所市の伏見の棚田と朝日、和歌山県橋本市の恋野紫陽花の里 6月17日分。


今日は寝過ごして朝4時起床、
あわてて車を走らして葛城方面へ。
途中、九品寺辺りで空が焼けてきた。
どこかで、車を停めて撮影しようかと、
迷っているうちにチャンスを逃す、大失敗。

4時半過ぎ、御所市伏見に到着。
いい感じの雲は出ていたが、日の出はいまひとつ。

イメージ 1


イメージ 2



続いて南下、和歌山県橋本市の恋野紫陽花の里に向かう。
20分程で到着、まだ誰もいない、ここは無料。
それほど規模は大きくないものの、紫陽花はちょうど見頃、
まだまだ楽しめると思う。

イメージ 3

その後、撮影ポイントを探しながら、10時過ぎに早めの帰宅。

奈良県明日香村の細川の棚田と阪田から望む夕暮れ、高取町の高取城址の雪の下 6月16日分。

朝5時に起きると、梅雨入りしたと言うのに、いきなりの快晴。
前日の夜はまだ、朝は曇りと言っていたので、朝日は撮りに行かなかった。
ほんとに天気予報はあてにならない、梅雨の晴れ間は貴重なのに大後悔。
とはいえそうそうに準備を整え、撮影に出かける。
快晴の日は、依頼を受けている関西の観光名所の撮影に最適なのだ。

まずは、奈良県明日香村の細川へ、夕景の棚田の写真で有名な所。
日中撮影したことはなかったのだが、
明日香のイメージにぴったりなので、快晴青空で撮影する。
今日は夕日を期待して、早い人は昼過ぎから場所とりを始め、
夕方には、50名以上のカメラマンで賑わうことだろう。

明日香村の細川の棚田。

イメージ 1

続いて細川へ行く途中から分岐して、
畑へ続く高台の道路の途中から、明日香村全景を撮る。
位置的には阪田になる、ややうす雲が出てくる。

次に甘樫丘の駐車場へ、歩いて15分程で豊浦展望台に到着。
ここからも明日香村全景を撮る。

次に南下して高取町の高取城址に向かう。
登山口から、8分程で案内板のある分岐に突き当たる。
左に下り8分程で国見櫓の展望台に到着。
撮影後再び戻って、今度は高取城址の天守閣跡へ分岐からは5分程。
途中の石垣に綺麗な雪ノ下が咲いていた。

高取城址の石垣の雪ノ下。

イメージ 2

続いて御所市方面に向かう。
朝日撮影のポイント数ヶ所で、青空の風景を撮る。
しかし、ややうす雲が多いのでいまひとつの感じ。
大川杉周辺の水田は、かなり濁って水草がいっぱい浮いているので、
もう朝日の撮影は厳しい様子。

途中コンビニで昼飯を買い、再び明日香に戻る。
3時前には、細川にはすでに12台の車が停まっており、
すでにカメラマンの三脚の砲列。
天気のいい日の土日に、ここで撮影するのには、かなりの忍耐が必要だと思う。

最初からここで撮影する気はなかったので、様子だけ見てUターンし阪田へ。
3時前に阪田の展望ポイントに到着。
まだ誰もいなかったので、一番いい位置に三脚をセットする。
その後、車の中で昼飯をとり休憩。
ここは、陽があたる細川と違い日陰なので涼しい。

5時半頃から、次々にカメラマンが到着。
ぎりぎりに来た人も入れて8・9名くらいだろうか、ここは狭いのでもういっぱい。
最初はいい感じのうす雲が広がっていたのだが、
6時をまわるとどんどんと雲が厚くなってきた、少し彩雲が見える。

7時10分日没、二上山の少し右手の所、ほとんど染まらなかった。
数名が帰路に着くが、小焼けを期待して6名が残る。

20分過ぎくらいから雲が焼けてくる、見る見る間に真っ赤に染まる。
水田も赤く染まり、一同大興奮、
「今日はええわ、来てよかった、ついてるわ」と連発。
ピークは10分程、大満足で7時40分帰路に着く。
分岐では、細川からもかなりの車が帰って行った。

明日香村の阪田から望む夕暮れ。

イメージ 3

6月5日の火曜日もかなり焼けたそうで、
その時は細川には、6名しかいなかったそうだが、
今日は、かなりの人が収穫があったのではないだろうか。

同じ明日香村小原で撮影されていたmametora2001さんのブログへのリンク
http://www.doblog.com/weblog/myblog/41528
6月5日の火曜日の夕焼けも撮影されています。

このページのトップヘ