風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 新製品情報

ソニーが、α9Ⅱを発表しました。

噂では36MPになるということでしたが、24MPフルサイズのままでしたね。
連射速度は、電子シャッター使用で秒20コマと以前と同じですが、
機械シャッター使用時は秒10コマと高速化。
AF測距点は693点位相差と同じですが、新しいアルゴリズムの採用で高速化。
ボディデザインはα7RⅣに近い感じで、細部も同じように改良されている。
EVFや液晶モニター、4K動画の仕様も同じで、Logモードなし。
配信機能はかなり強化されている。
実売55万円ほど。11月1日より発売。

https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-9M2/
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201910/19-1004/

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0049/id=88430/?lid=k_prdnews
http://www.digitalcamera.jp/


以下、個人的な感想。

実際のところ、24MPと36MPの機種をテストしてたのかもしれないんだけど、
画素数上がれば高感度性能、連射速度やデータの転送速度など全てが落ちるのが必然で、
24MPあれば画素数は実用十分すぎるので、高感度性能とデータの軽さを優先し、
報道やスポーツなどのプロは、24MPを選択するんでしょうね。
36MPのほうがアマチュアには売れると思うし、売り上げ的には大きいと思うんだけど、
やっぱりオリンピックでプロにいっぱい使ってもらうには、この選択がベストという判断でしょう。

ニコンが、一眼レフのフラグシップモデル「D6」とFマウントの大口径望遠ズーム「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表しました。

https://www.nikon.co.jp/news/2019/0904_d6_01.htm
http://digicame-info.com/2019/09/d6af-s-nikkor-120-300mm-f28e-f.html#more

ソニーがα7RⅣを発表しました。
http://www.digitalcamera.jp

FUJIFILM GFX100が発表されました。

世界最高1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載

実売120万前後ということです。

どんな絵が出てくるんでしょう、楽しみだな。



ライカが「LEICA S3」を正式発表

富士フイルムが「GFX 100S」と3本のGFレンズの開発を発表

パナソニックが、Lマウントのフルサイズミラーレスカメラ
「LUMIX S1」「LUMIX S1R」の開発を発表


以後、個人的感想。

パナソニック全体的にあまり売れてないので、
いずれ撤退するんじゃないかと思っていたが、
かなり本気出してきた感じ。
もちろん今まででもいいカメラは出していたんだが。
ソニーがフルサイズのラインナップで大幅にシェア増やしたように
このカメラの登場でぐっとパナソニックのシェアが増えそうな感じ。
若い世代の人は、ブランドにはこだわらないからね。

富士フイルムが「GFX 50R」を正式発表

https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/gfx/fujifilm_gfx_50r/
 

以下個人的感想。

このカメラ欲しい。

かなりコンパクトになってるから、めちゃ売れそう。

富士フイルムが「X-T3」を正式発表

ソニー・ニコン・キャノンのフルサイズミラーレス出そろいましたね。
近いうちにパナソニックも出るらしいです。

各社個性的なスペックで、それぞれ魅力的な機能ありますが、レンズ揃ってて、三世代目でユーザーの意見かなり取り入れてきたソニーが一番優位かな。早い目にレンズラインナップそろはないと、様子見してるプロやハイアマのソニーへの移行がかなり進みそうな感じ。

しかし、いつも思うのだが、最初に小三元とか揃えて出せばいいのに、ほとんどの人が買わないマニアックで高いレンズを発表するのはなんでだろ。
16-35(14-24)・24-105・70-200(100-400)辺り出せば一気に売れそうに思うのだが。

またニコン・キャノンともにバッテリー大型にした方が、SDも使えるダブルスロットにした方がよかったんじゃないかと思う。

このページのトップヘ